教員フタコト Feed

2012年3月13日 (火)

日本医療秘書学会 第9回学術大会報告

こんにちは。 sun

去る2月19日(日)、東京で行われたpc日本医療秘書学会第9回学術大会hospitalに、

医療情報管理学科 教員Tが参加してきました。

日本医療秘書学会の目的「医療秘書関連業務に関する調査研究と

研究発表、講習会、研修会を行い、医療秘書実務担当者の資質の向上と、

社会医療に貢献すること」とのことです。

Untitled

今回の学術大会では、学生による発表karaokeも多く、

学習に対するモチベーション向上や、

プレゼンのスキルも磨かれる良い機会でもありますので、

来年か再来年には、医療情報管理学科の学生にも

演題発表して欲しいrockと、教員Tは思うのでした。

<日本医療秘書学会のホームページ>

http://society.mts-jp.org/index.html

<第9回学術大会のプログラム>

http://society.mts-jp.org/gakujyutsu/program.html

2012年3月 5日 (月)

○○の恋人 episode 3

雪も溶けはじめ、春はもうすぐそこまで来ていますね。dog

はやいもので医療情報管理学科は開設から3年目を迎えようとしています。shinethree

さて、これまで撮り貯めた写真を整理していたところ、また・・・見つけてしまいました。

○○の恋人 シリーズ 第3弾。

早速見てみましょう。はい。eye

Img_2027

その名も「私の恋人」lovely

パッケージには、なぜかスノボスタイルのわんこ写真。dog

Img_2030

おきまりのラングドシャですね。

Img_2031

ただし、中身がちょっとはみ出しております。coldsweats01

美味しいから良し!punch

2011年12月16日 (金)

シミュレーションとPC。

こんにちは、教員のMです。snail

Mは普段、医療経済評価のフィールドで主に、数理モデルを用いたシミュレーション研究に取り組んでいます。

例えば、仮想の患者さん1000人に対して、新しい治療法を用いた場合、また、既存の治療法を用いた場合、それぞれにおける長期的な効果や費用を乱数を用いながらシミュレーションするわけです。

いわば1000人分の人生ゲームだと思ってください。pc

少し難しいのですが、こうしたシミュレーション結果の精度を評価するために、1000人分の人生ゲームを1000回程度繰り返すことがあります。

モデルの複雑さにもよりますが、2,3年前に教員が使用していたPC1号君では、この1000人分の人生ゲームを1000回繰り返すために、なんと・・・小一時間かかっていました。。。

モデルの設定に間違いがあった場合、またやり直すのが大変でしたpout

昨年使用していたPC2号君では、なんと約8分間程度に短縮・・・スゴイ!eye

Pc

でも、計算中のPC2号君はイッパイイッパイ…!

他の作業をしようにも重い重い・・・。酷使してしまい2号君にはなんとも申し訳ない気持ちです。

しかし、さらに色々条件を変えて計算をすることもあり、例えば8分間かかる計算をさらに100パターン行うこともよくあるわけです。。。

800分間≒約13時間です・・・半日PCが使えないのは痛い。。。

これまでは2号君に頼ってきましたが、最近になってPC3号君にご協力頂くようになりました。

さて、3号君の実力やいかに。。。

同じく1000人のシミュレーションを1000回繰り返すのにどれくらいかかったか?

なんと・・・約3分間でした。

素晴らしい・・・感動・・・、昔の小一時間はなんだったんだdog

Cimg6387_5

パフォーマンスにも余裕あり!

シミュレーションをかけながら他の仕事もできますね!感激・・・weep

・・・と、ちょっと感動したお話でした。scissors

皆さんも卒論研究等でPC君にお世話になるはず!

2011年11月 1日 (火)

○○の恋人

こんにちは。最近、すっかり涼しくなって…というより、むしろ寒いくらいですね。bearing

大学の先生にとって、といえば学会シーズンです。flair

そして、学会といえば・・・、そう!おみやげです!happy02

「なんかおみやげかってきてくださーい!」と常日ごろ、おねだりをしつづけたところ、

世間では素敵な恋人virgoが存在することがわかってきました。

まず一つ、

Img_2087

大阪の恋人!?coldsweats02

(あれ、これって白○恋人じゃ・・・ゲフンゴフン…)

Img_2089

中身のモノは下記の通り、ラングドシャとなっております。

Img_2093

う・・・うまい・・・!・・・あっさり控え目な甘さ。素敵です。

そして、その1ヶ月後、神戸からも恋人virgoがやってきました。

その名も・・・

Img_2705

元町の恋人!

「好きやゆうとうheart01」だそうです。

残念ながら、おしゃれな神戸のお姉さん・・・ではなく、I先生からのおみやげです。

チョコラングドシャ、ご馳走様でした。

さてさて、本家「白○恋人」に巡り合えるのはいつでしょうか?

北海道の学会を楽しみにしている教員Mでした。

つづく・・・かもしれない。

2011年1月14日 (金)

医療情報学連合大会 参加報告(後編)

医療情報学会、後編~karaoke

さて、荷物も預けましたし、まずは会場を見て回りましょうrun

ポスター会場と、企業展示の案内図です。両脇のピンクで表示されたスペースは、ランチョンセミナー会場ですeye

S8

ポスター会場。今回ポスター掲示は、例年に比べ数が少なかったような感じがしますthink

S12_2

ポスター会場には、現地名産品のコーナーがあったりしました lovely

S13

別の場所には書籍販売コーナーもあります。学会に関連した専門書が多くそろっています。

S15

メインの講演会場。会場の数は集会の規模によって多かったり、少なかったりします。この大会は規模が大きいので、複数の講演会場で同時に発表がなされておりました karaoke

S9

実は今回、ある一般演題のセッション(1時間半)の座長をやらされましたsweat01
会場で演者が発表するのを司会、進行する役です。

S11

今回は、1演題につき発表10分、質疑5分のスケジュールで5演題を司会しましたが、発表時間が長くなる演者もいたりして、結局90分まるまる使いましたcoldsweats01

downwardright会場風景

S14

S17

今回座長を仰せつかり、一セッションの司会進行をすることができて貴重な経験となりましたcatface

本学会にとどまらず今後は自分も発表していきたいと思いますrock shine

S16

ではまた scissors

教員Iでした。

2011年1月12日 (水)

医療情報学連合大会 参加報告(前編)

2010年11月19日~21日に、医療情報学会の学術集会で浜松に行ってきました。

ということで・・・少し遅くなりましたが、その様子を写真を見ながらご紹介します。

学会の会場の建物は新幹線のホームから見えます。

S1

浜松には・・・
自動車メーカーとか car

S2

楽器メーカーが note

S3

あるそうですsign01

会場のある場所のタワーですbuilding

S10

たいてい、会場まで行く途中に案内の人が居るものです。

S4

そして、会場入り口には一般に、このような立て看板があるものですねeye

S5

会場案内です。大きな学会では、会場も広いので地図も掲示されていたりします。catface

S6

総合受付のある場所に移動。

同じところにshine医療情報技師shineのコーナーもありますよ。happy02

S7

さてさて、荷物を持ったまま会場で動き回るには邪魔になるので、クロークで預けましょう。wobbly

S18

ふー、ちょっと休憩cafe

後半へ続く・・・run

2010年11月26日 (金)

保健・医療・福祉における連携教育 ~英国の視察を通じて~

平成22年10月9日~17日にかけて、イギリスにおける連携教育の視察研修が行われました。

本学の教員8名と他大学の教員2名の合計10名が参加しました。

HIからは伊藤 隆 先生高橋 栄明 先生が参加しましたので、その参加報告をご紹介しますね。 

医療情報管理学科 教授 伊藤 隆  

今や、わが国は世界的にも有数の長寿国となっています。upwardright

しかし、今日、生活習慣病等の増加による疾病構造の変化、新興感染症や再興感染症の発生、精神保健上の諸問題、環境汚染による健康障害など、国民の健康を保持・増進していく上での課題は山積となっています。think

このような中、国民の健康を守るためには、保健医療施設の整備などの充実のほか、保健医療スタッフの総合的能力の向上が不可欠となります。shine

今、保健医療福祉サービスの現場において、医師、歯科医師、薬剤師、理学療法士、社会福祉士等の保健医療福祉関連の職種が、自身の専門性を生かしつつ、他職種の役割を理解し、保健医療福祉サービスの受け手に対し、最善のサービスを提供することが求められています。

本学では、将来、保健医療福祉の現場で、各職種が連携・協力し、最善のサービスを提供できるように、shine連携教育shineに力を入れています。

連携教育に対する取り組みの中で、このたび、この分野で世界に先進的な活動を行っているイギリスの大学を訪問・視察する機会を得ました。scissors

視察では、2つの班に分かれて視察研修を行いましたが、筆者はシェフィールド・ハーラム大学、コベントリー大学、サフォーク大学を視察研修するグループに加わりましたので、そちらの方をご紹介します。karaoke  

シェフィールド・ハーラム大学では、周辺の大学と協力して、連携教育に力を入れています。

各学部の学生が同じ教室で学習する合同学習タイプとコンピューターを駆使して、遠隔環境でも学習できる、いわゆるe-learningを併用して学習を行っていました。pc                

1

(シェフィールド・ハーラム大学での連携教育実習風景)  

コベントリー大学では、他大学の医学部と共同でe-learningをベースとした連携教育を行っていました。

具体的には、あらかじめ提供された症例モデルに基づいて、ファシリテーターと呼ばれる教員と学生がコンピューター上でコミュニケーションをとり、進めていくものでした。chick

なお、医療情報管理学科では現在、コベントリー大学のオンライン連携教育プログラムに参加し、情報収集を行っています。secret          

2

(コベントリー大学での高橋 榮明 先生とコベントリー大学の関係者)  

サフォーク大学では、短時間の訪問でしたが、学長、学部長らとお会いする機会を得て、今後の本学との協力について自由に議論を行うことができました。

サフォーク大学は比較的新しい大学ですが、連携教育を含む広い分野で非常に積極的な活動を企画しており、今後の本学との協力の可能性が期待されます。         

3

(左から高橋 榮明 先生、サフォーク大学学長、保健科学学部長)       

現在9つの学科をもつ本学では、教育の基本方針のひとつに連携教育の効果的推進を掲げています。

今回のイギリスへの視察研修を生かし、さらに本学における連携教育を充実させていくことにしています。

もちろん、医療情報管理学科においても、専門領域の教育・研究を推進すると同時に、連携教育の推進についても今後さらに注力して参ります。 happy02

2010年9月30日 (木)

日本診療情報管理学会 参加報告

9月16日~17日、長野にて第36回日本診療情報管理学会 学術大会が開催されました。

HI教員のMが出席しましたのでちょっとご紹介。

Img_1230

早めに着いたのでまったりコーヒーでも!と思っていたのだがcafe

受付で財布を開けると・・・moneybag

お金おろすの忘れてた・・・coldsweats02

参加費が…払えません・・・weep

というわけで雨の振る中、ATMを求めて小一時間トボトボ彷徨いました。atm

さてさて、何とか受付を済ませて会場へ。
あらら既に始まってますね。

Img_1199

そもそも「学会って何さ?」という学生さんも多いかな。

うーん、ザックリ言えば、ある特定の専門分野に従事する人達が、自分の研究成果を発表して議論をしたり、その分野の最新の動向について情報交換をしたりする場なんですね。

ある口演発表の会場では席がギッシリ!後ろの方では立ち見も続出で、みなさん興味津津です。

Img_1251

ちなみに今回の大会のテーマは「医療変革期 における診療情報管理」でした。

少子高齢化の進展や国民医療費の増大、医療ITの推進…etcを背景に、近年、医療を取り巻く環境は大きく変化しています。

それに伴って診療情報管理士に求められる役割や能力もより幅が広くなっているんですよ。

これについてはまた別の機会にご紹介しますねー。

では今日はこの辺で~。paper

医療情報管理学科 詳細リンク