2018年2月13日 (火)

ダンス部HPのご紹介

皆さんはご存知でしょうか…新潟医療福祉大学ダンス部に「ホームページ」があることを!!

学生の中でこういうことに得意な部員が立ち上げてくれました~happy01sun

今年からではないですよ。少し前からありました!
そしてだんだんとグレードアップshineしています

ぜひお時間のある際には覗いてみてください。
→ https://nuhw-dance.jimdo.com/

S_7477693365126_2
このような画面に辿り着くと思います!

ダンス部公演のチケット申し込みもできますし、
過去の舞台写真等の閲覧などが可能です。

 

2018年2月12日 (月)

TAY-C公演に出演しました!!

今日は、ダンス部が出演させていただいた「TAYーC」という舞台のご報告です!!

9th_tayc_8
この会は、新潟県内の高校や、ここからはばたいた学生(主にダンスを続けている人)が仲間を連れて凱旋公演にやってくるという、県内では異色カラーの注目を浴びている(と思われる)公演です!

はじめは数校で行われていたこの公演も、年を重ねるごとに注目を浴びて、今では出演枠が足りないほどの多くの学校が参加する公演となっています。

9th_tayc_1
本学ダンス部が出品した作品は、保科慶(健康スポーツ学科4年)がつくった「道」という作品。出演者はダンス部内の有志です。

9th_tayc_3
そしてもう一つは富山コンクールでも上演した、「puz・zle」です。こちらは矢尻真理恵(健康スポーツ学科2年)が作者です。

9th_tayc_11
当日は朝からリハーサルやゲネプロなど大忙しでした。
本番同様に一本通しを行うゲネプロでは、本来走るはずのプラレールがヨロヨロして今にも止まってしまいそうなトラブルもあり、部員たちは空き時間に入念にチェックをしました。

ステージ上にいた部員たちはさぞ焦ったことでしょう(笑)。

9th_tayc_17
観客の方々からも、「引き込まれる世界観だった」などとお声がけいただくことも多く、誇らしい作品上演になったのではないかと思います!

この2作品は3月11日の公演でも披露されますので、ぜひお楽しみに!!


9th_tayc_6
皆さんお疲れ様でした!!

 

2018年2月 1日 (木)

部員たちの授業の一コマ

新潟医療福祉大学の健康スポーツ学科では、1年生を中心に対象とした「ダンス」の実技授業が行われています。ダンス部1年生5名もこの後期期間に受講しており、1月に創作ダンス発表会が行われました。

授業ではリズム系ダンス、フォークダンス、創作ダンスと幅広い分野を学んでいきます。
そして最後に迎える「創作ダンス発表会」。
不安と緊張でいっぱいのようでしたが、受講生らは練習してきた成果を存分に発揮して素晴らしい会となりました。

中でもダンス部部員たちは各チームに散らばって入り、それぞれのチームをよくまとめていました。ダンスのクラスは全部で4クラスですが、一部のクラスの様子のみ写真でご紹介します。

Img_3698_2

Img_3699

Img_3701_2_2

Img_3728_2
加藤愛理のチームです。
清心女子高校から来たえりはキレッキレのシャープな踊りが大の得意ですが、色々と模索した結果、この授業チームでは新聞紙を使ったしなやかで叙情的な作品に仕上げていました!

Img_3691_2

Img_3696

Img_3693_2_2

Img_3727_2
板垣莉子のチームです。
りこは、村上中等教育学校から来た元ダンス部部長さんです!みんなの意見も上手に取り上げながら、授業の当初の目的だった「CM創作」の意図をよく汲み取って、しっかり「たまご」の表現をコミカルに楽しい作品に仕上げていました~。
メンバーたちも本当に生き生きしていました。

Img_3710

Img_3714

Img_3715_2_2

Img_3729
阿部栞のチームです。
しおりは北越高校から来た新体操経験者ですが、この1年間ダンス部で学んできた創作ダンスの力を発揮してよさこい部に所属する仲間と上手にやりとりしながら手堅い作品に仕上げていました!構成や間も上手に生かして工夫していました!

Img_3638

Img_3639
斎藤梨華のチームです!
りかさんは長岡のかむろ真鶴スタジオ出身の、生粋のバレエっこです!授業のメンバーとバレエを組み込むのも難しかったと思うので色々と苦労もあったと思いますが、クリスマスをイメージした作品に仕上げ、メンバーの良さを存分に生かした工夫された作品を発表していました~!

Img_3724_2
一部、複数メンバーがいるクラスではエキシビジョンのようにダンス部チームでダンスを披露もしました。


このように、日々の部活以外にも部員たちは講義や実技などの授業に一生懸命取り組んでいます!
環境と周りのメンバーによって変わる役割を噛み締めながら取り組む姿が見られました。

2018年1月10日 (水)

クリスマスダンスフェスティバル

今日は12月23日に新潟市中央区の新潟日報社メディアシップの会場で開催された、「クリスマスダンスフェスティバル」についてご報告します!

このイベントは、県内大学のダンス部・ダンスサークルが結集して公のパブリックスペース(メディアシップ)で様々なジャンルのダンスが披露される会です。
わがダンス部も毎年参加させてもらっています。今年は新潟医療福祉大学、新潟大学ダンスチームMIMA、新潟青陵大学体操ダンス部、新潟中央短期大学FOXYの4大学が集結!
本学はたっぷりと7作品披露させていただきました。

それでは本番の様子をどうぞご覧ください。

Fs_230

Fs_231
はじめの演目は可愛らしくクリスマスムード満載の衣装で!男子部員2名はトナカイの衣装で生き生きと舞いました。

Fs_6

Fs_13

Fs_15

Fs_19

Fs_37

Fs_61

Fs_212

Fs_211

Fs_185
コンクールでは創作ダンスを中心に臨むことが多い私たちですが、こうしたイベントなどの地域における発表では、様々なジャンルに取り組んで披露しています。とても伸び伸びと笑顔で踊る姿が印象的でした。

作品の合間にはMCのアナウンサーの方にインタビューを受けたりして、コミュニケーションを図っていました。

まだまだ人前で話をする力は伸びしろがあるようですね!

Fs_39

Fs_45

Fs_43

Fs_30
そして一番最後は出演者全員で登場!ひしめき合って大勢でエンディングを迎えていました。このようにエンディングで全員出演するのは、大学のクリスマスダンスフェスティバルでは今回が初めてですね。


Fs_87

Fs_324

Fs_244

Fs_302 
マネージャーの鈴木眞美(理学療法学科4年)も、そして休部中の鈴木佳奈(看護学科3年)、岡彩香(健康スポーツ学科4年)も見に来てくれました!!

特に理学療法学科や看護学科など実習の多い学科は3年生から実習や課題が猛烈に多くなり、部活に毎日参加することは厳しくなりますが、こうしてイベントの発表には駆けつけてくれることが本当に嬉しいですね!

Fs_297

Fs_290
部員の皆さん。お疲れ様でした!
このクリスマスダンスフェスティバルは毎年12月23日祝日で行われることもあり、保護者の方も多く観に来ることができるイベントになっています。

こうしたメディアシップでのダンス発表の機会は、毎年夏や冬に高校生対象にでも行っています。
多くの場面でダンスがこのように人の目に触れられることはとても嬉しいことです。

新潟は本当にダンスが盛んですね!
創作ダンスや、ストリートやダンスや、コンテンポラリーやよさこいなど…多岐にわたってダンス文化が栄えて来ているように感じます。

高校生の皆さん。
県外からでも、このダンスを贅沢に楽しめる新潟へぜひお越しください!
そして新潟医療福祉大学ダンス部のチームとなり、一緒に踊りましょう!
部員一同、楽しみにお待ちしていますよー。

以上、クリスマスダンスフェス報告でした。



2017年12月28日 (木)

全国舞踊創作発表会

本日は、ダンス部が今年度より新たに参加した、「全国創作舞踊研究発表会」についてご紹介いたします!

In_118

In_119
場所は、栃木県教育会館。
主催は「日本教育大学協会全国保健体育・保健研究部門」です。
本学は医療や福祉がメインの大学ではありますが、「教員養成コース」もあり、学校の先生を目指す学生もいるということで、参加が認められています。

In_29

In_32
栃木は清々しい青空でした!!新潟には滅多に見られないので大興奮でした。

この会では、主に先生方が参加する「研究部門」と学生たちのダンス発表である「発表部門」とあり、二日間の中に色々なコンテンツが盛りだくさんの機会になっています。

舞踊教育に熟達したダンスの先生方のお話をシンポジウムで聞くことができたり、
他大学の学生たちとの交流会があったり
授業に生かせそうなダンスワークショップの機会があり
体育一般学生による「ダンス授業作品」やクラブ所属の部員たちによる「ダンス作品発表」があったりと
とにかく慌ただしく、充実した二日間を過ごしてまいりました。

In_96
控室もぎゅうぎゅうです。

今回披露した作品は、4年生近藤来実(健康スポーツ学科)が作者である『pointed』。
今までのダンス部の作品からはまた一皮むけた”大人な”シャープな表現でつくられていました

In_122

ワークショップでは2クラスが設定されていましたが、医療福祉は両方とも受講。
おそらく2クラス両方とも受けた大学は数少ないのでは…?

In_131

In_134
一クラス目は、吉備国際大学の高田先生による「ヒップホップ」を用いたダンス教材の授業を。

In_126
二クラス目は、湘北短期大学の小笠原先生による「笑い」を取り入れた授業教材など。
クラブ作品の発表もでき、鑑賞もでき、ダンス授業の勉強や専門的なお話を聞くこともできるこの会は本当に素敵です!

In_147
お世話になった東横イン。

In_99_2

In_61


いろいろあって迷った挙句、結局どの学年の部員たちも「健太君」系列の餃子を食す。

In_43
バスでの移動で活躍した部長の愛弓。

In_113_2
最期のダンス作品発表では、ただ披露するだけでなく、作品に対して各大学の先生からもコメントをいただくことができました。現段階のみんなが持っている力を出し切り、それに対して課題を客観的な視点から伝えていただける。こんなに有難い機会はありません。

コンクールとはまた違った遠征を楽しむ部員たちでした!!







2017年12月13日 (水)

【告知】クリスマスダンスフェスティバルのご案内

今日はダンス部年内最後の発表の告知です!

例年参加させていただいている、新潟日報さん主催の「クリスマスダンスフェスティバル」
県内のダンス部・ダンスチームが集い、様々なダンス作品を披露します!
色々なカラーを一気に楽しめる、素敵な会です♪
http://niigata-mediaship.jp/news/20171117_16959/

指定席はすべて埋まってしまっておりますが、立ち見などはOKとのことです!
ぜひお越しください!!


詳細は以下の通りです!
「クリスマスダンスフェスティバル」
日時:平成29年12月23日(土) 13時~
場所:メディアシップ1階

お待ちしております^^

2017年12月12日 (火)

秋田全国モダンダンスコンクールにて入選(4位)

ダンス部にとって今年度最後のコンクール、「あきた全国舞踊祭・秋田全国モダンダンスコンクール」において入選(4位)を果たすことができました!!
今日はその秋田コンクールについての部員11名の様子をご報告いたします。

_156
期日は12月9~10日、場所は秋田文化会館。

このコンクールは大学ダンス部単位での参加ではなく、お稽古場やスタジオ単位、フリーで活躍するダンサーの方々も含めてエントリーされるコンクールです。

夏に本学ダンス部が挑戦している「創作ダンス」のコンクールとは少し色が異なり、「モダンダンス(現代舞踊)」というジャンルの世界のコンクールです。
技術的に非常にレベルの高い、由緒ある名高いコンクールとなっています。

ちなみに過去にダンス部では、
2013年 ソロ部門:永田茉美(臨床技術学科卒業)
2014年 ソロ部門:長井捺珠(健康スポーツ学科卒業)、安藤美和(社会福祉学科卒業)
2015年 ソロ部門:萩原舞子(健康スポーツ学科現4年生)、群舞:近藤来実(健康スポーツ学科現4年)&安藤美和

と出場を重ねて研鑽を積んだ先輩の部員らがいましたが、出場者たちのレベルの高さを痛感してきました。


そして今年は過去最高の人数の群舞で挑戦をして参りました。
今回の作品タイトルは「深海に眠る命」、作品作者は卒業生の安藤美和です!
参加者11名:
山田春香(スポ2年)、風間ひかる(スポ2年)、矢尻真理恵(スポ2年)、石川日菜(臨床2年)、渡辺杏菜(臨床2年)、阿部栞(スポ1年)、加藤愛理(スポ1年)、茂木孝介(スポ1年)、斎藤梨華(スポ1年)、板垣莉子(スポ1年)

_132

_138 

_133
本番3時間前の様子。ホテルにて、互いにメイクを確認し合って準備に取り掛かります。
この独特なメリハリの効いたメイクも、現代舞踊独特の仕方です。
以前にベテランのダンサーの方よりメイク講習会をしていただいた描き方を思い出して…手を震わせながらメイクする光景も。

_102

_110
髪もメイクもイメージトレーニングもみっちり行い、いざ出陣です!
バスでの移動もこの現代舞踊メイク。緊張と楽しみと不安と…色々な思いを胸に向かっています。

_125
楽屋での最後のイメトレにも入念に行います。タイミングや呼吸の仕方、そして作品のイメージを頭に描きながら。

_123
そしてコンクールの本番後、出演者の生き生きとした顔。これは…深海魚ポーズとのこと(笑)

本番は、練習の時よりもより一層の集中力を感じることができました。少し緊張して硬い動きも見られましたが、リハーサルもない状況なので、仕方が無いかもしれません。

でも部員は皆達成感に満ち溢れているように見られました。


それでは喜びの声を学生を代表して、部員の山田春香(健スポ2年)よりコメントです。
「今回、初めて秋田モダンダンスコンクールにダンス部OGの安藤美和さんに振りを付けて頂き、出場しました。初めて出る大会で、慣れない事が多く不安もたくさんありましたが、多くの方の応援や支えがあったおかげで4位入選という結果を得る事ができました!
今回、入選する事ができましたが、ここで終わりにせず、また来年に繋げていけるようにこれからも頑張っていきたいと思います!
応援ありがとうございました!」

そして作品の作者(振付担当)をした卒業生の安藤美和(社会福祉学科卒業)よりコメントです。
「秋田のコンクールは、かつて自分もチャレンジをして様々な思いを経験し、とても成長することができたコンクールのひとつです。
大学を卒業した今、後輩たちのために何か私にできることはないかと考えた結果、コンクール出場の機会を増やしてそれぞれの成長に繋げてほしいという思いを込めてこの作品を振付しました。

部員たちには練習時間も短い中で、難しい要求もたくさんしました。それでも空き時間に自分たちで練習し毎回会うごとに進化を続ける部員たちを見てとても心強く思いました。

今回は入選という結果がついてきたことをとても嬉しく思います。
そして何よりも自分たちでさらに作品を深めて踊ってくれた後輩達には本当に感謝しています。
これからも自分達らしさを忘れずにダンスを通じてたくさんの方々に感動を元気を与え続けるダンス部であってほしいと思います。
たくさんの応援、本当にありがとうございました。」


安藤美和はダンサー活動も続けながら、現在も新発田のダンス教室の指導者として振付・指導も精力的に活動しており、そうした経験が今回に実を結びました。
こうして今回、ダンス部部員だった卒業生が、学生時代に経験してきた苦労を糧に後輩のために振付をするという素敵な循環が生まれました。今後もこのような循環がより発展し、ダンス部がさらにパワーアップすることを願っています!

後輩たちに素敵な作品を与えてくれた卒業生の美和さんには部員ともども、心から感謝しています。

今回入選をすることができたことも、日ごろからダンス部へ様々な支援と応援をしてくださっている教職員の先生方、支えてくださっている保護者の皆様、そして卒業生やサポーターの皆様のおかげです。

~おまけフォト~

_111
ホテル近くのイルミネーションにて。ライトアップによって2割増し、でしょうか。

_145
本番前日、イメトレの様子。

_64_2
秋田で有名な?ババヘラアイス。


ダンス部にとっては今年初めての実績となりました。
喜びもひとしおですが今回の入選が決してゴールではないため、今回の結果に満足せず、さらに高みを目指していけるよう日々の練習や創作活動に取り組んでいきたいと思います。

今後ともどうぞダンス部への応援をよろしくお願いいたします。

2017年12月 7日 (木)

ちびっこハッピー☆ダンス教室前半期終了!(クリスマス発表会)

今日は、ダンス部の学生が中心となって指導・運営をしている「ちびっこハッピー☆ダンス教室」のご紹介です!

_66
この教室は、健康スポーツ学科が主催で行う「スポーツ教室」の一つとして行っているものです!
他にも「水泳教室」「陸上教室」「体力UP教室」「あそびの日」「バスケットボール教室」など様々に行われており、ダンス種目における教室も、今年でかれこれ6年目に突入しました。


初めのころは参加者も少なく、指導も手探りで教員が子どもたちの前に立って行ったりしていましたが…今ではあっという間に申し込みもいっぱいになってしまうほどの人気ダンス教室に。
学生たちも自ら指導役となり、率先して生き生きと活動しています!

_285
子どもたちへ言葉がけする部員の石川日菜(臨床技術学科2年)、山田春香(健康スポーツ学科2年)。

ダンス教室は毎年秋10月ごろ~3月ごろまでの時期限定で例年行われています。
ダンス指導からステージ発表まで含めての企画という・・・素敵な教室(と思って行っているのですが)です!!

今年は初の試みで、ダンス教室前半期(10月~12月)と、後半期(1月~3月)に分けて行っています。
そして迎えた年内の前半期最後の教室では、数回の練習で体験してきたバレエ作品の発表会!
サポートのために大学生も脇で踊りましたが、ほぼ子どもたちは自立して振付の順番も覚えており、お父さんお母さんの前で立派に発表することができました。

_235

_214

_237


発表の場では、いつも指導のみ行っている学生たちのダンスパフォーマンスも披露!
一流、とまではいきませんが、大学生たちの洗練された踊りに子どもたちも皆釘付けでした。

_168

_186

_175

_173
トナカイに扮した武田慎吾(健康スポーツ学科2年)と茂木孝介(健康スポーツ学科1年)もカンガルーのようにパワフルに舞います。

_193

_176

_250

_255

そして今年初めての企画として、「親子ダンス」のイベントも盛り込んでみました!
踊りの考案とファシリテーターを務めたのは1年中林みなみ(健康スポーツ学科)と1年菊池綾(看護学科)です。

_80

_118

_92

_114

_100

_7

_130

_110

_126
むにゃむにゃと眠る仕草を入れてみたり、保護者の方にぎゅ~とハグする場面もあったりで、それぞれの愛情が深まったようにも思えました!とても素敵な時間でした。

_257

_269

_261
最後はトナカイ兄さんからプチお菓子のプレゼント

これで前半期を終えますが、子供たちの成長だけでなく、指導実践を重ねる学生たちの成長も多くみられ、このスポーツ教室の価値を改めて実感しました。

3年生の佐藤美優(健康スポーツ学科)と大村桃加(健康スポーツ学科)も先輩としてアドバイスや助言を後輩にしていたり、保護者の方へ丁寧に対応したりと、色々な意味で社会勉強をできているようでした。

_142
お疲れ様でした!あともう少しですが、メリークリスマス!!

2017年11月25日 (土)

大学行事保護者会におけるダンスパフォーマンス

今日は、年に一回の大学行事である、保護者会においてダンスパフォーマンスを披露したときの様子をご報告します。

この保護者会は、大学行事として教職員の方々にとっては大きな行事となっているものです。入念な準備のもとこの日に向けて打ち合わせが綿密に行われています。

当日は大学全体会だけでなく各学科ごとに分かれて、学生の日々の様子を報告したり、学生からのプレゼンがあったり、色々と色を出して試行錯誤をしています。

また、課外活動の様子という位置づけで、ダンスは昨年度よりパフォーマンスを披露させていただいております。寒い中ではありますが、今年も50~60名近い保護者の方々からご覧いただきました。

_49

_35

_18

_8

_3

_2
日頃お世話になっている保護者の方々に向けて、生き生きと踊る学生たちの姿をお見せすることで、日々の練習成果の様子を感じ取って下されば幸いです!

部員の皆さんもお疲れ様でした!

2017年11月14日 (火)

新潟県立新潟聾学校創立90周年祝賀会にてダンス披露

今日は新潟県立新潟聾学校様にご依頼いただいた、創立90周年祝賀会でのダンスパフォーマンスの様子をご紹介します!

90_111

90_110
今回披露させていただいたのは、3作品です。
10月終わりの台風によって披露するはずが未発表になってしまった作品も、今回初めて披露することができました!

また、チアも新しい部員を含めたメンバーで発表することもできました。
90周年にちなんで「90」の文字をつくったり、声での盛り上げや手話によるパフォーマンスも一部取り入れたりなど、工夫を凝らしたことによってより一層盛り上がっていました。

90_102

90_99
ダンス自体はコンパクトなエリアで踊り、まわりの物や天井に当たりそうになったり学生同士がぶつかりそうになったりと少々不安ではありましたが、観客との近さは逆に臨場感もあり、祝賀会にご参加の方々には大変喜んでいただくことができました。

今回のダンスではハロウィーンをモチーフにした作品もあり、衣装がとっても華やかで、学生もみんなテンションが上がっていました。やはり「いつもと違う自分になれる」変身する姿は心を高揚させますね。

90_36

90_118
今回の発表で一人でも多くの方に元気をお裾分けすることができたならば幸いです。
また次の発表に向けて練習に邁進します!