« 兼続の弟・みらい君は「義」 | メイン | 新型インフルエンザ体験記・Part 2 »

2010年1月20日 (水)

新型インフルエンザ体験記・Part 1

こんにちは、とうとう新型インフルエンザに罹患したピエールですhospital

昨年から世界中で猛威を振るっている新型インフルエンザsign02

とうとう私ピエールも、かかってしまいましたbearing

本学では本格的な流行はなく、現在でもポツリポツリと罹患する学生が発生する程度です。

これは各個人が手洗いうがいなどの予防措置を徹底しているためだと思います。

さすが医療福祉大学生だねwink

でも飛沫感染(空気感染)するので、どの経路で感染するかは未知数ですtyphoon

さてピエール先生の場合、今週日曜日の夜中に突如体温wobblyがヒートアップup

あっという間に39.8度になりました。

こりゃ、いくらなんでもおかしいでしょcoldsweats01

すぐさま近所にある新潟市総合保健医療センター(夜間救急外来=24時間営業sign01へ駆け込みましたrun

D1000004

自動ドアから受付までの20mが・・・
とても長い・・・高熱でうまく歩けず・・・数分かかりましたcoldsweats02

D1000005

受付のお姉さん「内科ですか?」

ピエール「・・・」(声がでないsoonうなずくだけ)

お姉「じゃ、これに書いて下さい」(と、問診票を渡された)

ピ「・・・」(関節痛と筋肉痛と筋痙攣でペンが握れない)

・・・しかし後日ブログのために写真だけは、震える指でシャッターを切ったのでしたcrying

これほんとの話。

続きはまた明日paper

ちなみに大学では感染拡大防止の観点から罹患した場合はただちに大学に報告し、規程に定められた期間は、自宅待機となります。

ということで、現在も出校停止期間のピエールは、このブログを自宅で作成していますpc
(今日の午後から自由に手が動くようになってキーボードが打てるよ。ちょっとうれしいhappy01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/236611/23030813

新型インフルエンザ体験記・Part 1を参照しているブログ:

義肢装具自立支援学科 詳細リンク