その他 Feed

2020年6月30日 (火)

2017年アーカイブ作品「Timber」

ダンス部通信をご覧になってくださっている皆様、ありがとうございます!

強化ダンス部が活動再開をし始めてから、1か月が経とうとしています。
はじめは週に1,2回程度の練習しかできない状況でしたが、最近になりようやく、他の強化部同様に頻度を増やして活動できるようになってきました。

日中はメディア授業(動画視聴のオンデマンドか、zoomやteamsの同時双方向型)を受け、学年によっては課題をこなすのに必死な学生達。
その合間を縫って活動時間を調整しています。


部活では、基礎的な身体づくりに取り組んでいます!
小さなことの積み重ねがすべて踊りに表れるので、こうした時期のトレーニングを大事にしていきたいと思います。


さて、今日は少し遡って2017年の作品を限定公開でご覧ください。
この3月に卒業した部員たちが当時2年生で映っています。

創作ダンスにおける表現的なダンスをコンクールでは一番の目標にしていますが、このような明るく粋のいいダンスも勿論踊ります!!
(むしろ学園祭などではこういった作品がメインですね)


「Timber」

作:森山愛弓
(2019年健康スポーツ学科卒業)
出演:ダンス部全員

https://youtu.be/sU-I7zCNMLo

この映像は、ダンス部公演で上演された様子です。

2020年6月22日 (月)

Artistic Movement in TOYAMA2018受賞作品「訝しげ」のアーカイブ

みなさんこんにちはpaper

本日は、また限定公開にて、動画のご案内です。

2018年に新潟医療福祉大学ダンス部では、初めて「Artistic Movement in TOYAMA」という少人数専門のコンクールにて受賞チームを輩出しました。

審査員賞に輝いた、『訝しげ』(作・茂木孝介 出演・菊池綾、中林みなみ、箱岩輝、斎藤汐音、茂木孝介)です。


毎年大学生たちがつくる作品は、そこに集うメンバーの良い所を引き出しながら適材適所でダンス作品を創作していくため、残念ながら1年越し以上で再演することは叶いません。

ですが、このようにアーカイブとしてまた時間を超えて複数の方々(ブログを見て下さっている方々)に見ていただくことで作品が息を吹き返し、また観者の心に刺さるものがあれば、嬉しく思います。


Artistic Movement in TOYAMA 2018 審査員賞 受賞作品
座・高円寺ダンスアワード受賞作品

『訝しげ』
作・茂木孝介(健康スポーツ学科2年)
出演:
菊池綾(看護学科2年)
中林みなみ(健康スポーツ学科2年)
箱岩輝(健康スポーツ学科1年)
斎藤汐音(健康スポーツ学科1年)
茂木孝介(健康スポーツ学科2年)
※全て当時の学年


↓こちらをクリックすると視聴できます
https://youtu.be/o-YbqhIxWUQ

Photo



2020年6月17日 (水)

応援ソング「ココロノナカ」新潟医療福祉大学ダンス部ver.

みなさんこんにちはhappy01

本日は、ダンス部全員で踊り繋いだダンス動画についてご紹介します。
使わせていただいた曲は、RADWINPS野田洋次郎さんの「ココロノナカ」。

6月頭に各種サブスクリプションサービスにおいて配信開始になり、話題になった応援ソングです。
新型コロナウイルスによって出口の見えない未来に、多くの人が不安を抱え続けている。
そのような世の中、多くの皆様に向けての応援ソングです。

この曲自体がとても素敵なものなのですが、私たちのダンスを重ねてさらに、元気に笑顔になって下されば嬉しいです^^


「ココロノナカ」新潟医療福祉大学ダンス部ver.

0618.mp4をダウンロード



この動画に出演している部員たち自身も、不安な不透明な思いを抱えていた人物の一人です。
この動画づくりを通じて何か「繋がる」ものを感じられたのであれば嬉しいです。
※この動画作成の提案・編集は、小柳碧唯(健康スポーツ学科2年)によるものです


ここで踊る学生たちの思いを感じ取りながら、今後ともどうぞダンス部部員への応援をよろしくお願いいたします。





2020年6月15日 (月)

2018創作作品のアーカイブ「聲」

みなさんこんにちはhappy01
このダンス部通信をご覧下さり、ありがとうございます。

ダンス部では、少しずつ参加人数を増やしながら、学内ダンススタジオでの自主練を主体とした少人数でのグループ練習を続けています!!

練習の風景を写真に収めることはできませんでしたが、部員たちは誰一人として体調を崩すことなく、元気に活動しております!

今日は前回に引き続き、過去の作品のアーカイブを皆さまにご覧になっていただきたいと思います。
コンクール作品とはまた違った味わいの癒しの作品です。

限定公開で、このブログを覗いて下さった方、どうぞご覧ください。


『聲』
作・佐藤美優(2018年度健康スポーツ学科卒業)
出演・新潟医療福祉大学ダンス部(2018年在籍部員)

14__1_200618_0185
↓こちらをクリック
https://youtu.be/eY2X7h5fHuU

2020年5月30日 (土)

2019神戸受賞作品のアーカイブ

みなさんこんにちは!
新潟医療福祉大学ダンス部通信をご覧下さりありがとうございますhappy01

今日は、2019年度の全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)において特別賞を受賞した作品「塞がれたもの―石田徹也『兵士』よりー」を限定公開しているリンク先をご紹介します。

本来ならば部員の活動する踊る姿をご紹介したいところなのですが、やむを得ずそれが叶わない状況にあります。

そのため、このダンス部通信を覗きに来てくださった方々にはぜひ、本学ダンス部の作品を、部員たちの必死に踊る姿を、今一度目にしていただきたいと思っています。


第32回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)
特別賞(主題に相応しい斬新な動きの発見に対して)受賞作品

_200422_0336

「塞がれたもの―石田徹也『兵士』よりー」
出演:新潟医療福祉大学ダンス部

https://youtu.be/cVpM32_4le4


今後とも、新潟医療福祉大学ダンス部への温かい応援をよろしくお願いいたします。

2020年3月15日 (日)

4年生の卒業!!

2020年3月、7名のダンス部部員が羽ばたいていきました。


中学や高校ダンス部時代からバリバリと創作ダンスに打ち込んできた学生、

他種目競技から創作ダンスの世界へ、意を決して飛び込んできた学生、

まったくの初心者からダンスを始めた度胸ある学生、

本学でダンスをするために、他ではなくここを選んで入学してきてくれた学生…


個性あふれる7名でした。
互いの仲間を認め、労わり合える、そんな明るい学年でした。

学業との両立に苦労したと思いますが、実習や課題の怒涛の日々を乗り越えて、全員、選手として4年間を立派に走り抜きました。


4月からはどんな生活が待っていることでしょうか。
全く先の見えない情勢となっていますが、4年間、ダンス部で学び、耐え抜いた苦労を糧に、
力強く前進してもらいたいと思います。

またダンス部へいつでも顔を出してください!!

お待ちしています^^

4_200327_0002


【卒業生 最前列左より】

山田春香(健康スポーツ学科卒業)
矢尻真理恵(健康スポーツ学科卒業)
渡邊杏菜(臨床技術学科卒業)
風間ひかる(健康スポーツ学科卒業)
石川日菜(臨床技術学科卒業)
渡辺ゆき(言語聴覚学科卒業)
武田慎吾(健康スポーツ学科卒業)


 

 

 

 



2019年8月27日 (火)

山本学長先生へ表敬訪問

8月の全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)において受賞したことを踏まえて、大学長である山本学長のもとへ、3年生(神戸作品のリーダー的存在)が表敬訪問致しました。

Photo
緊張している学生たちに対して、にこやかに迎えてくださった山本学長先生。
学生たちの努力を称えたねぎらいのお言葉をいただきました。

Photo_2
本大会と受賞内容の説明をし、評価された点、特別賞の在り方についてお伝えしました

Photo_3
もう一名を含め7名という過去最多の主学年メンバーで臨んだ神戸大会。

(左より)
加藤愛理(健康スポーツ学科3年)
阿部栞(健康スポーツ学科3年)
中林みなみ(健康スポーツ学科3年)
山本正治学長先生
板垣莉子(健康スポーツ学科3年)
菊池綾(看護学科3年)
茂木孝介(健康スポーツ学科3年)
若井由梨(ダンス部監督)

※斎藤梨華(健康スポーツ学科3年)も主学年の一人として活躍しました!
表敬訪問当日は残念ながらゼミ合宿により、参加ができませんでした。



努力が実りとなって成果として表れ、本当に嬉しい限りです。
部員の皆さん、おめでとうございました。

支えてくださった皆様、改めまして心より感謝申し上げます。

今後ともダンス部への応援を、よろしくお願い致します。




2019年6月28日 (金)

スペシャルダンスワークショップ【Atachitachi】

今日は、大学&高校生による「スペシャルダンスワークショップ」の様子についてご報告。

ワークショップの講師は、ダンスカンパニー山田うん.co のメンバーである、二人組ユニットAtachitachi(読み方:アタチタチ)の西山友貴さんと飯森沙百合さんのお二方です!

S__154271760

S__154271761 (写真は講師の西山さんより拝借)

西山さん(写真右)は、昨年度の第6回新潟医療福祉大学ダンス部公演のゲストとしてもご出演して下さったダンサーです!


当ワークショップでは、日頃一緒にご活動されている飯森さんを連れて、「二人組から生まれる動き、表現」について、コンタクトワークを活用しながら2時間たっぷりと、展開して下さいました。


そして今回は、卒業生が本学ダンス部にいる繋がりで、県内高校生の新潟中央高校、新潟清心高校、新潟商業高校さん等が、本学ダンス部の学生と一緒に参加しました。

このダンススタジオへ高校生を招いてワークショップを開催することは初めてです。
やはり遠方からの参加者は交通手段に困っているようでしたが…どうにか初開催することができました。

S__6856744

S__148037731
ワークショップでは、フロアを使って足の色々な部位を感じながら移動したり、人と触れ合いながら効果的な体重の乗せ方について体験したり。

後半になるほど、二人組によるコンタクトワークがメインになりました。
シンプルなワークから徐々にムーブメントにしていき、最後には応用して即興表現にまで広がりを持たせてご指導くださいました。

そして参加者からのリクエストにお応えして最後には踊って下さったアタチタチのお二方。
講師お二方による即興にみんなうっとりでした。



ありがとうございました!!






2019年3月17日 (日)

4年生の卒業!!

ダンス部4年生が、今年もついに旅立ちました。

3月13日、新潟医療福祉大学では卒業式が行われました。
卒業式後に行われる「後輩によるパフォーマンス」。

各部ごとに様々な催しが行われますが、ダンス部では今年は「祝いの舞」を踊りましたshine

_190318_0168

_190318_0162
感動しているかと思いきや…
4年生の先輩たちからは、パフォーマンスに対して愛のあるご指導(ガヤ)が入ります!笑

_190318_0164
若干通路の邪魔になっていましたが、後輩たちから、先輩たちへの心のこもった誠意は伝わったと思います。

_190318_0165
卒業したのは、上記のメンバーたち。
(左から)
健康スポーツ学科 長谷川紗花
健康スポーツ学科 大村桃加
健康スポーツ学科 佐藤美優
(監督 若井由梨)
健康スポーツ学科 森山愛弓
健康スポーツ学科 服部彩華
看護学科 鈴木佳奈

_190318_0194
ダンス部全体写真

_190318_0202
最後の最後まで部員たちは、個々に先輩との撮影を楽しんでました。
ちなみにこの二人は、富山でのデュエットを踊った「プチボヌール」の二人です。

_190318_0170
夜の謝恩会では、元部長であった森山愛弓から監督へ花が渡されました。


4年生の皆さん、本当に卒業おめでとうございます。
部活漬けの苦労の多い4年間だったと思いますが、ここでの経験は必ず社会に出てからの糧になると思います。

部活以外の面で部員たちへ多くの貴重な体験やご指導をしてくださった先生方、部の活動に理解しご支援し続けてくださった保護者の皆様にも、心より感謝申し上げます。