2019年10月 8日 (火)

10/6(日)のオープンキャンパスにおいでいただきありがとうございました!

こんにちは。

STkouhouです。

 

10/6(日)は、本学のオープンキャンパスの日でした!

今回の学科別のプログラムでは、

何度かオープンキャンパスにいらしている方がいらっしゃることから、

学科説明会と同時にミニ講義も開催し、お好きな方に参加できるようにしました!

 

20191006_140604

 

ミニ講義は、『子どものきこえとことばの臨床』のタイトルで、

講師は本学の富澤 晃文准教授でした。

子どもの聴覚障害と言語聴覚士の関わりについて、実際の臨床場面の動画も交えて、

わかりやすく解説されました。

富澤先生の紹介はこちら

20191006_143803 

その後はフリープログラムです!

来場者の方にはスタンプラリー形式でまわっていただきました。

 

20191006_151921

 

20191006_153540

 

他の学科を見学したあとに来てくださる方もいらっしゃり、

プログラムの時間いっぱいまで見学者が絶えませんでした!

 

20191006_164941

 

20191006_161422 

今回は1年生の女子と、2年生の男子がスタッフとして参加しました!

彼らは学年が若いので、まだ十分習っていない分野も多いのですが、

事前に学習して見学者に説明できるよう頑張っていました!!

20191006_173101

 

次回のオープンキャンパスは、11月10日、日曜日の開催になります!

日が近くなりましたら、このブログにて詳細をお知らせいたします。

ぜひご来場をご検討ください!!

  

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年10月 3日 (木)

男子学生座談会_4年生編

こんにちは。

STkouhouです。

 

前回2年生男子の皆さんに、

言語聴覚士と男性に関して、いろいろお話していただきました。

 

今回は4年生男子の皆さんです!

 


 

オープンキャンパスに学生スタッフとして参加された4年生男子の皆さん

20190804_163951 

 

ー皆さん実習をすべて終えて、いよいよ就職活動という時期ですが、

今まで男性ということで戸惑うことはありましたか?

Sくん:自分は入学前から男性だからといって悩むことはありませんでしたね。

言語聴覚士になる、と決めていました!

Aくん:男でやっていけるかな?という不安はありました。
入学したら予想通り女子だらけ(笑)。

Nくん:自分以外にも男子学生がいて安心しました(笑)。

Sくん:自分は入学後に男性だからといって困ったことはなかったですね。

女子とも仲良くできたし。

 

ー実習先ではどうでしたか?

Sくん:実習指導者の先生が男性の方でした。

その施設では3-4人の男性言語聴覚士がいましたね。

ー男性が多いところもあるんですよね。逆に女性の言語聴覚士がゼロの施設もあります。

Aくん:3年生時の評価実習も4年生時の臨床実習も、両方とも実習指導者は男性でした。

Sくん:自分もそうだった。

Nくん:自分もそう。

ーそうだったのですね!身近に同性の言語聴覚士のモデルがいたのは良かったですね。

 

ー逆に、男子学生であることのメリットはありましたか?

Aくん:クラスで頼られたり。そういう時は頑張ってしまいますね。

Nくん:実習先で、女性ではなく男性の言語聴覚士が相手なら、と言って、
フリートークに応じていただけた場合がありました。
男性の患者さんでも女性の患者さんでもそういう方がいらっしゃいました。

男性患者さんとは車に関するフリートークが弾みましたね。

ー男性に受けやすい話題ってありますよね。確かにそれは強みですね。

 

ー不安に思っている男子高校生に向けて、何かアドバイスはありますか?

Aくん:クラスの8-9割方を女子が占めるので、女子に慣れてないと。

でも入学後に慣れるかもしれない(笑)。

ー職場でも同じような割合ですものね。

Nくん:男性の言語聴覚士だからこそ、できることもあるのかな、と思います。

さっきのフリートークの件もそうですけど。

Aくん:もう少し男性が多くてもいいと思うけどね。

全員:男子でも活躍できる仕事だと思います!!

 


 

4年生の皆さん、ありがとうございました!

コミュニケーション障害を持つ患者さんの中には、

言語訓練を拒否される方がしばしばいらっしゃいます。

この仕事では少数派である男性であることが、

患者さんの注意を引いたり、コミュニケーション意欲を引き出すきっかけになるなど、

有利に働くこともあるのですね。

 

2年生、4年生と、

異なる立場の男子学生のお話をご紹介しました。

入学をご検討中の男性の方、参考になりましたでしょうか?

 

次回10月6日のオープンキャンパスでは、

2年生の男子学生が学生スタッフとして参加します!

学生達の生の声を聴くことのできるチャンスですので、ぜひご来場ください!!

(オープンキャンパスの詳細は後日このブログでお知らせします)。

  

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年10月 2日 (水)

10/6(日)はオープンキャンパスです!!

こんにちは。

STkouhouです。

 

次の日曜日、10/6(日)はオープンキャンパスです!!

今回は午後のみの開催です。

大学全体の説明は13:00から

学科別のプログラムは14:00からとなります!

 

昨年の様子です。

Img_4205 

Img_4218

Img_4220 

今年も在校生スタッフが活躍します!

今回のスタッフは1年生女子と2年生男子です!

フレッシュな雰囲気で皆さまをお待ちしております。

 

言語聴覚学科のプログラムは下記の通りです。

学科別説明会 & 言語聴覚士の仕事(ビデオ上映)、施設見学と同時並行で、

学科別体験プログラムが開催されます。

今回の体験プログラムは、
本学科准教授の富澤先生『子どものきこえとことばの臨床』と題したミニ講義を行います。

小児の聴覚障害に関心のある方は、必聴です!。

_mg_6378

富澤先生の紹介はこちら

 

学科別のフリープログラムは下記のとおりです。

  • 神経心理学検査:ことばや思考をどのように診て治療するのか
  • 学生相談コーナー:優しい先輩が入学前の悩みに答えます!!
  • 補聴器の調整は奥が深い!!:どのように聞こえ方が変わるのかわかりやすく実演♪
  • 聴力検査体験:言語聴覚士になりきって機器を操作してみよう♪
  • 防音室体験:県内最大級の防音室に入ってみよう
  • 施設見学(シールラリー):全ての設備を見学した人には学科オリジナルグッズをプレゼント☆
  • 子どものリハビリテーションってどうやるの?:言語発達支援センターの設備を紹介!!

 

暑さも落ち着き、新潟は爽やかな季節となりました。

今度の日曜日はぜひ、本学言語聴覚学科へご来場ください!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年9月30日 (月)

男子学生座談会_2年生編

こんにちは。

STkouhouです。

 

言語聴覚士は女性の占める割合が高い職業です。

全言語聴覚士の8割近くを女性が占めているというデータもあります。

本学言語聴覚学科の男子学生の占める割合も、だいたい同じぐらいですね。

 

そんな現状に対し、オープンキャンパスでよく男子学生から聞かれるのが、

「男性でも言語聴覚士ってやっていけるでしょうか?」という不安です。

実際現場では男性の言語聴覚士は活き活きと活躍しているのですが、

どうしても男性の数が少ないことで、いろいろと心配されるようです。

 

本学科の男子学生も、入学前は同じような悩みをもっていたのではないかな、と思います。

入学前と今とでどう変わったか、座談会方式で聞いてみました!

 


 

10月6日のオープンキャンパスに参加される2年生男子の皆さん

20190927_153447_edit

 

ー皆さん数少ない男子学生として、入学後に戸惑うようなことはありましたか?

Kくん:特にないですね。

Mくん:自分もそうです。男子学生は頑張っていると思います。

男子学生同士、お互いを励ましあう仲です。MOMOカフェで集まって勉強したり。

※MOMOカフェ:本学に5つある学食の1つ。700席もある本学最大の学食。

学食についてはこちらのページの中ほどを参照

Eくん:そうそう。勉強は一人じゃできなかったと思う。

ー確かに皆さんよく集まって勉強されていますよね。

Kくん:手話部の先輩のOさんから、早めにテスト対策した方が良い科目を教えてもらって。

ー上の学年とのつながりもあるのですね。

 

Mくん:男子学生は数が少ない分、グループで別れたりもないし、団結力が高いと思う。

Wくん:この学年の男子はわりと静かだよね。女子の方が元気かも(笑)。

でも女子学生と男子学生の間も良好だよね。

 

ー先日見学実習に行かれましたが、男子学生としてどうでしたか?

Kくん:年配の男性患者さんとフリートークする機会があったんですが、

その時は一緒にいた女子学生よりも自分の方が、トークは盛り上がりましたね。

ー話題によっては同性同士の方が盛り上がるかもしれませんね。

Kくん:見学に行った病院では、言語聴覚士の男性女性の割合は半々ぐらいでした。

Eくん:大学の言語発達支援センターの見学に行ったときは、

吉岡先生が男子学生にたくさん話しかけてくださいましたね。

ー本学の教員は、学生とは逆で、男性教員の占める割合が高いんですよね。

吉岡先生の紹介はこちら

本学全教員の紹介はこちら

 

ーそれでは最後に、言語聴覚学科への出願を検討中の男子高校生に、一言お願いします!

Mくん:これを自分はやりたいという夢を持っていれば、性別は関係ないです!

Wくん:自分は正直言って、入学前は女子が苦手でしたね。

でも入学してから苦手意識は減りましたね。

臆したりしなくていい、ちゃんと話せばわかりあえる(笑)。

Eくん:大学生になるとみな大人だしね。

Kくん:Wくんの意見に少し重なるかもしれませんが…

性別などの垣根を作らず、いろいろな人に気さくに関わることのできる人になってほしいと思います。

その方がもっと楽しく生活できると思いますよ。

Eくん:逆に女子の割合が高いので、女性が苦手でない人にもおすすめですよ(笑)。

 


 

2年生の皆さん、ありがとうございました!

男子学生の占める割合が少ない分、男性同士の団結力が高まり、

勉強も励ましあって頑張ることができる、というメリットがあるのですね。

男性教員が多いことは、少数派の男子学生には心強いかもしれません。

 

最後はコミュニケーションを専門とする学生らしいコメントですね。

言語聴覚士は、誰とでもコミュニケーションを取ることのできる人物であるよう、意識しています。

また、コミュニケーションで患者さんの人生をより豊かにできるよう、努めて行きたいと考えています。

学生達の言葉から、コミュニケーションの重要性を少しずつ理解していっているのだなと、
頼もしく思いました!

 

男性でも言語聴覚士になって大丈夫?と、不安に思っている方、

少し参考になりましたでしょうか?

次回は最終学年の4年生男子にお話を聞きました。

お楽しみに!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

 

 

 

2019年9月27日 (金)

遅番が始まりました

こんにちは。

STkouhouです。

 

本学科では後期になると遅番というシステムがあります。

これは平日夜10時まで、学生が試験対策室を使用できるよう、

教員が交代で10時まで勤務して当番をするシステムです。

 

本学は言語聴覚学科を含め全部で13学科あり、

各学科の学生は様々な国家試験に挑みます。

そのため学内の多数の教室が、各学科の国家試験対策室としてあてがわれます。

 

言語聴覚学科は4つの教室が対策室として定められており、

このうち2つの教室では、今年国家試験を受験する学生は、

授業などで使用されないかぎり、午後10時まで自由に使用することができます。

遅番のシステムは来年2月の国家試験本番直前まで続きます。

 

今日も4年生の学生が、夜6時すぎに試験対策室を使用していました!

20190927_1806352 

夜10時まで勉強して、帰りはどうするの?

実は本学のスクールバスは、夜10時台まであるのです。

最寄りの豊栄駅まで無料で乗ることができます。

スクールバスの時刻表はこちら

 

本学では他にも学生食堂や図書館で試験勉強をすることができます。

特に図書館は、平日は夜10時まで、土曜日も12月になると夜7時半まで開館しています。

また、図書館の3階には、一人で一台の机が使用できる、広い学習スペースがあります。

図書館マップはこちら

 

自分の勉強しやすい場所を早めにみつけて、

国試勉強が軌道に乗るように、応援しています!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年9月24日 (火)

今年度の臨床実習Ⅱが始まりました!

こんにちは。

STkouhouです。

 

本日9月24日から、臨床実習Ⅱが開始になりました!

臨床実習Ⅱとは、2年生時に学外で行う臨床実習です。

臨床実習Ⅱでは、ほとんどの学生が一人で実習に行きます。

 

今回の実習から、患者さんを評価させていただきますし、

リハビリも実施させていただきます。

3週間の間、日々実習記録をつけ、最終的には一症例の報告書をまとめます。

 

実習に行く3年生は、後期には講義がありませんので、

学生は主に実習の準備や、国家試験の勉強をします。

実習の準備にあたっては、前年度の先輩の記録を参考にしたり、

実習を指導していただく施設に自分で電話をかけて、実習指導者から直接確認したりします。

 

さて今回は、実習直前の3年生に対し、

これまでの学生生活を、ちょっとした座談会方式で振り返ってもらいました。

 

20190803_172053_edit

 

ー3年の前期を終えて、これまでを振り返っていかがでしたか?

Fさん:3年生になってからはプレッシャーを常に感じていました。

3年生までに全ての科目を履修できないと、臨床実習Ⅱに行くことや

4年間で卒業することも難しくなるからです。

Nさん:私は3年生よりも2年生のときが最も大変な年でした。

Kさん:私も2年生のときが大変だったと感じます。

こちらのページから、学年ごとの時間割の例をみることができます。

 

ーどうして2年生のときの方が大変だったと思うのですか?

Nさん:2年生になると必修科目の数がぐっと増えるからです。

でも緊張状態は2年生から3年生まで続いていたと思います。

Kさん:3年生になってからも課題は多かったですけど、

時間が過ぎるのがとても早く感じたからでしょうか。

 

20190803_144932

 

Oさん:私も2年生が、履修科目が多くて大変でした。

とにかく忙しかったです。

定期試験は一夜漬けで対応したのでは、とても無理でした。

前から準備しておけば大丈夫なんですけどね。

Tさん:2年生になってから本当に勉強が大変だと感じました。

1年生の時からもっと勉強への意識を高めておけばよかったと思いました。

Oさん:1,2年までは基礎的な科目が多くて大変ですけど、
それを乗り越えると専門的な科目が増えて、楽しいと感じるようになりましたけどね。

Sさん:2年生の授業を減らしてその分1年生の時にいくつか授業を済ませることができたらな、と思いました。

ーカリキュラムの内容により、その点がなかなか難しいのですよね。

カリキュラムの詳細はこちら

 

20190803_153444

 

Mさん:私も2年生のときが、不安が大きかったです。

やっていけるのかな?単位落としちゃうのかな?って

Kさん:死ぬ気で勉強しましたね(笑)。

Mさん:勉強量の多さはきつかったです。

いろいろ覚えることが多くて大変でした。でも勉強してよかったと思います。

 

ーどんな点が良かったですか?

Mさん:うまく言えませんが…
入学した時に比べ、身についたことがとても多いことでしょうか。

たとえばオープンキャンパスのスタッフ業務として、聴力検査をやってください、
と言われて、すぐに対応できた時など、それを感じますね。

 

ー大変な2年生や3年生のとき、みなさんはどうやって乗り越えられたのですか?

Fさん:みんなでカラオケに行ったり(笑)。

あとは友達との助けあい、でしょうか。

みなさん:励ましあったり、愚痴を言いあったり(笑)。

20190804_163459
 

ー言語聴覚士の仕事は、失語症など高次脳機能障害、聴覚障害など、
幅広い領域にわたっています。また、小児も成人も対象とします。

入学前と今とで、みなさんの関心のある領域や対象は変わらないですか?
それとも変化はありましたか?

Fさん:もともと小児の臨床を希望していました。

今も希望していますが、成人など他の領域も面白いと感じるようになりました。

Kさん:私はもともとどんな領域に進みたいか定まっていませんでした。

授業を受けていくうちに失語症が面白いと感じるようになりました。

Nさん:私は入学前も今も、失語症の臨床を希望することを貫いています!

Sさん:私は小児の臨床を希望していましたが、
入学後は成人を対象とする臨床も良いな、と思うようになりました。
でもやっぱり小児希望かな。

 

20190804_165141

 

3年生の皆さん、ありがとうございました!

勉強の大変さがよく伝わってきましたcoldsweats01

でも乗り越えた今、皆さんの表情は一様に充実感に満ちていますね。

勉強していく中で、関心のある領域も増えていくのですね。

 

これから始まる臨床実習は、

授業とはまた異なった大変さがあると思いますが、

これまでの努力を糧に、ぜひ頑張ってください!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年9月19日 (木)

2019臨床実習Ⅰ

こんにちは。

STkouhouです。

 

本学言語聴覚学科では、2年生の夏休み期間に、

約1週間の臨床実習(臨床実習Ⅰ)があります。

実習先は、学内の言語発達支援センターの他、

学外の病院、施設が対象です。

 

2年生は7人程度ずつの班にふり分けられ、

成人・小児それぞれ1か所の施設に班ごとで訪問し、

臨床場面を見学します。

 

見学施設の一つ、新潟リハビリテーション病院です。

本学の関連病院の一つです。

_

本学の関連施設・病院について

 

見学実習とはいっても、遠巻きに見ているだけでなく、

実際に患者さんと関わる体験も含まれています。

はじめて患者さんと会うこと、

はじめて臨床場面に参加すること、

はじめて学校の外の施設に入ること、

はじめて臨床場面の記録をつけること、

はじめて尽くしで学生たちの緊張は高まります。

 

見学施設前に集合した学生達です。

臨床実習Ⅰでは白衣に着替える場所も時間もないため、

写真のような白シャツに黒いスラックスを各自揃えて、

自宅から着ていきます。

Dsc_0368  

すべての見学が終わった後、

事後セミナーが開催されました。このセミナーでは教員・学生みなで実習をふりかえります。

各班を引率した教員が一人一人、今年度の印象について話をしました。

20190911_090611

 

その後は各班で話し合い、見学で気づいた点や感想などを発表しあいました。

20190911_093434 

20190911_093446

20190911_094929

 

見学した内容は、班ごとだけでなく学生ごとでも実習日誌にまとめて提出します。

20190808_105709

 

2年生になると、授業数も多くなり、

必修科目も増えてきますので、なかなか緊張の高い日々が続きます。

時に目標を見失いそうな日もあったかもしれません。

そんな中で行われる臨床実習は、「言語聴覚士になる」という決意を

新たにする良い機会になったことでしょう。

 

ぜひこの気持ちを維持して2年生を乗り越え、

3年生時の実習Ⅱに漕ぎつけてください!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年9月17日 (火)

連携総合ゼミ2019

こんにちは。

STkouhouです。

 

本学では4年生時の選択科目に、連携総合ゼミという科目があります。

この科目では、保険・医療・福祉・スポーツの各分野の連携について、

実践的に学習することを目的とします。

20190905_154614
 

多職種間の連携は、医療の現場ではチーム医療とも言いますが、

医療や福祉に関わる職を目指す者にとって欠かせないものです。

言語聴覚士も就職すると、病院や施設で、

医師・看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士などど連携して、

一人の患者さん・利用者さんの治療や在宅復帰への指導に取り組みます。 

このゼミでは、複数の学科の学生の参加を通して、他職種間連携を疑似体験するのです。

 

さらにこのゼミでは、県内の他大学の学生や、

本学と提携している海外の大学生も参加するという特色があります。

今年度は新潟薬科大、日本歯科大、日本歯科大新潟短大、新潟リハビリテーション大、

そしてフィリピンと台湾からそれぞれ2つの大学が参加しました!

20190905_155307

 

最終的には総計125名の学生たちが参加し、18のゼミに分かれました。

本学科からも、5名の学生と4名の教員(富澤先生、渡辺先生、桒原先生、伊藤先生)が参加しました。

富澤先生の紹介はこちら

渡辺先生の紹介はこちら

桒原先生の紹介はこちら

伊藤先生の紹介はこちら

 

各ゼミでは、架空・実在の症例に基づく情報をもとに、

各職種が行うべきこと、多職種間で連携して行うべきことを議論し、

パワーポイントで7分程度の発表にまとめます。

 

20190905_155422

 

ゼミ活動は4日間、朝から晩まで続きました。

5日目の発表に向けて、最終日はかなり遅くまで残って作業したゼミもあったようです。

 

いよいよ発表当日です!

発表では海外学生のために、各ゼミは発表スライドを、

日本語と英語の2バージョンで用意しました。

20190906_114121 

言語聴覚学科の学生が参加したテーマは下記の通りです。

『重度四肢まひ者の家庭復帰計画』

『高齢者の骨折予防・治療と生活支援』

『聴覚障害のある幼児を持つフィリピン人の母親への支援(海外大学参加予定事例)』

『災害時における避難所生活支援~私たちができること~』

『視覚・聴覚に障害をもつCHARGE症候群の子どもの発達・学習支援』 

20190906_121631

 

皆それぞれの職種に関わる情報をまとめ、

連携を重視した関わり方を提案することができていました。

20190906_143020
 

最後は学生全員に修了証が授与されました!

20190906_161918

 

参加した学生からは、実際に他職種と関わることで、

机上で習って抱いていた他職種へのイメージを修正できた、

との感想が聞かれました。

 

連携総合ゼミに参加した海外の学生の中に、

言語聴覚障害学を専攻する学生が含まれていた縁で、

ゼミ終了後に本学科学生有志との交流会が開催されました。

 

20190912_144312

 

皆で新潟の和菓子を食べながら、

言葉を介さないちょっとしたゲームを楽しみました。

学生達は慣れない英語での会話に緊張した様子でしたが、

良い経験になったようですhappy01

 

連携教育を通してチーム医療を疑似体験できるのは、

13学科も擁する本学ならではです。

ぜひ本学言語聴覚学科への進学をご検討ください!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年9月13日 (金)

神経心理学会2019_その2

こんにちは。

STkouhouです。

 

前回から、新潟市で開催された神経心理学会の様子をご紹介しています。

学会には、学部生だけでなく、卒業生も多数参加し、

その多くが今回の学会で発表を行いました!

 

夜は新潟駅前のお店にみなで集合し、

大交流会が行われました。

20190826_205639 

 

この春卒業したばかりの皆さん。旧交を温めました。

20190826_205959

 

今回の学会は、事務局を担当された大石先生と内山先生、

お二人のご尽力で無事開催に至りました!

ありがとうございました!!

 

内山先生とゼミ生達

20190826_210052

内山先生の紹介はこちら

 

3年生も参加していました!

20190826_205921

   
最後は集合写真をパシャリ☆ 

今村ゼミの卒業生だけで、50名以上もいるのです。

一大勢力ですね!!

20190826_223339_edit 

新潟県は、今村先生や卒業生を中心に、

神経心理学に関心が高い言語聴覚士が多く集まっています。

神経心理学の関心のある方はぜひ、本学の進学をご検討ください!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年9月11日 (水)

神経心理学会2019_その1

こんにちは。

STkouhouです。

 

言語聴覚士が多く参加する学会の一つに、神経心理学会があります。

この学会では、神経心理学-脳の損傷が、行動および精神へどのような影響を及ぼしているのかを検討する学問-に関する研究を発表します。

 

今年の神経心理学会は、ついに新潟市で開催されました!

会場は朱鷺メッセです。

20190826_122040

 

そして学会長は、本学言語聴覚学科教授、今村徹先生です!! 

Photo_2

今村先生の紹介はこちら

 

当日は日本全国から多くの言語聴覚士だけでなく、医師、作業療法士、臨床心理士も参加し、

大変盛況でした。

 

今回の学会では、今村先生がOpening remarks(開会挨拶)として『臨床が求める神経心理学』をお話されました。

また、大石先生が、『レビー小体型認知症およびアルツハイマー型認知症における野菜の鮮度知覚特性の検討』

伊藤先生が、『左被殻出血によるカテゴリー特異性の理解障害を呈した一例』

のタイトルでポスター発表を行いました。

大石先生の紹介はこちら

伊藤先生の紹介はこちら

 

伊藤先生と発表ポスター

20190827_124600

 

さらに、今年の春卒業した今村ゼミの学生たちがポスター発表を行いました。

今村ゼミでは卒業後必ず学会発表することになっています。

皆緊張していましたが、無事終えることができました!

 

学生は発表に参加するだけではありません。

今村ゼミ、大石ゼミ、内山ゼミの4年生は、

受付やクロークなどの業務に参加しました。

20190826_111634

20190827_094707

 

また3年生の多くも学会に参加し、様々な発表を聞きました。

教員だけでなく、より身近な存在である卒業生の発表を聞き、

大いに刺激になったようです。

 

今回の学会ではビックニュースがありました。 

なんと大石先生が日本神経心理学会優秀論文賞を授与されたのです!!

Photo

 

大石先生おめでとうございました!!!

Photo_2

 

次回は学会恒例のお楽しみ、

今村先生と卒業生達の交流についてご報告します!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

言語聴覚学科 詳細リンク