2017年10月19日 (木)

五泉市まるごとヘルシーガイドブック  

こんにちはconfident

新潟県民になって3年目の教員、稲葉です。

黒崎茶豆がとっても美味しいとか、

佐渡のお酒が美味しいとか、

新米でなくてもお米が美味しいとか

まだまだ新潟のさわりしかわかっていませんが、

この度五泉市に足を運び楽しい時間を過ごしましたので

雑感と学生のみなさんの活躍をご紹介しますsign01

 

健康栄養学科は2017年度、

地域包括協定を結んでいる「五泉市」のお仕事を受託しましたflair

そのため何度か五泉市へ足を運んでいますclover

五泉市の風景は、私が育った埼玉県の川越にとても似ており大変懐かしいものですconfident

 

今回の事業は「五泉市まるごとヘルシーガイドブック」の作成受託であり、

五泉市出身の2年生3人、阿部クララさん、齋藤陽香さん、星玲里さんにも

打合せに参加して意見を出してもらっています。

3人とも、20名ほどの会議にも関わらず

全員の前でしっかりと自分の意見を伝えていました。

なんとも心強い限りですgood

 

また、郷土料理や懐かしい給食のお料理を実際に作って写真を撮ってもらいました。

とてもきれいでしたので、併せてご紹介いたしますshine

 

ガイドブックが完成しましたら、

改めてご紹介いたしますので楽しみにしていてくださいsign03

 

写真1:打合せで意見を発表している様子 発表者:星さん

Photo_10

写真2:郷土料理

Photo_11

2017年10月12日 (木)

「わくわくキッズ」自然体験  

こんにちはhappy01

 

健康栄養学科3年 宮時紗良ですclover

 

私は、東地区公民館主催の大畑少年センターで行われた

「わくわくキッズ」自然体験のボランティアに参加して来ました(^^)/

 

小学3年生から6年生が4人1班になり、

野外炊飯やネイチャーゲームをしましたsign03

野外炊飯では、パッククッキングという方法でカレーを作りましたriceball

パッククッキングとは、材料をポリ袋に入れ、湯せんで火を通す調理法ですsign03

この方法は災害時などにも応用できるそうですup

今回は、自分たちで火を焚いて、お湯を沸かすところからやりましたdash

 

1

1503271374723

 

私は、その日初めて会った子どもたち同士が、

アイスブレイクなどを通してだんだん人見知りが無くなり、

帰る頃には別人のようにみんなで元気にはしゃいでいる姿に元気をもらいましたshine

 

子どもたちの中には、

初めて包丁を握る子もいて、

恐る恐る食材を切っている子もいましたflair

家にいたら、危なくてお母さんお父さんがやるようなことも、

この機会に初めて自分で料理をしたのだと思いますsign03

子どもたちの様子を見ていても、

自分で作った料理はいつもよりおいしく感じる経験ができたようです(^O^)

 

私たちは、普段学校で、

おいしい料理、栄養が整った料理をつくろうとバタバタと調理実習をしていますが、

この事業に参加して、食育は楽しむことから始まることに気づかされましたconfidentshine

 

また機会があれば、ぜひ参加してみたいと思いますup

Dsc_0260

2017年10月 6日 (金)

ボート競技アジア選手権(9/1~9/9)  

健康栄養学科の澁谷です。

9月1日から9月9日までの間、

タイのパタヤという街で開催されたボート競技アジア選手権に

日本代表チームのチームリーダー・チームマネージャーとして参加してきました。

その報告をいたしますflair

9月1日朝9時に羽田空港で集合し、

手荷物と巨大な荷物(オールや工具など)を預けました。

それが終わると、代表チームのいつもの作業が始まります。

まずは選手が日本代表チームのウエアを着て集合写真を取り、それをWeb上にアップします。

それが終わると選手はすぐに代表チームのウエアを脱ぎます。

そして、出国手続きを行います。

日本ボート協会では、基本的に、

移動中に日本の国旗の付いたウエアを着ることを禁じています。

選手団はテロのソフトターゲットになりやすいため、常にこのような行動を取ります。

羽田空港から約6時間でタイのバンコクに到着します。

バンコク空港を出た瞬間、熱波が押し寄せ、暑さ対策をしておけばと、早速後悔しました。

そこからパタヤという街には選手団専用のバスで約2時間掛かりました。

宿泊は組織委員会が用意した巨大な4つ星ホテルです。

Photo_6

 

ホテル内には、大会運営を行う組織委員会本部があります。

チームマネージャーの現場に着いてからの仕事のほとんどはこの組織委員会と、

アジアボート連盟(ARF)役員との調整です。

その他の競技用の艇の確保やオールの確保などは出発前にすべて整えてあります。

出発前の調整は、チームマネージャーのパソコン操作一つで、

選手がレースに出られない事態に陥るのでミスが許されない仕事です。

それらの仕事が無事にできていることを祈りつつ、不十分な部分を現場で調整を行います。

組織委員会とは主にバス・トランスポーテーションの調整を行います。

バスの増便を要求し、翌日のバス移動のスケジュールを申請します。

それ以外に、食事の確保をすることが組織委員会との調整事項です。

チームマネージャーのもう一つの仕事はチームマネージャーミーティングへの参加です。

各国の代表者が集まり、日々のレース運営について毎日話し合います。

私は、普段、世界ボート連盟主催の大会に帯同しており、

アジアの大会のチームマネージャーとしての参加は初めてでした。

詳しくは書きませんが、責任者の見えない縦社会、まさに、アジアでした。

このアジアと調整し、自チームの運営を完璧に行うことがチームマネージャーとしての仕事です。

 

Photo_7

Photo_8

大会は5日間開催され、連日、朝の8時には32度を超える猛暑でした。

天気予報では最高気温32度とは出ているのですが、

手元の温度計では常に40度近い酷暑でした。

水の重要性をこれほどまでに感じたことはありません。

また、今回は日本ボート協会にとって新しい一歩を踏み出せた大会でした。

パラ競技との一緒に行動することができ、

健常者のチームがパラ競技の選手の手伝いをし、

行動するという非常に健康的な大会となりました。

そのなかで、パラ競技の壮絶さ、

高さ5センチの段差が車椅子の選手にとってどれほど大変なのか、

バスの乗り降り、食事提供のための台の高さの問題など学ぶことが大きい大会でした。

 

Photo_9

 

アジアの大会はメダル獲得が当然と周りからは見られています。

選手はただでさえ大きなプレッシャーを受けます。

選手がそれに真っ直ぐに向き合えるよう、

また、選手がレースのみに集中できるよう

全ての手立てを整えるのがチームマネージャーの仕事です。

今回の活動にあたり選手の皆さんから貰えた「レースに集中できた」

という一言がチームマネージャーとして最高の褒め言葉でしたshine

2017年10月 5日 (木)

学祭(伍桃祭) 10月8日・9日 

こんにちは。教員の星野ですhappy01

学祭が近づいてきました。

10月8日9日ですsign03

健康栄養学科の屋台の準備も大詰めのようですflair

前々回の記事、学祭にむけて~健康栄養学科屋台のメニュー試食会~も

ぜひご覧くださいup

 

色々な屋台、イベントが盛りだくさんですhappy01

ぜひお越しくださいnote

ご興味のある方はHPやTwitterなどご覧ください↓↓

学祭HP

http://www.nuhw.ac.jp/gotosai/

学祭Twitter

https://twitter.com/gakuyuukai?lang=ja

2017年9月28日 (木)

教育実習(栄養教諭)報告会が行われました

こんにちは。

健康栄養学科教員の笹川です。

 8月9日(水)午前、平成29年度教育実習(栄養教諭)の報告会が行われましたflair

健康栄養学科では、栄養教諭志望の学生が履修する

教育実習の報告会を例年開催していますsign01

教育実習(6月5日(月)~16日(金))に参加した6名の実習生が、

教育実習で学んだことについて報告を行いましたので、その様子をお伝えしますclover

参加者は、実習先の指導者様、学長、健康栄養学科教員、

他学科教職員、健康栄養学科教職コースの学生でした。

 

~開会式  学長挨拶~

学長の開会のあいさつで始まりました。

学長はあいさつの中で「幼少のころからの食生活の大切さ」と

栄養教諭の食育とのつながりについて触れられていました。

 

~報告会Ⅰ部  学生の報告の様子~

実習生は、児童の実態や授業観察から、授業だけでなく

遊び方や児童同士のトラブルの解決方法からも児童が成長していることを

学ぶことができたようです。

授業を担当して学んだことでは、

児童の目線に立ち、児童がかかわりやすい活動や教材を準備し、

児童の発言を取り入れることの重要性が報告されました。

栄養教諭の講話や業務観察から、

食物アレルギーに対応するために

栄養教諭と教職員や家庭との連携の重要性を学んできていました。

また、食育の継続性、食育の環境作り、

家庭での食生活へのつながりの重要性について学んだことも報告されました。

最後に、栄養教諭の役割として大切なこと、

栄養教諭に必要な資質、今後の課題等について、

実習を通して実習生がそれぞれに考えたことについて発表していました。

Photo

Photo_2

 ~報告会Ⅰ部 指導者様コメント~

出席された実習先の指導者様から、

実習生の学びの様子や配属学級の児童との関係について心温まるコメントをいただきました。

 

  

~報告会Ⅰ部 実習生お礼の言葉~

 実習生を代表して、実習中の指導に対するお礼を述べました。

Photo_3

 

~報告会Ⅰ部 閉会の言葉~

笹川が実習指導に対するお礼と今後の課題について述べました。

Photo_4

 

~報告会Ⅱ部 意見交換会~

Ⅱ部は、二手に分かれました。

一方は、実習に行った4年生と来年度以降実習に行く予定の3年生とが、

報告会を行った会場で意見交換会を行いました。

また、別会場では、実習先指導者様と本学教員との意見交換会が行われました。

 

~報告会を終了して~

教育実習(栄養教諭)では実習先のご指導のおかげで、

実習生は教諭としての児童の見方や指導方法、

教育職員としてのあり方をしっかり学ばせていただいたと思います。

その学びと昨年度までの管理栄養士としての学びを融合し、

栄養教諭としての役割や資質等について

実習生に報告させることができたことは、

教職担当教員としての役割の一端を果たせたかなと思います。

今回の実習では、上記に加えて、

実習生は養護教諭の業務観察を行わせていただきました。

食物アレルギー対応以外に、

養護教諭とどんな連携ができるかを考えるきっかけとするためです。

このことについても実習先で快く対応していただきました。

心より感謝し、今後の栄養教諭養成に活かしていきたいと思います。

 

最後に、これまでの学びを活かし、

栄養教諭として活躍してくれる人が、

一人でも多く誕生することを祈りますshine

Photo_5

2017年9月13日 (水)

学祭にむけて ~健康栄養学科屋台のメニュー試食会~

こんにちは。教員の星野です。

涼しい日が続き、すっかり秋ですねmaple

さて、突然ですが、10月8日、9日は何の日だかわかりますか?

この2日間は、新潟医療福祉大学の学祭ですconfident

(10月8日にはオープンキャンパスも開催されます!)

健康栄養学科の2年生が中心となってがんばっていますsign03

先日、屋台で販売する料理の試食会がありましたのでその模様についてお知らせしますheart02

まずは写真を・・・↓↓

Img_0348

これは試食会で2年生が一生懸命調理したものです!

のっぺ、チキンナゲット、野菜のパウンドケーキ、バンバンジーがはさまれたクレープ、

エビチリがはさまれたクレープ、おこわのおにぎりでしたshine

どれもとても美味しく、学祭が楽しみですup

Img_0349のっぺ

おだしが効いていて、ほっとする温かさでした♡

Img_0350野菜のパウンドケーキ

綺麗な色ですね!何の野菜が入っているかわかりますか?

これからまた検討を加えるようなので、当日は多少のメニュー変更があるかもしれませんflair

みなさんもぜひ学祭へお越しくださいhappy01

お待ちしておりますheart01

2017年7月21日 (金)

家政学会へ参加しました

こんにちはhappy01

健康栄養学科4年の浅田桃子、坂内元気、土田詩帆ですsign01

5月26~28日に奈良女子大学で行われた

第69回「日本家政学会」に参加してきましたので、

そのことについて紹介したいと思います(*’▽’)

1

皆さん学会と言ってもあまり聞きなれないかもしれませんが、

全国にはいろんなことを研究している方がいますflair

例えば、食べ物・服装・健康についてなど。

学会では、このようにいろんな研究をしている方々が、

口頭やポスターで発表していましたsign01

ちなみに、私が興味を持った研究は

「顔の対称性から見たイメージと化粧に関する研究」

「牛乳の添加温度は、コーヒーのおいしさに関与するか」です!

 

他にも「女性が不快に感じる男性の衣服のニオイ」や

「広島風お好み焼きのキャベツの嗜好性と糖量、テクスチャーの関係」

など、なにやらとっても気になる研究がたくさんありました|д゚)

 

私たちも実際にポスター発表をしてきました!

2_2

実際に興味を持ってくださった方に説明していますshine

とっても緊張しました……

私たちの発表内容は「共食」についてですsign03

誰かとご飯を食べるのって楽しいし、

なんとなく食欲も湧く気がしませんか?

でも一緒に食べる人が知らない人だったらどうなんだろう…?

美味しいと感じるのかな…という内容です!

 

たくさんの方に興味を持っていただき、とてもうれしかったですhappy01

最初先生のお手伝いという形でこの研究を始めましたが、

とても良い経験になりました。

皆さんも学生時代にたくさんのことを経験して、

良い思い出を作ってください!!

 

 

 

そして最後に…奈良女子大学の近くの奈良公園で鹿さんにも会ってきました!

鹿せんべいを見せると写真のような表情にflair

私は服を食べられましたので、皆さん行くときはお気をつけて笑

3_2

ぺろっ💛

 

ではまた(^^♪

2017年7月19日 (水)

夏のオープンキャンパス ~7月15日開催しました~

こんにちはsign03

教員の星野ですconfident

先週15日(土)に夏のオープンキャンパスを開催しましたshine

とても暑い中、大勢の方々がお越しくださり、

健康栄養学科のプログラムへも参加下さいましたup

健康栄養学科の内容は、

・学科説明&個別相談

・特別治療用食品の試食&ごっくんの音を聴診器で聴いてみよう

・フードモデルで普段の食事のエネルギーなどを確認しよう

・リン脂質の実験

・栄養の日のイベント 食事バランスガイドで自分の食事を確認してみよう

でしたflair

Img_0151_2

Img_0163

Img_0172

ご参加、どうもありがとうございましたsign03

次回のオープンキャンパスは、

8月5日&6日ですpenguin

様々なプログラムを準備してお待ちしておりますhappy01

2017年7月 5日 (水)

英国レスター大学(University of Leicester)の医学留学生との調理実習

こんにちはconfident

助手の寺尾ですflair

4月15日(土)、

英国レスター大学の医学留学生を招き、

新潟県栄養士会をコーディネーターとした

日本食調理実習を本学調理学実習室で実施しましたup

新潟県栄養士会会長の入山先生を初め、

栄養士会の先生方3名を講師とし、

ごはん、味噌汁、卵焼き、

サクラマスの祐庵焼き、ほうれん草のお浸し

を調理しましたshine

留学生たちは、

事前に食育花育センターおよびスポーツ医科学センターにて、

日本食や食育の実態を学び、

今回は実際に調理して試食することで

更に理解を深めることを目的として行いましたsign03

当大学の名誉学長である

髙橋榮明先生とともに来学した留学生は3名、

そこへ

新潟大学の学生ボランティアが2名加わり、

実習を行いましたhappy01

調理の前には、

映像で日本食の説明を行うとともに、

各メニューの行程を説明しましたflair

その際、

昆布と鰹節でとった一番だしを試食してもらったのですが、

留学生たちは興味深い様子で味わい、

「GOOD!」の声が聞かれましたshine

実際に調理が始まると、

留学生たちは手際よく動き、

初めて使用する調理器具や食材にも

積極的にチャレンジしていましたsign03

講師の先生方の抜群のフォローもあり、

楽しみながら調理する姿が印象的でした。

中でも私が一番驚いたのは、、、

お箸の使い方がとっても上手だったことでしたsign03

菜箸を使ってものを挟んだり、盛り付けたり・・・

菜箸で卵焼きを巻くのは少し苦戦していたようでしたが、

難しいと言いながらも丁寧に食材を扱い、挑戦していましたshine

Photo_6

4

できあがった料理はどれもきれいに仕上がり、

全員でいただきます!

と言って試食しました。

2_2


試食の際も、

お箸を上手に使って魚を食べる等、

皆さんとても手先が器用でびっくりsign01

さすが未来のお医者様sign03

と講師の先生方共々、驚いてしまいましたhappy01

最後の感想では、

「今日の日本食メニューが

たくさんの工程を経て作り上げられていることが、

実際に調理してみてよくわかった。

どれも本当においしく、感激した。

イギリスへ帰ってからも材料を探し、

周りの人に作ってあげたいsign01

という感想を聞く事ができ、

貴重な経験に携われたことを嬉しく思いましたshine

最後は片付けもしっかりと!

学科の調理実習の際には「姑みたいなチェック」

と学生に怖がられる私ですが・・・

留学生たちにも、床まできれいに掃除してもらいましたsign01

日本食調理に関わる

一連の作業をすべて体験していただくことで、

私自身も改めて日本食を見つめなおすきっかけとなりましたshine

今度は、健康栄養学科の学生も一緒に、

調理実習を通した

国際交流ができる機会を

作れると良いなと思いましたconfident

3


2017年6月29日 (木)

新潟高齢者の栄養と摂食を支える会 講演会

みなさんこんにちはclover

健康栄養学科3年の高橋佑介ですsign03

 

私は、5月20日(土)に新潟東市役所プラザホールにて行われた、

新潟高齢者の栄養と摂食を支える会主催

『誤嚥性肺炎予防に向けて』の講演会とその相談会に参加してきましたflair

 

講演会では、

誤嚥や嚥下困難に関係する

歯や口の機能の虚弱を指す「オーラルフレイル」や、

お薬を飲みやすくする方法や注意点など

「お薬の正しい知識」についてお話がありましたsign01

 

ご飯をおいしく食べるためには、

食べ物の入り口である『口や歯の健康』を

維持することが非常に重要であり、

それは誰もが簡単行える嚥下体操によって

対策ができることを学びました。

また、お薬を服用している方に対して食事指導をする際には、

お薬の効力を安定させるためにも、

組み合わせてはいけない栄養素があることを再確認する、

良い機会となりましたflair

 

講演会に引き続き行われた相談会では、

たくさんの参加者の方がブースに足を運んで下さいましたsign03

 

私の他にも、

本学科の4年生3名と3年生2名が参加し、

講演にいらしてくださった方々に積極的に声をかけて、

相談会を大いに盛り上げましたhappy01sign01

 

『栄養相談ブース』では、

簡易的にサルコペニアかどうかを判定する

握力測定のお手伝いをさせていただきましたsign01

Photo

Photo_2

立ち寄ってくださった参加者の方々は、

「どうやって測るの?」「サルコペニアってなに?」と、

聞きなれない言葉に質問をしてくださり、

応える私たちの話を真剣に聴いてくださいました。

 

 

別室の『企業紹介ブース』では、

ジュースや炭酸飲料にトロミ剤でとろみをつけることで、

どのように飲み心地が変わったのかを実際に体験していただきましたshine

Photo_3

Photo_4

試飲された方々は、

「何をどれくらい入れたの?」

「以外とおいしい!」

と、普段手にすることの少ないトロミ剤に

興味津々のご様子でしたsign01

 

 

今回のこの会に参加して、

実際に高齢者の方とお話しするときは緊張してばかりで、

相手に自分の伝えたいことを正確に伝えて

理解してもらうことの難しさを改めて感じました。

また、新潟高齢者の栄養と摂食を支える会の

皆さんのマンパワーにも圧倒され、現場で活躍するためには、

もっと知識を身につけ、様々なことにチャレンジしていかなければいけない

と実感しました。

 

  

現場を感じるとても良い機会になりましたsign03

ありがとうございましたhappy01

健康栄養学科 詳細リンク