ボランティア活動 Feed

2015年10月20日 (火)

赤い羽根共同募金ボランティア@新潟県庁

 10月1日から、赤い羽根共同募金が始まりました。

 募金が始まったこの日、社会福祉学科の学生38名が新潟県庁を訪れ、

県庁や新潟県警察本部、新潟県自治会館にて募金活動のボランティアを行いました。

  当日は、新潟県福祉保健部の山田副部長から、お忙しい中お時間を頂戴し、

激励のお言葉をいただきました。

その後、募金を取りまとめる新潟県社会福祉協議会の職員さんから説明を受けました。

Photo

(新潟県社会福祉協議会職員から説明を受ける学生たち。緊張が高まります。)

 

 説明が終わり、いよいよ募金活動開始です!

県庁や県警本部に足を踏み入れたことがない学生たちは、かなり緊張していました。

学生たちは数グループに分かれ、新潟県社会福祉協議会の職員さんとともに、

新潟県庁や県警察本部のさまざまな部署を訪れて、募金をお願いしました。

Photo_3 (グループに分かれて活動開始!)

 

Photo_4
(副知事室にて)

 

Photo_5
(副知事室にて)  

  

Photo_6

(県庁内執務室にて)

 

Photo_7

(県警本部にて)

 

 最初は緊張していた学生たちですが、

職員のみなさんが積極的に募金に応じてくださったり、

優しく言葉をかけてくださったりしたことで緊張がほぐれて、

積極的に募金活動を行っていました。

 

 募金活動を終えた学生からは

「県職員の方はとても積極的に募金をしてくださったし、対応もあたたかくてありがたかった」

「少しでも人の役に立とうとする県職員の方の気持ちを感じた」

という感想が多く寄せられました。また、

「めったに入ることができない場所に入るという貴重な体験ができた」

「観光PRなど、いろいろな仕事をしている課があることを知った」

という感想も多く、さまざまな職場を知り、さまざまな大人と接することで、

学生の見聞も大いに広まりました。

 同時に、今回の募金活動を通じて、

ほとんどの学生が、募金の使い道や使い道を誰が決定するのか、

といったことに関心を持ったようです。

赤い羽根共同募金は、くらしを支える大切な活動です。

社会福祉を志す学生たちが、身の回りで行われている活動に関心をもち、

活動の意味を知ろうとする姿を見て、大いに期待をふくらませた一日でした。

Photo_8
※今回の内容は、学生引率をご担当の春木先生からご寄稿いただきました

2014年1月10日 (金)

新年のごあいさつ

遅ればせながら、新年おめでとうございます。

今年も、新潟医療福祉大学社会福祉学科のブログをよろしくお願いします。

 

当学科では、1月25日(精神保健福祉士専門科目)、26日(社会福祉士専門科目、共通科目)の国家試験を控えて、今、追い込みに入っています。

4年生の目の色が変わり、改めてよく見ると、みんな引き締まった「いい顔」になったような・・・

入学したころは高校生っぽさが抜けず、あどけない表情だったのに、4年間で彼らもずいぶん成長したなあと感じます。

 

皆さんもぜひ当学科に入学して、社会福祉を学び、国家資格を取得して人生を変えてみませんか?

きっと先輩たちのように、4年間で大きく成長して、「いい顔」になることでしょう。

そのうえ社会に貢献できるのですから、こんなに良いことはありませんね。

 

一般入試(前期日程)、センター試験利用入試(前期)の出願が始まりました。

社会福祉をこころざす皆さんの出願を、心からお待ちしています。

 

4月から、一緒に勉強しましょう! 

社会福祉学科長 伊東 正裕

 

●一般入試概要ページ

http://www.nuhw.ac.jp/applicant/admissions/schedule/ippan.html

●センター試験利用入試概要ページ

http://www.nuhw.ac.jp/applicant/admissions/schedule/center.html

2009年12月25日 (金)

北区であい・ふれあい・まなびあい2009

11月23日(祝)に豊栄地区公民館まつり
「であい・ふれあい・まなびあい2009」が開催されましたhappy01

こちらで当日の様子が紹介されています。

社会福祉学科を含む本学の学生が13名、参加しましたscissors

参加した学生は、バルンアートや牛乳パック紙飛行機の体験コーナーで、公民館まつりを盛りあげましたupup

20091123_1

20091123_2

また、体験コーナーの他にも、司会進行や全体的なボランティア作業でも大活躍sign03
豊栄(とよさか)は、本学にとっていわば地元。地域の皆さんのお役に立てて、何よりですwink

豊栄地区公民館長さま、素敵な報告と写真をお寄せいただき、ありがとうございましたsign03

2009年12月 4日 (金)

ガムシャラな風

今年の新潟は・・・

大河ドラマ「天地人」tvや夏の甲子園での日本文理高校の大活躍baseballなど・・・大賑わいup

そんな中、ひときわ盛り上がったのが『トキめき新潟大会(第9回全国障害者スポーツ大会)』ですsign03

10月10日~12日に開催された大会当日のみならず、その前後も含め、本学科からも多くの学生さんが新潟県・新潟市選手団のコーチやボランティアなどで大活躍をしましたscissors

Photo_11

ってことで・・・社会福祉学科学生のボランティア参加者の声をどうぞkaraoke

clip新潟県ボーリング(川島裕紀)
「トキめき新潟大会に参加させていただき、選手の皆さんの一つ一つのプレーにたくさんの感動をもらいました。大変なこともありましたが、この大会に参加することができて本当に良かったです。」
Photo_14 

clip新潟県卓球(丸田かおり)
「選手と一緒に過ごした5日間は、毎日楽しくてあっという間でした。試合で選手の皆さんが頑張っている姿を間近でみることができ、たくさんの勇気と元気をもらいました。皆で笑顔になれた5日間を一生忘れません。」

clip新潟県卓球(平林和)
国体では選手と行動を共にすることが多く、「えっ?」と思う言動をする場面もありました。しかし、そんな選手も試合になると集中し、周りの選手も一生懸命応援していました。国体はスポーツを通じて、みんなが一体になる貴重な場だと思いました。」
Photo_13


clip新潟市フライングディスク(梅田奈津希)
「私の役割は知的障害者の方のメンタルケアでした。初めて大会に出場する方も多く、そのような方々の不安な思いを受けとめ、落ち着いて試合に臨めるようサポートしました。がむしゃらに頑張った5日間ですが、とても貴重な経験であり、その先の自信に繋がったと感じます。』
Photo_15


ちなみに・・・ブログ担当Mも、トキめき新潟国体の某競技のお手伝いをしました。(業務に支障のない範囲でsweat01)。その折に配給されたスタッフジャンパーがあまりにモノがしっかりしているので、冬場snowの学内移動の時に活用させていただきます。

2009年11月19日 (木)

温かい心(warm heart)

ボランティア活動の話題が続いていますが。

今回は、先輩(学生)が中心のボランティア説明会の紹介です。

200911161

11月16日(月)のお昼休みの時間帯に開催された説明会は、「ふれんど・ぴあ」での活動について。
内容は、放課後支援やクリスマス会などなどです。

200911162

さぁ~て、どの活動に参加しようかな。

200911163

みて、さわって、のってみる

社会福祉は、人と社会を相手にしていますので、学ぶ場は大学内に限りません。
“地域活動”“ボランティア活動”も大切な活動の場です。

ということで、社会福祉学科の学生は、さまざまな場で活躍していますhappy01

今日はそんな学外での活動をご紹介heart01

11月14日(土)~15日(日)、新潟市産業振興センターで
「第6回新潟福祉機器展」が開催されました。

20091115_6

新潟福祉機器展とは・・・
障がいをもつ児童・生徒の保護者とそれをサポートする人々が2004年に始めました。
都市部では定期的にこうした福祉機器展が開催されていますが、新潟では遠方で参加できない方が大勢いますdespair
そういった方々にとって、この新潟福祉機器展は、実際に「みてeye」「さわってpaper」「のってみるwheelchairことで様々な福祉用具を体験できる場になっています。

毎年、秋に開催され今年で第6回目となりましたnotes

本学からも、本学のボランティアサークルのひとつ“学生Kids”の皆さんや、実行委員会に参加していている教員の担当ゼミの学生などが、当日ボランティアとして参加しましたscissors
ちなみに“学生Kids”の皆さんは、毎年恒例の行事になっています。

このような活動への参加は、社会福祉の知識を深めることにとどまりませんup

大学で普段接しない人達と、一緒に仕事をすることを通して、ざっくばらんに話をすることができます。実際、実行委員の作業療法士(OT)や福祉機器の業者の方、あるいはまた出展業者さん等々にあれこれ質問されたり、質問したりしていた様子があちこちで見られましたshine

もちろん、ボランティアとして受付業務や会場設営などなど・・・お仕事もきっちりですgood

ある学生は「成長した!」と実行委員からお褒めの言葉をいただきましたhappy02shine

20091115_7

社会福祉学科の先輩達はこうしたサークル等を通じて、様々なボランティア活動をしています。また、地域で多様なネットワークをもっている教員も多くいます。

関心があればチャンスはたくさんありますので、大学内外で楽しい学生生活を送ることができますよsign03

2009年11月 9日 (月)

「アビリンピックにいがた2009」にボランティアで参加しました!

社会福祉学科の13人の学生が
 「アビリンピックにいがた2009」
にボランティアとして参加しましたheart01

既に大学HPのトピックスニュースでも紹介していますがpc

アビリンピックとは・・・
 障害者の職業能力の開発を促進することを目的として開催される、
 障害者の職業訓練の成果を競う競技会で、当日はパソコン操作や
 喫茶サービス、縫製、清掃、絵画など7種類の競技が行われます。


で、学生たちは、競技会場の案内や誘導を行ったり、知的障害者の“喫茶サービス競技”では「お客様」役として台詞を猛練習して参加するなど、実際の仕事の現場の再現に一役買っていましたscissors

>>Topics&News記事を見る


S

S_2

参加した学生の感想を紹介しますgood

clip知的障がいをお持ちの方が一生懸命喫茶サービスの競技をがんばっておられました。
私たちはお客様役として緊張感を少なくするように応援しながら参加しました。

S_3

S_4

clip私たちは目が見えるのでつい細かい部分を言い忘れてしまい、視覚障がい者の方の気持ちを忘れてしまいがちです。・・・「見たらわかる」という考えをどこか捨て切れていないように思います。

S_5

S_6

clipこれからも色々なボランティアに参加して、少しでも人の気持ちを理解できるようになれたらなっheart01と思いますhappy01

S_7

S_8

大学で学んだことを学生生活で生かすことができる、
社会福祉学科でのキャンパスライフにみなさんもぜひ!

大学HP「TOPICS&NEWS」でも活動の様子が掲載されています。
>>Topics&News記事を見る

pencilS先生

社会福祉学科 詳細リンク