これぞ学生生活 Feed

2019年9月 5日 (木)

医療福祉施設求人説明会2019

こんにちは。

STkouhouです。

 

言語聴覚士は医療職ですので、

多くの学生は一般的な会社ではなく病院や老人保健施設へ就職します。

  

言語聴覚士の就職活動ってどうするのでしょう?

学校の就職センターには、全国の施設から多くの求人が集まります。

2018年度は言語聴覚学科の学生一人あたり約49名の求人数でした!

本学科の就職状況はこちら

 

本学の就職センターは求人票だけでなく、

就職に関する様々なサポートを行っています。

本学の就職センターの案内はこちら

  

学生は求人票をチェックし、

領域(小児・成人など)や、場所(実家の近く・関東など)など、

自分の希望する条件に沿って、受けたい施設を選び、

受験の手続きをします。

 

施設によっては就職試験の前に見学会を開くところもあります。

就職試験の内容は、面接や筆記試験、

検査の一部を行う実技試験など、施設によって様々です。

 

春先から開始している学生もいますが、

今の時期、まさに就職活動中、という学生もいます!

 

そんな学生にとって大事なイベント、

医療福祉施設求人説明会が今年も開催されました!!

 

20190828_140827 

 

このイベントは、全国の施設から求人担当職員の方や、

リハビリテーション科の職員の方々にお集まりいただき、

学生と1対1でお話していただく会です。

学生は就職を検討している施設のブースに出向き、

就職試験や、施設での業務内容など様々な質問をすることができます。

 

20190828_141002

 

学生にとっては、求人票に載っていない情報が得られる、

大変貴重な機会です。

皆熱心に情報収集をしていました。

 

20190828_141156

 

施設側の職員として、

何人かの卒業生も訪れていました。

教員も説明会会場に顔を出して、教え子たちの活躍を見ており、

感慨深い様子でしたshine

 

皆希望する施設に合格できるよう、ぜひ頑張ってください!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年8月30日 (金)

ダンス部のご紹介

こんにちは。

STkouhouです。

 

本学には多数の部活・サークルがあり、

言語聴覚学科の学生の多くも所属しています。

 

以前手話部の活動をご紹介しましたが、

今回はダンス部のご紹介です!

言語聴覚学科の学生も参加しています!! 

 

本学のダンス部は、創作ダンス、モダンダンスなど様々なジャンルのダンスを経験できる上、

全国的なダンス大会にも出場・受賞歴があります。

 

少し前になりますが、今月8・9日に神戸で開催された全日本高校・大学ダンスフェスティバルにおいて、

本学科のダンス部も創作コンクール部門に参加しました。

 

Img_0677

 

結果、第5位に相当する特別賞(主題に相応しい斬新な動きの発見に対して)を受賞しました!!

 

Img_0728

 

この大会は国内最大の創作ダンスコンクールであり、30の大学が参加しました。

本学はこの大会で4年ぶりの受賞とあり、快挙には大学全体で盛り上がりましたhappy01

 

言語聴覚学科は国家試験に向けて習得すべき科目が多い上臨床実習もあり、

さらには卒業研究も全員提出しますので、

4年間を通して勉強することが多く、なかなか忙しい学生生活となります。

 

Img_0770

 

そんな中でも学生たちは、学業と部活動の両立を目指して頑張っています。

本学で、勉強も部活動も充実した学生生活を送ってみませんか。

ぜひご検討ください!!!

  

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年6月28日 (金)

手話で地名と色を表現!_その2

こんにちは。

STkouhouです。

 

本学科の学生が多く所属する、手話部の活動の様子をご紹介しています。

 

今回は色を表現します!

講師は聴覚障害者の活動を幅広く支援しているNPO法人“にいまーる”の理事長、

臼井千恵さんです。

 

20190606_190206

 

さて、色の表現です。

主要な色は体を使って表現するものが多いのですね。

赤:人差し指で唇をなぞって、口紅を塗る表現

青:顎を触って、剃った後の青さを表現

他に、黒は髪を触って、白は歯を指して色を表現します。

 

青の表現です。

20190606_190840

 

体を使わない色ですと、

茶色は栗と、グレーはネズミと同じ手話で表現することを学びました。

 

栗の手話です。顎に拳を当てて下に2回下ろします。

20190606_190714

 

ネズミは、右手の人差し指と中指を立てたあと折り曲げます(ネズミの前歯の表現です)。

20190606_190819

 

一通り色の表現を学んだ後、 

2年生には、色から連想するものを挙げてもらいました。

赤と言えば、トマト、りんご…

青と言えば、海、空…

茶色と言えば、土、カフェオレ…

 

臼井さんは、挙げられた単語の手話表現も示してくださいました。

20190606_190157

今日は本当にたくさんの単語を学びました!

  

本当は前期のうちに、もう1回臼井さんの講義があったのですが、

残念ながら先日の地震の影響で延期となってしまいました。

 

次回の講義は後期に入ってからになります。

後期になると、大学祭での発表の準備も始まります。

その様子もまたご報告させていただきたいと思います。

お楽しみに!! 

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年6月27日 (木)

手話で地名と色を表現!_その1

こんにちは。

STkouhouです。

 

先日のブログ記事で、本学科の学生が多く所属する、手話部の活動の様子をご紹介しました。

前回は自分の名前や所属する学科、名前を習いました。

 

今回は地名や色を表現します!

講師は前回に引き続き、

聴覚障害者の活動を幅広く支援しているNPO法人“にいまーる”の理事長、

臼井千恵さんです。

 

1_2

最初は前回の復習に加え、日付、曜日、天気、温度に加え、

前回とは異なる種類のあいづち、“そうそう”、“いいえ”を新たに学びました。

 

20190606_183243

 

温度を表す手話では、水銀柱を人さし指で表すのですね。

20190606_183521

 

さて、地名です。

最初は指文字3文字で表せる地名を、手話部のみんなにどんどん挙げていってもらいます。

みんなは最初、小地谷、新発田、湯沢、亀田、といった、新潟県内の地名や、

会津、岩手といった、自分の出身地で3文字で表せるものを挙げていきました。

それもだんだん尽きてくるので、香川、高知、など遠い地名も挙げられました。

 

20190606_184738

 

臼井さんは、一つ一つの地名の指文字を見た後、

今度は手話で表してくれました。

 

岩手は、“岩”と“手”で表します。

高知は、“高い”と“知る”表します。

香川は、“におい”と“川”で表します。

漢字の通りの手話でわかりやすいですね! 

 

その土地の名産にちなむ手話もありました。

小地谷市は、鯉のひげの動きで表しました。小地谷市は錦鯉の原産地なんです。

新津は、石油で表します。油田があったんですね。

 

歴史に関連した手話もありました。

新発田市は、数字の1と6で表します。昔新発田市には、歩兵第16連隊という部隊がいたことにちなむそうです。

会津は、切腹の動きで表します。白虎隊にちなんでるんですね。

 

臼井さんは、名古屋のご出身です。

名古屋の手話は…

20190606_1849491

名古屋城のしゃちほこで表します。

 

20190606_184643

知っている地名を、手話で表現できるのは楽しいですね!

学生たちも興味深々でした。

 

次回は色の表現について学びます!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年6月 7日 (金)

手話で自己紹介をしよう!_その2

こんにちは。

STkouhouです。

 

前回から、聴覚障害者の活動を幅広く支援しているNPO法人“にいまーる”のスタッフの方々から、

手話部の学生たちが手話を学ぶ様子をお伝えしております!!

 

前回は、にいまーるのスタッフの方々のお手本から、

自己紹介の方法を学びました。

 

今回はいよいよ学生たちの番です。

貫禄の2年生からスタート!!

さすがに落ち着いています。

20190530_184346 

『言語聴覚学科』は、口の前で手を開く動きと、人差し指で耳を指す動きで表します。

20190530_184848

『看護学科』は、下記の二つの動きで表します。

①右手の親指と他の4本の指で、左手首を挟む

②両手を開いて手のひらを向い合せ、交互に上下させる

脈を取る動きと、『世話をする』の意味の手話の二つで表現するのですね。

 

臼井さんからは、各学生の名前を手話で表す方法も、教えていただきました!!

苗字は指文字(日本語の1音1音を手話で表した、いわば手話の50音表のようなものです)で表すことも可能ですが、手話で表すとより楽しいですね!

 

苗字の手話は、漢字の意味に関連した動きで表すもの、漢字の形で表すものと、

人によりさまざまでした。

たとえば、“木田さん”でしたら、下記の二つの動きで表します。

①両手の親指と人差し指を開いて、手首を返しながら上にあげる動き(木が上に向かって生える様子)

②左右の指を3本ずつ交差させて重ねる動きをします(“田”の漢字を表す)。

20190530_191142

 

最後は1年生も頑張って自己紹介をしました!

1年生は言語聴覚学科の学生がたくさん参加していて、

臼井さんも驚かれていました。

 

次回の手話部の講義では、日常会話を学ぶそうです。

またご紹介させていただきますhappy01

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年6月 4日 (火)

手話で自己紹介をしよう!_その1

こんにちは。

STkouhouです。

 

先日のブログ記事で、本学科の学生が多く所属する、手話部のご紹介をしました。

 

手話部では月2回程度、外部講師を招いて手話を学ぶ機会があります。

本日は新潟市江南区にあります、

聴覚障害者の活動を幅広く支援しているNPO法人“にいまーる”のスタッフの方々から、

学生たちが手話を学ぶ様子を取材しました!!

 

今日の講師は、にいまーるの理事長を務めていらっしゃる、臼井千恵さんです。

1

 

最初は簡単な相槌を教えていただきました。

わかる/わかった、わからない、といった表現です。

これから手話の講義を受ける上で、必要な表現ですね。

相槌に合わせて表情をつけることも重要です。

20190530_183458_2

 

続いて今回のスタッフの方々の自己紹介です。

今回いらしたスタッフの方は、臼井さんともう一人の聴覚障害者のスタッフの方、

手話通訳スタッフの方、そして新潟大学の学生ボランティアの方でした。

 

臼井さんはじめスタッフの方々は、それぞれお名前と出身学部で自己紹介されました。

社会福祉学部、経済学部、法学部、工学部…いろいろな表現を学びました。

20190530_184227

一番印象深かったのは、経済学部でしょうか。下記の二つの動作で行います。

①両手の親指と人差し指で輪を作る

②輪が交差するように水平に回す動きです。

『経済』を、お金が動く、という表現で表しているのですね。

 

ちなみに『大学』の手話は、下記の動作で行います。

①両手の親指と人差し指を頭の左右脇に位置する

②開いた2指を閉じながら斜め前後に引く

③この動きを前後を変えて繰り返します。

…文字で示すとわかりにくいですね。

この動きは大学の角帽を表しています。卒業式などで被るひし形の帽子です。

 

写真は田村先生が修士課程を修了された時の角帽姿です。

手話の動きと角帽の形が一致しましたでしょうか?

Photo

田村先生の紹介はこちら

 

次回、いよいよ手話部の学生が自己紹介に挑みます!!

お楽しみにhappy01

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年5月14日 (火)

手話部をご紹介します!!

こんにちは。

STkouhouです。

 

本学にはいろいろな部活・サークルがありますが、言語聴覚学科の学生に人気なのが手話部です。

先日その手話部の活動を取材しました!!

 


  

5月のある木曜日の夕方、会場の教室の席はだいぶ埋まっていました。

結構な女子率の高さです。

あとで知ったのですが、今年の新入部員の半分以上が、本学科の女子学生でした。

20190509_181824 

 

最初に2年生が、手話で自己紹介をしました。

「私の名前は…」の手話は右手の親指を左手の甲に押し付ける動きをします。

印鑑を押す動作を模しているそうです。

20190509_181916 

続けて自分の名前を表現します。

20190509_181919_2 

引き続き2年生から、自己紹介の方法のレクチャーがありました。

今度は新入部員が自己紹介に挑戦です!

20190509_182434 

2年生は、自分の名前に使われている漢字を意味する手話を使って自己紹介しましたが、

初心者の新入生はまだできないので、指文字の表を使って自己紹介しました。

指文字表とは、日本語の1音1音を手話で表した、いわば手話の50音表のようなものです。

20190509_182937

 

その後、大学名や学科名、学年などの表現を皆で行いました。

ちなみに『新潟』は、両手の手のひらを上に向けて、小指側をこするように交互に前後させる動きをします。

港に出入りする船の様子を表しているそうですが、なんだかかわいい動きでした。

 

皆熱心に練習します。

20190509_182540

20190509_183622 

新入部員の皆さんに、入部の理由をお聞きしました。

20190509_183614 

手話ができたら言語聴覚士となった時に役立つ、身振りに近い動きをするので覚えやすいと思った、先輩から学生生活のいろいろな情報を得られる、などが主な理由でした。

20190509_183630 

言語聴覚士の養成課程には、聴覚障害の講義はありますが手話を習う機会は特にありません。

実際に手話を使用できる言語聴覚士も多くありません。

しかし手話を使用する聴覚障害者の人は増えてきているので、言語聴覚士として身に着けておくときっと役立つと思います。

 

最後に、活動をまとめている2年生にお話を伺いました。皆さん本学科の学生です。

 

―部員には言語聴覚学科の学生が多いようですが、他にはどのような学科の学生が所属していますか?

現在は作業療法学科、看護学科、社会福祉学科、放射線学科、視機能科学科の学生が所属しています。

 

―別の学科の学生と知り合うことができますね。活動頻度はどの程度ですか?

週1回です。月2回ほど、外部講師を招いて手話を教えていただいてます。

 

―日ごろの成果を発表する機会はありますか?

秋の大学祭(伍桃祭)の際に、手話で歌の歌詞を表現するステージを行います。

去年は米津玄師の『Lemon』や星野源の『恋』、ユーミンの『やさしさに包まれたなら』を披露しました。

模擬店も出しました。手話部名物、豆腐ドーナツはなかなかおいしいですよ!

今年の伍桃祭ではぜひ、手話部のステージを見に来てください!!!

20190509_190348 

―最後に本学科への進学を検討中の高校生に、メッセージをお願いします!

手話部に入る人はみな手話初心者ばかりです。

入学したらぜひ一緒に活動しましょう!!

20190509_190404

 


 

2年生の皆さん、ありがとうございました!!

本学への進学をご検討されている方はぜひ、伍桃祭で手話部のステージをチェックしてください!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年4月26日 (金)

白衣採寸の会2019

こんにちは。

STkouhouです。

  

今日は新入生が白衣を購入するために採寸をしました。

白衣は学内および学外での実習時に着用します。

 

白衣といっても今はいろいろなタイプがありますが、

本学科ではいわゆる昔ながらの白衣と

20190425_131024

ケーシーと呼ばれるタイプの2種類を購入します。

20190425_131146

 

言語聴覚士は、以前は上の写真のような、長い白衣を着用している人が多かったのですが、

今はケーシー着用の方が多いでしょうか?

最近はより動きやすいポロシャツやジャージ着用、という施設もありますね。

 

みなさん、白衣は見ることはあっても着るのは初めてということで、

ドキドキしながら採寸しました。

白衣を着ると医療職を目指す気持ちがより高まりますね! 

 

いよいよゴールデンウィークです。

ちょっと長いお休みになりますが、

ここ最近の新生活による緊張をほぐして、また休み明けから頑張りましょうpaper

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

学外実習についてはこちら

2019年4月24日 (水)

健康診断

こんにちは。

STkouhouです。

 

新入生が入学して、それそろ一か月が経ちます。

皆さん学生生活に慣れてくるころでしょうか?

楽しいゴールデンウィークももうすぐですね。

 

そんな1年生ですが、本日健康診断がありました。

皆さん初々しいですね!

20190424_133129_2

男子学生もいますよ!

20190424_133620_2

健康診断は大学からほど近い、新潟リハビリテーション病院で行います。

この病院は大学の関連施設であり、

本学科の2、3、4年生の臨床実習も行われる施設です。

本学の卒業生も多く勤務しています。

 

新潟リハビリテーション病院についてはこちら

http://www.niigata-reha.jp/about/overview/

 

当大学の関連施設・病院についてはこちら

https://www.nuhw.ac.jp/about/facilities.html

 

学外実習についてはこちら

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/st/practice.html

 

また、本学科の今村先生、大石先生、内山先生は、

新潟リハビリテーション病院に非常勤で勤務しており、

主に認知症の方への臨床業務に携わっています。

3、4年生になると、先生方と一緒に病院のカンファレンス(症例検討会)に参加する機会があります。

今村先生の紹介はこちら

大石先生の紹介はこちら

内山先生の紹介はこちら

 

また、本学科の今井先生は、新潟リハビリテーション病院の

歯科・歯科口腔外科に勤務しております。

今井先生の紹介はこちら

 

さらに今村先生や本学科の卒業生を含む近隣の言語聴覚士が集まって、

新潟リハビリテーション病院で定期的に勉強会を開催しています。

本学科と大変かかわりの深い施設なのですね。

 

20190424_133703

皆でバスに乗って病院へ向かいます。

しっかり健診を受け、1年間元気な学生生活を過ごしてくださいねpunch

  

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

2019年4月10日 (水)

入学式2019

こんにちは。

STkouhouです。

 

4月5日金曜日、新潟市の朱鷺メッセに於いて、本学の入学式が執り行われました!!

20190405_125926_edit

20190405_094849

20190405_094859

 

大学全体での式の後、学科ごとの懇談会が開催されました。

20190405_111202

 

ここで基礎ゼミの配属結果が発表されました。

本学では1年生から3年生の前期まで、

教員ごとのゼミに所属します。

自己紹介を兼ねて、ゼミごとでしばし歓談しました。

初めて着るスーツに皆さん緊張しているようでしたが、

歓談で少しずつ笑顔が増えていきましたwink

 

20190405_112637

20190405_112703

 

保護者の皆さんが合流したのち、

保護者向けのガイダンスが開催されました。

20190405_111307

教員紹介ののち、教育方針、学外実習、海外研修などについて説明を行いました。

 

いよいよ学生生活が本格的にスタートです!!

学科は一丸となって皆さんを応援していきますpunch

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

言語聴覚学科 詳細リンク