授業風景 Feed

2021年8月13日 (金)

児童厚生一級指導員の養成課程の紹介~児童館の機能と運営~

こんにちはpaper

社会福祉学科広報担当ですshine

今回はダブルライセンス取得をめざす社会福祉学科の中でも、児童福祉を深く理解し実践する資格「児童厚生一級指導員」の養成課程の紹介です。

こちらのブログでも、コロナ禍における児童館実習IIの実施など、だひだひ授業や実習の様子を紹介してきました。

 

 

児童厚生一級指導員養成課程を開講してから、4年が経ちます。

その間、継続して取り入れている授業の手法として「ゲストスピーカーによる講義」があります。特に、2年生前期で履修する「児童館の機能と運営」の授業では、児童館等の現場で活躍されている館長をお呼びして講義を行っています。

 

2年生の夏期に初めて児童館実習Iに踏み出す学生たちにとっては、児童厚生員の具体的な業務イメージが大切なところ。

 

Img_0177

岩室地域児童館の館長からは「子どもの主体性をひき出す関わりとは」というテーマで、講義と演習を行っていただきました。

Img_0172

児童一人ひとりの背景に目と心を傾け、子どものやりたいという気持ち受け止める。大人の視点で判断を押し付けない、などのことを確認しました。

また、演習形式の授業では「このような状況の時どう対応するか」を考え、学生同士で共有しました。

Img_0173

Img_0179_1


 

また、燕市小中川児童館館長からは、

多様性を尊重した児童館活動の実例を多く紹介いただきました。

Img_0197

Img_0198

外国から来たお母さんを交えた「異文化クッキング」や「ミニ避難所体験」を通した多言語のポスター作成が挙げられていました。

Img_0195

そして、この資格の認定元である「児童健全育成推進財団」に関連するお立場の方からも、全国的な児童館の実情を理解できるような授業をオンラインで実施しました。

2021年7月24日 (土)

実習前指導においてゲストスピーカーによる授業を実施

こんにちはpaper

社会福祉学科の広報担当ですshine

社会福祉士国家資格の取得を目指すうえで重要な位置づけとなるのが「実習」。

 

それぞれの大学などによって科目名は異なりますが、実はすべて同じ国の基準に則って行われています。

 

さて、新潟医療福祉大学社会福祉学科では「全員が」社会福祉士国家資格の受験資格を得るため、実習を含めた全てのカリキュラムを履修します。

 

皆さんはいきなり

「明日から○○施設に行き、実習を頑張ってきてください」

と言われたらどうしますか??

 

「いやいや待ってください。どんな施設かもわからないし、そもそも何をしたらいいんですか」

と、戸惑ってしまいますよね。

 

そこで、実習にあたっては、開始前の「事前指導」と学んだことをまとめる作業「事後指導」が設定されています。

 

事前指導では、配属施設・機関の法律上の位置づけ、実際に行われている業務、利用者の理解、働いている職員の役割など多岐にわたる内容を事前学習して臨みます。

 これはどの大学でも行っている基本事項です。

 

本学社会福祉学科では、事前学習の授業で「ゲストスピーカー」をお招きして講義をいただいています。

Img_0156

ゲストスピーカーとは、実際に実習配属先で働いている職員=ソーシャルワーカーの方々を指します。

Img_0158

Img_0162

写真にもあるように、教科書に載っていない「今現在、福祉現場の実情」を共有するとともに、実習生として(準職員として)の心構えを確認する機会になっています。

 

Img_0157

受講した学生は、皆一様に目を輝かせて現場のワーカーの講義に臨んでいました。

実際の実習については、8月~9月に100か所近い新潟県内の実習先に配属され、

約1か月の配属実習を行います。

 

 

Img_0160

2020年11月 9日 (月)

「新潟水俣病に関する事前学習プログラム」を開催しました

みなさん、こんにちはhappy01paper

社会福祉学科では、新潟県からの委託を受け、

これまで新潟水俣病関連情報発信事業を継続的に行ってきています。

新型コロナウイルス感染症の状況下にありますが、

今年度も「新潟水俣病と共に生きる社会づくり推進事業」を実施します。

その事業の一環として「新潟水俣病に関する事前学習プログラム」を10月29日(木)

に開催しました。

このプログラムは、学生が新潟水俣病問題を正しく理解し、関心を深めることを

目的として開催するもので、今後の活動の事前学習として位置づけています。

当日は、新潟県立環境と人間のふれあい館の中澤篤夫館長をお迎えし、

新潟水俣病に関する基本的知識、新潟水俣病と地域社会との関係、新潟水俣病を

めぐる今後の課題等についてお話をしていただきました。

Img_0119

Img_0118

2016年7月14日 (木)

授業での一こまー災害時におけるソーシャルワーカーの役割

本日、7月14日介護概論の授業は、災害時におけるソーシャルワーカーの役割について学びました。

自然災害が多発している現在、一人の人間として災害時に備えることは大切ですが、それとともに、社会福祉を学ぶものにとっては、支援が必要な人の状況を把握して、サポート体制をつくっていくことを学ぶことも必要なことです。

今回の授業では、支援が必要な人をイメージしながら、疑似避難所体験を行いました。避難所というところに避難したとき、どのような状況になるのかを、疑似体験することで学びます。

授業開始時にくじ引きをして役割を当てていきます。

Img_03361

実際に体験することは、

下に敷いたビニールシートを清潔にすること

そこに座って災害食や乾パンを食べること

使い捨て手袋の付け外しの方法を、手順に沿って行うこと

速乾性の手指消毒液で手を洗う方法

紙皿を清潔に使用するためのラップの効果

でした。

授業の始めに引いたくじには、いろいろな役割が書かれています。

例えば、親とはぐれた子供の役割になった人は、どのような気持ち、状況になるんだろうか、ミルクがありませんと言われた赤ちゃんの親の役割になった人は、どのような気持ちになるのだろうか。避難所体験から考えていきます。

Img_03651_2

Img_03561

Img_03641

皆、楽しそうに乾パンや災害食を食べています。
くじで当てた役割を憶えているかなあ。(´・ω・`)

この後、その課題に取り組みます。(*^▽^*)

7月16日のオープンキャンパスでは、この避難所体験を実施します。

授業で行っていたことと同じことを体験していただいて

災害時におけるソーシャルワーカーの役割について

体験して学んでいただきたいのです。お待ちしています。(^_^)/~

社会福祉学科 詳細リンク