HIのイベント Feed

2019年9月26日 (木)

2019年連携総合ゼミ報告その1~対話によって自分の壁を打ち破る

本学では、4年生を対象に連携総合ゼミが行われています。

以前の記事でもお伝えしたとおり、連携総合ゼミでは、さまざまな学科、他大学、海外大学の学生と教員が集まり、模擬患者やビデオ患者、実際の事例などを対象に、ともに評価し、多職種による治療や支援策を企画・立案していきます。

今年度は、本学科の教員が全3事例のゼミに参加しました。この記事では、伊藤ゼミの活動について、伊藤先生に振り返って頂きました。


「専門性」とはやっかいなものです。専門性は確かに武器になります。対象者の生活を支える糧になり、自分の生活を支える糧になります。しかし、専門性はときとして大きな壁を作り出してしまいます。目の前の複雑な出来事に対して自分の専門性だけで判断して、それで満足してしまうという心の壁です。私も例外ではありません。

しかし、これからの医療福祉を支えようとする若々しい学生たちは、どこまでも実直で、どこまでも柔軟な心を持ち合わせているはずです。自らの専門性を不断に高めつつも、それだけに囚われない真のプロフェッショナルになっていく――その手助けならば私たちにもできるのではないか。それが、今回のゼミの背景にある思いでした。

32

とはいえ私の力には限界があります。そこで登場頂いたのが、脳性小児麻痺の当事者である斎藤直希さんです。斎藤さんは、脳性麻痺により四肢不自由の全介助状態になりながらも、自らの壁を作ることを止めて、普通高校に進学し、大学在学中に行政書士の資格を取得するなど、いくつもの壁を打ち壊してきた方です。斎藤さんと対話を重ねることだけでも、学生にとって大きな学びになるのは間違いありませんでした。

20160922141705

今回の事例は、斎藤さんがかつて経験された右上腕骨頚部複雑骨折による入院から自宅生活への復帰を支援するというものであり、斎藤さんには模擬患者役を務めて頂きました。さらに、今回の事例は、それまで斎藤さんの介助を一手に担っていた母親が同時期に脳梗塞になるとともに、(実際には時期がずれていますが)家族介助が一切見込めなくなるという要素を加え、多職種の連携を不可欠なものとしました

こうして、さまざまな学科、さらには、他の大学からも学生が集い、ビデオ通話を介した斎藤さんとの対話が始まりました。当初は、あくまでそれぞれの専門性から、斎藤さんの心身の状態を確認し、斎藤さんの「希望」を聞き取っていました。そして、それぞれに支援のあり方を考えていました。それだけであれば、2日で終わる内容です。

21

しかし、ここからが連携総合ゼミの醍醐味です。自らの支援策を他職種と共有しようとすると、他の職種から別の視点による突っ込みがさまざまに入ってくるのです。そうして、私たちのゼミの場合は、それぞれが「斎藤さんにもっと聞くべきことがあった」と気づき、斎藤さんとの対話が繰り返されていくことになりました。

こうして、斎藤さんの24時間の生活を支える充実した支援策ができあがりました。しかし、新たな疑問が立ち上がります――「これは本当に実現可能なプランなのか?」 そこで、「全員がケアマネになる」とのかけ声のもと、図書館での法制度の学習が始まりました。学生たちは、やがて、障害者総合支援法にたどりつき、利用可能なサービスを調べ上げるとともに、経済面の事情も踏まえたプランと発表スライドを作り上げました。

31

学生が最も実直かつ柔軟であったのはここからです(私も大いに学びました!)。いかにして、学生は自分の壁を打ち破ったのか。……ここから先は、大学広報誌『QOLサポーター新潟』51号の「連携総合ゼミ開催報告」で記すことにしたいと思います(12月刊行予定、昨年は柴山ゼミでした)。

いずれにしても、今回のゼミをうまく終えることができたのは、本学に多職種連携の教育文化が深く根付いているからに他なりません。さらに、今回のゼミは、学科の同僚である高野先生にも加わっていただき、連携教育の責任者である看護学科の松井由美子学科長にも折に触れてアドバイスを頂きました。

4

ここでは、広報誌に載せきれない学生の声を紹介します(後輩に向けてのメッセージも!))。

「実際に斎藤さんという対象者がいたことで、とても有意義なゼミを履修することができたと感じています。ケアプランを考える中で自分には関係のないと感じる分野も出てくると思いますが、力を合わせて調べることでたくさんの発見があり、とても楽しかったです。来年もみんなで連携していいプランを立てて欲しいです!」

「想像していたよりリアルなチームアプローチができ、本当に勉強になったと感じます。対象者の方と直接関わらせていただいたことで、実践に近いチームとしての関わりができて将来に生かすことのできる貴重な経験になったと感じます。

また、理学療法士としての知識を生かすだけでなく、福祉サービスの制度についてや他の専門職についてなど知識の無かった分野についても学びを深めることができ、勉強になりました。

連携総合ゼミを通して対象者の方と関わる際には、理学療法所見や動作の方法、その方の希望などだけでなく、その方の考え方や価値観、人間性を知ることも必要であるという、専門職として大切なことに気づくことができました。

ぜひ、連携総合ゼミの活動を通して、広い視野を持った学びを深めてほしいです!!」

「ゼミを終えた今は、達成感と充実感、寂しさがあります。私の中では1週間とは思えない程、メンバーと仲良くなれたと思いますし、全員がとても協力的に活動し、妥協せずに満足できるものができたと思っております。だからこそ、ゼミが終わってしまった今は少し寂しく思います。履修前は、まさかこのように終われるとは思っていなかったため、とても驚いています。

ゼミに参加し、班のメンバー、伊藤先生、高野先生、斎藤さんと関われたことを本当に心から嬉しく思い、感謝しています。」

Img_5948

「実際に対象者がいる症例なので大変な部分はありますが、その分、対象者に寄り添ったケアプランを考える事ができたのではないかと思っています。また臨床に出る前に他職種との連携を考える事ができるとても貴重な機会だと思います。連携の中で看護師としての役割は何かを考えられたら大きな学びになるのではないかと考えています。1週間頑張ってください。」

「メンバーに恵まれ、とても有意義な経験になりました。あっという間の一週間でしたが、ここで得たことは一生ものの財産になると思います。実は、今回の事例の希望順位は低かったです。将来に関わるかもしれない事例を基準に順番を付けたからです。しかし、多職種連携という滅多にできない経験をし、結果的に本事例にとても詳しくなりました。今しかできないことなので、事例の興味関係なく、メンバーと協力することが大切だと思います。そうすれば絶対将来に、専門職として役立つと思います。」

Dsc05222

2019年8月 3日 (土)

オープンキャンパス新体験プログラムを紹介します!~卒研ゼミからドローンによる人体認識~

8月のオープンキャンパスの初日が無事、終わりました。多くの方にご来場いただき、まことにありがとうございましたsign01
Photo

前回より、新たな体験プログラムとして、「ドローンによる人体認識」が登場しています。情報系の木下ゼミが卒業研究で行っているもので、カメラ付きのドローンを飛ばして、生きている人体を認識させるというものです。救助者が入り込めない災害現場などでの活用も期待できますsign01

It2

It3

It4

詳しいプログラミングの仕組みなど、ぜひ、ご来場頂き、ご体験&ご確認くださいsoon

情報系では、ほかにも、プログラム学習用ソフトScratchを用いてゲームのキャラクターの自動操作や、3Dプリンタの実演コーナーを用意しています。

It

医療系では、バーチャルホスピタルでの電子カルテ操作に加えて、患者の診察代を計算するレセプト作成体験コーナーも設けていますpencil

Vh2

医療事務の仕事に一つに「診療報酬請求」があります。これは、医師が行った診療などに対して、その費用を算出し、患者や保険組合に請求する仕事ですhospital どれだけ高度な医療を行ったとしても、この診療報酬請求が正しく請求できないと、その病院の経営は成り立ちませんsign03

12

したがって、病院の経営に関わる人材には、必須の知識とスキルになります。1回の診察代はどのようにして決まるのでしょうか? 「レセプト」と呼ばれる診療報酬の請求書を、在学生とともに作成してみてください!

IA棟の1階に案内コーナーを用意していますので、途中参加でも大歓迎です! ご関心のある方はぜひお立ち寄りくださいtulip

1

オープンキャンパスの様子などは、学科Instagramでもアップしています!

https://www.instagram.com/nuhw_healthinfo/

Photo_2

2019年7月 5日 (金)

1年生、夢を語る~さまざまな夢や目標、そして、車椅子バスケ日本代表!~

先日、学科1年生による「夢を語る会」が開かれました。1年生は5~6名単位のゼミに属しており、「夢を語る会」では、各ゼミの代表者が全員の前で、それぞれの夢(目標)について語ってくれました。

「○○な診療情報管理士になる」、「○○な医療情報技師になる」といった明確な目標とともに、「夢は必要ない!」、「自信をつける」といったユニークな内容もあり、多様性に富んだ本学科の特徴がよく出ていました。

今回は、そのなかから、本人の了解のもと、渡辺友希君の「2021年に向けて」を紹介したいと思います。

私には、幼いころからの夢があります。それは、幼いころから励んでいる車いすバスケットボールでU-23の日本代表として、2021年に行われる世界選手権大会に出場することです。この夢のために私は日々練習しています。

私は生まれつきの障害を持っています。だから幼いころは体を動かせず家で毎日ゲームばかりしていました。幼いころはみんなと同じように外で遊べずそれがとても嫌でした。しかし車いすバスケットボールに出会い激しく身体を動かす喜びを知り弱かった心も強くなり自分とっていいことばかり起こるようになりました。

高校に上がってから私はU-23の強化選手に選ばれるようになり全国各地で行われる、強化合宿に呼ばれるようになりました。障害を持って生まれはしたけどそれによって普通の人では経験できないような体験をしてきています。

今のU-23は、2021年の世界大会で3位以上を狙っており、メダル獲得を目標にしています。私もその大会に出場するために日々努力しています。そして私はこの新潟医療福祉大学でも車いすバスケットボールを続けていきます。大学で車いすバスケットボールと学びを充実させ文武両道を目指し自分の夢に向かって頑張っていきたいと考えています。

大学ではとてもいい環境バスケができています。この環境に感謝し必ず自分の夢を実現させその先も日本の車いすバスケットボールに貢献していくのが私の夢です。

実際に、渡辺君は、車椅子バスケの練習に励む一方で、勉強との両立も図っており、各教員とも積極的にコミュニケーションを取ろうとしてくれています。

Img_0019

「障害を持って生まれたことで、できなかった経験はあるけれども、障害があるからこそ得られた経験がある」という言葉には、多くの学生が心を動かされたようでした。

私たちは皆、それぞれに悩みや不安を抱え、さまざまな障害や障壁を前にして生きています。そうしたなかで、ひたむきに努力を続けていくには、自分の思いを理解してくれる仲間との支え合いも大切ではないでしょうか。

Img_0020

本学科では、学生同士がさまざまな夢や目標を持ちつつも、そうした仲間になれるように、教員もまた「学科の仲間」(「友だち」にはなれませんが!)として、一人ひとりの学生をサポートしていきたいと考えています。

2019年7月 1日 (月)

新潟大学医歯学総合病院より本学科OB・OG7名が来訪~先輩から4年生に就活アドバイス!~

就職センター運営委員です。6月28日、新潟大学医歯学総合病院に勤務する本学科の卒業生(OB・OG)7名が来学し、同病院への就職を希望する4年生の学生に向けて、OB・OG会を催してくれました。

Img_6152_2

Img_6151

医療情報管理学科はまだ4期生の卒業を迎えたばかりですが、同病院への就職は年々増えており、昨年度は5名が就職しています!

Img_6147

自己紹介の後、自分の仕事内容について話していただき、さらには4年生からの様々な質問にも答えてくれました。希望者には大変有意義なひとときとなりました。

Img_6185

4年生には、社会人になり、より成長した先輩を見習って、ぜひ頑張ってもらい、後に続いていってほしいです!

Img_6190

2019年6月17日 (月)

オープンキャンパスは学生にとっても学びの場!

学科広報担当教員より昨日のオープンキャンパスについてご報告します。荒天の中でしたが、今回も、昨年を上回る方にお越し頂きました。ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。

Img_4872

本学科のオープンキャンパスは、学生スタッフによって成り立っています。学生スタッフは全員が自主参加で、毎回必要人員を上回るスタッフが集まり、盛り上げています! 今回は30名のスタッフが集まりました。

本学科は、医療、情報、経営と多様な関心をもった学生が入学している点に特徴があります。そうした環境のなかで、学生たちは、多様な関心やバックグラウンド、さらには学年の垣根を超えて、企画を考え実行しています。

Img_4876

普段の講義や演習に加えて、オープンキャンパスをはじめとするさまざまなイベントは、ややもすると若者が抱きがちな、自分や他者に対するネガティブな「決めつけ」や「思い込み」を排する機会になっているようです。多くの学生が見せてくれる積極性には驚かされるばかりです。

Img_4903

今回は、新潟県内の銀行に就職した2017年度の卒業生の方にもお越し頂き、ご自身の提案でOBによる特別講演も行われました。ほかにもOBやOGが応援に駆けつけてくれました!Img_4853

次々と新たな企画を打ち出していることもあり、教員も含め、まだまだ至らないところも多いと思いますが、高校生の皆さんの進路選択のお役に立てるよう、今後も誠実に取り組んで参ります。

よろしくお願いいたします。

Img_4850

Img_4859

Img_4907

Img_4875

Dscn2203

2019年6月12日 (水)

6月16日オープンキャンパス学科別フリープログラムを紹介します!

6月16日(日)に開催されるオープンキャンパスで開かれる本学科のフリープログラムをご紹介します。本学科志望の方はもちろんのこと、医療の現場について幅広く知りたい方もぜひお立ち寄りください!

IA棟1階BCホール
新入生によるカフェコーナー
~AO・推薦入試から学生生活まで、なんでも答えます!~

主にAO入試、指定校推薦によって入学した1年生がカフェスペースを作ってお待ちしています。入試や学生生活に関する高校生の皆さんの素朴な疑問にお答えします。

また、学科の案内所の役割も果たします。IA棟の5階がメイン会場となりますので、エレベーターまでご案内するほか、本学科のプログラムに参加してみようか迷っている場合など、お気軽にお声がけください!

下の写真は午前の部を担当してくれる1年生です(写真掲載期間終了しました)。

IA棟5階バーチャルホスピタル
医療の連携を支えるITの仕組みを体験しよう!
~電子カルテを動かすのは君だ!~

まずは、3年生が、病院における医療事務の業務の流れ(受付→診療→会計)とともに、専門学校とは異なる本学ならではの学びを説明します! その後、学生スタッフとともに、あなたが「新潟医療福祉大学病院」に来院したと想定して、実際の仕事を体験してもらいます。

具体的には、患者情報の登録と診察券の発行を行い、診療内容を電子カルテに入力し、処方せんを発行し、診療報酬を計算し、領収書を発行するまでを体験してもらいます。

速ければ10~15分程度で一通り体験できます。いつからでも体験可能ですので、ぜひお立ち寄りください!

下の写真は、今回はプログラム冒頭の電子カルテシステムの説明を担当してくれる3年生です。

Photo_2

IA棟5階516教室
最新のIT技術を体験しよう!
~これからの医療系総合職にも求められるITスキルとは!?~

教員とともにプログラミング・サークルの学生が担当します! プログラム学習用ソフトScratchを用いてゲームのキャラクターの自動操作を行ってみましょう。プログラミングは、いまや、AIやビッグデータ分析などで必須のスキルです。そして、病院の中核として活躍する診療情報管理士(医療系総合職!)にも診療データの分析スキルが求められています!

本学科では、診療情報管理士や医療情報技師に限らず、データ分析のプロフェッショナルを目指したい学生向けに、正規のカリキュラムに加えて自主的なプログラミング・サークルも立ち上がっており、日々、スキルに磨きをかけています。

IA棟5階516教室 医療・情報・経営!
~学科の多様な学びに触れてみよう!~

本学科の魅力は、何と言っても、医療、情報、経営と多様な学びの選択肢が用意されており、将来の進路も多岐にわたっていることです。その魅力の一端をお伝えすべく、このコーナーでは、普段の講義で実際に使用している講義資料を並べるとともに、学生の時間割を貼り出します。学生スタッフから、実際の履修の仕方や多様な学びの魅力について、ぜひ聞き出してください!

IA棟5階
研究室を訪ねよう!
~教員と学生スタッフによる相談コーナー~

入試のこと、学生生活のことなど、個別に担当教員と相談した方は、教員や学生スタッフにどうぞお気軽にお声がけください。教員の研究室などプライバシーが守られた環境で、何でもご相談ください!

Photo_3

2019年5月30日 (木)

今年の一年生の出身高校は?

本学科の今年の入学者の出身高校を調べてみました。大学全体では県外出身者が4割を占め、入試倍率も3倍を超えるなか、本学科も全国各地から入学してきていますが、他学科と比べると県内出身者の割合が高くなっています。

Img_0612

プライバシーの関係上、学生数が3名以上いる新潟県内の高校を以下に紹介します(学生数順)。

  • 新潟第一高等学校
  • 新潟江南高等学校
  • 万代高等学校
  • 新発田商業高等学校
  • 新潟東高等学校
  • 新潟南高等学校
  • 新潟明訓高等学校
  • 新津高等学校
  • 柏崎常盤高等学校
  • 中越高等学校
  • 北越高等学校
  • 五泉高等学校

上記の高校を含めて、出身高校は全50校に広がっていました。県外からは、福島、山形、長野、富山、群馬、埼玉などからの入学がありました。

本学では、大学の隣地に学生寮「N-Village伍桃」が整備されましたので、今後は、さらに多様な学生の入学が見込まれます。

61185601_498242487411838_2605964415

そうした学生たちと、講義や実習、イベント、サークル、部活動、アルバイトなどを通して、多様なつながりを作り維持していくことも、大きな学びにつながるはずです!

無理して「友だち」を多く作る必要は必ずしもありませんが、困ったときに助け合えるクラスの「仲間」は多いに越したことはありません。

本学科では、そうした仲間作りを促す仕組みをさまざまに用意しています。1年生がこれからどのようなつながりを生み出していくのか、楽しみです!

冒頭の写真は、昨日開かれた学生・教員交流会のヒトコマです。学科instagramにたくさんの写真をアップしていますので、ぜひご覧ください!

2019年4月13日 (土)

オープンキャンパスご来場ありがとうございました! 「チーム医療情報管理学科」とは!?

本日のオープンキャンパスでは、数多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました! ここでは、医療情報管理学科の学科別プログラムについてご報告します。

まず、学科説明では、学科長の柴山が季節に合わせたピンクのシャツで登場しました。学科の状況について、就職希望者を分母とした「就職率」ではなく、卒業生から進学者を除いた「実就職率」でも全国4位の実績をあげていることなど、データに基づいた説明が行われました。

Photo

続けて教員の淡島によるトピックス講演が行われました。本学科卒業生の病院での仕事が、チーム医療の一員として、同僚の仕事を診療報酬という「成果」にするものであることを示した上で、本学科の教員もまた「チーム医療情報管理学科」として、学生の学びを、資格取得、卒論、就職という「成果」にすべく一丸となって取り組んでいるという内容でした。

Photo_2

さらに学生スタッフによる教員紹介が行われました。画像は、教員紹介の原稿を作成している学生スタッフたちです。

Photo_3

場所を移して行われたバーチャルホスピタル体験プログラムでは、急性胃腸炎の患者さんを想定して、診察券の作成(IDの付与)+電子カルテ操作+処方箋の作成+医事会計システム操作+会計という一連の仕組みについて、お一人お一人、とても優秀な学生スタッフ(総勢10名)がサポートしながら、実際にシステムを動かしながら、体験してもらいました。

Photo_4

2

個別相談コーナーでも、AO入試の実際などについて、ご相談がありました。

これからも新たな企画をどんどん行っていきます。本学科に関心のある方はもちろん、他学科について興味のある方でも、「他職種を理解する」ために、ぜひお越しください。「チーム新潟医療福祉大学」として、皆さんの進路設計を心から応援します! (広報委員 伊藤)

Photo_5

Photo_6

3

2019年4月12日 (金)

4月13日オープンキャンパス! 資格・就職・学生生活……あなたの不安や関心におこたえします!

高校生の皆さん、こんにちは!

4月13日、オープンキャンパスが開催されます。

本学科のプログラムについて、紹介します!

□ 学科別説明会(13時50分~14時10分)

まず、13時50分からの学科別説明会では、医療情報管理学科の特長について、学科長の柴山が分かりやすく説明します(20分)。医療・情報・経営を三本柱に掲げる本学科に入学すると、どんなことが学べ、どんな資格が取れ、どんなところに就職できるのかについて、具体的なデータとともにイメージすることができます!

□ トピックス講演(14時10分~14時30分)

さらに、続くトピックス講演(20分)では、教員の淡島より、模擬講義形式で、本学科の魅力をお伝えします。医療系資格の対策講義を行っている教員ですので、「楽しく資格対策ができそうだ」と思っていただける内容になっています! 教員紹介も行います。

20190413d__29

■ バーチャルホスピタルで電子カルテ体験(14時35分~17時)

さらに、本学科のバーチャルホスピタル(IA棟5階)では、電子カルテ・システムの体験プログラムを用意しています。

皆さんお一人お一人に対して、学生スタッフが丁寧に教えていきます。学生スタッフからリアルな学生生活についても聞いてみてください。いつも、とっても盛り上がっていますよ。

バーチャルホスピタルでの体験プログラムは、いつからでも参加できます。他学科に参加されている方も、16時30分までにぜひお越しください。

2017030615113458bcfd963f8f7

■ 個別相談コーナー(14時35分~17時)

ほかにも、個別相談コーナー(IA棟5階)も用意して、皆さんをお待ちしています。「入試、 資格取得、就職、学生活などについて個別に相談したい」「とくに相談したいことはないけれど、 個別にもっと詳しく話を聞いてみたい」という方、ぜひお越しください! 担当教員については、以下のパンフレットをご覧ください。

この個別相談コーナーも、いつからでも参加できます。16時30分までにぜひお越しください。

よろしくお願いします! (広報委員 伊藤)

__1_3

__2

2014年7月22日 (火)

第1回 夏のオープンキャンパス2014

第1回 夏のオープンキャンパス2014が7/19(土)に開催されました!sun

7月のオープンキャンパスでは過去最多となる来場者数を記録しました。shine

来場された高校生・保護者のみなさん、ありがとうございました。(*^-^*)

さて、今回のブログでは人気のあった学科別体験プログラムのひとつを紹介します。

pencil「レセプト作成体験~医療事務のお仕事を知る~」pencil

 

病院で治療を受けた時の値段ってどのように計算されているか知っていますか?

コンビニへ行くとお弁当やお菓子に値段がついていますよね?dollar

同じように病院でも検査、投薬、画像・・・などそれぞれの診療行為について値段が決まっています。( ゚Д゚)オォー

医療事務のお仕事の1つが、カルテに記載された各診療行為に基づいて患者さんへ請求する医療費の金額を計算することです。

今回の学科別体験プログラムでは「初診料」「再診料」の計算の仕組みを体験していただきました。簡単にいうと診察料ですね。

普段何気なく受けている診察も、診察をうける時間帯や年齢によって値段が違ってくるのです。sign03

参加者の方からは

「診察の値段が子どもの方が高いことに驚いた。」eye

「病院の規模によって値段が違うことを初めて知った。」eye

などのお声をいただきました。

 

次の夏のオープンキャンパスは8/2(土)、8/3(日)です。happy02

レセプト作成体験はもちろん、他にも面白い体験プログラムを用意しています。

みなさんとお会いできることを楽しみにしています!note

Photo1

医療情報管理学科 詳細リンク