2015年7月20日 (月)

「NUHW SPORT Magazine 002」 完成のお知らせ

01

こんにちは。

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、「NUHW SPORT  Magazine 002」が完成いたしましたので、お知らせいたします。

今回の誌面内容は以下の通りです。

・巻頭インタビュー:硬式野球部 「ゼロから挑む 進み続ける戦士たち」 
・ユニバーシアード出場選手紹介:松井 浩亮「執念で得た切符」 高橋 美夕紀「深みが出たプレー」 佐藤 綾「運を引き寄せる力」
・Voluntaly:陸上競技部 「土台を作る大切さ」
・SPORT HOLIDAY ~BBQ編~:「家にいたって思い出はできない、大学生の休日にBBQ!」
・SPORT PEOPLE OG・OB: 樋口 巧紀さん「全力で取り組むことの大切さ。」
・SUMMER EVENTS OF NIIGATA :「新潟夏のイベント特集」
・NUHW SPORT 応援SCHEDULE:「大学のスポーツを応援しよう」

 今回から新メンバー、新体制で望んだ制作スタッフの想いが随所に宿った一冊です。是非ご一読お願いします。

本誌を読み、少しでも学生の皆さんの学生生活が充実したものになるきっかけになって頂けたらと思います。

「NUHW  SPORT Magazine」はJ棟・O棟・ローソン前に設置しております 。

お問い合わせ等ございましたら、以下のアドレスまでお願い致します。

nuhwsportmedia@gmail.com (担当 濱田)

2015年6月13日 (土)

【壮行会】本学ユニバーシアード出場選手を激励!

いつもご覧いただきありがとうございます。

この度、新潟医療福祉大学強化指定クラブの水泳部 松井浩亮(自由形/理学療法学科4年)・佐藤綾(リレー/健康スポーツ学科3年)、女子サッカー部 髙橋美夕紀(健康スポーツ学科4年)が、韓国・光州で7月に開催される「第28回ユニバーシアード競技大会 日本代表選手」に選出されました!

そこで代表選手たちへの激励を込めて、本学主催の壮行会が行われました!

壮行会当日は、選手たちの保護者や高校時代の恩師、現地で帯同するコーチやトレーナーをはじめ沢山の方にご出席いただきました。

代表選手たちの決意表明では、これまでの厳しい道のりを振り返るとともに、ユニバーシアードでの活躍を期待させる強い意思を伝えていただきました!

Img_1842

水泳部 松井浩亮選手(自由形/理学療法学科4年:浦和高校出身)

Img_1863

水泳部 佐藤綾選手(リレー/健康スポーツ学科3年:長野東高校出身)

Img_1897

女子サッカー部 髙橋美夕紀選手(FW/健康スポーツ学科4年:鳳凰高校出身)

Img_1760

山本学長より激励の言葉

Img_1706

水泳部 下山監督より激励の言葉

Img_1734_2

女子サッカー部 監督より激励の言葉

Img_1945

Img_1940

第28回ユニバーシアード競技大会は韓国・広州(クワンジュ)を開催地として、7月3日から14日まで開催されます。

代表選手たちの活躍をみんなで応援しましょう!!

ユニバーシアードとは…

大学生のオリンピックとも言われるユニバーシアード競技大会は、国際大学スポーツ連盟(FISU)が主催する学生を対象にした国際総合競技大会で、2年ごとに開催されます。1959年にイタリア・トリノで第1回夏季大会、1960年にフランス・シャモニーで第1回冬季大会が開催されました。当初は奇数年に夏季大会、偶数年に冬季大会が行われていましたが、1980年代から夏冬ともに奇数年に開催されています。

>>水泳部のブログはこちら

http://www.nuhw.ac.jp/sport/swimming/

>>女子サッカー部のブログはこちら

http://www.nuhw.ac.jp/sport/wsoccer/

【硬式野球部】関甲信リーグ1部昇格!

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

新スタッフの佐藤凌太です。

今回は、関甲信リーグ1部昇格を決めた硬式野球部についての特集です!

Dsc00864_2

Dsc00861_2

Img_1479

関甲信学生野球連盟1部2部入れ替え戦が5月30,31日に栃木県の宇都宮清原球場行われました。新潟医療福祉大学は、24日に春季リーグ戦で松本大、作新学院大とのプレーオフに勝利し優勝を果してこの入れ替え戦に臨み、1部で6位になった常盤大と対戦し創部3年目にして初の1部昇格を決めました。

30日 1回戦

常盤 000000001=1

医福 01100100×=3

バッテリー 笠原-大塚

31日 2回戦

医福 400020001=7

常盤 010000100=2

バッテリー 竹石、漆原、佐藤-堀口、大塚

新潟医療福祉大学硬式野球は、新潟明訓高校の佐藤和也監督が初代監督に就任し2013年春に創部。2014年春に3部優勝2部に昇格し、2015年春に2部優勝1部昇格を決めたました。

今後の目標は、6月21日から新人戦が開催され、初戦は新潟大学と本学野球場での対戦になります。この公式戦に向け練習を開始しています。

なお、7月に発行予定のNUHW SPORT Magazineにて、硬式野球部を巻頭で特集しますので、是非手に取ってみてください!

硬式野球部のBLOGはこちら↓

http://nuhw.blog-niigata.net/baseball/

2015年4月10日 (金)

NUHW SPORT Magazine 第1号完成のお知らせ

01

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

昨年度2回のトライアル発行を経て、今年度よりページ数を増やし内容をパワーアップしたNUHW SPORT Magazine第1号完成のお知らせを致します。

 

本誌は、新潟医療福祉大学の「スポーツ(SPORT)」を心と身体を通して学び、学生の皆さんの生活を豊かに、そして「スポーツ(SPORT)」を通して得ることができる高揚感を日常生活の身近なものにするプロセスにこそ、特別の意味を込めて提案して行きます。

 

今回の誌面内容は以下の通りです。

●巻頭インタビュー 強化水泳部「個人競技で磨かれるチーム力とは」

●Voluntary  硬式野球部 「中学生の技術指導で地域貢献」

●WHAT IS SPORT LIFE? ~本学の学生に求めるスポーツ観とは~

●SPORT HOLIDAY ~スポーツ・レジャーが身近にある休日の過ごし方~

 

本誌を読み、少しでも学生の皆さんの学生生活が充実したものになるきっかけになって頂けたらと思っております。大学のJ棟・O棟・ローソン前に設置しておりますので、どうぞご覧ください。

 

お問い合わせ等ございましたら、以下のアドレスまでお願い致します。

nuhwsportmedia@gmail.com (担当 濱田)

2015年2月14日 (土)

トライアル第2号取材【表紙撮影】

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

編集の梶原です。

12月11日にトライアル2号の表紙撮影を行いました。

「バスケ部の格好良さを最大限引き出したい!」ということで、表紙のイメージは黒でした。

大学構内でこのイメージを表現出来る場所を探すのは難しかったですが、試行錯誤しながらなんとか撮影出来る環境を作りました。

Img_3434

Img_3438

「写真撮影に慣れていないから緊張する」とは言っていたものの、次第に引き締まった表情をみせてくれました。

Fullsizerender

最終的にはこのような写真になりました。

最初のイメージ通り、2人の「気迫に満ちた表情」を引き出すことができたのではないでしょうか。

撮影にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

2015年2月11日 (水)

トライアル第2号取材【男女バスケットボール部】

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

編集の梶原です。

今回はトライアル2号巻頭インタビューの裏側についてお知らせします。

練習前にも関わらず、木村啓太郎選手、石川瑞希選手ともに快くインタビューに答えていただきました。

Pc121103

(写真:石川瑞希 選手)


インタビューの中では「以前よりもチームの意識が高くなった」「今は変化の途中である」といった前向きな言葉を聞くことができました。

細かい戦術やバスケットボールを通して学んだことなどを熱く語る二人がとても印象的でした。

S__248160259(写真:木村啓太郎 選手)

二人でお互いのチームについてアツく語り合う場面も見られました。

ご協力ありがとうございました。

今回のインタビューでは、北信越選手権からインカレでの戦いを終え、そこで感じた全国の壁やこれからのチームに必要なことについてインタビューすることができました。

また、2人が目指すキャプテン像からどのようにしてチームを引っ張っていくのかを知ることができる内容になっています。

詳しい内容については、是非本誌を手に取ってご覧ください。

今シーズンも活躍が期待される男女バスケットボール部から目が離せません。

2015年1月30日 (金)

製作STAFF募集

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます!

代表の濱田です。

今回は、「NUHW sports magazine」の製作STAFF募集について記載させていただきます。

01

「NUHW sports magazine」は、2回のトライアル発行を経て次号よりいよいよ本格始動致します。

そこで、全学科を対象に製作スタッフを募集します。

スポーツ愛好家、デザイン、インタビュー等に興味のある方は、

 nuhw.sportsmedia@gmail.com

上記宛にご連絡をお願いします。(担当:健康スポーツ学科大学院 濱田祐輔)

「NUHW sports magazine」は、新潟医療福祉大学のスポーツを心と身体を通して学び、自らの生活を豊かにしていく。スポーツを通して得ることができる高揚感を、普段の生活に落とし込むプロセスこそ、特別な意味を込めて私たちは提案していきます。

2015年1月 8日 (木)

「NUHW sports magazine」トライアル第2号発行のお知らせ

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

NUHW sports magazineトライアル第2号が発行となりましたので、

お知らせいたします。

01

誌面内容は以下の通りです。

巻頭インタビュー:「男女新キャプテンが語るバスケットボール部のこれからとは」

Voluntary:あそびの日取材 「こどもが私たちに教えてくれること」

スポーツ観戦のススメ:「サッカー観戦を楽しむ10のこと」

Img_8922_2

NUHW sports magazineは、O棟・J棟・IA棟2階に特設ラックを設け、

前回よりも分かりやすく設置をしております。

同時にトライアル第1号も設置しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

2014年12月25日 (木)

トライアル第2号完成のお知らせ

Img_8773

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

 

皆様お待たせいたしました。

トライアル第2号が完成しましたので、お知らせいたします。

トライアル第1号発行の際には、たくさんのご感想を頂きました。

その反省を生かし今回の作製に取り組みました。

 

 

巻頭のインタビュー記事は北信越大学バスケットボール選手権大会で

アベック優勝を達成した男子バスケットボール部の木村啓太郎キャプテン、

女子バスケットボール部の石川瑞季キャプテンにインタビューを行いました。

全国大会にむけてチームの変化、高かった全国大会の壁、キャプテンの苦悩や

バスケットボール部の今について両キャプテンに語っていただきました。

 

また、前回に引き続きVoluntaryでは佐近慎平先生が中心で行われている

「あそびの日」についての取材、「スポーツ観戦のススメ」と題して

サッカー観戦の楽しみ方についてなど読み応えのある内容になっています。

 

トライアル第2号は2015年1月5日発行です。

新潟医療福祉大学のスポーツの今を、ぜひ手に取ってご覧ください。

2014年12月14日 (日)

トライアル第2号取材【陸上部】 

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

企画部の清水です。

12月13日にトライアル第2弾のスナップ写真企画で、陸上競技部の取材を行いました。

今回のスナップ写真のテーマは「準備(自分と向き合う時間)」という事で皆さんそれぞれポージングして貰いました。

S__6152214_2

S__6152216_2

Pc131141

Pc131154

取材当日は大雪で本学の陸上競技場も使えなくなってしましまい、室内走路での撮影となりましたが、陸上部らしい和気あいあいとした雰囲気で素敵な写真が撮れました!

Pc131256

いよいよ1月5日にトライアル第2弾が発行予定です。お楽しみに!