2021年7月26日 (月)

2021年度集合写真

本日は活動の様子ではありませんが…
今年度のメインで活動するダンス部部員の集合写真がようやく撮れましたので、皆さんにもご紹介。

この写真は、8月に行われる全国大会に向けて撮影されたものになります!
もちろん、ここには写っていないものの臨床現場への実習で頑張っている4年生等もおりますが…

女子13名、男子3名。
今年はこのメンバーで!暑い夏を熱く乗り切っていきます!!

皆様、部員たちへの応援をお願いいたします。

S__66592773

2021年7月23日 (金)

ダンスにおけるトレーニングに関する勉強会

ダンス部通信をご覧になられている皆様!
今日もありがとうございます^^

本日は、ダンス部のスタッフでもある、鈴木眞美トレーナー(理学療法士)による「ダンスにおけるトレーニングの必要性」というテーマでの勉強会の様子をご紹介。

まず、鈴木眞美さんとは、本学/本ダンス部(マネージャー)の卒業生にあたります。
理学療法学科を卒業するまでには見事、国家資格である理学療法士の資格を取り、現在は臨床現場において理学療法士として勤務されています。

ですので、ダンス部でのトレーナー活動においては、仕事と両立し、勤務時間を終えた後に訪ねて下さっています。


さて本日の本題ですが、ダンス部ではここ数年、ダンスの基礎練習としてのバレエや流し的な基礎運動だけでなく、筋力トレーニングや体力トレーニングにもトライして練習に取り入れています。

が、具体的には部員たちにとって「そもそもしなやかに踊るようなダンス、自己を表現する活動がメインのダンスにアスリートトレーニングなんて必要なのか?」という考えの学生もいるのではないかと思い…。

身体ケアの専門家からの視点から、「ダンサーの動きにはどれだけトレーニングの効果が表れるものか」といった視点でお話をしていただきました。

S__15917066

S__15917067

S__15917065

勉強会のお話の中では、日常的な練習の動画をもとに、「トレーニングができている(体幹の強さがある、筋力がありボディバランスがとれている)人などは、こういう動きができるよね」といったように、一般知識的な話だけでなくダンス部の練習を事例に伝えてくださいました。

そのため学生も理解しやすく、ウンウンと頷きながら真剣に聞き入る様子。

後半は、すべての動きの基礎となるドローインの状態を二人組で確認し合うなど、実践式で実施。

S__15917061

S__15917062

S__15917060

S__15917063
ダンス部には、トレーナーという立場でも、様々な場面ごとに応じてその専門性が活かされるよう、トレーニングメニューの考案や、学生への意識付け等、様々な角度からご依頼をしています。

このようにダンス部には、陰ながら支えて下さるスタッフやサポーターがおられます。
こうした方々のお力を存分にお借りしながら、部員たちが最高のパフォーマンスを発揮できるよう、そして部活を通して何か学べるものがあるよう、マネジメントしています。


今後ともダンス部への温かい応援を、どうぞよろしくお願いいたします!!

2021年7月17日 (土)

肩甲骨・胸郭ストレッチ(友馬アップ)

ダンス部通信へようこそ!!

今日は、水泳競技を高校までアスリートとして続けてきた、須崎友馬(健康スポーツ学科1年)による肩甲骨・胸郭ストレッチ(通称:ゆうまUP)についてご紹介します!!


友馬は、とにかく几帳面で真面目、考えることが大好きな(印象がある)学生です。

ダンス部の部員には、かつてより「胸郭の広がりが足りない」という課題がトレーナーよりあげられていましたが、監督が友馬にその課題を伝えた所、水泳競技時代に蓄えたトレーニング&ストレッチを応用して、ダンス部の部員向けに考えてくれました。

動的なストレッチングから、身体への意識を向かせるためのワークであったり、可動域を広げるストレッチだったり、様々な角度から実施。



288441f64305479d8e3afad5e8b4e0f1

B4ff79e3fb5d4197a71f579eb91c90e1



D95123f4009145818042da89bed5a753

E47b4eb027b74f32a94c96426808d788

S__15712283

S__15712265

一年生でありながらも一生懸命部活に貢献できることを考え、自分の経験から伝えてくれています。頼もしい存在!

S__15712269

S__15712272

「どの部分のことなのか、こっちにも来て教えて!」という言葉が飛び交います。

見本を見姿ではさすが水泳経験者。ダンス部部員にはできない動きや身体の使い方には目を見張るものがあります。

S__15712275

S__15712278

S__15712279

直接的にダンスの技術につながるものではないかもしれませんが、こうしたいつもとは異なった身体の使い方を学べる機会に感謝。

ダンス部には、健康スポーツ学科は勿論のこと、理学療法学科、ほか医療系の様々な学科で勉強するメンバーが集っています。
また高校までの経験値も、敢えてダンス経験者に絞らず広く受け入れています。

多種多様なバックボーンを持つ彼らが互いに特化した部分を教え合える、そんな化学反応が今後も楽しみです。


2021年7月10日 (土)

tarinof dance companyオンラインWS

ダンス部ブログをご覧になって下さり、ありがとうございます!!

今日は、少し前の出来事になりますが、先月に引き続き開催された、オンラインWS(6月開催)についてご紹介。

講師の方は、Tarinof dance companyの長谷川まいこさん、坂田守さんです。

Tarinof_ws_210710_0

いつものように、スタジオの4隅にセットし、講師の方々が遠隔でも多くの部員を目にすることができるよう、配慮して設置!

Tarinof_ws_210710_6

Tarinof_ws_210710_7

今回初めて参加することになった新部員の1年生2名も、緊張しながらも非常に意欲的に取り組んでいました。

Tarinof_ws_210710_1

Tarinof_ws_210710_4

Tarinof_ws_210710_2

Tarinof_ws_210710_9

Tarinof_ws_210710_8

前回の基礎的な運動の復習に加え、今回は「骨盤底筋」をキーワードにして ”理にかなった動き” を丁寧に丁寧に教えて下さいました。
学生からも「骨盤底筋を使えている時の身体感覚」についての質問が飛び交い、興味津々の様子。

基礎運動のほかにも、人と関わり合いながらできる活動や、ダンスムーブメントを実践できる活動も含め、あっという間の2時間。

舞踊家の夫妻で実施されており、実技と説明と…上手に掛け合いながら、充実した有意義なWSを実施して下さいました。


これから神戸が佳境になっていくため、暫くはお会いできないかもしれませんが、ぜひまたいい刺激をいただけましたら幸いです!!

ありがとうございました!!

Tarinof_ws_210710_10

2021年7月 5日 (月)

フロアスキル

今日はフロアスキルを練習している様子を、レポートします!

ダンス部では、新体操経験者が数名います。
新体操経験者の床技、フロアの動きは非常に巧みで、ダンスのみの練習では成し得ないことが沢山です。

そこで、現在では、平泉和奏(作業療法学科2年)にリーダーシップを発揮していただき、定期的に「フロアスキル」を練習に組み入れています。

2021_210710_9

2021_210710_13

2021_210710_21

2021_210710_23


毎回同じ動きの練習をすることも、上達が実感できると嬉しいものですが、和奏さんは毎回部員が飽きない様に、身体を温める運動を取り入れたり、一人のみではなく人との体重の乗せ方の工夫によってできるもの(アクロバットヨガ等も!)を取り入れたりと、新鮮なメニューを考えてくれています。

2021_210710_24

2021_210710_11

こうした技術がそのまま動きのモチーフにつながることもあれば、身体づくりとして間接的に活きることもあるでしょう。

じわじわと結果が出るのは先の事…
でも、地道に取り組んでいます。

こんな部員たちに、今後とも応援をお願いいたします。


※このあと、フロアに敷いたマットは一枚一枚アルコールで毎回消毒して、感染予防対策には気を張って取り組んでます!!

2021年7月 3日 (土)

オーディション合格

今日は、部員の嬉しい報告についてご紹介。

部員たちは日々常に向上心を持って様々な取り組みにチャレンジして自分を磨いています。
それが学業であったり、部活での創作活動であったり、新しいオーディションの場であったり。

そしてこの度は、菊池朱里さん(理学療法学科2年)が生きる舞踊団(ダンスカンパニー)Nephriteが主催する公演への出場権をオーディションにて勝ち取りました(オーディション自体は春)。


Nephriteさんとは(HPより拝借)。
主催者:土田貴好さん、小倉藍歌さん(舞踊家)

「ダンスによる芸術と身体運動の両面を通し、人の"心"と"体"を豊かにするきっかけづくりを探求。劇場で行う舞台活動に加え、地域に根ざしたサイトスペシフィック・アートとしてのダンスパフォーマンスや様々な空間やアーティスト、専門家等とのコラボレーションも行い「共有・共鳴」をキーワードとし、多くの人々に触れられるアート活動を目指す。」

とされておりました!
興味のある方はぜひ検索をされてください!




今回の公演には、おそらく素晴らしいダンサーたちが多く応募したことと思いますが、その中でたった5名の出場メンバーの中に選ばれ、およそ数か月間におよぶ練習やリハーサルを経て、6月19日・20日に公演が開催されました。


S__24551444

S__24551445

S__24551446

この公演に向けたリハーサルは主に日曜日。
大会前のダンス部にとって唯一のオフである日曜を外部活動にあて、朱里さんは身を削って学業・部活とも両立しながら頑張っていました。

会場はコンパクトな空間であるものの、コロナ禍によってさまざまな世のダンス発表活動が難しい中、照明を当てられ人前で踊る経験というのは非常に貴重なものです。出演されていた皆さんはとても輝いていました。

ダンス部も学生たちも、早くこのように観客を前に踊らせてあげたいと切に思いました。
もうひと辛抱ですね。

S__24551443


会場は主催者さまのスタジオ。
新津駅のすぐそばにある、新津に愛されているアットホームなダンススタジオ。

主催者さまのご出身が新津であることより、こちらを拠点とされたと聞いています。
オープンレッスンも充実しているため、単発的な受講が可能とのこと。

S__15712304

S__15712303

S__15712302


今回の振付作品への出演によって、また一回り皮がむけた朱里さん。
出身である新潟清心高校時代より異彩を放っていましたが、大学生になり、大人の魅力も増してますます磨きがかかっています。
理学療法士を目指しながら、ダンスにも貪欲に取り組んで頑張っています。

今回、本学のダンス部部員にこのような機会を下さったNephrite舞踊家メンバーの方々をはじめ関係する皆様に心より感謝申し上げます。



このように新潟には、Noismという日本で唯一の新潟市劇場専属舞踊団だけでなく、Nephrite(生きる舞踊団)のダンスカンパニー、そしてほかにも様々なジャンルの踊り文化が拡がっています。

高校生の皆さん、ぜひ県外からでもウエルカムです!
新潟医療福祉大学にてお待ちしておりますm(__)m



2021年6月30日 (水)

神戸にむけた調書提出完了!!

全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)の創作コンクール部門参加において、第一関門とも呼べる「AB用紙の提出」。

他の種目の方々には理解されがたい辛さと思いますが、この創作ダンスコンクールの世界では、作品のコンセプト、解説、選曲、照明案、等など…
いわゆる映画や演劇の世界で言う「脚本づくり」も、参加する学生たちにとっては創作ダンスで味わうべき醍醐味といえます。

舞踊家を生業にしている方からすると、「大会前1か月半も早い段階でタイトルも解説も音源も…諸々を固めざるを得ない状況というのは、非常に作品作りにおいて難しいものだ」と感じられると思いますが…神戸の大会は膨大な数の参加校がありますので、色々事情があることと思います。


そして今年の主学年もヒーヒー言いながら、最後の最後まで頑張っていました!!

S__15917090

S__15917094

S__15917096

今年の主学年は3名。ですが家庭の諸事情もあり、部長の中川璃音(健康スポーツ学科3年)、副部長の小林真花(健康スポーツ学科3年)が中心になって根幹のテーマや構成に携わり、後輩たちを引っ張って頑張ってきました。

S__15917089

音源作成を担ってくれたのは小柳碧唯(健康スポーツ学科3年)。→写真右
頼まれれば責任感をもって最後はどうにかしてくれる、そんな頼もしい部員です。


S__15712290

無事に調書を締め切りまでに提出できた部員たちは晴れ晴れした表情です。
まるで合格発表の結果を受け取ったかのようなスッキリした表情です…笑

大人の社会人で言うと、大きなプロジェクトを一つ遂行できた時の感覚でしょうか!

最後のこの大事な提出時には、4年生もついてきてくれたようです。
昨年度はコロナ禍によって、こうした調書提出による苦しみも喜びも味わえなかったわけです。

今年はそうした活動ができているだけでも、感謝しましょう!


この調書提出までにおきまして、様々なお力を貸して下さった関係者の皆様!!
心より感謝申し上げますm(__)m


2021年6月25日 (金)

新入生の紹介

皆さんこんにちは!!

今日は、1年生の更なる新入生についてご紹介します^^

S__42901522

1.小柳 未来

2.所属学科:看護学科

3.出身:東京学館新潟高校出身

4.ダンス部での目標:
基礎練習にしっかりと力を入れる。
自分を魅せることができる角度や体の使い方を見つける。

5.大学で楽しみにしていること:
ダンス部の皆さんや看護学科の皆だけではなく、様々な学部学科の人と関わること。

6.ダンスはほぼ初心者のため、分からないことなど沢山あると思いますが、その分伸び代はあるということなので、精一杯頑張ります!
また、短い期間でしたが、クラシックバレエを習っていたので、バレエで得た体の使い方を活かしていきたいと思います!失敗を恐れずに様々なことに挑戦していきたいです!


みくさんは何といってもこの素晴らしい手足の長さ!スレンダーな身体!
群舞のどこにいても、存在感が異彩を放っています。

ご本人はおしとやかで控えめな、大和撫子の様な素敵な学生さんです。
看護師を目指しながらの強化部両立は困難なことも多いと思いますが、ダンス部には様々な医療専門家を目指すメンバーがいます。

お互いに刺激し合いながら、頑張っていきましょう!!


これで1年生は男女2名ずつの4名になりました~shine
みなさん、みくさんにも温かい応援をよろしくお願いいたします。


2021年6月18日 (金)

ダンス部部員の卒業研究紹介

いつもダンス部の応援をありがとうございますgemini

本日は、ダンス部部員の「部活では見せない学業面の顔」についての記事ですpencil


ご紹介するのは、理学療法学科4年の岩本風花さん。
昨年度は一年間、キャプテンを務めていただきました!!

彼女はいま、卒業研究に向けて必死に取り組んでいます。
理学療法の実習が差し迫っているため、進められることを計画的に…頑張っているのですね。

今日は、ダンス部部員等を対象に実験をする様子を、覗いて参りましたeyeshine

S__15351858

S__15351860

S__15351861

S__15351863

S__15351864

S__15351865

S__15351866
ご本人よりインタビューさせてもらいましたので、ご参照下さい!

【研究テーマは何ですか?karaoke
ダンスにおける健常者と筋性腰痛者のアラベスクにおける体幹筋活動の比較
と腰痛との関係性 についてです。

【研究のきっかけは何でしょうか?ear
自分自身が中学生の頃から慢性的な腰痛に苦しんできました。
腰痛は表現スポーツにおいて頻度が高い障害の一つであるにも関わらず、研究もほとんどされておらず現段階では理解もされ難いです。
また、近年ダンスにおいて体幹筋のインナーマッスルの強化の重要性が言われています。
その為ダンスにおけるインナーマッスルの強化がダンサーの腰痛予防の一助とする事を目的とし、研究する事にしました。

【研究方法を教えてくださいflair
新潟医療福祉大学ダンス部に所属している健常者、筋性腰痛者を対象に行っています。
表面筋電計と3次元動作解析装置を用いてアラベスク時の体幹筋活動と腰部の動き計測し、郡間の違いをみます。

【どのようなところに活きる研究になってほしいですか??fuji
この研究でインナーマッスルの強化はパフォーマンスの向上のみならず腰痛予防にも繋がり、表現スポーツにおけるインナーマッスル強化の重要性を提示したいです。
また、腰痛はまだまだ理解され難い障害ではありますが、長年付き合っていく事になる怪我でもあるため、少しでも腰痛で苦しむ人が減って欲しいです。




ありがとうございました!!
お茶目な笑顔がチャーミングな風花さんも、すっかり理学療法の世界の専門家の顔になっているようでした。

卒論のほかにも現場実習、国家資格に向けた勉強等、大変と思いますが、
残りの大学生活を充実したものにしてくださいね。


ダンス部保護者の皆様、部員の皆さんはこのように文武両道で頑張っています!

高校生の皆さん、こうした身体の障害や、パフォーマンスに生かせるような研究も、本学ダンス部では実施することができます!!

興味のある方はぜひ、新潟医療福祉大学へgood

2021年6月12日 (土)

新入生の紹介

こんにちは!
ダンス部ブログをご覧になっていただき、ありがとうございますsun

本日は、待望の新しい1年生の新入部員についての記事です^^

ダンスは初心者さんですが、高校までバリバリのアスリートだった友馬君です。
ご紹介します。

S__33431581

1.須崎友馬

2.所属:健康スポーツ学科

3.出身:滋賀県立守山高等学校

4.ダンス部での目標:
ダンスを通して自分と向き合う。

5.大学で楽しみにしていること:
ゴロゴロ転がっているチャンスに飛びつくことが楽しみです。友馬史上最高に自由なので、好きなだけ学びます!

6.物心ついた時から高校までのほとんどを水泳に費やしてきました。
引退してからは世界の広さを感じ、大学に入ってワクワクが止まりません。
ダンスはゼロからのスタートなのでめちゃくちゃ楽しいです!
水泳で培った知識や考え方をダンスに落とし込んでみるのも面白そうだなと思ってます。
毎日必死に考えて練習する姿でチームの士気を少しでも高められるよう頑張ります!



須崎君はいつも爽やかに明るく、チームに元気を与えてくれる存在です。
彼の前向きなムードに、他の部員も釣られるようにして、全員で創作過程を楽しんでいます。

今までは全く異なるスポーツをしてきていたので戸惑いも多いと思いますが、他とは違う経験があるからこその発想や新鮮な感動があると思います。

今までの競技で学んだことも大事にしながら、ぜひ新しいダンスの世界で吸収できる可能性も大学で沢山味わってもらえたら嬉しいです。

皆さん、友馬君への応援をよろしくお願いいたします^^