• 入試事務室ブログ
  • トモダチリング

« ありきたりな話題ですが・・・やっぱり | メイン | 一般入試直前!合格体験談Part.2 »

2008年12月25日 (木)

一般入試直前!合格体験談Part.1

大好評の合格体験談!

毎月、登録者にお送りしている「メールマガジン」との連動企画です。

ということで、前置きはコレぐらいにして早速。

■□合格者に聞け!一般入試合格体験談Part.1□■

Q.本学必須科目の「国語」の対策方法は?

A.現代文の理解度を上げるために問題を何度も解答しました。その際のテクニックとして、まず問題文を一通り読んでから本文を読んで、答えに直結したり大切だと思う文に線を引きながら解いていきました。

A.高校から出されるものはもちろんですが、プラスで問題集を自分で購入。ひたすた問題集に向き合っていました。間違ったところは決してそのままにせず、解説などを見て自分できちんと内容を理解できるまで学習していました。

A.国語は「ことわざ」が高校での受験対策に入っていなかったので個人的に一番力を入れて頑張りました。また過去問題を解答してわからなかった漢字はそのときにしっかり覚えて、同じ漢字が出てもしっかりと解答できるようにしました。長文は解いている間に睡魔が襲ってきてしまいはかどらなかったので、1日○○問解答する!と目標を設定して勉強しました。だらだら解答するよりメリハリをつけて勉強することがいいと思います。

A.英語と同じで過去問題を解いて、高校時代の先生に添削してもらっていました。現代文の問題が大半だったので、授業中にするセンター試験用の現代文問題はしっかりと解くようにしてました。私にとって「現代文」は苦手科目。一番時間をかけ多くの問題をこなしました。

A.慣用句や漢字・ことわざなどを集中的に勉強しました。そして、英語と同じように入試の過去問題、特に長文読解を解きまくったことを覚えています。解いた問題は必ず先生に解答・解説をしてもらいました。

いかがでしたか?

メールマガジンでは「英語」の対策法をお届けしましたが、本学一般入試の前期日程では「国語(古文・漢文は覗く)」も必須科目です。

合格者はみな、「解答を先生に解説してもらう」「間違えた箇所は正解の内容を理解できるようにする」といったように、正解を覚えるのではなく、正解の理由を理解することを心掛けているようです。

さて、明日は「入試直前の苦手科目の克服法」についてお届けします!お楽しみに!!

■□メールマガジン登録のご案内□■

メールマガジンでは、月に一度、時期ごとの特集記事を掲載しお送りしています。今年のメールマガジンは2月号で最後となりますが、これから進学を考える高校1.2年生にとっては、学科のことや、入試のこと、また本学で開催されるイベントの情報など、新潟医療福祉大学や保健・医療・福祉分野の仕事について、より詳しく知ることの出来る情報が満載となっていますので、この機会に是非ご登録ください。

注)本学メールマガジンはリクルート進学ネットのシステムを利用し運用しています。登録には以下のリクルート進学ネットから「学校ニュース」登録のお手続きが必要となります。

【メールマガジン登録はこちら】

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/236611/17551528

一般入試直前!合格体験談Part.1を参照しているブログ:

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30