2018年1月31日 (水)

定期試験の時期ですね。

いきいき放送局へようこそ!

最近の学内の様子です。

1月下旬となり、定期試験が始まりました。

Photo

外は連日の大雪です。通学大変でしょうが、

学生の皆さんは遅刻せずに試験に出席しているようです。

インフルエンザも流行っているそうです。

Photo_2

試験が終われば春休みです。

安全運転、健康に留意して、頑張りましょう!

2018年1月29日 (月)

松浜小プロジェクト

いきいき放送局へようこそ!

今日は、健康スポーツ学科の学生たちが取り組んでいる

松浜小プロジェクトについて、その報告が届いたのでお伝えします。

「松浜小プロジェクトでは、4年生4人、3年生6人、2年生1人に加え、

2人の先生方の協力の下に行いました。

Photo

去年は、数回学校の方で授業をさせていただいたそうですが、

今年は、小学校との調整の結果、一回に力を込めて実施しました。

松浜小学校3年生を対象に、総合的な学習の時間の授業で、

「松浜橋」「ござれや花火」「方言」「松浜祭り」の4つのテーマで行いました。

大学生は、4つのグループに分かれて、約半年という長い構想期間を経て、

一つの授業を作り上げていきました。

Photo_2

そもそも総合の学習の時間の目標はなんなのか、

この授業を通して子どもたちに身につけさせたい力はなんであるのか等を

考えることから始まり、グループそれぞれが使うパワーポイントの読みこみなど、

一つの授業にこれほどの準備をかけることはなかなかないので、とても貴重な体験でした。

本番が近くなると先輩方を交えて何回もの模擬授業を行い、

どんなところが分かりにくかったか、どうすればもっと良くなるのかなど、

精度を高め、児童にとってより分かりやすい、

魅力的な授業になるように修正を加えていきました。」

模擬授業ではなく、実際の小学校で、自分たちで1から作った

授業をやらせてもらう、という非常に貴重な経験の報告でした。

是非、皆さんも大学在学中から、「本物」の学びを経験しに

地域の現場に出ていきましょう。

2018年1月26日 (金)

ダンス授業における「創作ダンス発表会」!

いきいき放送局へようこそ!

今日は、とある実技授業のご紹介です。
1年生が受講する「ダンス」の授業において、1月に創作ダンス発表会が行われました!!
この授業は教職を目指す学生たちにとって必須となる授業です。
そのため、ダンスをやったことのない様々な種目を専門とする学生も受けていました。

授業ではリズム系ダンス、フォークダンス、創作ダンスと幅広い分野を学んでいきます。
そして最後に迎える「創作ダンス発表会」。
不安と緊張でいっぱいでしたが学生たちは、練習してきた成果を存分に発揮して素晴らしい会となりました。

ダンスのクラスは全部で4クラスですが、一部のクラスの様子のみ写真でご紹介します。

Img_3624

Img_3641_2

Img_3666_2

Img_3673_2

Img_3693_2

Img_3701_2

Img_3703_2

Img_3715_2

Img_3728

Img_3732

Img_3727

Img_3684_2
ほぼ9割の学生がダンス未経験のため、はじめは話し合いが進まなかったり、動きづくりに模索したり、恥ずかしがって動けなかったりと様々な壁があったようでしたが、練習と準備を重ねることで自分たちの個性に磨きをかけて、本番では生き生き堂々と発表することができていました。

この大学での授業は一つのきっかけでしかありませんが、興味を持って取り組めるよう、今後の何かに生きてくれれば良いなと思います。

以上、ダンス発表会のご報告でした。

 

2018年1月15日 (月)

1月研究セミナー

いきいき放送局へようこそ。

健康スポーツ学科では、教員同士で互いの研究内容を発表し合う「研究セミナー」を定期的に行っています。今回は、2017年度の第5回研究セミナーの様子をお届けします。

今回の発表者は、小林志郎先生と柵木聖也先生でした。

小林先生は、陸上競技を専門としており、本学陸上競技部の監督でもあります。自身も円盤投げ種目で日本選手権を4回制覇し、国際大会での優勝もある選手です。

内容は、本学陸上競技部の円盤投げ選手を例として、全日本インカレ(正式名称;全日本学生陸上競技対校選手権)で優勝するための課題と指導法についてでした。

対象選手は、入学以降、回転動作がスムーズになり、体力的な要素も向上しているものの、日本のトップ選手や外国人選手と比較すると改善の余地があると、自身の経験も踏まえながら指摘していました。
今後は、回転動作の速度を高めることはもちろん、瞬発系の跳躍種目やパワーが必要になるウエイトトレーニングも向上させていく必要があり、そのための練習を積極的に取り入れていきたいと今後の指導方針も説明していただきました。

Photo

柵木先生は、本学科のアスレティックトレーナーの養成を担当しており、自身も日本体育協会公認アスレティックトレーナーであり、日本オリンピック委員会の強化スタッフや、スノーボードの日本代表チームのトレーナーの経験もお持ちです。

柵木先生は、スポーツ医科学の視点から、膝前十字靭帯を損傷しやすい選手を抽出するための基準を策定することを目的とした研究に取り組んでおられます。基準の策定のために、膝の回旋方向の弛緩性、つまり“ねじれやすさ”を測定する機器をご自身で独自に開発されたとのことです!

今回の発表では、完成した測定機器の信頼性と妥当性を検証した結果をお示しいただきました。今後は、この機器で実際に前十字靭帯を損傷した選手を数多く測定し、基準の策定を進められるそうです。

Photo_2 

健康スポーツ学科には、スポーツの現場で活躍するプロフェッショナルな先生方がたくさんいます。
学生の皆さんも、興味のある分野の先生にどんどん質問してみてください!

2017年12月25日 (月)

サンタクロースがきたよ!

いきいき放送局へようこそ!

クリスマスが近づく学内で、

サンタクロースさん(若干、若め)に遭遇!

イケイケな感じでしたね。

Photo

出会えて、プレゼントをもらえた皆さんは

幸せな1年になるかもしれません。

ユーモアを忘れず周囲を少し幸せな気分にさせてくれる

人は素敵ですね。

日々に潤いを与えるユーモアを忘れずに、よいお年を!

2017年12月24日 (日)

【ダンス領域指導実習】松浜小学校へダンス授業の現場実習

イキイキ放送局へようこそ。

本日は、「ダンス領域指導実習」において行われた小学校での現場実習の様子をご報告します。
この授業は3年生スポーツ教育コースに所属する学生が多く受講し、合計21名の学生が”先生役”となって臨みました。
普通の授業ではあり得ないほどの先生の多さですが、「スペシャル授業」として授業を行わせていただきました。

実習先は新潟市北区の松浜小学校。
現場の先生がとてもご理解のある方で、色々と授業プランを考えるところから「教育現場の視点から」のアドバイスも多くいただくことができました。

_58

実習は小学校二年生3クラス合同で行ったのが第一回目。
小学校1年生3クラス合同で行ったのが第二回目。
教材の内容は同じ「松浜どうぶつランド」を行い、二回目の実践を行わせていただくことができました。

_64
子どもたちの前で導入から「めあて」の説明をする田子貴之君(健康スポーツ学科3年)

21名もの大勢の学生それぞれに役目があり、何かしらの形で児童たち全員の前で話をしたり、児童たちのグループリーダーとなって直接対話をしたりと活躍をしていました。

今回の実習前には実際に学生を児童役として模擬を行って対策をしてきたメンバーたち。
それでも一回目の実習ではまだ緊張が見られました

_73

_79
はじめの体ほぐしのリズム遊びの場面では、秋山景さん、屋比久倫子さん、田中航平君(健康スポーツ学科3年)などを中心に、リズムに乗った簡単な動きやどうぶつの真似など、さまざまな動きに挑戦できるように工夫を凝らしていました。

一回目の授業ではドタバタして指示の通りにくかった状況でしたが、二回目の授業では見違えるほどに児童を引き付けることができました。

うまく曲の中に収まるように難易度を徐々に上げていくなど、試行錯誤の結果、授業本番では素晴らしい出来でした!

_25

_32
児童たちに寄り添いながら、話を聞く青木僚汰君(健康スポーツ学科4年)

_23
「トリ」の動きについて児童に笑顔で問いかける武田千晶さん、皆川真帆さん(健康スポーツ学科3年)。

_38
「ワニ」の動きについて言葉を引き出そうとする牧野健吾君、高橋健一郎君(健康スポーツ学科3年)

_28
「ウサギ」の動きについて児童に問いかける佐藤那奈さん(健康スポーツ学科3年)
児童と目線を合わせようと身をかがめています。

_47
こちらも「トリ」の動きを引き出そうとする田子貴之君、鈴木悠翔君(健康スポーツ学科3年)。

_19
最期の振り返りやまとめは鈴木悠翔君、高橋健一郎君が行いました。
「めあて」がしっかり達成できたでしょうか?

_7
そして授業後は児童たちとハイタッチ。
子供たちに「また来てもらいたい!」と思ってもらえたでしょうか!?

最後に、授業案プラン作成チームの一員として活躍した学生からのコメントです。

前田魁人君(健康スポーツ学科3年)
今回、松浜小学校の1,2年生を対象にダンス授業をさせて頂きました。多くの学生と話し合いを重ね、試行錯誤を繰り返しながら一つの授業を完成させることは非常に大変でした。しかし、授業を通して子どもたちが楽しんでいる姿を見て、頑張ってきて良かったという充実感が生まれました。笑顔溢れる子どもたちと毎日関わることのできる教員という職業により一層の魅力を感じました。

このように本学では積極的に学生時代のうちから教育現場のご協力を得て指導の実践力を磨けるようにと工夫をしています。

今回の二回の実習を通して、自分への自信をつけ、また教師のやりがいを感じてもらえると嬉しいです!

2017年12月17日 (日)

卒業論文提出完了!

イキイキ放送局へようこそ。

大学生最後のメインイベントと言ってもおかしくないのが、卒業論文の作成です!
4年生は、実験をおこなったり、調査をおこなったり、完成に向けて数か月頑張ってきました。
その締切が、12月15日でした!

各ゼミとも、最後の追込みに必死でしたが、提出までのドキュメントをお届けしたいと思います。

Photo

締切2日前の吉田ゼミ(左:鈴木優菜さん 中:中村俊太さん 右:近藤来実さん)

頭を抱える近藤さん...疲れていますね。

Photo_2

締切前日の吉田ゼミ(左手前:中村さん、右手前:笹川歩希さん、右奥:井口柊さん)

頭を抱えていた近藤さんは元気になりました!

Photo_3

第2厚生棟で作業する佐藤敏郎ゼミの皆さん

終わった学生がフォローしてくれています!
敏郎ゼミ、さすがのチームワークです。

Photo_4

第2厚生棟で作業する女性陣(左奥:井澤美咲さん、中:小林夏希さん、右手前:塩川莉奈さん)

朝から頑張っています!

Photo_5

提出できました!(左:横山友希さん、中:塩川さん、右:小林さん)

Photo_6

第2厚生棟で作業する男性陣(左:丸山瑞貴さん、右奥:中村匠吾さん、右手前:吉垣忍さん)

吉垣さんは昼ごはんを食べながら、最終チェックしています。

Photo_7 中村さん、無事提出できました!

Photo_8 受領書に押印する鵜瀬先生、ドキドキの本間光騎さんと小林彩矢花さん(佐近ゼミ)

Photo_9

こちらも無事提出できました!

卒論を提出すれば、あとは卒業式を待つのみという4年生が大半です。
(まだ通常授業を受けて頑張っている学生さんもいますが)

4年生は、残り少ない学生生活、有意義に過ごしてくださいね。

以上、卒論のヒトコマでした。





2017年12月13日 (水)

秋田全国モダンダンスコンクールにてダンス部が入選4位!

いきいき放送局へようこそ。

去る12月9日~10日、秋田文化会館ホールにて「あきた全国舞踊祭・秋田全国モダンダンスコンクール」が行われ、参加した本学ダンス部が入選(4位)を果たすことができました。
今日はその秋田コンクールについての部員11名の様子をご報告いたします。

_1


このコンクールは大学ダンス部単位での参加ではなく、お稽古場やスタジオ単位、フリーで活躍するダンサーの方々も含めてエントリーされるコンクールです。

夏に本学ダンス部が挑戦している「創作ダンス」のコンクールとは少し色が異なり、「モダンダンス(現代舞踊)」というジャンルの世界のコンクールです。
技術的に非常にレベルの高い、由緒ある名高いコンクールとなっています。


過去にも何度か参加してきたこの秋田コンクールでしたが、今年は過去最高の人数の群舞で挑戦をして参りました。
今回の作品タイトルは「深海に眠る命」、作品作者はダンス部卒業生です。
参加者11名:
山田春香(スポ2年)、風間ひかる(スポ2年)、矢尻真理恵(スポ2年)、石川日菜(臨床2年)、渡辺杏菜(臨床2年)、阿部栞(スポ1年)、加藤愛理(スポ1年)、茂木孝介(スポ1年)、斎藤梨華(スポ1年)、板垣莉子(スポ1年)

_132
本番3時間前の様子。ホテルにて、互いにメイクを確認し合って準備に取り掛かります。
この独特なメリハリの効いたメイクも、現代舞踊独特の仕方です。
以前にベテランのダンサーの方よりメイク講習会をしていただいた描き方を思い出して…手を震わせながらメイクする光景も。

_144

_102
髪もメイクもイメージトレーニングもみっちり行い、いざ出陣です!
バスでの移動もこの現代舞踊メイク。緊張と楽しみと不安と…色々な思いを胸に向かっています。

_125
楽屋での最後のイメトレにも入念に行います。タイミングや呼吸の仕方、そして作品のイメージを頭に描きながら。

_122

_123
そしてコンクールの本番後、出演者の生き生きとした顔。これは…深海魚ポーズとのこと(笑)

本番は、練習の時よりもより一層の集中力を感じることができました。少し緊張して硬い動きも見られましたが、リハーサルもない状況なので、仕方が無いかもしれません。
でも部員は皆達成感に満ち溢れているように見られました。

それでは喜びの声を学生を代表して、部員の山田春香(健スポ2年)よりコメントです。
「今回、初めて秋田モダンダンスコンクールにダンス部OGの安藤美和さんに振りを付けて頂き、出場しました。初めて出る大会で、慣れない事が多く不安もたくさんありましたが、多くの方の応援や支えがあったおかげで4位入選という結果を得る事ができました!
今回、入選する事ができましたが、ここで終わりにせず、また来年に繋げていけるようにこれからも頑張っていきたいと思います!
応援ありがとうございました!」


作者を務めたダンス部OG安藤美和は、ダンサー活動も続けながら、現在も新発田のダンス教室の指導者として振付・指導も精力的に活動しており、そうした経験が今回に実を結びました。

こうして今回、ダンス部部員だった卒業生が、学生時代に経験してきた苦労を糧に後輩のために振付をするという素敵な循環が生まれました。今後もこのような循環がより発展し、ダンス部がさらにパワーアップすることを願っています!
後輩たちに素敵な作品を与えてくれた卒業生の美和さんには部員ともども、心から感謝しています。

今回入選をすることができたことも、日ごろからダンス部へ様々な支援と応援をしてくださっている教職員の先生方、支えてくださっている保護者の皆様、そして卒業生やサポーターの皆様のおかげです。ありがとうございました。

喜びもひとしおですが今回の入選が決してゴールではないため、今回の結果に満足せず、さらに高みを目指していけるよう日々の練習や創作活動に取り組んでいきたいと思います。

今後ともどうぞダンス部への応援をよろしくお願いいたします。

2017年12月 5日 (火)

教員採用試験合格者の声を聞く会を実施しました

いきいき放送局へようこそ!

今日は、先日行われた教員採用試験合格者の声を聞く会について報告します。

これは、今年度の教員採用試験に現役で合格を勝ち取った4年生に、3年生以下が様々な

経験談を聞き、自身の大学生活及び勉強に生かす、という趣旨の企画で毎年行っています。

今年度は、現役合格者の中から、3学科で合計6名の4年生に登壇をしていただきました。

石井知佳さん 健康スポーツ学科 小学校
齋藤彩さん  健康スポーツ学科 小学校
橋本みきさん 健康スポーツ学科 中高保体
丸山瑞貴さん 健康スポーツ学科 高校保体
渡辺愛理さん 看護学科     養護
田中佳奈さん 健康栄養学科   栄養教諭

また、座談会~は次の4年生にも登壇していただきました。

笹川歩希 健康スポーツ 小学校

Dsc_0235

第1部では、司会の進行により、①自己紹介、②教員を目指したきっかけ、理由、

③教採に向けてどんな勉強をしたのか(時期、教材、方法、場所など)、

④教採に向けて、勉強以外で頑張ってきたこと

⑤部活動との両立、小学校免許との両立、ボランティア、気分転換の方法

などについて、合格者の皆さんに聞いていきました。

Dsc_0219

Dsc_0226

生の声を通して、皆共通している点や、一人一人違う部分について聞くことで、

3年生以下にとっても非常に参考になったようです。

第2部では、<座談会>として、学科ごとにわかれて、

3年生たちとの質疑応答などに多くの時間を設けました。

Photo

Photo_2

相談にも、丁寧に答えてくれました。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

最後まで誠意をもって3年生以下の後輩に助言をしてくれた

4年生の皆さん、有難うございました。そして改めて現役合格おめでとうございます。

来年度も、ここにいた3年生から登壇者になっている学生が一人でもでるように、

頑張っていきましょう。

2017年11月27日 (月)

教職実践演習の1コマ

いきいき放送局へようこそ!

今日は、4年生の後期の授業、教職実践演習の1コマを

紹介したいと思います。

教職実践演習は、教員免許状取得のための講座の総まとめとして⾏われる授業です。

これまで、教職関係の科目や実技科目、そして教育実習等を通し、

教師となるための基礎的な⼒量を⾝に付けてきたことを学びを、

「教職実践演習ポートフォリオ」を振り返りつつ、

教師になるためにさらに必要な分野について、実践的な演習を通して⼒量をつける

授業となっています。

複数の教員による演習となっており、今回は佐藤裕紀先生の回を紹介したいと思います。

この回では、「学級経営の基本的な視点を学ぶ」と題して、

自分たちの実習を振り返りながら、グループで学級経営案を考え、発表を行いました。

1

Photo

Photo_2

また、4月に行う学級開きでの自己紹介のコツなどについても学びました。

皆さん、教育実習を通じて、現場の具体的なイメージができるようになっており、

ワイワイと演習を行っていました。