その他 Feed

2019年8月27日 (火)

山本学長先生へ表敬訪問

8月の全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)において受賞したことを踏まえて、大学長である山本学長のもとへ、3年生(神戸作品のリーダー的存在)が表敬訪問致しました。

Photo
緊張している学生たちに対して、にこやかに迎えてくださった山本学長先生。
学生たちの努力を称えたねぎらいのお言葉をいただきました。

Photo_2
本大会と受賞内容の説明をし、評価された点、特別賞の在り方についてお伝えしました

Photo_3
もう一名を含め7名という過去最多の主学年メンバーで臨んだ神戸大会。

(左より)
加藤愛理(健康スポーツ学科3年)
阿部栞(健康スポーツ学科3年)
中林みなみ(健康スポーツ学科3年)
山本正治学長先生
板垣莉子(健康スポーツ学科3年)
菊池綾(看護学科3年)
茂木孝介(健康スポーツ学科3年)
若井由梨(ダンス部監督)

※斎藤梨華(健康スポーツ学科3年)も主学年の一人として活躍しました!
表敬訪問当日は残念ながらゼミ合宿により、参加ができませんでした。



努力が実りとなって成果として表れ、本当に嬉しい限りです。
部員の皆さん、おめでとうございました。

支えてくださった皆様、改めまして心より感謝申し上げます。

今後ともダンス部への応援を、よろしくお願い致します。




2019年6月28日 (金)

スペシャルダンスワークショップ【Atachitachi】

今日は、大学&高校生による「スペシャルダンスワークショップ」の様子についてご報告。

ワークショップの講師は、ダンスカンパニー山田うん.co のメンバーである、二人組ユニットAtachitachi(読み方:アタチタチ)の西山友貴さんと飯森沙百合さんのお二方です!

S__154271760

S__154271761 (写真は講師の西山さんより拝借)

西山さん(写真右)は、昨年度の第6回新潟医療福祉大学ダンス部公演のゲストとしてもご出演して下さったダンサーです!


当ワークショップでは、日頃一緒にご活動されている飯森さんを連れて、「二人組から生まれる動き、表現」について、コンタクトワークを活用しながら2時間たっぷりと、展開して下さいました。


そして今回は、卒業生が本学ダンス部にいる繋がりで、県内高校生の新潟中央高校、新潟清心高校、新潟商業高校さん等が、本学ダンス部の学生と一緒に参加しました。

このダンススタジオへ高校生を招いてワークショップを開催することは初めてです。
やはり遠方からの参加者は交通手段に困っているようでしたが…どうにか初開催することができました。

S__6856744

S__148037731
ワークショップでは、フロアを使って足の色々な部位を感じながら移動したり、人と触れ合いながら効果的な体重の乗せ方について体験したり。

後半になるほど、二人組によるコンタクトワークがメインになりました。
シンプルなワークから徐々にムーブメントにしていき、最後には応用して即興表現にまで広がりを持たせてご指導くださいました。

そして参加者からのリクエストにお応えして最後には踊って下さったアタチタチのお二方。
講師お二方による即興にみんなうっとりでした。



ありがとうございました!!






2019年3月17日 (日)

4年生の卒業!!

ダンス部4年生が、今年もついに旅立ちました。

3月13日、新潟医療福祉大学では卒業式が行われました。
卒業式後に行われる「後輩によるパフォーマンス」。

各部ごとに様々な催しが行われますが、ダンス部では今年は「祝いの舞」を踊りましたshine

_190318_0168

_190318_0162
感動しているかと思いきや…
4年生の先輩たちからは、パフォーマンスに対して愛のあるご指導(ガヤ)が入ります!笑

_190318_0164
若干通路の邪魔になっていましたが、後輩たちから、先輩たちへの心のこもった誠意は伝わったと思います。

_190318_0165
卒業したのは、上記のメンバーたち。
(左から)
健康スポーツ学科 長谷川紗花
健康スポーツ学科 大村桃加
健康スポーツ学科 佐藤美優
(監督 若井由梨)
健康スポーツ学科 森山愛弓
健康スポーツ学科 服部彩華
看護学科 鈴木佳奈

_190318_0194
ダンス部全体写真

_190318_0202
最後の最後まで部員たちは、個々に先輩との撮影を楽しんでました。
ちなみにこの二人は、富山でのデュエットを踊った「プチボヌール」の二人です。

_190318_0170
夜の謝恩会では、元部長であった森山愛弓から監督へ花が渡されました。


4年生の皆さん、本当に卒業おめでとうございます。
部活漬けの苦労の多い4年間だったと思いますが、ここでの経験は必ず社会に出てからの糧になると思います。

部活以外の面で部員たちへ多くの貴重な体験やご指導をしてくださった先生方、部の活動に理解しご支援し続けてくださった保護者の皆様にも、心より感謝申し上げます。