2017年6月19日 (月)

公衆栄養学実習 ~学生災害食セッション~

みなさんこんにちはhappy01

健康栄養学科4年の

坂内元気、玉川詠美、内藤久美ですsign01

 

私たちは平成28年10月24日~28日の5日間、

三条地域振興局健康福祉環境部にて

公衆栄養学の臨地実習をさせていただきましたsign03

 

実習の取り組みの一つとして、

家族4人分のアレルギー対応食(特定原材料7品目除去)の食事を

災害発生後3、4日目を想定して献立作成を行いましたflair

条件は、以下の6つですsign01sign01

①ライフライン停止

②支援物資はこない

③特定原材料7品目を除く

④カセットコンロ、鍋、水、ポリ袋の備蓄あり

⑤冷蔵品の使用はできない

⑥4人が同じものを食べる

そこで、ポリ袋で料理を作れる、

パッククッキングを活用して調理を行いましたshine

パッククッキングとは、特別な調理器具が無くても、

ポリ袋、材料、カセットコンロ、水、お湯をわかすお鍋

があれば、料理ができるという、災害時に役立つ調理方法ですsign03

今回は、パッククッキングを行うだけでなく、

アレルギーをお持ちの方に対するパッククッキングの献立作成

ということで、より実際的で安全なメニューの提示が必要でしたflair

clover作成したレシピは今後ご紹介しますので、ぜひご覧くださいhappy01

Photo

Photo_2

実際にパッククッキングを体験してみて、、、

災害時でも温かいものが簡単に食べられることの

ありがたさを感じましたconfident

また、冷蔵品が使えないため、

缶詰や乾物などを常備しておくことの

重要性を感じましたflair

そして・・・、

今年の3月28日に、

新潟県立大学の健康栄養学科の学生とともに、

「学生災害食セッション」を行いましたflair

災害食について意見交換を行い、

災害食体験を行いましたsign03

そして、常温保存の食品を使った災害食づくりを行いましたflair

Photo_3

Photo_4


その中でも、お湯が沸かせない状況でも

水があればカップ麺が作れることがわかり、

便利だと感じましたsign03

 

貴重な体験をさせていただきましたconfident

ありがとうございましたshine

最後に・・・

今回の「学生災害食セッション」は、

県内初の取り組みということで、

新潟県庁などのHPにも記事が掲載されていますflair

ぜひ、そちらもご覧くださいsign01

リンクはこちらから
 ↓
http://www.pref.niigata.lg.jp/sanjou_kenkou/1356865162396.html
 

http://www.palge.com/news/h29/6/20170607syokuiku.htm

2017年6月 7日 (水)

今年の「学生-教員交流会」~お弁当の日~

こんにちはhappy01

健康栄養学科1年の基礎ゼミ生ですsign01

5月17日に「学生-教員交流会」がありましたので、

今回はそのときの模様を報告しますupshine

 

この交流会の前半は、みんなでお昼ご飯を食べましたhappy01

これは「お弁当の日」と呼ばれていますriceballshine

お弁当の日は、、、

「子どもが自分のお弁当を自分で作り、学校に持ってきて食べる」

という取り組みですflairheart04

 

Photo

かつて香川県の小学校校長であった竹下和男先生が、

食事や親に感謝の気持ちを持つこと、

家庭で一緒に暮らす時間、

家族団らんの時間を増やすことを目的に提唱されましたflair

現在は、小中学校を中心に高校・大学・企業まで広く実践されていますsign03

 

栄養学科では、

各ゼミで主食・主菜・副菜の中から選んで、一人一品持ち寄りましたeye

Photo_9

そして、学生だけでなく先生方も参加して、

約60種類の料理の中からビュッフェ方式で選びましたnotenote

Photo_2

合同研究室の先生たちが作った「合研汁」は、

とても人気が高くすぐになくなってしまいましたdespair

Photo_8

いろんな料理のバリエーションから選ぶのはとても悩みましたが、

それを含めて楽しいイベントでしたnote

Photo_3

みんなの手作りの料理はどれもとてもおいしかったですheart01shine

 

交流会の後半には、

2つのレクリエーション(レク)が続きましたup

1つ目のレクは、先生たちが考えた「豆移し」と「野菜の手ばかり」でしたsign03

「豆移し」は、「全8ゼミ+教員チーム」から3人ずつリレー方式で競争しました。

 2分間の内に、豆を箸でできるだけ多く皿から皿へ移せるかを競い合いました。

私たちのゼミは1回戦38粒、2回戦47粒でone位でしたscissorsshineshine

Photo_7~教員チーム~


 

続く「野菜の手ばかり」では、

玉ねぎ、にんじん、トマト、バナナ、ピーマンをはかりを使わずに

重さを推定しましたflair

答え合わせの時にピーマンを最初に測ったところ、

推定値との差がわずか-2グラムでしたsign03sign03

これは優勝を狙えるのではないかと思いましたが、、、、

その他の野菜は大きく外してしまい、、、

2つのゲームを合わせて4位に転落してしまいましたwobbly

 

2つ目のレクは、学生たちが考案した伝言ジェスチャーゲームでしたnote

方法は、人・動物・キャラクターのカードから1枚と動作のカードから1枚選び、

ジェスチャーで伝えて当てるものですsign01

お題は、ババ抜きをするピコ太郎や逮捕される仮面ライダーなどがありましたhappy01

Photo_4

2

私たちのゼミは、「野菜の手ばかり」の4位どころか、

ジェスチャーゲームの終わった最終成績が

最下位の9位と悲しい結果になりましたcryingcrying

 

成績の上下はともかく、

美味しくかつ笑いの絶えない1時間半でしたnotenotenote

Photo_5


では、またwinkclover

 

2017年5月25日 (木)

「お伊勢さん菓子博2017」へ行ってきました-巻の二 

こんにちはsign01

学科教員の宮岡です。

先には卒研ゼミ生8名と行った「菓子博」について書いたので、

今回はその前(「なばなの里」)と後(「伊勢神宮参拝」)の模様を報告しますflair

 

「なばなの里」の前に、

一部ゼミ生は名古屋市にある「ノリタケの森」も見学しましたが、

そちらは写真による紹介だけにしておきます。

いい雰囲気の公園と建物の中で、美しい陶器が見られました。

P1

「ノリタケの森(名古屋市)」の噴水前にて記念撮影

 

さて、「なばなの里」は三重県桑名市長島町にある植物園で、

有名なイルミネーションは昨年の10/15から今年の5/7までおこなわれていました。

われわれが見物したのは、終了の直前となる5/1でした。

 

なんでも、ここのイルミネーションは

「全国イルミネーションランキング」で毎年1位だそうですsign03

われわれの入園(正しくは、入村)とほぼ同時に点灯式があり、

やや暗かった園内が急に明るくなって雰囲気が出てきました。

 

P2_1

 「なばなの里」イルミネーションの点灯直後shine

 

最初の内は、正直「それほどでもない…?」と思っていました。

しかし、道案内にしたがってメイン会場へ進むと、

まずはとんでもなく大掛かりな光の通路が待っていましたsign03

延々と続くイルミネーションのアーチを歩いていると、

何か別世界にでも入った感覚がありましたshine

 

P3_2

  イルミネーション「光のアーチ(往路)」shine

 

光のアーチを抜けると、

非常に大きな光のスクリーン上に様々な映像が現れてきました。

最初は「プロジェクションマッピングかな…?」と思いましたが、

それは一切使わずにイルミネーションの制御で映像を作っているとわかりました。

今回のテーマは「大地」でした。

 

P4_3

  アンパンマン・キャラクターの花畑

P5_4

   メイン会場に出現した光の映像

 

行きと帰りとで異なる光のアーチが用意されていて、

これまた驚きました。

行きが春をイメージしていて、

帰りは秋を感じさせる配色を工夫していました。

光の造形に感激また感激の中で里を後にしました。

 

P6_5

   イルミネーション「光のアーチ(復路)」shine

 

最後に、「伊勢神宮参拝」について少し書きます。

伊勢神宮を知らない人はいないと思いますが、

125の宮社を含めた呼び名であるのはあまり知られてないようです。

神宮の中心となる内宮(ないくう)を厳かな気持ちで参拝しました。

 

P7_1

  伊勢神宮内宮にて記念撮影

 

その後、ゼミ生たちは学業成就などのお守りを手に入れてました。

参拝やお守りに頼るのではなく、

あくまでも自力本願で卒論・就職・国試などの難関を

突破して欲しいと願っています。

 

P8

 伊勢神宮内宮にてお守り・お札を見ています

 

参拝後の楽しみは、何といっても「おかげ横丁」の見物と買い物でしょう。

この横丁には60余りの店が並んでいますが、

中でもよく知られているのが「赤福」本店でしょうか?

甘い赤福を食べて疲れた体をいやしながら、

そばを流れる五十鈴川の川風に吹かれるのは実に心地よいものでした。

 

P9

 「おかげ横丁」の名物「赤福」confident

 

あわただしい三重県内の見学・見物でしたが、

その後ゼミ生たちは大阪に移動しました。

そちらも大変楽しかったようですが、詳しいところは知りません。

なんであれ、無事に新潟へ帰り着けてよかったです。

 

二度にわたった報告でしたが、

ゼミ生たちの経験や感動が少しでも伝わったのならば幸いです。

みなさんも、大学に入学したら楽しい旅行をしてくださいclover

では、また。

2017年5月18日 (木)

「お伊勢さん菓子博2017」へ行ってきました!! 巻の一

こんにちは!学科教員の宮岡です。

先の連休中に卒業研究(卒研)ゼミ生と「菓子博」へ行ったので、

今回はそのときの模様を報告します。

 

わたしたちの行ったイベントは、

「お伊勢さん菓子博2017(正式名称は「第27回全国菓子大博覧会」です)。

開催期間は2017年4月21日~5月14日で、開催場所は三重県伊勢市です。

 

P1

     マスコット・キャラクター「伊勢わんこ」と一緒に記念撮影

 

さて、「菓子博」は100年以上前の1911年(明治44年)に東京で開かれてから、

ほぼ4年に一度開催されてきた伝統のあるイベントです。

80年以上前には、新潟でも開催されたそうです。

 

連休までの入場者数が40万人を超えたそうで、

われわれが訪れたときにも人気会場(全国の銘菓1,800種類を揃えた「夢の市」)が

1時間半待ちの長い列でした。

その後の予定もあって、結局は入れる会場しか見られませんでした。

 

「全国お菓子であい館」では、全国を6つのブロックに分けて、

各都道府県のお菓子や文化をご紹介します。

新潟県は「関東甲信越」ブロックに入り、

みなさんもご存じの地元で有名なお菓子が並べられていました。

 

P2

  関東甲信越ブロック入口

P3

新潟県の中で新潟市のコーナー

 

47都道府県の中でも、京都府は群を抜いて目立っていました。

「さすがは京都…」と唸ってしまいました。

お菓子自身が印象的なのに加えて、

プレゼンテーションに目を引く工夫がされていました。

 

三重県内の高校生や専門学校生が作ったお菓子による

各種の造形物(野菜や魚など)も実に素晴らしかったです。

作製者の努力が肌に伝わってきて、

特に地元の来場者は

「○○高校の生徒が作ったもんはようーできとる!」と感心していました。

 

P4_1

お菓子を使った地域食材-山の幸編

P5_2

お菓子を使った地域食材-海の幸編

P6_3

お菓子を使った地域食材-野の幸編

 

とにかく人また人でやや疲れましたが、

美しいお菓子の芸術に接して多くの感動を受けました。

次回の菓子博(2021年?)がどこであるのかわかりませんが、

もし可能であればまた出かけたいですね(わたしはすでに退職していますが…)。

 

P7

   菓子博専用駐車場にての記念撮影

 

次回の「巻の二」では、

菓子博の前後に訪れた「なばなの里」と「伊勢神宮」について報告します。

こちらでも、ゼミ生たちは美しさや厳粛さに大変感激していました。

お楽しみにhappy01

2017年5月10日 (水)

今年初めてのオープンキャンパス開催!!

こんにちは、健康栄養学科教員の山崎と星野ですconfident

4/15(土)に今年度初めてのオープンキャンパスが開催されましたflair

当日はあいにくの雨でしたが、

全体で200名を超える高校生や保護者の方にご来場いただきました。

 

プログラム内容は以下の通りです。

・AO・推薦入試対策講座

・大学説明会、入試説明会

・学科別説明会

・フリープログラム(お仕事体験コーナー、個別相談など)

 

↓準備の様子。

オープンキャンパスには学生スタッフの手伝いが欠かせません(いつもありがとうございます)。

1

 

↓こちらは健康栄養学科の施設見学の様子。

「給食経営管理実習」の授業の様子をビデオで紹介したあと、

実習室を見学していただきました。

2

給食経営管理実習は、

給食施設における管理栄養士の役割を理解することを目的とし、

献立作成や食材発注、衛生管理、運営計画(作業工程や人員配置)

などを学ぶ授業です。

実際に100食以上の食事を2時間で調理し、提供します。

そのうちブログでも紹介したいと思いますので、お楽しみにsign01

 

さて、話をオープンキャンパスに戻して・・・

フリープログラムは、全13学科が同じフロアで行っているので、

様々な学科のプログラムを体験できますshine

健康栄養学科では、「SATシステム」と呼ばれる機械をつかって

自分の食事のバランスをチェックsign03

3

 

4

料理のフードモデルの中から、

1食分の食事を選んでトレーに載せていきます

(撮影にご協力いただき、ありがとうございました!)。

 

選んだ料理をトレーごと装置にのせると、

エネルギー量や栄養素の量、野菜の量などが計算されて、

食事のバランスがチェックされます。

最も良い評価だと星5つがもらえますよshine

星1つしかもらえなかった方の中には、何回かチャレンジして、

とうとう星5つになった方もsign03

何度チャレンジしても楽しいですねnote

 

お足元の悪い中、オープンキャンパスにご参加くださった皆様、

ありがとうございました! 

次回のオープンキャンパスは6/18(日)に開催されます。

次回もお楽しみにtulip

2017年4月26日 (水)

新1年生が入学しました!

こんにちは、健康栄養学科教員の星野です。

 

時期が前後してしまいますが・・・、

4/3(月)はときメッセで入学式が行われました。

健康栄養学科には、新1年生17期生の46名が新たに仲間に加わりましたcherryblossom

Img_9228

新入生のみなさん、入学おめでとうございますhappy01

これからよろしくおねがいしますclover

2017年4月19日 (水)

桜が満開になりました

健康栄養学科の芦田です(ブログ初登場)。

今年度も、授業開始とともに大学の桜も満開になりました。

001

写真はP棟の裏手です(この左手に新しい駐車場が作られました)。

フレッシュな新入生も迎え、キャンパスは華やかな雰囲気に包まれています。

時を同じくして、葉をたくわえた枝も現れ始めました。

 

002

間もなく花は桜吹雪とともに散り去り、「葉桜」の季節が訪れます。

樹葉は、高等植物にとって光合成をおこなう主要器官です。

光合成は、陽の光を使って大気中の二酸化炭素を栄養素に転換する作用で、

作られた栄養素は幹に蓄えられます。

『出(いず)る月を待つべし。散る花を追うことなかれ(中里東里)』

桜の樹木にとっては、むしろこれからが本格的な成長の本番ということです。

学生のみなさんにおかれても、開始した授業で教員からもたらされる知識を自分の中に取り入れ、しっかりと蓄積すべき時期です。

とくに4年生にとっては、いよいよ『出る月(=国試合格)を待つ』年度を迎えました。

桜の成長と競い合って葉を茂らせ、幹を肥やし、蕾を育ててくれるよう期待しています。

2017年3月16日 (木)

東京外国語大学ボート部へ食事提供に行ってまいりました!

みなさんこんにちは!

健康栄養学科3年の浅田桃子、桑原知花、坂内元気、田中佳奈、田中友海です。

 

私たちは3月5日(月)~3月8日(木)の4日間

埼玉県戸田市戸田公園漕艇場で東京外国語大学ボート部のみなさんに

食事提供をさせて頂きました。

 

まず事前準備として献立作成を行いました。

スポーツ選手は摂取エネルギーが多いため、

ご飯が進むようなメニューにすることを心掛けました。

また、3回の食事だけでは補えないので、補食も作りました。

   

Photo                    

実際に作った料理の写真です。

最終日に、もう一度食べたい料理を選んでもらいました。

これが第1位になった「鶏のピリ辛焼き」です!!

その他、魚料理や麺も人気が高かったです。

                  

Photo_2

こちらは補食に作った「クレープ」の写真です

東京外国語大学にちなんで

クレープを様々な国の国旗に見立てました。

選手の方も喜んでくれました!  

  

 

Photo_3 

また、食事の際には選手の方の興味を引けるように

メニューや料理にちなんだ1口メモを添えて提供しました。

 

4日間という短い間でしたが、

選手の方の反応を間近で見ることができ、とても貴重な経験となりました。 

初めてで不安な部分もありましたが、

選手の方の「美味しい」という声がとても嬉しかったです。

 

Photo_4

また機会があれば食事提供させて頂きたいです、

ありがとうございました!!

2017年2月28日 (火)

試験前の食事と栄養管理について

みなさん、こんにちは!

前回に続き、健康栄養学科広報委員の岩森がお送りします。

さて、今回も国家試験対策にまつわるお話です。学生の話は少し置いておいて、タイトル通り「試験前の食事と栄養管理」について、できるだけ噛み砕いてお話します!

ちなみに、今回の内容は1月に私が新潟日報から取材を受け、掲載されたものを中心に紹介します。健康栄養学科で実際に学ぶ内容も多数含まれておりますよ~。

 

まず、試験前といえば「脳」をたくさん使っていますよね。皆さんも頭を使いすぎて疲れたーって経験はあると思います。脳に働く栄養素は「ブドウ糖」なんです。これはご飯やパンに代表される炭水化物に多く含まれています。

炭水化物はブドウ糖になるまで2~3時間かかります。ということは、試験で頭を使う2~3時間前には食事を済ませるのが理想ですね。さらに、炭水化物がブドウ糖になるのを助けるのがビタミンB1。これは、豆腐や納豆などの大豆製品、豚肉に多く含まれているから併せて食べると効果的です。

試験前は、夜遅くまで勉強することが多いけれど、夕食は消化の良いものを早目に食べると、睡眠中に胃腸が十分に休んでくれます。それによってしっかりと熟睡できるようになります。メニューの中に、乳製品や小魚を加えておけば、「カルシウム」を補給できて、脳の働きをよくしてくれます。

試験時の昼食は、とにかく生ものを避けて、食べ過ぎないようします。そうすることで、集中力が持続できますよ。

 

ここまでのお話をまとめたのが、下の表です!

Photo_5

キーワードは、【朝食はしっかり、昼食は控えめに、夕食は早めに】です。受験や試験を控えている方はもちろんのこと、普段の食生活へも是非参考にしていただければと思います。 

ではまた!

2017年2月24日 (金)

国家試験まであとひと月・・・

みなさん、こんにちは!健康栄養学科広報委員の岩森です。まだまだ寒い日が続いておりますが、元気でお過ごしでしょうか?

さて、管理栄養士国家試験が今年は3月19日(土)に行われます。ちなみに来年度からは、時期が少し早まって3月上旬になるのです!来年からはさらにタイトなスケジュールになりそうですね。

現在、4年生はすっかり「国試モード」です!健康栄養学科のフロアを少し廻ってみると、いろいろな場所で勉強をしている様子を見かけます。

学生に話を聞いてみると、「勉強する場所ってホントに能率ややる気に影響します」って言われました。うん、すごく分かります!

皆さんは、勉強場所と言われると、自宅の机や図書館を真っ先に思い浮かべるかと思います。健康栄養学科では、それ以外にも、卒研ゼミ室や先生方の研究室、さらには、普段授業を行っている実習室を改造して個別ブースを作り勉強ができるようにしています。さらにさらに、国試対策専用ルームまで用意しております!

 

Photo

 

壁には、理解すべきキーワードが山のように貼ってあります。

Photo_2

一角には先輩からの応援メッセージ・・・「全員で合格しよう」という強い意思が代々受け継がれています。

学生の中には、一人で集中したい人、みんなで解らない所を話し合いたい人、静かな所がいい人、少し生活音があった方が落ち着く人・・・・など、好みは様々です。

自分に合った環境や勉強法をいち早く見つけることが大事なんだなとつくづく思います。

 

4

 

4年生から、普段使っている参考書を、お願いしてちょっとだけ見せてもらいました。

 

Photo_4

・・・すごい付箋(笑)

何度も何度も繰り返し勉強している内に、こんな風になったそうです。この他にも問題集や過去に出題された問題のコピーを何部も用意して、普段から持ち歩いているそうです。

本番まで一ヶ月を切りました。健康栄養学科では、【全員受験!!全員合格!!】をスローガンに、学科一丸となって頑張ります!

健康栄養学科 詳細リンク