2018年11月 8日 (木)

「さーぴす」ってなんだ?

私たちは、20歳からの子宮頸がん予防を啓発するサークルです。

これまで、「リボンムーブメント新潟」として活動してきましたが、2018年、サークル名を「さーぴす~20歳からの子宮頸がん予防~」と名前を新たにしました。

この日は、新潟大学医学部産婦人科学教室の山口真奈子先生を招いて、勉強会を開催しました。new

Dsc00829

私たちの活動に、ご支援をよろしくお願いします。new

2018年11月 5日 (月)

第1回 学生病理技術研修会

ウィルヒョウ介じゃ。

第1回 学生病理技術研修会が行われたんじゃ。お天気の日曜日でしたが、お休みを返上して、17名の学生があつまったんじゃ。

Dsc00812

わしだけでは、ちと、心もとないので、4年生の先輩に先生をお願いしたんじゃよ。上級生から教わるとあって、一味違う研修会になったんじゃよ。sun

Dsc00814

最後は、実技テストを実施したんだ。見事全員クリアー。いやはや、おみそれしました。leoflair

Dsc00815

2018年11月 4日 (日)

2018 卒業研究発表会。

大学での学びの集大成として、卒業研究発表会があります。

この日に備えて、ゼミの先生の指導を受けながら、発表の準備をしてきました。みんなクール!!sun

Pb032399

ユニークな発表には、笑顔もこぼれます。

Pb032396

発表の成果は、論文にまとめられます。がんばれ!maple

2018年11月 3日 (土)

脳波計

脳波とは、脳の中で、流れている微弱な電流をとらえて目に見える波形とするものです。

先生に指導を受けながら、間違いなく、手早く電極を貼り付ける技術を学びます。

Dsc00794

検査者は、被検者の頭皮にクリームを塗って電極を付けてゆきます。

被検者にとって、頭皮をすりすりされると結構気持ちよくて、眠ってしまいそうになります。shock

Dsc00793

真剣に取り組んでいる様子が素敵です。heart

2018年10月22日 (月)

細胞診研究会発表 伍桃祭

ウイル氷介じゃ。久しぶりじゃな。細胞診研究会の発表会があったので、いてもたってもいられず、のぞいてきたんじゃ。

P_20181006_114137

実験した結果をまとめて発表することは、とっても大切なことなんじゃ。

みんなよくできました。

2018年10月21日 (日)

卒業研究 進行中

さて、下の写真、なにをやってるのでしょうか?

秤が見えます、機械もありますね。

P_20181010_180856

現在実験中です。点滴に使われる機械の精度に関する研究をしています。

この、笑顔が素敵な青年が、研究している人たちです。

P_20181010_180824

なんだか、筋肉むきむきじゃないか?

2018年9月29日 (土)

国家試験対策室

新しい国家試験対策室がまもなくオープンいたします。

P_20180928_092432

広い窓が開放的です。

P_20180928_092411

新たな気持ちで、夢に向かって進みましょう。

P_20180928_092419

2018年9月 6日 (木)

連携総合ゼミ2018

今年は、中山医学大学の臨床検査バイオテクノロジー学科と理学療法学科の学生も参加しました。

Dsc00649

ある事例に対して、各専門職がどの様にアプローチして行くかを話し合います。

ここでは、フィリピン、日本、台湾の学生が議論をしています。もちろん 英語です。すげー。

Dsc00693

議論した結果はをホワイトボード書き込んでみんなで共有します。こちらももちろん英語です。すげーすげー。国際交流素晴らしい。

2018年7月 5日 (木)

こんなの、でました!

P_20180627_160425

ウイル氷介です。おおおー、でました。卒業研究で、買ってきたお魚を丹念に解剖していたところ、ついに寄生中発見!サバからでてきました。この寄生虫、加熱をすれば、食べても人に害はありません。しかし、生のまま、咀嚼されずに胃に入ると、胃の粘膜に入りこみ、激痛を起こします。こわいですね。サバは、加熱して食べましょう。しめ鯖は、よく噛んで食べましょう。

何匹も、何匹も、1つずつ丁寧に解剖した学生の皆さん。がんばりました。

2018年6月14日 (木)

ただいま吸光度計測中

Dsc00623_2

マイクロピペットで、青い液体を吸い上げています。何をやっているのでしょう?

ハイ こちら、青い液体の吸光度を測定しています。キュウコウド?

ハイ 色には様々の波長があり、物質によって、吸収しやすい色が決まっています。

たくさん色を吸収すれば、その物質が液体の中にたくさん入っていることがわかるのです。

どんな結果がでるか、楽しみです。

臨床技術学科 詳細リンク