2017年3月17日 (金)

平成28年度 新潟医療福祉大学 卒業式

3月14日 平成28年度の新潟医療福祉大学卒業式が行われましたbell

ご卒業、誠におめでとうございますsign01

保護者の皆様におかれましても心よりお祝い申し上げますconfidentImg_0731

学科長が一人ひとりの名前を読み上げ卒業証書を渡します。

みんなとても晴れやかな表情でしたhappy01

Img_0759

Img_0753 

そして、成績優秀者の表彰です。

本当によく学業に励まれましたねpencil

Img_0765 

卒業生へ学科長からはなむけの言葉cloverです。

先生ご自身の体験から「よい看護職者」とは何かをお話し頂きました。

Img_0773 

最後に卒業生代表の挨拶です。

大学生活の成長が感じられる素晴らしい挨拶でしたweep

Img_0774 

4月からはいよいよ社会人の仲間入りですね。

医療福祉大学生らしさを忘れず、存分に力を発揮して下さいgood

Img_0746

少々寂しい気持ちもありますが、皆様のご活躍を心からお祈りしていますconfident

2017年2月21日 (火)

基礎看護学演習の様子

 

1年生「基礎看護学演習」での食事介助の様子をお伝えしますflair

まずは食事内容や患者さんの状況に合わせて食器restaurant等を選びましょう。

どんなものを準備しているのかなsign02

Mk3_3020

準備ができたら

   冷めてしまわないうちに食事介助を始めましょうshine

Mk3_3111

患者役の学生が美味しいと思えるように

              上手に介助できたかなsign02

Mk3_3121 

2017年1月30日 (月)

国家試験 結団式

 

国家試験が近づいてきました。

1月11日

 4年生の国家試験前の結団式が行われました。

1_2 

はじめに国家試験対策係長の話がありました。

対策係の学生達は皆頑張ってくれましたconfident

 2 

つづいて、塚本学科長からのお言葉がありました。

塚本先生からは合言葉の4文字S・M・A・Pをいただき、

学生はこれで全力をつくせるはずですeye 

3 

学生と看護学科教員で円陣を組み、全員合格をめざした

掛け声で一致団結しました!

 

4

 大学の同窓会からは、合格鉛筆pencil

在校生からは、キット勝つshineをいただきました!!

 

 もう少しで本番です。

 自分のこれまでの力を信じて 皆頑張ろうgood!!!

2016年10月28日 (金)

公衆衛生看護学実習Ⅰ

看護学科では、4年間に渡り、様々な実習を行っていきます。

本日は、その中の一つ、2年生の「公衆衛生看護学実習Ⅰ」の様子をお伝えしますsun

公衆衛生看護の対象と目的は、地域にお住まいになるすべての方々とその地域全体の健康を保持増進することにあります。

各グループに分かれ、地域を歩き、お住まいの皆さんの生活の様子を観察し、また家庭や民生委員さん宅への訪問をさせていただき、地域の歴史的背景や地域の皆さんの健康福祉に関するお話をお聞きしました。

行ったことのない所に行くのは大変ですが、メンバーが一緒に行動するので心強かったです!

Photo_2

これはバス時間を確認している所ですbus

 

Photo

地域のみなさんにもご協力していただきました。

講義や演習では見えなかったことが実際に地域へ足を運ぶことで分かり、データだけでなく広い視点で地域を理解していくことの大切さを改めて学んだ実習でしたhappy01

2016年8月22日 (月)

臨地実習指導者研修会

こんにちは。

本学科では様々な病院・施設で実習を実施しています。学生の実習指導を担当して下さる看護師・保健師・助産師さんと教員との交流を深め、より良い学生指導を行うために、毎年研修会を開催しています。

今年は8月2日(火)に開催されました。

午前の部では、学生のやる気を引き出す指導について学ぶため、「ほめて育てるその極意」というテーマで、本学健康スポーツ学科の佐藤大輔准教授にご講演いただきました。

P1030977_3


午後の部では、看護学科長の塚本康子教授より、

「学生の成長を促す評価の在り方」についての講義がありました。

P1030984_1

その後、グループワークを通して、学生指導における評価について話し合いました。

P1030990_1

学生の皆さんが学びある実習ができるよう、本学科では教員一丸となって頑張っています!

2016年7月25日 (月)

在宅看護学演習風景

こんにちは。

ご自宅で酸素療法をおこなったり、身体に溜まった二酸化炭素を換気するための人工呼吸器を装着している方への支援を考える授業がありました。そこでは、実際の機器を使用しながら、学習していきました。

まずは、自宅に置く酸素供給装置の操作方法について学びました。

Dsc01055

次に、外出時用の両手が自由になる、酸素ボンベリュックサックについて!

「思ったよりも重いです!」

そして、カニューラが目立たない酸素メガネも体験しています。

Dsc01058

Dsc01056

Dsc01057 酸素供給装置から長いチューブをとおして酸素が出て、カニューラというチューブを使用して鼻から酸素を吸います。

写真は、実習室の浴槽を出入りする学生ですね。延長用の長いチューブが絡まらないか、気になっているようですgood

Dsc01062

身体に溜まった二酸化炭素を換気する人工呼吸器を装着している様子です。

授業を通して、日常生活を送りながら使用する大変さを実感しました。その一方で、息苦しさなどの症状が減り、安楽に生活できるというメリットもあります。その効果を看護師として、どのようにお伝えしていくかを考えられた演習になりましたwink

2016年7月11日 (月)

看護学演習の授業風景

こんにちは。

2年生の看護学演習PBL形式の授業風景をお伝えします!

以下は事例の情報から患者さんがどのような状態か判断し、必要な看護を考えている場面です。

Cimg3280

そして患者さんに「実際にどんな方法で説明し実施したらよいか」をシミュレーターのトム君を

使用して、具体的に考えています。

みんな真剣ですね。

Cimg3277

さあ発表です。学生は緊張しながらも頑張っています!

先輩看護師に報告するまでが課題です。

Cimg3295

Cimg3308

Cimg3298

学生からは、「まず患者の苦痛を取り除くことが必要だ」、「観察して、判断するって大変だ」、

「患者の状態は変わるので、臨機応変に対応できることが重要だ」といった発言が聞かれました。

実践的な学びが多くあったことが伝わってきました!

実習に生かして下さいねhappy01





2016年6月20日 (月)

看護学演習の風景

2年生の看護学演習で、口鼻腔吸引の授業がありました!

学生はモデル人形を使って吸引を初めて体験することになります。

 

まずはケアの流れや留意点について、真剣に聞いていますね。

Cimg3270_1

患者さんにとっては苦痛を伴う行為です。

できるだけ苦痛を少なく、適切な手技で、短時間で痰をとることが必要です。

Cimg3274_1

Cimg3275_2

学生は少し緊張しつつも、声かけをしながら頑張って手技を獲得できていたと思います。





2016年6月 6日 (月)

卒業生と在校生の交流会

先日、「卒業生と在学生の交流会」が開催されました!

看護師や助産師として、夢や目標、どんなことに今取り組んでいるのかなどなど、

たくさんのことを丁寧に、ユーモラスに話してくださいました。

Photo参加した在学生も、自分の将来の姿を想像しながら、聞いていたのでしょうか。 

講演のあとには、茶話会も開かれましたよ。

3こうやって、卒業生が成長した姿をみれるのは教員としてもうれしい限りですhappy01




2016年5月14日 (土)

看護の日

5月8日~5月14日は、看護週間です。

ということで、本学では5月14日(土)に「看護の日 記念講演会」を開催致しました。

毎年さまざまな分野からの講演会を開催しているのですが、今年は新潟県立がんセンター新潟病院で看護副部長および、がん看護専門看護師をされている丸山美香先生からご講演いただきました。

Gedc0045

Gedc0051

Gedc0056

がんに関する知見だけでなく、がん患者への真摯な看護について、症例を用いながらわかりやすくお話していただきました。

コミュニケーションの基本にかえって、自分の普段の患者さんとのやりとりを振り返るよい機会となったと思います。

また、傾聴・共感・受容の大切さを改めて感じることができた、素晴らしい内容でしたhappy01



看護学科 詳細リンク