これぞ学生生活 Feed

2020年4月30日 (木)

本学科の在校生に関するコンテンツをご紹介します!

こんにちは。STkouhouです。

 

本学ではオープンキャンパスを頻繁に開催して、

来学していただいた方と在校生が交流できる機会を設けています。

 

しかしながら、今年度はコロナの影響で、

在校生の参加するオープンキャンパスが開催できない状態です。

 

そこで今回のブログでは、

本学のホームページ内で、

在校生、特に本学科の学生の声を紹介しているページをご紹介します!

 

まずは在校生メッセージ

 

Photo

 

このページにはたくさんの学生のメッセージが掲載されていますが、

言語聴覚学科の学生のメッセージだけ、選択して閲覧できますよ。

高校生に向けてのメッセージだけでなく、

言語聴覚士を目指したきっかけやおすすめの科目、

将来目指す人物像などについて語っています。

 

次は県外生LIFEのページ!

本学は新潟県外生も多く在籍しています。

県外生Before After 座談会では、

本学科の学生が、地元から新潟に来る前と来た後の心境の変化について、

座談会方式で語っています。

 

_beforeafter

  

さらに新入生密着1yearでは、

本学科の学生が、新1年生での出来事を写真を通して紹介しています!

新潟の美しい景色も交えた写真の数々は必見ですよ!!

 

_1year

 

どのページも、在校生の生き生きとした声を紹介しています。

本学科への進学をご検討の方は、ぜひ参考にしてください!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2020年3月20日 (金)

学位授与式に代えて

こんにちは。STkouhouです。

 

新型肺炎が猛威を奮う日々で、

様々な影響が出ていますが、

本学では今年度の学位授与式が中止となってしまいました。

代わりに学位記一斉配布という形をとりました。

 

例年ですと、朱鷺メッセという大きな会場で式を執り行うのですが、

今回は大教室で、人と人の間隔を保ちながらの配布です。

 

配布される学位記。

Img_6138 

配布する教員たちも、マスクに消毒液と、

ものものしい雰囲気になってしまいました。 

Img_6140

 

久しぶりに集まった4年生の皆さん。

皆元気そうで安心しました!

Img_6142

 

学科長が一人一人に手渡しました。

Img_6167 

Img_6174

 

当日は大変良い天気で、今日の日を祝福しているようでした。

例年と形は違えど、かけがえのない門出の日です。

これから始まる言語聴覚士としての生活が幸多いものとなるよう、

教員一同応援しています!! 

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2020年2月25日 (火)

実習指導者会議2019年度

こんにちは。STkouhouです。

 

本学科では毎年この時期に、臨床実習指導者会議を開催しております。

この会議では、来年度の実習をご担当いただく施設から、

実習を指導される言語聴覚士の先生方をお招きし、

教員から本学の実習についてご説明させていただきます。

 

Img_1016

 

また、4年生の春から始まる8週間の実習について、

実習指導の言語聴覚士の先生と3年生が面談する機会でもあります。

 

Img_1010

 

学生は面談で指導者の先生から、実習先の施設で主に対象とされる疾患や障害、

実習までに練習しておくべき検査などの説明を受けます。

その他実習初日の集合時間や服装、持参する道具などの説明も受けます。

 

実習指導の先生方は全国から来ていただいてます。

先生方は勤務をお休みされていらっしゃいますので、ご負担となることも多いと思いますが、

学生にとっては一対一でいろいろと質問ができる、大事な機会となっています。

 

Img_1017

 

また、今年度の実習Ⅲでお世話になった指導者の先生方に一言ご挨拶したいと、

4年生も集まっていました。

休憩時間、指導者の先生がかつての実習生に温かいお声をかける姿が、

廊下のあちこちで見受けられました。

 

春が来れば実習はすぐそこです。

4年生の皆さん、準備を頑張ってください!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2020年2月21日 (金)

2019年度国試ツアー 2日目

こんにちは。STkouhouです。

 

前回から国試ツアーについてお伝えしております。

今回は2日目、試験当日の様子をご紹介します!

 

今年度の試験会場のTOC有明コンベンションホールです。

宿泊先のすぐそばにあります。

 

Dsc_0395

 

午前・午後、2時間半ずつの試験になります。

本学科では希望者にお弁当を用意しました。

しかし緊張のため箸が進まない学生もいたようです。

 

あっという間に試験終了時間です。

少しほっとした様子の学生たちが再集合しました。

再び一列になって、東京駅へ向かいます。

 

帰りの車内では、東京駅で買い込んだ夕食をとります。

学生たちの表情もようやくほころんできました。

 

無事新潟駅に到着!

  

Dsc_0396

 

学科長をはじめ複数の教員が出迎えに来ていました!

Dsc_0397

 

こうして今年度の国試ツアーは無事終わりました。

あとは結果を待つのみ。

どうか皆合格していますように!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2020年2月17日 (月)

2019年度国試ツアー 1日目

こんにちは。STkouhouです。

 

2月15日土曜日に、第22回言語聴覚士国家試験が実施されました!

本学科では教員が国家試験会場まで学生を引率するツアー、通称“国試ツアー”を組んでいます。

国試ツアーの内容紹介はこちら

今年度の国試ツアーの様子をご報告します。

 

本学科の国家試験会場は東京です。

試験は朝9時から開始のため、前日から新幹線で東京入りします。

 

学生及び引率教員の内山信講師伊藤さゆり助教は、14日金曜日のお昼に新潟駅に集合です。

集合時間の15分前までにはほぼすべての学生がそろいました。

 

Dsc_0388

 

内山先生の紹介はこちら

伊藤先生の紹介はこちら

 

行動はゼミ単位で行います。

ゼミごとにリーダーを決め、リーダーがゼミ内で点呼を取り、

引率教員に報告します。

 

Dsc_0392

 

点呼後はいったん解散して銘々昼食をとった後、

再び集合します。

引率以外の教員も激励のために集まり出しました。

 

Dsc_0389

 

今村徹教授から、実力を発揮するようにとの言葉が送られました。

 

Dsc_0393_2

 

今村先生の紹介はこちら

 

続いて佐藤克郎教授から温かい励ましの言葉が送られました。

 

Dsc_0394

 

佐藤先生の紹介はこちら

 

いよいよ出発です!

引率の内山先生を先頭に新幹線ホームへ。

団体チケットなので、一人一人自動改札を通る必要がありません。改札の端にある入り口から一気に通過できます。

 

新幹線は一路東京駅へ。

車内でも皆、最後の追い上げに余念がありません。

 

東京駅を降りた後は、在来線で江東区は有明へ。

道中緊張のためか、いつもより口数の少ない学生が目立ちました。

 

会場の目の前のホテルに到着。

銘々晩御飯をとって、ほっと一息。

睡眠を確保するために、全員シングルの部屋です。

明日に備えて早めにぐっすり眠ってください!

 

次回は試験当日の様子をご報告します!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2020年2月10日 (月)

壮行会2019年度

こんにちは。STkouhouです。

 

2/15(土)の国家試験まであと1週間ほどに迫った2/7(金)

本学科で壮行会が開かれました。

壮行会とは国家試験を受験する学生を教員一同励まし、試験に送り出す会です。

 

20200207_163442

 

学科の全教員が参加し、一人一人言葉を送りました。

20200207_163518

 

内容は励ましや体調管理のコツに加え、マークシートの記入ミスを防ぐ方法、

解答に迷ったときのコツなど様々です。

 

20200207_163721 

20200207_163737 

時に笑いも起こり、学生たちの張り詰めた緊張がひととき、ほぐれた瞬間でした。

20200207_164750

 

最後に学科長から、激励の言葉が贈られました!

20200207_165908 

 

受験票と合格グッズが、学生一人一人に手渡されて会は終了です。

グッズは大学オリジナルクリアファイルです。

 

国家試験ツアーの最終説明会も行われました。

国家試験ツアーの詳細はこちら

 

20200207_171420

 

教員一同、全員合格を切望しています。

試験まであと少し、体調に気を付けて頑張ってください!!

 

言語聴覚士国家試験まであと9

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

 

2020年2月 4日 (火)

国試ツアーのご紹介

こんにちは。STkouhouです。

 

いよいよ2/15(土)に迫った言語聴覚士国家試験ですが、

試験会場の詳細も明らかになりました。

 

言語聴覚士国家試験は、医師や看護師など他の国家試験に比べると受験者が少ないため、

試験会場は北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県の6都道府県のみとなります。

本学科の学生は、東京の会場で試験を受けます。

 

本学科では国家試験のツアー、通称“国試ツアー”を企画しています。

ツアーでは2名の引率教員のもと、学生皆で新幹線に乗って東京入りし、同じホテルに前泊して、

当日朝は一緒に試験会場に行きます。

試験会場に着くまでのストレスをなるべく減らし、大事な試験で本領を発揮できることを目的としています。

 

昨年のツアーの様子。出発前の点呼中です。

Dsc_0276 

ツアー参加者は春先に早々に募り、夏頃人数が確定したら旅行代理店と相談して、

人数分の新幹線チケットや宿泊先を押さえます。

試験当日の弁当も手配します。

 

ツアーは希望者のみ参加ですので、ツアーに参加せず自力で試験会場に行く学生もいますが、

多くの学生がツアー参加を希望します。

 

本番では皆思った以上に緊張します。

なにしろ1年に1回しか受験できませんし、合否は4月からの就職にも影響しますから、

緊張は大学受験の比ではないでしょう。

そんな学生たちに対し、このツアー企画が少しでも助けになればと教員一同願っております。

 

国試ツアーも含め、手厚い国家試験対策を特色とする本学科への進学を、ぜひご検討ください!

 

言語聴覚士国家試験まであと12

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

 

 

2020年1月31日 (金)

2019年度最後の学内模試

こんにちは。STkouhouです。

 

本学科では、3年生の夏から複数回、

国家試験を想定した模試を実施しています。

特に4年生の後期からは、毎月模試を実施しています。

学内模試に関する過去の記事はこちら

 

先日1/28(火)に、最後の学内模試が実施されました!

 

Img_6106

 

国家試験では午前2時間半、午後2時間半の実施時間ですが、

学内模試では午前午後とも少し短い2時間ずつで実施し、
本番に備えています。

 

4年生が学内で模試を受けて、実力を確認する機会はこれが最後でした。

あとは2/15(土)の国家試験本番まで、あきらめずにひたすら頑張るのみです。

 

教員一同、全員合格を切に願っています!!

 

言語聴覚士国家試験まであと16

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2020年1月22日 (水)

台湾研修

こんにちは。STkouhouです。

 

本学は学生が海外研修に参加することを積極的に勧めており、

本学主催の海外研修プログラムも多数あります。

そのうちの一つ、台湾での海外研修に、

本学科の学生が参加しましたので、インタビュー形式でご紹介します!

 


 

ー研修はどのくらいの期間だったのですか?

昨年8月の14日間です。台中市にある弘光科技大で開催されたサマープログラムに参加しました。

様々な国の学生と交流できましたし、研修プログラムでは中国語講座や料理・美容などのクラスに加え、フィールド・トリップ(小旅行)もあったりと盛りだくさんで、非常に楽しく過ごすことができました。暑かったですけど(笑)。

 

研修中のパンフレットやポストカードの数々。
研修で交流した学生からの寄せ書きもありました。
ご紹介できなくて残念ですが、学生同士の交流写真もたくさんありました!

20190913_132054 

 
ー今回の研修は、弘光科技大が本学の学術提携校になったことがきっかけで実現したのですよね?
はい、提携後初めての研修で、招待という形式だったため、
今回はプログラム参加費は免除していただけました。
プログラム中の観光の費用も免除していただけました。

 

ーそれはラッキーでしたね!弘光科技大とはどのような大学なのですか?

新潟医療福祉大学と同じように、医療や福祉、健康に関するコースがあります。
言語聴覚士を養成するコースもあります。
そのほかに福祉工学や動物保健管理、調理や美容に関するコースもあるそうです。

 

ーとても大きな大学なのですね。研修には弘光科技大の学生だけでなく、
諸外国から学生が多数参加していたと思いますが、コミュニケーション面はいかがでしたか?

正直大変でした(笑)
プログラム中のコミュニケーションでは中国語や英語が使用されていたのですが、
自分は英語を簡単なレベルでしか準備していなかったので苦労しました。
英語はほとんどアドリブで話して、あとはジェスチャーで補いました(笑)。

 
ー食生活の面はいかがでしたか?
朝は学校のそばの食堂やコンビニで済まし、昼はお弁当を買っていました。夜は外食でした。
台湾の方に誘われて屋台で食事もしました。台湾は屋台での食事が名物なんです。
食事の内容では、お米など日本食に近いものがあったので困らなかったです。
食費もそこまで高くなくて、一食300円前後ですみました。

 

ーそれはリーズナブルですね!宿泊面はどうでしたか?

大学の寮に泊まったのですが、とてもきれいで設備もすべてそろっていました。
ただ、インターネットがロビーでしか使用できなかったのはちょっと不便でした。

 

ー向こうの学生との交流はどうでしたか? 
台湾側の学生メンバーの中に、言語聴覚コースの学生が3人いて仲良くなり、
授業で使用する教室を見せてもらいました。
コースの規模は本学科と同じくらいで、1学年40-50人ぐらいの学生数だそうです。

 

言語聴覚コースの案内の写真でしょうか。
上は言語治療観察室、下は嚥下(のみこみ)の治療の実習室のようです。
“言語”は“語言”と表記されていますね。

St_1

 

聴力検査の実験室でしょうか? 

St_5

 

ーそれは興味深い体験でしたね!

相手は3年生で、もうすぐ病院実習が始まるので大変だと話していました。
学校ではどういう授業を受けているかいろいろ聞いてみましたが、やはりこちらと同じような科目を学習していました。

 

聴力検査の機器でしょうか?St_2

 

検査用具がたくさん詰まった棚。
右上の棚には失語症検査らしきもの、
左下の棚には発音の検査らしきものが入っていますね。

St_4 

小児用の教材の棚でしょうか?
本学科の言語発達支援センターにある棚の中身とそっくりです!

St_3

本学科の言語発達支援センターの記事はこちらこちら

 

ー最後にまとめをお願いします。

今回の研修は本当に行ってよかったと思います。
ぜひ来年度も別の研修に参加したいと考えています。
まとまった期間海外で研修する機会は、大学生の今しかできないことだと思いますので、
これから入学する皆さんもぜひ積極的に参加することをおすすめします!

 

プログラムの終了証です。

20190913_132133

 


 

貴重なご報告をありがとうございました!

 

本学では海外研修に参加した場合、“コーヒーハウス”という学生向けの報告会で、全員英語で研修内容を発表することになっています。先日台湾研修の発表会がありました。

 
コーヒーハウスでの発表の様子

20191218_125149

 

本学主催の海外研修プログラムでは、
研修費用を一部大学が助成する制度があります。
特に1年生時に参加する場合は、助成金が他の学年より多くなります。
 

海外研修ではコミュニケーションに不自由することがあるかもしれませんが、
コミュニケーション障害を学ぶ言語聴覚学科の学生にとって、特に有用な経験ではないかと思います。

 

国際交流活動を推進している本学への入学を、ぜひご検討ください!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2020年1月18日 (土)

入学前スクーリングが開催されました!

こんにちは。STkouhouです。

 

先日1/11(土)に、4月からの入学生を対象とした入学前スクーリングがありました!

本学の入学前スクーリングは、すでに入学が決定している方に対する入学前教育の一環として行われ、入学前の準備の一助としてもらう企画です。

 

最初は大学全体のプログラムがあり、その後学科別のプログラムが開催されました。

 

20200111_145641

 

本学科のプログラムは、ワールドカフェ形式で行われました。

ワールドカフェとは、少人数のグループにわかれて対話をし、

一定時間が過ぎたらグループのメンバーを入れ替えて対話することを繰り返す、

そんな形式で行われる会議のことです。

グループメンバーに変化があるので、よりリラックスした対話を実現できるのが長所です。

 

20200111_145711

 

スクーリングでは、在校生の1・2年生有志が活躍しました!

各グループには、在校生が1人つき、

グループ内の自己紹介の進行や

対話のファシリテーター(進行役)を務めました。

 

今回の対話のテーマは、文系・理系の区分についてです。

高校生の皆さんは受験にあたり、文系・理系という分け方に、とてもなじみがあると思います。

しかしこの分け方は結構新しい考え方であり、日本以外の国では一般的ではないそうです。

 

20200111_145720

 

対話の場面では、文系・理系と分けることは、

どんな長所があり、逆に短所があるか、

今後も必要な区分であるか、などについて話し合いが行われました。

分けることで科目を絞って勉強しやすくなる一方で、学ぶ領域が狭くなりやすい、

といった意見など、長所・短所両方の面から幅広く議論されていました。

 

20200111_145647

 

本学科は医療系ですので、理系なのかな?と一見思われますが、

学科で学ぶ科目には、解剖学や音響学のような理系の要素の強い科目もあれば、

言語学や心理学のような、文系の要素の強い科目もあります。

言語聴覚士の関わる領域は、文系・理系両方の要素が必要な、学際的な領域なのですね。 

 

20200111_145738

 

休憩時間には、在校生の準備した飲み物やお菓子がふるまわれ、

よりリラックスした雰囲気となりました。

 

20200111_145747

  

1時間半のプログラムはあっという間に終了しました。

最後に桒原先生から閉会の挨拶があり、入学予定者への歓迎の言葉が贈られました。

桒原先生の紹介はこちら

 

20200111_145658

 

プログラムの目的は、大学生活と高校生活の違いを理解し、

大学生活へのモチベーションを高めることです。

 

20200111_145810

 

大学の授業では座学も多いですが、今回のようなグループで話し合って行う授業も増えます。

ワールドカフェ形式で同級生や先輩と対話することで、

大学生活の雰囲気を感じながら、モチベーションを高めることができたでしょうか?

在校生・教員ともに、皆さんが4月に入学してくるのをお待ちしています!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

 

 

言語聴覚学科 詳細リンク