2019年9月20日 (金)

真下恵さんWS体験!

今日は、新潟県内の大学ダンス部と共に合同練習(WS受講体験)したときの様子をご報告いたします。


WSの講師として来てくださったのは、元NOISMダンサー&ミストレスでもあった、真下恵さんです。会場提供していただいたのは、青陵大学さんです!

共に受講したのは、
新潟医療福祉大学
新潟青陵大学さん
新潟大学さん 

の合計20名強です!

Ws_190920_0013
まずはどんなところに気を付けて今日は取り組んで欲しいかと…真下さんよりコメント。

「怪我をしてしまいそうな動かし方ではなく、抜くことを身体で体感してほしい」

特に本学ダンス部の部員たちは最も苦手とする分野です!


新潟県内で大学生同士が一緒に練習する貴重な機会ですが、ちょっと学生たちも緊張の様子。

Ws_190920_0015

Ws_190920_0008

Ws_190920_0002

Ws_190920_0004

Ws_190920_0006
バリバリと身体の効く真下さんは、実際に示範をしながら丁寧にわかりやすく、言葉で説明して下さいました。

「背骨は背中部分だけじゃないよ、首も、そして頭蓋骨まで繋がってるから」
「動くのはアクションとリアクションでできているのよ」
「手は腕の付け根からではなくて、みぞおち下部からだよ」
「体を塊でなくて、繋がりを意識して」
「頭から足の先まで水の通りをよくするように、せき止めないで」

そんな印象的な言葉を次々に発していました。
学生たちも、なるほど~とうなづいたりして納得の発見が多かったようです。

Ws_190920_0018
最後も「自分の身体の声をよく聴いて。素直に自然に。」
といった言葉を学生たちに投げかけて刺激を下さいました。

Ws_190920_0001
お忙しい中、ご指導いただきまして、ありがとうございました!
そして会場の運営等にご尽力いただきました、青陵大学ダンス部の皆さんもありがとうございました。

ぜひまた、合同で練習機会があれば本学へもどうぞ~!


アスリートヨガ講習会!

今日は、ダンス部部長である脇野先生のご縁でご紹介いただいた、ヨガインストラクターの廣田さんを講師としてお招きした「アシュタインヨガWS」の様子をご紹介します!

いわゆる”アスリートヨガ”と称されているそうで、サッカー選手やテニス全日本級選手などにも教えていらっしゃるそうです。


Ws_190918_0001

Ws_190918_0003
廣田さんは、西区のサーフショップ「WORKS」も経営する代表取締の方でもあり、かつヨガ公認インストラクターとしてご活躍のある方です。
フィットネスヨガの先生方もこの廣田さんの元へヨガレッスンを受けに来られるほど…


Ws_190918_0005

Ws_190918_0004
まず始めは「ヨガとは」という本来込められている概念から丁寧に教えてくださいました。

日本などで普及しているフィットネスとして行われているヨガと比べると、インドや発祥の地で位置付けられているヨガは印象がまるで違うように感じました…

Ws_190918_0006

Ws_190918_0008

Ws_190918_0012
一体、廣田さんの関節はどんなふうになっちゃってるのか…
オ~、パチパチ…と、時折拍手がおきながら、部員たちは興味津々で懸命に取り組んでいました。

Ws_190918_0009

Ws_190918_0015

Ws_190918_0018

新鮮な様々な気付きを下さり、ありがとうございました!
説得力のある深い知識と鍛え上げられた身体に魅了された2時間でした^^

S__12247053




2019年9月17日 (火)

ソロ発表会開催

今日は、ダンス部部内で「ソロ発表会」を実施した際の様子をご紹介いたします!

毎年、1年生によるソロ発表会をダンス部では開催しています。
今年の出演は、4名!

1_190918_0065

1_190918_0067_2
デコレーションしてくれた先輩たちでしょうか

1_190918_0074
アナウンスを担当した、部長の板垣!


春先から、神戸、富山…等とコンクールに追われてなかなかじっくり作る時間もなかったと思いますが、4人とも、自分の世界観をしっかり持って、個性豊かに4者4様の作品を披露してくれました。


1_190918_0052

1_190918_0060
小林真花
「Calmdays」

1_190918_0109

1_190918_0093
品田望来
「オルレアンの少女ーJanne dArkの生き様ー」

1_190918_0021

1_190918_0017
小柳碧唯
「Flaunt」


1_190918_0124

1_190918_0129
中川璃音
「Far Away」

一年生の発表のあとには、部員全体でコメントを伝えたりしながら講評を伝え合いました。
発表者からの心の内も聞くことができました。

ただ作品に表れた動きや表現を評価することだけでなく、そのソロ作品に込めた作者自身のストーリーが大事なのだと感じることができました。

まだまだ技術も未熟なところは沢山ありますが、自分自身と向き合って、孤独と甘えとの葛藤の中でつくり上げるソロ作品は、一生忘れられないかけがえのない作品になると思います!

ぜひこの一歩を大切にして、今後の活動に前向きにつなげていってもらいたいと思います、

1_190918_0086

1_190918_0080

1_190918_0081

1_190918_0084

1_190918_0087

1_190918_0138
1年生の皆さん、本当にお疲れさまでした!!!

1_190918_0137



2019年9月10日 (火)

卒業生:近藤謙大さんの訪問!!

今日は、久しぶりにダンス部を訪ねてくれた卒業生:近藤謙大君をご紹介します!!

彼は、ダンス部が立ち上がった初年度、当初4年生学生だったのですが、ダンス初心者でありながら強化指定ダンス部へ入部してくれました(監督からの熱いアプローチにより)。

学内パフォーマンス発表会、学園祭、ダンス部公演などの自主企画発表等に参加していただけでなく、アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマの少人数による創作ダンスコンクールにも参加したことがあります。


今は立派に警察官となり、佐渡に勤務しているわけですが、帰省に合わせてダンス部へ顔を出してくれました(泣)!


こうしてたまにでも顔を見せてくれることが嬉しいですね。
ありがとう!!
ぜひまた、待っています♪

_190918_0016

_190918_0017



2019年9月 9日 (月)

アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマに出場しました!

8月31日~9月1日に富山県高岡市で開催されたアーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマへ、本学ダンス部が出場して参りました。

_190905_0002
出場チームは60チーム(1大学につき2~3チーム)あり、予選・決選はなく一発勝負の中、今回本学ダンス部からは、3チーム(3名、3名、4名の合計10名)で臨みましたが、残念ながら受賞を得ることはできませんでした。

出場したメンバーは以下の通りです。
◆「夕暗迫る」(作者:茂木孝介、菊池綾、小柳碧唯)

S__43040782_2

S__43040783
◆「chiguHagU」(作者:中林みなみ、加藤愛理、中川璃音)

39474_2

39476
◆「アンビバレンス」(作者:斎藤汐音、箱岩輝、吉田萌、小林真花)

S__8175669

S__8175667_2

3月より大きなコンクールが続く中、創作活動にほぼ休みなく走り続け、気合の入った創作活動をギリギリまで粘っておりましたが、悔しい結果となりました。

今回の結果を受け、今年度の残す12月の新潟コンペ、秋田コンペに向けてまた精力的に取り組み、年度末の3月公演へ向けて集大成へ向かいたいと思っております。

今後とも温かいご声援、ご支援の程、どうぞよろしくお願いいたします。

_190905_0007_2
最後に、本大会にて作者を務めた学生よりコメントです。
◇茂木孝介(健康スポーツ学科3年)
「今回の富山での大会内容はとても悔しさが残る大会でした。作者を務めさせていただき、短い制作期間の中で毎日練習に参加してくれたメンバーには感謝しています。雰囲気もよく練習中はすごく楽しかったです。今大会で悔しさを味わい、また学べることや学ぶべきことなどを感じることができました。この経験を糧にまたひとつ成長できるよう頑張っていきたいです。最後に応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。」

◇中林みなみ(健康スポーツ学科3年)
「今回3回目の参加となり、作者として出場させて頂きました。
創作過程は上手くいかないことがほとんどで、メンバーの2人やマネージャーに沢山支えてもらったり、先生のご指導がなければ形にできなかったと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。
悔しい結果となってしまいましたが、メンバー全員悔いなく踊り切ることができたことは本当に良かったなと心から思います。先輩や同期、後輩から沢山刺激をもらった三日間でした。
課題も沢山見つかったので、作品も自分自身も気持ちを新たに精進していきたいと思います。改めて、ご指導くださった先生、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。」

◇斎藤汐音(健康スポーツ学科2年)
「今回の富山大会は初めて作者をさせて頂いて、今まで知らなかったことや感じなかったことを沢山学べたと思います。
自分の決めたテーマから作品を作るのは想像以上に難しく、本番が近ずくにつれてこの作品で表現しようとしてることが間違えていないのかなど不安が増えていきましたが、優しくて楽しいメンバーにとても助けられました。
目標としていた賞を受賞することはできませんでしたが、皆んなで創作した作品を全力で踊る達成感や感動を味わうことができてよかったと思います。
応援・サポートをしてくださった方々に感謝を忘れずに、今後も応援していただけるように再演にむけて頑張りたいと思います。ありがとうございました。」

2019年9月 1日 (日)

明和義人祭へ参加しました

今日は、街おこしイベント!明和義人祭へ参加した際の様子をご報告します。

_190826_0150
この凛々しく旗を持つ女性は、3年の斎藤梨華さんです。
今回、明和義人祭の本学チームが踊る部分の振り落とし隊長として活躍してくれました~

_190826_0094
着替えを終え、会場へと、てくてく向かいます。

_190826_0181
綺麗で華やか女子たちに囲まれているのは、4年生の武田慎吾!
なかなか浴衣が様になっています^^

_190826_0002
そしていよいよ踊り歩きの時間です!
ただシンプルな振りをこなすだけでなく、イキのいい掛け声をかけたりして盛り上げ、周りの注目を浴びていました 笑

_190826_0005
他のチームと踊るからにはコンテストを!と意気込んでいましたが、今回は他の楽しく踊ることが優先で。
しかしいつもの3倍ほどキラキラと輝いています。美しい女子大生たち!!

お疲れさまでした(*^^*)

_190826_0006

_190826_0046

_190826_0007

2019年8月29日 (木)

【リマインダ】8/31(土)NHK Eテレにて神戸受賞作品が放映されます

神戸コンクールにおけるテレビ放映のご案内(再告知)です!!

第32回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)の様子、受賞者作品の一部が以下の期日に放映されます。

本学が受賞した、「塞がれたものー石田徹也『兵士』よりー」も作品の一部が放映されますので、ぜひご覧になってください。


第32回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)
2019年8月31日(土)
NHK Eテレにて
15:00 ~16:00

Dsc_0012
今回は、キリっとキメ顔!

 

2019年8月27日 (火)

山本学長先生へ表敬訪問

8月の全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)において受賞したことを踏まえて、大学長である山本学長のもとへ、3年生(神戸作品のリーダー的存在)が表敬訪問致しました。

Photo
緊張している学生たちに対して、にこやかに迎えてくださった山本学長先生。
学生たちの努力を称えたねぎらいのお言葉をいただきました。

Photo_2
本大会と受賞内容の説明をし、評価された点、特別賞の在り方についてお伝えしました

Photo_3
もう一名を含め7名という過去最多の主学年メンバーで臨んだ神戸大会。

(左より)
加藤愛理(健康スポーツ学科3年)
阿部栞(健康スポーツ学科3年)
中林みなみ(健康スポーツ学科3年)
山本正治学長先生
板垣莉子(健康スポーツ学科3年)
菊池綾(看護学科3年)
茂木孝介(健康スポーツ学科3年)
若井由梨(ダンス部監督)

※斎藤梨華(健康スポーツ学科3年)も主学年の一人として活躍しました!
表敬訪問当日は残念ながらゼミ合宿により、参加ができませんでした。



努力が実りとなって成果として表れ、本当に嬉しい限りです。
部員の皆さん、おめでとうございました。

支えてくださった皆様、改めまして心より感謝申し上げます。

今後ともダンス部への応援を、よろしくお願い致します。




2019年8月23日 (金)

【告知】神戸大会受賞作品 NHK Eテレにて8/31(土)15:00~16:00放映

先日ご報告した、神戸コンクールについてですが、テレビ放映のご案内です!!



第32回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)の様子、受賞者作品の一部が以下の期日に放映されます。

本学が受賞した、「塞がれたものー石田徹也『兵士』よりー」も作品の一部が放映されますので、ぜひご覧になってください。


第32回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)
2019年8月31日(土)
NHK Eテレにて
15:00 ~16:00 

2019__190816_0100

_190724_0044

_190724_0425

Dsc_0014

 

卒業生:萩原舞子さんの来訪!


今日は、久しぶりに来訪して下さったダンス部卒業生の、萩原舞子さんをご紹介します!

10418046390022

平成29年度に卒業した萩原舞子さん。

彼女は高校まで長年、バレリーナ一筋で頑張っていました!
この新潟医療福祉大学ダンス部に入り、初めて創作ダンスや様々なダンスの種類に新たに触れていき、ダンス経験領域を開拓していきました。
難関である秋田モダンダンスコンクールのソロ部門にも挑戦したことのある、度胸のある強者さんです。

写真のポーズの通りに、彼女は今、東京でヨガインストラクターとして活躍しています。
今回は急な帰省連絡だったため予定が組めませんでしたが、ぜひ本業のヨガもWSしていただきたいなと思っています!

わざわざこうして後輩たちの元へ顔を出してくれることが、何より嬉しいです。
ありがとう!!
またお待ちしています!!

S__7438401
(おまけ写真)基礎練習も一緒に参加してくれました~笑