イベント・地域貢献 Feed

2020年1月20日 (月)

ちびっこハッピー☆ダンス教室〈後半期・リズムコース〉開催中!

11月より開始している、「ちびっこハッピー☆ダンス教室」。

11月~12月までの前半期は【バレエコース】を行っておりましたが、
1月~3月までの後半期は【リズムコース】を実施しています!

リズムコースでメイン指導を行っているのは、箱岩輝(健康スポーツ学科2年)。

21_200220_0003

21_200220_0008
彼は高校時代から五泉高校にて、唯一の男子部員としてダンスをこよなく愛してきました!
マイケルジャクソンに憧れ、キレのあるHIPHOPを得意としています。

子供とも接し方もとても上手で、笑顔と大きな声で教室を盛り上げています。
箱岩君が振付し、彼を中心としたダンス部部員によって指導された子どもたちの作品は、3月のダンス部公演にて上演されます(昼の部)。

21_200220_0002

21_200220_0005

21_200220_0006

21_200220_0010

21_200220_0011

21_200220_0004

21_200220_0013

21_200220_0009

21_200220_0015

21_200220_0016

21_200220_0017

21_200220_0023
いつもは自分自身が踊る事に集中している学生たち。
このように「子どもたちのために」ダンスを指導するという経験は、このダンス教室を通して体験することができます。

飽きさせることなくダンスの楽しさを感じさせるにはどうしたら良いのか。
わかりやすく動きを伝えるにはどうしたら良いのか。

そんなことを、こうした指導実践の場で学んで成長してもらえたらいいなと思います!!





2019年12月 2日 (月)

国民文化祭閉会式へ出演

11月30日(土)に、第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会の閉会式が新潟県民会館にて行われ、本学ダンス部も「若者によるステージ『文化ふっとつ新潟!』オープニング」プログラムへ出演しました。

_191201_0044

出演の際には、新潟清心女子中学・高等学校ダンス部と新潟青陵大学・短期大学ダンス部と共に合同作品を披露。

各校の既成作品より「佐渡おけさ」「長岡花火の白菊」「朱鷺」をモチーフにした踊りを再構成して組み合わせ、合作を発表しました。

上演の前にはスライドを使って各出演校の紹介もしていただきました。

061

140

141

142
本学の医療福祉が出品した作品は、2年前の神戸作品で披露した「白菊」。
新潟県地元の長岡花火の1つである「白菊」より着想を得てつくられたものでした。

本来のオリジナル作品は6分かつ大人数で創作されたものだったため、たった2分半へ短縮させるにはかなり無理があり…苦戦した再創作期間でした…!

156

160

162

168

171
作品の最後には3校が合流して、清心高校さんの朱鷺作品をともに踊りました。

190

192
令和元年という貴重な記念の年に新潟開催と出演機会に恵まれ、学生たちも素晴らしい体験をさせていただきました。

閉会式は満員に近い観客の中、大きな拍手とエネルギーに包まれ、華やかにグランドフィナーレを迎えることができました。
お声がけいただきました関係者の皆様には心より感謝申し上げます。

444

497

_191201_0046


空き時間の練習の様子。

_191201_0042_2

_191201_0043

最後に、出演した部員からのコメントです

◆板垣莉子(健康スポーツ学科3年、ダンス部部長)

「今回、新潟開幕の国民文化祭で県内の高校、大学三校の合同作品を披露させていただきました。数回の合同練習で作品を完成させて舞台に立つ事に期待と不安の気持ちを抱いていましたが、各校のカラーが際立つ作品となり大成功に終える事ができて良かったです。このような素晴らしい舞台で踊らせていただけた事への感謝の気持ちを忘れず、学んだ事を今後の活動にも活かしていけるよう部員一同練習に励んでいきたいです。」


今後ともダンス部への温かい応援をよろしくお願いいたします。

2018年4月16日 (月)

桃迎会パフォーマンスに出演しました

今日は、「桃迎会」に出演したダンス部パフォーマンスについてご紹介します。

この「桃迎会」とは、毎年本学の学友会が開催している、新入生のための部活・サークル紹介の会です。
私たちのパフォーマンスを見て少しでもダンス部に興味を抱いてくれる学生がいれば嬉しいです!

_52

_56
発表場所は体育館。
多くの一年生が見に来ていました。ダンス部に入部している一年生たちは、早速出演側として活躍していました。
他にも和太鼓部や、バスケットボールサークル等、様々な団体がブースを出したりビラを配ったりして勧誘していました。

_5

_6

_15

_13
ダンス部ではチア、創作ダンス、リズムダンスなど様々なジャンルを取り入れながら3作品披露。現在は26名近い部員が集まっていますが、人数も多くなってきたため、ステージの下も使って二段構成で披露しました。

_17
作品の合間には、新一年生によるMCもありました。
物おじせず、堂々と話す姿は一年生徒は思えないほど!頼もしい一年生です!

_20

_22

_31

_37
二作品目は富山コンクールで上演された「puz・zle」です。
作者は3年生の矢尻さん。観客の一年生たちは緊張感や迫力ある作品の世界観に圧倒されていました。

_45

_49

_50
こうして新年度初めてのイベント出演を終えました。
新入生を含めた新体制のダンス部は、今年どんなカラーになっていくでしょう。
とても楽しみです。

次は中庭パフォーマンスです。
学内の教職員の皆様へダンスをお届けして、学内中を盛り上げていきましょう!!








2016年1月 5日 (火)

東アジア文化都市・青島市クロージングイベントに出演!!

ダンス部のブログへようこそ!

去る2015年12月29日~31日、新潟市の依頼によりダンス部8名が「東アジア文化都市クロージングイベント@青島市」に出演をしてまいりました!
同行した方々は「行政団」として新潟市の篠田市長、新潟市議会議長の高橋様、文化スポーツ部長や事務局担当の方々。「芸能団」として、新潟医療福祉大学ダンス部と、「音魂」さんの皆さんでした。

Dsc09985

Dsc09983

この「東アジア文化都市」というのは、日中韓の文化的な交流を目的とした事業で、国家プロジェクトとして1年間それぞれの都市において様々なイベントが行われてきました。
今年度、中国からは青島市が、韓国からは清州市が、そして日本からは新潟市が選ばれ(昨年度は横浜)、私たちはその新潟市の代表として青島の青島大劇院オペラホールへ出向き、出演して参りました。

Dsc09792

Dsc09784

Dsc09785
出演したのは、五十田陽子(健スポ3年)、渡邊隆晴(健スポ4年)、近藤来実(健スポ2年)、萩原舞子(健スポ2年)、岡彩香(健スポ2年)、服部彩華(健スポ1年)、長谷川紗花(健スポ1年)、佐藤美優(健スポ1年)です。

Dsc09888

2015__4492
青島は青い海、赤い屋根、多くの緑、が特徴的な町ということですが…ダンス部が訪問した時はPMの影響もあり霞がかった空気で、残念ながら晴れ間を見ることはできませんでした。

Dsc09905
オペラホールはとても豪華で美しい会場でした。

Dsc09904

Dsc09915

Dsc09912

Dsc09931

Dsc09946

Dsc09956
照明もLEDが激しく飛び交うような最新の機器を揃えたホールで、贅沢な演出を沢山していただきました。中国の舞台監督の方はとても独自のこだわりの強い方でしたが、新潟市の事務局や通訳さんが一生懸命交渉して下さり、本番ではとても納得のいく発表を行うことが出来ました。

Dsc09992
新潟市の推薦演目として新潟医療福祉大学ダンス部と共に発表した和楽器集団「音魂」さん。普段は万代太鼓や三味線など、個別に活動もされている、とても有名な方々です!!

Dsc09993

Dsc09997

Dsc09970

Dsc09968

Dsc09973

2015__7543
韓国や中国の芸能団からは、民族舞踊や雑技団など、各国の特色を濃く彩るような様々な芸が披露されていました。
部員たちは舞台袖やフィナーレの場で他国の芸能団の方から話しかけられたり、衣装の帽子を借りてコミュニケーションを取ったりして、国際的な海外発表ならではのとても貴重な体験をしていましたhappy01
そして、私たち新潟医療福祉大学ダンス部も、しっかりと日本のダンス文化を発信する役目を果たせたのではないかと思います!!

最後に、この青島市クロージングに参加した部員よりコメントです。
●五十田陽子(健スポ3年)
「海外の舞台で踊れたという大きな経験、そして日本のダンスを中国に発信できたということが自分の人生の中でかけがえのない財産となりました。今回の遠征で、海外に行くことや、何か新しいことに挑戦しようとする時、時間やお金がないという理由で飛び込まないのはもったいないことだと改めて思いました。
今できることやチャンスは今しかないのでそのような大きなチャンスを見逃さす、何事も恐れずに挑戦する、飛び込むという姿勢を大事にしていきたいと思いました。」

●渡邊隆晴(健スポ4年)
「異文化に触れられた貴重な機会でした。と同時に、日本の良さを改めて感じることができたように思います。関係者の方々、本当にありがとうございました」

●服部彩華(健スポ1年)
「中国の華やかできらびやかなステージで、ダンスを披露することができとても貴重な経験になりました。短期間で作品を仕上げるのは大変でしたが、自分の強みを知ることができました。異文化に触れ、交流することで新たな出会いもあり楽しい海外遠征した」

最後になりましたが、この出演に際してお声がけいただいた新潟市文化政策課の方々、そして急な準備の中、理解を示して協力をしてくださった保護者の皆様、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。


この様子は、新潟市東アジア文化都市のサイト(facebook)にも掲載されています。どうぞご覧ください!!
https://www.facebook.com/culturecityniigata/