• 入試事務室ブログ
  • トモダチリング

« 推薦入試特集 第2ダ~ン! | メイン | 推薦入試特集 第4ダ~ン! »

2008年10月29日 (水)

推薦入試特集 第3ダ~ン!

あやうく、「推薦入試特集 5日連続だぜー」の約束を破ってしまうところでした。。。

遅くなってスイマセン。。。(現在PM22:33分・・・睡魔1000・・・)

ぎりぎりまだ29日なので許してください。

では、気を取り直して!

■□■合格者に聞く!合格体験談 Part.3■□■

本日のメニューは・・・

Q.面接試験に向けた具体的な対策方法を教えてください!

★作業療法学科 石川 愛実さんの場合★

A.面接試験で質問されそうなことを自分で予想したり、すでに他大学の面接試験を終えた友達に聞き、質問とその答えをノートにまとめるようにしていました。ちなみにノートは出来るだけ小さなサイズのものを買って、ポケットに入れていつでも見られるようにしていました。

☆看護学科 小林 亜由美さんの場合☆

A.看護学科の場合、面接方法が他の学科とは異なり「グループディスカッション」だと聞いていたので、どんな話題が出されても自分の意見が言えるように、毎日ニュースや新聞を読むようにしていました。最近問題になっていることなどの情報をしっかり得て、自分の考えをまとめられるようにしておくことが大切だと思います。小論文対策にもなりますよ。

★言語聴覚学科 坂大 未来くんの場合★

A.高校に本学の推薦入試を受けた先輩方が質問内容などをまとめてくれたレポートがあり、それに対して自分の答えを作って担当の先生と1対1で練習しました。ただ、僕の場合は、そんなに多く練習したわけではなく、3、4回くらいだったと思います。

☆健康栄養学科 土田 奈菜子さんの場合☆

A.面接ノートを作って対策をしました。まず、メモ用紙などに志望理由などの質問とその受け答えを書きます。次に関連した内容のメモを集めて貼ってグループ分けをしたり、メモ同士を線でつないだりします。そうすると、関連した2つ事柄についての質問や、少し掘り下げた質問などに対する対応が出来て、とてもよかったです。あと、当日は笑顔でハキハキと!そして、何て答えたら良いか分からないときは、黙ったり、モジモジするのではなく、分からないということを正直に伝えたほうがよいと思います。

いかがですか?かなり具体的な対策法が聞けたのではないでしょうか?

人それぞれ色々な練習の仕方があると思いますが、あまり難しく考えずに、先輩たちの意見を参考にして、「試しにやってみる」っていうのもアリだと思います。もちろん、それが必ず合格に結びつくとは限りませんが、そこから何か自分なりの対策方法のヒントが見るかるかも知れませんよ。

あとは、小論文対策と同じように時間をかけて繰り返し練習するして、面接という雰囲気に慣れるということが大切なのではないでしょうか。

ん?んんん?雰囲気に慣れる?

そー言えば、なにやら11月1日(土)のキャンパスツアーでは「面接室見学コーナー」なんてものがあるようです。(さりげなく宣伝   のつもり・・・)

試験本番さながらに面接教室を設営して開放しちゃおう という企画です!

模擬面接や面接対策を行うわけではないのですが、間違いなく(100%)緊張をしていまう面接試験を前に、その雰囲気を味わっておくというのは、決して損はないと思います。

ただし!・・・実際の面接試験の時は、今回開放する面接教室で行うとは限りませんし、教室によっては机や椅子の配置などが違うこともありますので、あくまで 雰囲気 ってことで・・・

よかったら覗きに来て下さいっ!

【11月1日(土)キャンパスツアーの詳細はこちら】

結局おもいっきっきり宣伝でした・・・・

話を戻して・・・

明日は「あなたのリラックス方法を教えて」&「試験当日はどんな様子でしたか?」について、リアルな声をお届けしますっ!

お楽しみにっ!

「よしっ!無事29日中に更新できたっ!!」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/236611/16889070

推薦入試特集 第3ダ~ン!を参照しているブログ:

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31