その他の活動 Feed

2019年11月 7日 (木)

チーム理念

本学水泳部のチーム理念(と併せて簡単にチームの歴史)について紹介します。

2005年に水泳部が立ち上がってから、以下のチーム理念を掲げていました。

2005年~2011年3月

・認め合い、支えあい、競い合うチーム

・多くの人から応援されるチーム

Img_30681_5

【スタート台の上にいる6名が1期生です】

2006

【↑1期生と2期生だけの時代】

 

チームも少しずつ大きくなり、2011年4月から以下の3つに内容がリニューアルされました。

2011年4月~現在

・人間的成長をとげる

・協調性を養う

・多くのファンを作り、元気や勇気を与える

2019summer_190824_0030

2019summer_190824_0048

チームの中で壁にぶち当たった時…

チーム理念に沿っているかどうか、考えることにしています。

 

インカレが終わって、少し期間が空きましたが、あの時の熱い気持ちを忘れていないでしょうか。

創部1年目からシード校を目指してくださっていた先輩たちがいるからこそ、今の私たちがあります。

1年目で人数が少ないけれど、1期生からシード校を目指さなければ、新潟医療福祉大学の未来にシード校はない。だから、私たちから目指していこう。

と言ってくださった先輩がいたそうです。

(私(奈良)も4期生ですので、創部して3年間は知らないことがあります。)

今までの先輩たちが築きあげてくれて来たものを、これからも私たちは大切にしていかなくてはなりません。

これまでの卒業生の思いをこの先にも繋いで、これからも新潟医療福祉大学らしく突き進みたいです。

皆様、今後とも、応援よろしくお願いします。

 

【コーチ:奈良】

2019年11月 6日 (水)

健康スポーツ学科 いきいき放送局

今日は健康スポーツ学科のブログについてご紹介します。

健康スポーツ学科 いきいき放送局

 

健康スポーツ学科のブログでは、学生生活や授業・イベントなど、色々な様子が記事になっています。

今年度、水泳部の学生に関する記事が、たくさん紹介されましたのでぜひご覧ください!

 

星川慎吾(健康スポーツ学科3年)が書いた記事

初めての学会参加報告

水泳部の学生が教室で活躍している様子が書かれた記事

スイスイ子供水泳教室

水泳部の学生が表彰された様子が書かれた記事

2019年度 新潟医療福祉大学 学生表彰式

五井愛華(健康スポーツ学科3年)が書いた記事

NSCA-CPT資格取得まで ~3年生五井愛華さん~

木立朱珠(健康スポーツ学科3年)が書いた記事

新潟医療福祉大学水泳部 マネージャーの日常

深澤舞(健康スポーツ学科3年)が書いた記事

日本選手権を終えて

部活外での活動も、よく分かる内容となっています!

【コーチ:奈良】

2019年11月 5日 (火)

司会

4年生が卒部をし、3年生が練習後に行うミーティングの司会を務めています。

臼井真吾(健康スポーツ学科:群馬県出身)

S__45064246

河治菜々子(社会福祉学科:新潟県出身)

S__45342734

菅野里奈(健康スポーツ学科:栃木県出身)

S__45342738

木立朱珠(健康スポーツ学科:宮城県出身)

S__44621853

桑添陸(健康スポーツ学科:岩手県出身)

S__44621842

田中優弥(健康スポーツ学科:群馬県出身)

Img_9353

永井瑛斗(健康スポーツ学科:茨城県出身)

S__45391890

広瀬祐大(義肢装具自立支援学科:富山県出身)

S__44621839

深澤舞(健康スポーツ学科:栃木県出身)

S__44621837

星川慎吾(健康スポーツ学科:山形県出身)

91bf8e785c28492f9dad3474f7a64a16

前芝和佳(健康スポーツ学科:和歌山県出身)

80e70e5b322f41059d5676a9d312c4b8

山崎純菜(健康スポーツ学科:宮城県出身)

Img8787

不慣れな点もありますが、練習で感じたことや思いを話してくれています。

人前で話すことはきっと、将来に役立ちます!

【コーチ:奈良】 

2019年11月 4日 (月)

OB来校

先日、卒業生の近藤治樹さん(2017年度卒健康スポーツ学科卒:水泳部10期生_長野県出身)が大学に来てくれました。

S__45342737

仕事をしながら、自身で自身をコーチングし、今も泳いでいます。

最近ではベストも更新したそうです!

学生達にも、たくさんの声をかけてくれました。

また来てくださいね!

【コーチ:奈良】

2019年10月29日 (火)

お祝いのお花

昨日、松井浩亮(職員:埼玉県出身)の恩師である埼玉県立浦和高等学校の菊地優作 先生よりお祝いのお花を頂きました。

E06cf33e8fa34038a3d2b6ca47a9a290

このような素敵なお花をありがとうございます!

以下、松井浩亮からのコメントです。

「今回、初めて日本記録を更新することができました。狙ったレースで結果を残せたことは自分にとってもすごく自信になりました。

また、多くの方からお祝いの言葉をかけていただき本当に嬉しく思います。

 長水路でも結果を残せるように、また4月に向けて練習に励んでいきます。

たくさんのご声援、ありがとうございました。」

【コーチ:奈良】

2019年10月28日 (月)

OG来校

先日、卒業生が大学に来てくれました!

堀江優希さん(2017年度卒健康栄養学科卒:水泳部10期生_埼玉県出身)

激励の言葉をかけてくれました。

Img8772

右から

熊谷美穂さん(2017年度卒健康スポーツ学科卒:水泳部10期生_新潟県出身)

山城憲治(健康スポーツ学科3年:兵庫県出身)

千吉良優斗(健康スポーツ学科4年:群馬県出身)

石井貴章(健康スポーツ学科4年:埼玉県出身)

堀江優希さん

Img8777

埼玉県出身のメンバー

左から

堀江優希さん

松井浩亮(職員)

石井貴章(健康スポーツ学科4年)

Img8779

近状報告をたくさんしてくれました。

また遊びに来てくださいね!

【コーチ:奈良】

2019年10月27日 (日)

これまでの想いとこれからの想い ~山城昌一朗~

最後はキャプテンの山城昌一朗(健康スポーツ学科:沖縄県出身)の紹介です。
 
※那覇西高等学校出身
 
Img_6687

P1340052

P1330853
 
ーーー
 
12期生男子キャプテンの山城昌一朗です。
 
先日のインカレでは「男子37点総合14位」「女子183点総合7位」で女子は「創部初のシード権獲得」という快挙を成し遂げることができました。
 
応援してくださった方々、先生方のご指導、多くの方々のサポードがありこの結果があります。
この水泳部に携わってくださった全ての皆様、本当にありがとうございました。
 
 
 
私たちの代は1年生のインカレで目標達成という大きな成功体験を経験しました。
 
3年生になり、幹部決めの時から『1年生の頃の4年生を超える』という志を持ち、この1年間チームと向き合ってきました。
 
私は3月で選手からサポーターに上がりましたが、共に上がった同期数名とサポート側につくことができ、今までとは違った視点でキャプテンを務めることができたと思います。
 
ですが、この1年間は葛藤も多く、試行錯誤を繰り返す日々でした。
 
特に私と同じ時期に上がったメンバーは、このチームに貢献するにはどうすれば良いか悩んできたと思います
 
辛いことも多くありましたが、みんながインカレの為に一つになってくれたおかげで、今回のような素晴らしい歴史を創り上げることができました。
 
 
シード校になった今、このチームは良くも悪くも更に注目を浴びるでしょう。
 
だからこそ、後輩たちにはチーム理念である「応援されるチーム」「協調生を高める」「人間的成長を遂げる」をもっともっと目指していって欲しいと思います。
 
私がこのチームから勇気と希望を貰ったように、このチームが水泳界のHEROになり多くの人に感動を伝えられるような存在になってほしいと心より願います。
 
今後とも新潟医療福祉大学水泳部をよろしくお願いします。
 
ーーー
 
【コーチ:奈良】

2019年10月26日 (土)

水泳人生 ~徳本隼~

今日は徳本隼(健康スポーツ学科:山口県出身)のコメントを紹介します。

※豊川高等学校 / 周南スイミングスクール

Img_6686

P1330970

S__43794465

ーーー

私は3歳から今までの18年間、水泳人生を歩んで参りました。

その中で、自信を持てるほどの結果を残しておりません。

今思うと思うように行かないことが多く、とても苦しい人生でした。

始まりは地元の山口県で周南スイミングスクールに通い、高校では愛知県の豊川高校水泳部に所属をいたしました。

その後、新潟医療福祉大学水泳部に所属をし、現在は引退いたしました。

水泳競技を通して様々な場所で生活をすることができました。

そして、ほぼ全ての時間を水泳競技に費やし、常にベスト記録を更新することを目標に水泳を中心とした生活を送ってきました。

その水泳競技が無くなると寂しい気持ちになります。

個人競技での最高の結果は、中学生の時にJOCの大会で2位になれましたが、1度も全国優勝の経験がありません。

それに加え、最後に出場をした大学生の全国大会では17位でした。

16位からB決勝に進出できたところを0.04秒差で破れました。

このような水泳人生でしたが、競技生活の中で身につけたものがあります。

それは、様々な人と出会い、様々な経験をしたことで前に進む力と柔軟な考えを持ち、行動をする力を養いました。

今の自分が自信を持つことのできる長所を水泳を通して身につけることができたことがかけがえのない宝物です。

これからの将来、水泳競技のように決まった目標やゴールがなく、混沌とした社会で生きていきます。

ここからが本当の意味での人生のスタートだと思っております。

私自身が水泳競技を通して身につけた力を元に、一歩ずつ成長していきたいと思います。

これまで水泳競技を通して出会った方々に、またいつの日か会えることを心より願っております。

以上、お読みいただきありがとうございました。

ーーー

【コーチ:奈良】

2019年10月24日 (木)

ドライランド講習会

先週、ドライランド講習会を実施しました。

いつの間にか間違った動きをしている可能性や、理解不足のまま実施していることもあります。

そのため、正しい動き、正しい知識を改めて確認する必要があると考え実施しています。

毎日、実施しているドライランドだからこそ、気づけることがたくさんある時間になりました。

 

トレーナーの大野健太さん

Img8703

見本の桑添陸(健康スポーツ学科3年:岩手県出身)

Img8689

Img8694

松井浩亮(職員:埼玉県出身)

Img8717

Img8732

ドライランドの様子

Img8690

Img8697

Img8698

Img8700

Img8702

Img8707

Img8729

Img8735

Img8722

Img8726

【コーチ:奈良】

2019年10月22日 (火)

想い続けることの大切さ ~出澤美和~

今日は出澤美和(健康スポーツ学科:茨城県出身)のコメントを紹介します。

※常総学院高等学校 / 守谷インターナショナルスイミングスクール

Img_6228

P1340036

P1330855

ーーー

こんにちは。
インカレの応援ありがとうございました。
会場にも足を運んで下さった皆様、結果を楽しみに見て下さった皆様、本当に多くの方の支えがあり無事に大会を終えることができました。また、お祝いのお花もありがとうございました。

結果としては、女子総合7位でシード権を獲得することができました。
全ての目標は達成できませんでしたが、シード権を獲得できたことはこのチームにとってすごく大きな事だったと思っています。
私は3年生のインカレで初めて決勝に残りました。入場でシード校の前を通った時、仲間の応援が聞こえているのにとても寂しく心細い気持ちになりました。
その時本気でシード校になりたい!と思うことが出来ました。
10月新シーズンになり同期で絶対にシード校になろうという目標も立てました。

私は女子キャプテンとして1年間活動させて頂いて、直前まで本当にたくさんのことがあり色々なことを経験させてもらいました。どんな時でも前を向いていられたのは、1番近くで支えてくれた同期の存在があったからだと思います。そしてこの同期13人とここまで来れたこと、女子キャプテンとしてやってこれたこと、インカレ3日間チーム全員で最後まで戦い抜けたことを幸せに思っています。

私は今後も選手として泳ぐ事を決めました。
社会人の先輩方と4年間活動できて、社会人としてやっていくことの大変さや、学生とは違った覚悟などを近くで見させて頂きました。私も、卒業までの残りの期間は後輩に何かを残せるように。社会人になってからは新しい環境で、今まで以上に覚悟を持って努力していきます。
新シーズンに入り、3年生中心としたチームでの活動が始まります。
来シーズンもNUHW水泳部がいいシーズンを迎えられるよう、応援よろしくお願い致します。

ーーー

【コーチ:奈良】