« 【地域貢献】子どもの運動能力向上教室 ~2月の活動~ | メイン | 【授業風景】コーチング論 »

2019年3月 4日 (月)

【授業風景】球技指導法実習Ⅰ(ゴール型)

 

 

高校生のみなさんは、春休みはまだですよね!?

大学生は、2月の上旬頃から春休みが続いています。

 

大学生は休みが多い分、「好きなこと」に時間をかけられる。

これは大学生の特権かもしませんね。

 

 

さて、昨年には健康スポーツ学科のいくつかの授業を紹介しました。

【授業風景】陸上競技(クリック)

 

【授業風景】バイオメカニクス(クリック)

 

【授業風景】テーピング・ストレッチ実習(クリック)

(アスレティックトレーナー関連授業)

 

【授業風景】コンディショニング論(クリック)

  

【授業風景】体育科教育法Ⅱ

などなど。

 

 

今回、今年度行われた授業を紹介します。

 

今年度の球技指導法実習Ⅰ(ゴール型)は第四体育館を利用して、少人数で実施されています。

 

担当は神田勝夫先生と寺田進志先生です。

 

1

神田勝夫先生

 

 

この授業では、学生が指導者役となり、ウォーミングアップやトレーニングメニューを考え、それを実践します。

 

 

2

授業前、和やかな雰囲気で談笑していました

 

 

授業が始まり、神田先生からこの日の流れが説明されました。

 

 

 

 

3

この日のウォーミングアップを担当したのは矢村君(健康スポーツ学科3年)、トレーニングを担当したのは鶴田君(健康スポーツ学科3年)です。

ちなみに、この日のテーマは「キック」でした。

 

 

4

 

 

 

5

矢村君(アルビレックス新潟内定)

 

 

6

鶴田君

 

 

 

まず、全員で体育館内を歩きました。

 

 

 

 

7

その後、二人組になりストレッチをしました。

 

 

8

神田先生と鶴田君

 

 

 

9

落合君と矢村君

 

 

 

 

10

ストレッチの後、一人1個ボールを使ってドリブルをしました。

サッカーのための動きをしながら身体をほぐしたのです。

 

 

11

 

 

少しずつ強度を上げました。

決められた枠の中でドリブルをしながら他の人のボールを蹴る出すゲームをしました。

 

 

12

 

神田先生も混ざってボール出しゲームをしました。

学生たちは、神田先生のボールを出そうと、狙いを定めています。

(ちなみに、この日、寺田先生は怪我のため学生とボールを蹴ることができませんでした)

 

 

13

 

神田先生も負けじと、学生のボールを出そうとしました。

 

 

14

 

ボール出しの後、二人一組になり、アップとして基礎練習を行いました。

二人が向き合い、片方の人が手でボールを投げ、もう片方の人がボールを蹴り返しました。

インステップキック、インサイドキック、トラップから蹴り返す、ヘディングを行いました。

 

 

15

 

 

16

インサイドキック

 

 

 

17

インステップキック

 

 

18

神田先生も胸トラップからボールを蹴り返しました

 

 

 

19

ヘディング

 

 

 

ここまでは矢村君が指導実践を行いました。

この後、鶴田君にバトンタッチ。

鶴田君が指導実践を行いました。

 

 

 

二人組で対面パスを行いました。

インサイドキック、インステップキック、アウトサイドキック、インフロントキックと、様々な蹴り方でボールを蹴りました。

 

 

20

インサイドキック

 

 

21

インステップキック

 

 

22

インフロントキック

 

 

23

もちろん、蹴られたボールをトラップしました

 

 

 

24

 

 

 

 

キックの練習をした後、多様な蹴り方でシュートしました。

 

 

25

 

 

26

 

 

体勢を崩しながらもゴールへシュート!!

 

 

27

 

神田先生もシュート!!

 

 

28

 

 

 

シュートはインステップキックで思い切りボールを蹴ることだけではありません。

インサイドキックで狙ったところへボールを蹴ることもシュートです。

 

 

29

 

 

これらの様子は動画で撮影されています。

 

 

30

 

 

 

矢村君と鶴田君の指導実践が終わった後に、この日の授業を振り返りました。

 

 

31

 

 

32

 

 

33

 

 

34

 

 

  

指導実践を行った学生が感想をいい、それに対して他の学生が「もっと○○すれば良かったんじゃないか」といった意見が出ました。

神田先生も学生の議論を聞き、それらを踏まえながらこのテーマの際の指導上のポイントを解説しました。

 

 

35

 

 

36

 

 

37

 

  

 

今年度、この授業の受講者は少ないですが、その分きめ細かく「指導」を教えることができます。

 

 

健康スポーツ学科には、専門知識を学ぶ講義形式の授業と実践知を身につける実技系の授業があります。

 

理論を知っているだけでは意味をなしません。

それを実践の場で使ってこそ、「知恵」と化します。

 

神田先生も寺田先生もサッカーの指導経験が豊かです。

 

学生は2人の先生からサッカーの指導に関して多くのことを学ぶことでしょう。

 

 

今年度、この科目の受講者は少ないですが、

「サッカーが好き!!」

「指導法について学びたい!!」

といった学生ならば、サッカーの経験を問わずに大歓迎です。

 

先生たちと身体を動かしながら、指導法について一緒に学びましょう!!

 

 

38

 

 

 

神田勝夫先生のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/kanda.html

 

 

寺田進志先生のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/terada.html

 

 

新潟医療福祉大学 トピックス&ニュース

矢村健選手(健康スポーツ学科3年)アルビレックス新潟2020シーズン新加入内定およびJFA・Jリーグ特別指定選手のお知らせ

https://www.nuhw.ac.jp/topics/public/detail/insertNumber/2415/

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/236611/34170910

【授業風景】球技指導法実習Ⅰ(ゴール型)を参照しているブログ: