2018年10月20日 (土)

認定言語聴覚士講習会(聴覚障害領域)参加記

こんにちは。

STkouhouです。

 

以前認定補聴器技能者養成課程講習会吃音 ・ クラタリング世界合同会議の記事を寄稿していただいた、本学大学院生の平野春樹さんから、新しい記事を寄稿していただきました。

 

今回は認定言語聴覚士講習会の参加記です。

認定言語聴覚士とは、養成校を卒業したのち、学会の参加や発表、言語聴覚士協会主催の基礎講座の受講など一定の研鑽を積んだ言語聴覚士にのみ、取得できる制度です。

 

ではどうぞ。


 

院生の平野です。

 

皆さま、認定言語聴覚士という名称をご存知でしょうか。

 

認定言語聴覚士とは、

「高度な知識および熟練した技術を用い、高水準の業務を遂行できる言語聴覚士を養成することにより、業務の質の向上を図り社会貢献に寄与することを目的」

とした日本言語聴覚士協会が策定した資格制度です。

  

この認定言語聴覚士には現在、

(1)失語・高次脳機能障害領域

(2)摂食嚥下障害領域

(3)聴覚障害領域

(4)言語発達障害領域

(5)成人発声発語障害領域 ※2018年から新たに加わりました

で構成されています。

  

今回、私は国立障害者リハビリテーションセンターで行われた、聴覚障害領域の講習会に行ってまいりました。

St_2


 

講習会は3回あり、1回あたり2日間行うことになっています。

 

座学中心ですが1回目は8月の下旬にあり音場検査や実耳挿入の実習を行い、

2回目の講習会では小児聴覚分野の症例発表を行いました。

3回目は12月中旬となっており、成人聴覚分野の症例発表及び最終試験という流れになっています。

 

講師の方々も、一線級で活躍されている先生方ばかりなのでかなり緊張しました。

 

また講義内容も人工内耳や他覚的聴力検査の最新情報に加え、小児に対する聴能指導を深く学ぶことができ大変有意義なものとなりました。

 

12月に3回目の講習会がありますので、この講習会が終わりましたら再度、ご報告させて頂きます。


 

平野さん、貴重なご報告をいただきありがとうございました。

 

言語聴覚士協会では、このような認定制度を通して、言語聴覚士の臨床の質の向上を支援しています。

 

もちろん臨床経験を積むことも質の向上につながりますが、講習会における体系的な学習や認定試験によって、質の向上を客観的な評価を持って示すことができます。

 

当学科の渡辺先生は協会の理事をしており、講習会の企画にも関わっています。

渡辺先生の紹介はこちら

 

平野さん、また続報をお待ちしております!!

言語聴覚学科の紹介はこちら

連携基礎ゼミ2018始まってます

こんにちは。STkouhouです。

 

本学では2年生の後期に全員、連携基礎ゼミという科目を履修します。

この科目では、全13学科の学生をシャッフルして教員ごとに5-6人のゼミに配属されます。

ゼミ生は全員異なる学科で構成されるように配属されます。

 

なぜこのような配属をするのか?

それはこのゼミが、チーム医療を学ぶことを目的としているからです。

 

Img_4231

山岸ゼミに配属された皆さん。山岸先生の紹介はこちら

言語聴覚学科、理学療法学科、社会福祉学科、臨床技術学科、健康スポーツ学科、救急救命学科の学生で構成されています。 

 

病院など医療の現場において、言語聴覚士は、

理学療法士や作業療法士、看護師、介護士など、複数の医療職がチームを組んで一人の患者さんの治療にあたります。

複数の異なる学科生で構成されたこのゼミは、医療チームを模しているんですね。

13学科も有する本学ならではのカリキュラムですね。

  

ゼミでは、最初に、自分の仕事と、多職種の仕事の内容について学び、各人で発表します。

同じ学部でも学科が違うとお互いの仕事内容は実はよく知らなかったり、知っているつもりになっていたりすることに気が付きました。

 

Img_4232

 

他職種についての理解を深めたところで、

今度はゼミごとにテーマを決めて発表を行います。

保健・医療・福祉・スポーツ領域に関係する題材・学問的に取り組める題材がテーマになります。

これは12月に発表になります。

 

他職種連携を学ぶことは、本学の教育理念である、患者さんの生活の質を高める支援ができる人材の育成とつながっています。

ゼミ内の連携を深めて、良い発表につながるといいですね!

 

言語聴覚学科の紹介はこちら

2018年10月12日 (金)

10月のオープンキャンパスにおいでいただきありがとうございました!!

こんにちは。STkouhouです。

 

10月のオープンキャンパスが10月7日にありました。

10月のオープンキャンパスは大学祭のと同時開催でした。

大学祭を楽しむ合間にいらした方もいらっしゃったでしょうか?

Img_4205

当日は台風接近のおそれがあり、前日まで開催が危ぶまれていましたが、幸いにも台風は日本海上を進み、無事、開催することができました!

 

そうした状況であったにもかかわらず、昨年度を上回る数の皆さまにお越しいただきました!!

誠にありがとうございました!!

 

Img_4202

今回は学科説明の後、小児の臨床のデモを見学していただきました。

Img_4207

小児の患者さんは見学者がいると集中しにくいので、マジックミラーやモニターを通して見学することがあるのですね。

Img_4214

Img_4218

 

また、とろみ剤を使って、いろいろな飲み物にとろみをつける体験をしていただく企画もありました。

Img_4221

とろみ剤とは、特殊な成分(「増粘多糖類」と言います)でできた粉です。主に飲み物にとろみをつけるものです。

なぜ、飲み物にとろみをつける必要があるのでしょうか。

 

まず、脳卒中などが原因でのみこみの機能が低下すると、のみこみの反射がゆっくりになります。

一方で、飲み物はその形状から、すぐにのどに入っていきやすい食品です。

 

のみこみの反射が遅くなると、飲み物がのどに落ちてくる前にのみこみの反射を起こすことができず、その結果、気管に飲み物が入りやすくなってしまいます。

そして、気管に飲み物が誤って入ると、細菌が繁殖して肺炎になるリスクが高まるのです。

肺炎は高齢者の死因の上位に位置する怖い病気です。

 

そこで飲み物にとろみ剤を加えると、口の中でまとまりやすくなり、のどにもゆっくりと入っていくので、気管に飲み物が入りにくくなるというわけです。

 

とろみ剤はいろいろな飲み物にとろみがつけやすいようにできていますが、牛乳やみそ汁などつきにくい食品もあります。

食品によるとろみの付き具合の違いを体験していただけたでしょうか?

 

そのほか、学生相談コーナー、聴力検査、認知機能のゲーム課題なども体験でき、盛りだくさんの内容でした。

Img_4225

Img_4226

 

次回のオープンキャンパスは11月11日(日)になります!!

言語聴覚士の仕事や大学生活に触れられる、より楽しい企画をご用意してお待ちしております。

皆さまぜひご参加ください!!!

 

言語聴覚学科の紹介はこちら

2018年10月 9日 (火)

活躍する卒業生 求人説明会

こんにちは。

STkouhouです。

4年生を対象に当大学で求人説明会が8月に開催されました。

卒業生も何名か来学され、成長ぶりが大変うれしかったです。

20180828_140719

20180828_143219

20180828_145847

以上開催報告でした!!


言語聴覚学科情報

2018年10月 4日 (木)

10/7(日)にオープンキャンパスが開催されます!!

こんにちは。

STkouhouです。

  

10/7(日)に、新潟医療福祉大学でオープンキャンパスが開催されます!!

もちろん言語聴覚学科も参加します。

今回は午後のみの開催で、12:30に大学説明会でスタートしますairplane

 

言語聴覚学科独自の企画は、言語発達支援センターの見学です。

夏のオープンキャンパスでも希望された方にはセンターの見学を行っていましたが、

今回の見学は一味違います。

 20171008_144723 写真は昨年の様子です。

 

小児の臨床では、臨床の担当者以外に見学する人がいると、お子さんの注意が見学者に向いてしまって、治療に集中できないことがあります。

そんな場合見学者は、マジックミラーやモニタを使って、お子さんに気が付かれることなく治療場面を見学することができます。

今回見学される方にこれを体験していただく予定です!!

 

他にも、とろみ剤を実際に使って、様々な飲み物にとろみをつける体験企画もご用意しています。

 

どちらもなかなか体験する機会は少ないと思いますので、ぜひおすすめです!!   

 

直前のお知らせとなってしまいましたが、皆さんぜひいらしてくださいね!!!

 

新潟医療福祉大学オープンキャンパスの案内はこちら

言語聴覚学科の紹介はこちら

2018年10月 1日 (月)

実践行動学Part2

こんにちは。STkouhouです。

 

本学では1年生から実践行動学というカリキュラムを取り入れています。

実践行動学では、各学生が目指している資格取得に向かう際に生じる不安を軽減し、やる気を引き出すことを目的とします。

 

このカリキュラムはPart1,2,3と分かれており、本日は2年生向けのpart2が開催されました。

Part2では、入学後から現在までの足跡を確認し、自身の可能性を引き出すための考え方や意識の持ち方に気づき、自立に向けたスキルや方策を提供することを目指します。

 

学生たちは自己成長実感シートを書き、自身の入学から今までの間に、勉強や人間関係などで身についたことを振り返ります。

 

また、自身の考え方や発する言葉が行動に影響していることを学び、ポジティブな行動に結び付くにはどうすればよいか考えます。

 

最後に学生は、目標達成後の自分のイメージを具体的に書きました!

Dsc_0187_2

 

今回このカリキュラムを担当された石本豪先生と田村俊暁先生からは、

学生たちはこの目標を書く際、皆特に意欲的に取り組んでいたとの報告を受けました。

 

石本先生の紹介はこちら

田村先生の紹介はこちら

 

皆さんどんな内容を書いたのでしょうか?

国家試験に合格し、病院で成人の方を対象にきびきび働く言語聴覚士?

それとも施設で小児の臨床に笑顔で携わる言語聴覚士でしょうか?

 

皆それぞれの夢が実現するといいですね!

夢の実現のために当科は全力でサポートします!!

 

言語聴覚学科の紹介はこちら

2018年9月26日 (水)

後期授業開始!

こんにちは。STkouhouです。

 

あんなに暑かった残暑もいつのまにかすっかり納まり、新潟は秋めいてきましたmaple

大学では9月21日から後期の授業が始まりました!

 

1年生は早いもので、入学してから半年が経ったのですね。後期の講義科目には少しずつ専門的な内容が増えていきます。

 

2年生は後期はますます専門的な講義が増えて忙しくなります。

 

3年生は後期は授業がほとんどありません。学外の施設における臨床実習があるためです。

実習期間は3週間ですが、皆少しずつ実習に行く時期がずれるため、全員が実習を終えるのは12月になります。

 

後期授業開始日に、4年生は卒業研究を提出しました!

締め切り直前はどのゼミでも、学生も教員もみな最後の仕上げに追い込みをかけていました!!

Dsc_0185_edit

卒業研究提出物の山です。皆無事提出にこぎつけました。

 

4年生はあとは、国家試験に向けてラストスパートをかけるのみです。

9月24日からは『言語聴覚障害学応用特論Ⅱ』という講義が始まります。

これは国家試験に向けて今まで行ってきた学習の集大成である集中講義です!

 

学年によって後期の予定は様々ですが、皆元気に乗り切ってほしいですねrock

 

言語聴覚学科の紹介はこちら

2018年9月24日 (月)

神経心理学会2018 in 山形に参加してきました!

こんにちは。

STkouhouです。

 

言語聴覚士が日々の臨床のブラッシュアップのために参加するのが、各学会ごとに行われる学術集会です。

 

今回はそんな学会の一つ、第42回日本神経心理学会の学術集会参加のレポートです。

今年は新潟県のお隣、山形県の県立保健医療大学で開催されました!

 

当学科今村徹先生のゼミ生は、就職1年目に全員学会発表することになっています。

 

今村先生の紹介はこちら

 

今年も1年目の方に加え、ゼミの卒業生が多数発表しました!

Dsc_0183_tripart

Img_1441

 

夜は今村先生を囲んで楽しい会となりました!

こんなにたくさんの卒業生が集まると一大勢力ですね!

Dsc_0182

Dsc_0172_horizon

 

学部生も、今村ゼミの学生に加え、内山信先生のゼミ、大石如香先生のゼミ生も学会に参加しました。

 

内山先生の紹介はこちら

大石先生の紹介はこちら

Dsc_0175

みんなで新潟から高速バスに乗って参加したそうです。

Dsc_0176

夕べはちょっと遅かったので少し眠そうですかね。

Dsc_0166

学部生にとって初めての学会は、圧倒されてばかりだったようでしたが、モチベーションアップにつながったようです。

 

最終日はお昼に、山形名物芋煮と玉こんにゃくをいただいた後、みんなでパチリ☆

Img_1443

学部生もこれから1年各ゼミで研鑽し、来年はもっと楽しめる学会となるでしょう。

みなさんがんばってください!!

言語聴覚学科の紹介はこちら

2018年9月21日 (金)

連携総合ゼミが開講されました

こんにちは。STkouhouです。

 

本学の特徴的なカリキュラムの一つに、『連携総合ゼミ』の開講があります。

P9070062

この科目は多職種間連携教育を実践する科目として、開学当初から開講されています。

4年次前期に開講され、他学科や別大学の学生と混成で一つのチームを形成し、具体的な症例をもとに、グループワークを通じて支援策を検討します。

 

P9070063

学生たちは自身の学科に関連する専門知識・技術を活用し、他学科の学生と協働して課題に取り組みます。

 

この経験を通して学生は、将来「チーム医療・ケア」の現場で必要となる関連職種への理解やチームワーク技法について実践的に学びます。

 

今年は9月3日 (月)〜9月7日 (金)の5日間で開催されました。

15の事例に対し,フィリピンの大学(サント・トーマス大学、アンヘレス大学)と台湾の大学(陽明大学、中山医学大学)からも学生が参加し、各課題に取り組みました。

 

本学科からも、4年生が4人、大学院生が1人参加しました!

P9070075

P9070085

P9070059

事例担当教員として当学科の桒原桂先生、協力教員として渡辺時生先生、石本豪先生も参加されました!

P9070042

桒原先生の紹介はこちら

渡辺先生の紹介はこちら

石本先生の紹介はこちら

 

今回当学科参加者の取り組んだテーマは、下記の通りです。

 

『脳性まひ(疑い)児と育児不安をもつ母への成長・発達支援』

『女子高校生競技者の食行動異常、無月経、骨粗鬆症』

『重度四肢まひ者の家庭復帰計画』

『高齢者の骨折予防・治療と生活支援』

『高齢者への投薬』

『聴覚障害のある幼児を持つフィリピン人の母親への支援』

 

P9070046

P9070058

P9070076

P9070083

一つの事例に対し他職種と連携して関わることは、学外実習に出るまでなかなか経験できる機会がありませんので、当大学のカリキュラムは画期的な内容だと思います。

 

多職種と関わることで、事例をより広い視点を持って接することができ、より良いリハビリにつながっていきます。

ぜひ今回学んだことを将来仕事についたときに活かし、チーム医療の得意な協調性のある言語聴覚士になってほしいですね!

P9070090

言語聴覚学科の紹介はこちら

2018年9月17日 (月)

認定補聴器技能者養成課程講習会②

こんにちは。STkouhouです。

前回に引き続き、大学院生の平野さんによる認定補聴器技能者養成課程講習のご報告の続きです!

 


2日目は実技です。

 

午前中は模型を使って耳型採取を行いました。

これは、自分の耳の形にあった補聴器を作るためや、補聴器の音漏れ防止の部品を作るために行います。

耳型採取は久しぶりに行ったので難しく感じました。

 

特に左耳の耳型採取は不慣れなことと、利き手の関係でとても難しく感じました。

また綿球を人間の耳に挿入する作業も行い、模型相手にしか耳型の採取を行っていなかったので緊張の連続でした。

私以外の参加者は普段業務で、耳型採取を行っている方々なので余裕で耳型採取を行っていました(悲しい😞)。

 

__8

頑張って作りました。

 

午後は純音聴力測定と語音聴力測定を行いました。

これらの測定は、補聴器の機種を選択するためや、音の高さや大きさを設定するために必須となります。

実習を通して、骨導の測定は髪がかかっていない乳突部にレシーバーを当てることやレシーバーが耳に触れないなど、基本的なことを忘れていたので、反省するうえで大変良い機会となりました。

 


また、今回RION社製のオージオメーターを使用したのですが、参加者の中には、このオージオメーターは使用したことがないとの声がありました。

勤務する会社によって、使用するオージオメーターが違うことや、勤務するオージオメーターはかなりの年期がはいっていること、断続音ではなく連続音で聴力測定を行っているなど、勤務するお店によって聴力測定の方法が違うことが新鮮でした。

__11

誤った知識を振り返る意味で、大変勉強になった。

 

講習会を通して、今までの確認や新たな知見を得ることができ、大変有意義な2日間でした。

聴覚関係に興味がある方は言語聴覚士の資格を取った後に、認定補聴器技能講習会の受講をしてみてはいかがでしょうか。 


 

平野さん、詳細な報告をありがとうございました。

ところどころ挟まれるユーモアに平野さんの人柄が出ていますねhappy01

聴覚障害に関わる言語聴覚士の数は多くはありませんので、平野さんにはぜひこの領域で活躍していただきたいですね!

 

言語聴覚学科の紹介はこちら

言語聴覚学科 詳細リンク