« 国家試験まであと… | メイン | 国家試験対策オリエンテーション »

2013年1月23日 (水)

いよいよ本番!

みなさんこんにちは。

年が明けfuji、気がつけばもう

Img_0708

となっております。

社会福祉学科の4年生は、いよいよ今週末に国家試験を控えているのです!

ということで今回は、月曜日に開催された、国試に向けての「激励会」についてご報告します。

これまでに紹介してきたように、社会福祉学科では、折に触れ、国家試験への士気を高めるために、このような「会」を催し、先輩の話を聞いたり、先生からの言葉を伝えたりしています。そして「激励会」が、学生たちを試験に送りだす最後の会です。

激励会は、まず学部長の激励の言葉から始まりました。

Img_0690 Img_0689

今回は、ご自分でもおっしゃっていましたが、腕まくりはしていませんでした。

学生のこれまでの頑張りをご存じの学部長は「あとは実力を発揮すれば大丈夫。今はもうしゃかりきになるのではなく、本番にベストを尽くせるよう、生活を整え、体調をコントロールすることが大事だ」とおっしゃっていました。

つづいて学科長からは、不安sweat02や緊張bearingを緩和する方法が伝授されました。

Img_0691

体調を整えなくてはいけないのに、不安で眠れないshockなんていうことがあったら、その不安は水に流してmistしまうといいそうです。もちろん、本当に流せるわけではありません。イメージです。

木の葉mapleに不安を乗せて、小川に流してしまうpaper””様子をイメージすると、落ちついてきて、眠れるsleepyそうです。大学受験を控えている高校生のみなさんも、もしそんな夜があったら、試してみてはいかがでしょうか。

そのあと、学科教員ひとりひとりから応援のメッセージが送られました。それぞれ学生を励ます、優しく、力強い言葉でしたが、中でひとつ印象的なお話がありました。

「本番で、これまでの学習で見たことのないような問題に出会うと、“出来ない!”wobblyとパニックに陥りそうになるが、これまで着実に学習を積み重ねてきた人には、“福祉士としての勘”のようなものが働くから焦らないこと」ということです。一見わからない問題でも、これまで勉強してきたことから総合的に考えると、正答が見えてeyeshineくることがあるのだそうです。「勘」というのは、デタラメではなく、ちゃんと学習してきた人が見つけ出す、精度の高い推測なのですね。本学科の学生の多くはしっかり学習を積み重ねてきていますから、わからない問題でも焦らずに、“福祉士勘flair”を信じて、最後まで考えてほしいと思います。

それから、毎年恒例なのですが、本学同窓会から、国家試験を受験する4年生に、pass合格祈願鉛筆pencilが寄贈されます。同窓会長の代理として、学科長から代表学生へ、黒盆に山と積まれた鉛筆が恭しく贈呈されました。…ですが、その様子を写真cameraにおさめることに失敗してしまいました、すみませんsweat01

贈られた鉛筆はこんな感じです。

Img_0688

Img_0686

よく見ると、鉛筆には応援の言葉が刻んであります。言葉や格言の書いてある鉛筆は、試験によっては使用不可ということもあるので、本番には使えませんが、あと1週間の仕上げの学習時に使用しても、また、お守り代わりに鞄に入れておくだけでも、学生の支えheartになると思います。

会の最後には、学生ひとりひとりに、教員から鉛筆が手渡されました。

Img_0706

あと1週間は、体調管理が最優先ですが、その間にも、あと1問の過去問を確認する、あと1つの新制度を確認する、という積み重ねが、結果につながるということもあると思います。

泣いても笑ってもあと1週間sandclockです。自分の中に悔いが残らないように過ごしてほしい、と思います。

みんな、がんばれー!

(あ)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/236611/30839303

いよいよ本番!を参照しているブログ:

社会福祉学科 詳細リンク