2021年9月17日 (金)

1年生(21期生)の出身高校や出身地を調べてみた

こんにちはsign01 健康栄養学科の川上です。
久しぶりにブログを書きたいと思いますsign01

昨年、確かこのブログで在学生の出身高校を調べた結果を書いたことがありました。そこで今回も懲りずに1年生の出身高校を調べてみました。
と、その結果の前に、まずは2~4年生のおさらいです。具体的な人数は伏せていますが、各学年で多い順に出身高校名を表示していますsign01

まず4年生から。
新潟県立新潟中央高等学校
続いて、
新潟県立新潟東高等学校
続いて、
新潟県立新潟商業高等学校
そして同数で、
北越高等学校
新潟県立村上桜ケ丘高等学校
新潟県立巻高等学校
でした。

次に、3年生
新潟江南高等学校
続いて同数で、
東京学館新潟高等学校
新潟県立新発田南高等学校
新潟明訓高等学校
新潟県立新潟中央高等学校
新潟県立五泉高等学校
でした。

続いて2年生
新潟市立万代高校(ここ最近で一番多いです)
続いて同数で、
北越高等学校
新潟県立新発田南高等学校
新潟県立新潟中央高等学校
新潟県立新潟西高等学校
新潟県立巻高等学校
でした。

 そして1年生ですsign01
新潟県立巻高等学校
次いで、
新潟県立新津高等学校
続いて同数で、
新潟県立五泉高等学校
新潟県立長岡向陵高等学校
新潟県立中央高等学校
新潟県立新潟商業高等学校
新潟県立新発田南高等学校
新潟県立村上高等学校
でした。
 毎年の推移で確認してみると、その年その年で傾向があるようで、面白いです。

 また、勢いで1年生の出身地や人数も確認したところ、
新潟県(毎年一番多いです)
次いで同数で、
岩手県
富山県
そして、
北海道
山形県
長野県
神奈川県
沖縄県
となりました。北海道や沖縄出身者が同一クラスに集まったのは、この学年が初?かもしれません。全国から学生が集うのは喜ばしいことですsign01

それではまたsign01

2021年9月10日 (金)

和食について

 皆さんこんにちは。健康栄養学科の遠藤です。Photo  新型コロナによる影響は、様々な分野に及んでおり、インフルエンザの発生が激減した代わりに、小児の間でRSウイルスが流行しています。

若年層の自殺率の上昇は、失業率及び生活保護申請と連動しています、

 私が一番危惧し、また影響を受けているのは、手頃な価格の和食屋さんが、次々に廃業していることです。

世界文化遺産に認定された「和食」はやはり、唐揚げ店よりも、はるかに手間がかかるのです。

反面、高級料亭へ配給される食材が、かなり安く手に入るそうですが、素人には調理の腕がありません。

 ところで、和食の「5つもの」はご存じでしょうか? まず「生もの」、刺身はわかりますね? 続いて「煮もの」、「焼きもの」及び「揚げもの」は、熱を通すのですぐOKでしょう?

最後は? パワポならアニメーション付きですが、実は「酢のもの」です。納得できましたか?

2021年9月 3日 (金)

一年生の調理実習をご紹介!

こんにちは!教員の岩森です。

ブログには1年ぶりの登場です(すいません!)。

 

今日は一年生が1年間かけて行う「調理学実習」の様子をご紹介します。

1年前のブログでは、調理学実習に用いる「調理動画」を撮影した様子を紹介しました。今でも調理学実習は、大学に来て実際に調理を行う「対面実習」と調理動画を視聴してレポートをまとめる「オンデマンド実習」を交互に行なっています。今日はこの内、対面実習の様子を写真でご紹介しますdiamond 出来上がった料理や調理経験のない子もいる一年生が奮闘している様子をご覧ください!

 

「包丁を使って切る」は練習あるのみです。

大根を色々な形に切ったり鯵(アジ)を3枚におろしました。

Photo

しめ卵といい、卵液を熱湯に通しています。

手前は鍋で炊飯したご飯です。

Photo_2

ぎこちなさもありますねhappy01

間隔空けようと言ったら、手元からも離れてしまっています。

Photo_3

この日の出来上がり料理です。こうなりますsign01Photo_4

中国料理は大皿で盛り付けるのが通常ですが、小分けにしています。Photo_5


食べる時も静かですdespair

Photo_6


今年度も、対面実習は制約が多い中、学生は精一杯取り組んでくれています。後期もしっかりと学んで調理技術を習得してもらえるようサポートしていきますsign01

 

 最後にオマケです。少し前のブログにて、一年生の高桑さんから基礎ゼミのオリエンテーションの様子を紹介してもらいました。※詳しくは8月20日のブログをご確認ください!

http://nuhw.blog-niigata.net/hn/2021/08/1820-9a46.html

その中で、「新聞紙を使ってどれだけ高く積み上げられるか」というゲームで戦いました!とありますが、優勝チームの写真ですshine

細長い棒状にしてつなげています。積み上げる?じゃなくなっていますが、最初は箱作って組み上げようとしたのですよ。

 

優勝した高さ記録は・・・・分かりません(笑)これくらいです。

Photo_7

それではまたnote

2021年8月27日 (金)

テスト終了→夏休みに突入

¡Hola!
Soy Yuina Sakai.shine

こんにちはsign01
健康栄養学科2年の酒井唯菜ですsign01
本日は、テスト〜今年の夏休みsunの予定のことなどお話させていただきたいと思いますsign01


現在、7月27日から始まったテストがまもなく終了しようとしているところです。
私は、あと残すところ、スペイン語IIのテストのみになりました。
なぜスペイン語IIを履修したのか自分でも謎です。(笑)

なので、テスト前に履修しなければよかったとあるT先生にマイナスな発言をしてしまったことがありました。(笑)

しかし、T先生はとてもポジティブに考えていらっしゃって、将来スペイン語を話す人と出会うかもしれないよsign01(笑) とおっしゃっており、8月2日にあるスペイン語IIのテストを頑張ろうという気持ちになんとかなることができています。T先生にお話ししてよかったなと思いました。

少し、話がずれてしまいましたが...

しっかりとテストについてお話します。

大学2年生になり、どんな対策していけば良いのかなど慣れてきて、コツが掴めてきたなと感じています。

テストだけでなく、その他授業や生活面のこと、バイトのことなども慣れてきました。
テストが終わると、大学生活2回目の夏休みが始まります。今年の夏休みは、1年生のときの夏休みとは全く違います。今年は、基礎臨地実習や食品学衛生実験などがあり、ハードな夏休みになりそうです。

基礎臨地実習では、病院と福祉施設を各1日ずついきます。本当は1年生に行く予定だったのですが、コロナウイルスの影響で今年の夏休みに変更となりました。

基礎臨地実習前は2週間自粛しなければならず、実家に帰れることができません。また、バイトもできませんが、普段しないことをしたり、映画を観たり、凝った料理をしたり、少し勉強したり(笑)、オリンピックを観たりして有意義に過ごしたいなと考えています。

現在もコロナウイルスなどで病院や福祉施設は感染対策に追われて大変な中ですが、そんな中、私たちを受け入れ、実習をさせてくださる病院や施設の方々、基礎臨地実習の予定を組み立ててくださった先生方に感謝して、精一杯頑張ってきたいと思いますsign01

Img5325

2021年8月20日 (金)

大学生活(1年生)

こんにちは❕ 健康栄養学科1年の高桑咲希です。

 

大学生活が始まって約4ヶ月が経ちました。

 

入学式を含め、初めはずっとオンラインだったので先生方や同じ学科の人達とは全く会えない日々を過ごしていました。

外出もあまりできない状況で正直すごく退屈でしんどくて気持ちが沈んでいました。

 

ですが!5月の頭から対面授業が少しずつ始まりました!

私は寮に住んでいるので、他学科の友達とも話をしていると、私たちはありがたいことに初めから対面授業が多かったと思います。そして人数が少ないことや、活発で明るい人達が多かったことで学科内が仲良くなるのには時間がかかりませんでした!

これからもっともっとお話しして、仲良くなりたいと思っていますhappy01

 

最後の基礎ゼミでは、ゼミを合体させて何個かのチームを作り、チームごとに出し物を考えてオリエンテーションを行いました。あるチームは「新聞紙を使ってどれだけ高く積み上げられるか」というゲームを考え、みんなで戦いましたflair

新聞紙を丸めたり、箱を作ってみたり、天井に張り付けていた所もあり、個性あふれる作品がいっぱいできました!                                       

 

そして、学校の近くには海があって、ある日の授業後には友達と海に行きました🌊

天気も良かったのでとても景色が綺麗でしたshine

私は山育ちなので近くに海があることがすごく新鮮で楽しかったです!

 

こんな風にみんなで仲良く楽しみながら、勉強では切磋琢磨して4年間を過ごしていきたいです!

2021年8月13日 (金)

2年生との研究活動

 栄養学を担当している稲葉ですhappy01

 今回は、2年生と一緒に行っている研究活動をご紹介します。

健康栄養学科の卒業研究は4年生から始まるのですが、その前から少し研究活動に触れてみるUROPという演習授業があり、今年は3名の2年生と星野先生と一緒に活動中です。

 2年生は「自分のスマホを持ち始めた年齢が低い方がSNSやYouTubeに小さい頃からアクセスして自分の体型に対して強くメディアの影響を受けるのではないか?」との仮説を検証することとしました。

近隣の高校へ一緒に調査協力の依頼に行って、1,000名以上の生徒さんにご協力頂くことができました。

2021813urop

 結果はこれから一緒に解析していきます。さて、どんな結果になるでしょうか。みんなで楽しみにしていますsign01

2021年8月 6日 (金)

アスリートの栄養サポートを行っている卒業生

卒業生の飯澤拓樹さん(株式会社DNS マーケティング部)に現在のお仕事や高校時代、大学時代にやっていたことをご紹介いただきます!

iizawa.jpgをダウンロード

現在のお仕事について教えてください

スポーツサプリメントを展開するブランドの管理栄養士として、主に契約アスリートの栄養サポートを担当していますshine現在は契約チームの大学のラグビー部やアメリカンフットボール部の栄養サポートを行っており、選手への栄養指導や体組成管理、食事・栄養摂取の環境整備、そして情報発信などを行っています。

また、マーケティング部の一員として、ブランドやプロダクトのマーケティング戦略を考えたり、自社の公式ウェブサイトの運営や管理、分析、さらには記事の執筆なども担当しています。スポーツ栄養とマーケティングは親和性あるの?と疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、商品やウェブサイトでの発信を通じてアスリートに向けて正しい情報を伝えることも、スポーツ栄養に携わる者として大変重要な仕事だと考えています。

スポーツ現場の管理栄養士としてだけでなく、マーケティングをはじめとする様々な業務を並行して行っているのは、私の仕事の大きな特徴かなと思います。

 

ご自身のお仕事への思いについて教えてください

アスリートの栄養サポートを仕事にすることは、管理栄養士を目指した時からの夢であり目標でした。そのために管理栄養士になったと言っても過言ではありません。ですから、今こうしてスポーツ業界で仕事が出来ていることを素直に誇りに思いますshine

私が目指しているのは、科学的根拠に基づいた栄養サポートの実践です。世の中には数多くの有益な研究結果が溢れているので、それらの知見を現場で正しく使う事が私の役目だと思っています。もちろん情報は日々アップデートされているので、毎日のようにスポーツ栄養に関する論文を読んでいます。時間をつくるのは大変ですが、自分の仕事を支える重要なルーティーンになっています。

様々な業務がありますが、自分の仕事はすべて、目の前のアスリートと日本スポーツ界の発展に繋がっているんだという信念をもって取り組んでいますshine。本当にそうかは分かりませんが、そうだと良いなと願っています。

 

高校生の頃、どんなことを考えて過ごしていましたか?

選手として水泳部に所属しており、とにかく毎日部活、部活、部活…。部活の為だけに高校に行っていました(笑)。青春時代は水の中、勉強は全くしませんでした。世界で活躍するアスリートに憧れて、いつか自分もそうなれるんじゃないかと思っていました。努力と才能が足りない事に気が付いたのは、高校2年生の夏終わりくらいでしょうか?(遅い!)

アスリートとしては大成しませんでしたが、今度はアスリートを支える側になろうと決意したのが高校3年になった時。様々な職業の中から、最も興味を惹かれた管理栄養士を目指すことにしました。

 

大学時代にやっていたことはなんですか?

4年間、水泳部でマネージャーを務めました。身近なところに全国、そして世界で戦うスイマーがいる環境で4年間過ごすことが出来ました。また、監督やコーチをはじめ、水泳部の多くの方々からアスリートサポートのイロハを教えていただきました。今現在、仕事で様々な競技のアスリートと関わることがありますが、基礎となる考え方は間違いなく水泳部での活動から得たものです。

そして、卒業研究も思い出に残っている大学時代の活動ですflair ゼミでは「咀嚼回数とエネルギー消費量の関係」について研究を行いました。4年生になってからおよそ半年もかけて行う大きな研究であり、研究内容は発表するだけでなく卒業論文にまとめなければならず、しかも同じゼミに所属していた4人で分担し作業します。少し振り返るだけでもあの頃の苦労が蘇ってきますが、メンバーにも恵まれて充実した日々だったと記憶しています。

 

 「新潟医療福祉大学でよかった」と思うことはなんですか?

健康栄養学科の多くの先生が、そしてクラスの仲間が私の「スポーツ界で活躍する管理栄養士になる」という夢を応援してくれましたshine 夢を持つ学生にはチャンスを与えてくれるのが、新潟医療福祉大学の良さだと思います。

私の地元からは遠く離れた場所にある新潟医療福祉大学ですが、ここは私にとって第二の故郷ですsign03

2021年8月 2日 (月)

新潟市立木崎小学校 子どもが作る弁当の日(煮物調理支援)

こんにちはsign01

健康栄養学科4年、斎藤ゼミの伊藤、田中、守、山田です。

 斎藤ゼミでは、10年以上前から新潟市立木崎小学校と連携し、毎年

「子どもが作る弁当の日」に向けて、6年生を対象に、調理およびミニ講義等

の支援を行っています。

 

何と、今年のゼミ生の伊藤は、木崎小学校の卒業生で、10年以上前に

「子どもが作る弁当の日」を体験した一人です。

そんな彼女が、健康栄養学科に進学し、今度は、自分の後輩に弁当の日の

支援(調理)をするという、嬉しい取組みとなりました。

downwardright黒板を指し説明している 伊藤!89846

今回は、児童と「煮物」の調理実習を行いました。

「煮物」は、ひじきの煮物2種とかぼちゃの煮物2種です。

これらの煮物は、以下の2つを目的としました。

目的1:同じ味付けでも、具材を変えると、味や食感が変わることを知る。

目的2:同じ具材でも、調味料を変える(洋風と和風)と、味が変わることを知る。

これら2つのポイントを知ることで、児童は自宅にある食材や調味料を使って、

いろいろな煮物を作ることができるようになるのではないかと思います。

当日の流れは以下のとおりです。

■私たちが児童の前で、野菜の切り方、煮方、味付けの仕方などについて

デモンストレーションをする。

downwardrightデモンストレーションをしているのは、田中です。

児童全員の視線が注がれるため、かなり緊張~sign03

腕前を披露している 田中!
57104

■児童が私たちのデモンストレーション見て、自分たちで実際に作る。

 心配になり覗きこんでいるのが、守です

downwardrightつい手を出してしまいそうな 守!8125

■作った煮物の試食をする

後日、担任の先生からは、「試食の場面で、普段は絶対に口にしないかぼちゃやひじきの煮物を食べている子どもの姿が見られたり、家に帰って家族に作ってあげたいなどの感想がたくさん聞かれました。」というご連絡をいただき、とても嬉しくなりました。

downwardright試食をしている 児童17697_1

 調理支援をさせていただく前は、緊張しましたが、学生時代にこのような経験

ができたことはとても貴重で、学ぶことが多数ありました。

 児童が楽しんで料理を行っている姿や笑顔が、何よりもうれしく感じることの

できる体験でしたsign01

 あと2回、お手伝いができるので楽しみですsign03

 今回、ゼミの山田は、写真を撮っていたので自分が写っていませんでしたが、

 次回は、山田の様子もお伝えしますsign03

2021年7月30日 (金)

地域ボランティア(中学生が栽培したかぼちゃのレシピ考案)

こんにちはsign01 健康栄養学科4年の結城大地と

大学院健康栄養学分野1年の三田梨沙です。

 

私たちは、新潟市北区の地域教育コーディネーターの

方からお声をかけていただき、新潟市立南浜中学校3年生とともに

中学生が栽培した野菜(かぼちゃ、にんじん等)を使ったレシピ

を中学生と一緒に考えるというボランティアに参加してきました。

 

メニューを考えるにあたり、まずは、学内で栽培しているかぼちゃを見に行きました。

協力して世話を行っており、とてもおいしそうに育っていました。

Img_9317

その後、生徒たちとメニューの提案と改善をしています。

Img_9325

生徒たちが考えてくれたメニューをもとに様々な案を一緒に考えています。南浜中学校では自身が決めたSDGs目標を達成できるようなメニューを考えていました。食品ロスの減少や、健康、栄養面にも目を向けた魅力的な商品を文化祭で販売できるよう話し合いました。

 

Img_9327 記念に生徒の皆さんと写真を撮らせていただきました。

南浜中学校の文化祭は10月ごろのとのことで、多くの人に手に取ってもらい、おいしさや込めた思いが伝わるようなメニューを作成できるようにこれからも頑張っていただきたいです。

またお邪魔させていただく機会がありますので、私たちも希望をかなえられるようによりよいサポートをできるようにしたいです。

 最後に・・・。

メニュー開発のサポートという今までにはなかった活動を支援させていただきました。生徒の皆さんがとても積極的であり、自分たちはこういうことをしたいという強い思いに感化され、私たちも自身のことのように考えることのできた素敵な時間になりました。

メニューは見た目からも興味をそそられるものや、細かいこだわりやアイデアが光るもの、どれも生徒の皆さんのおいしく食べてもらいたいという思いが強く伝わる魅力的なものばかりでした。生徒の皆さんからはさらにブラッシュアップし、より良いものを目指したいといっていただきました。私たちも、その熱意にこたえられるようこれからも協力していけたらと思います。

2021年7月23日 (金)

緊張の40分 -栄養教育実習Ⅱ 個別指導 SP実習のご紹介-

こんにちは(*’ω’*) 健康栄養学科教員の渡辺優奈ですsign01

 日本全国で梅雨明けし、すっかり夏本番という感じです🌞

新潟でも暑い日々が続いていますが、水分と栄養をしっかり補給して

熱中症には気をつけたいですねsign01

 

さて、今回は、斎藤トシ子先生が担当されている3年生の栄養教育実習Ⅱから、

個別指導 SP実習のご紹介をしたいと思います。

今ブログを書いている渡辺は何をしていたかというと…

助手として実習の補助に入り、カメラマンやADのような役割をしていました\(^o^)/

 

大学では7月末で前期の授業が終了し、定期テスト期間に入ります。

今年度の前期を振り返ってみると、依然COVID-19の影響で、

対面での実習の際にも実習室に入る人数の制限をするなど、

感染予防の工夫をして実施されていました💦

 

栄養教育実習Ⅱの個別指導 SP実習では、

指導を担当する学生のみが大学に来て、

見学する学生はPCカメラで撮影されているLIVE映像を見て

オンラインで参加する形としました。

Photo

ところで、タイトルや本文にも出てくる”SP”という言葉は、略さずにいうと次の通りです。
SP = Simulated patients (模擬患者)

この実習では、学生同士で指導し合うロールプレイではなく、
症例に合わせて患者を演じてくださる方(SP(模擬患者)様)に対して、実際に指導をさせていただいています。

今年度は大学事務局の職員の皆さま、その数、総勢22名sign01にご協力いただきました。
誠にありがとうございましたsign03


ほぼ初対面のSP様を前にして、学生たちに与えられた指導時間は…

40分間

40分間お話を続けられるか、40分で伝えるべきことを伝えることができるか、沈黙にならないか、用意した資料をうまく使えるか、知らないことを聞かれたらどうしよう… どうしようもうだめ…などなど
様々な不安と緊張を抱え(半分涙目になりながら)、
学生たちはこの実習に臨んでいましたsign03

Photo_2

※1回40分の指導×2サイクル×5~6ブースで実施

指導の時間が始まれば、SP様に誠実に向き合って
今の自分にできることを出し切るだけsign01
それぞれに工夫して、本当によくがんばりましたsign01

Photo_3

Photo_4

Photo_5

※ベッドサイド指導の症例では、看護学科の実習室をお借りしました。
 ありがとうございましたsign01


全員の指導が終わった後は、
SP様、指導を担当した学生、オンライン参加の見学学生全員で
ディスカッションをしました。

Photo_6

自分のよかったところと反省点、他の人のよかったところと反省点、
SP様の意見や見学学生からの意見、
これらを共有し、気づきを自分のものとしていく実習です。

3年生は、これから後期に臨地実習にいき、
現場の管理栄養士の方の仕事を間近で見て学んでいきます。
是非このSP実習の経験を踏まえ、さらなるレベルアップをしてほしいですねsign01

応援していますsign03

以上、栄養教育実習Ⅱ 個別指導 SP実習のご紹介でした。

では (^_^)/

健康栄養学科 詳細リンク