日常のひとコマ Feed

2020年1月20日 (月)

2019年度 挨拶・マナー向上活動優秀作品表彰式

 

先日、2019年度 挨拶・マナー向上活動優秀作品表彰式が執り行われました。

 

1

様子1

 

 

そして、健康スポーツ学科4年の藤枝亜弓さんが、大学事務局長賞を受賞しました!

表彰作品

「あいさつと ひとこと添える 優しさを」

 

2

様子2

 

 

3

様子3

 

 

4

健康スポーツ学科4年生 藤枝亜弓さん

 

 

藤枝さん、大学事務局長賞受賞おめでとうございます!

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

2020年1月 7日 (火)

【地域貢献活動】子どもの運動能力向上教室参加学生の姿

 

昨年末、子どもの運動能力向上教室に参加している学生たちが「子どもたちへ」と自発的に行動を起こしてあることを・・・。

 

1

様子1

 

 

2

様子2

 

 

3

様子3

 

 

何をしていたかというと、子どもの運動能力向上教室に参加している子どもたち一人ひとりへ年賀状を送るために、年賀状をつくっていたのです。

昨年も子どもたちへ年賀状を送りましたが、今年も1年生の仲良し3人組の彼女たちが、子どもたちのことを想い、絵柄を選び、一枚一枚心を込めて自筆で宛先とコメントを書きました。

 

4

様子4

 

 

5

様子5

 

 

使い慣れていないパソコンとプリンターに四苦八苦しながらも、子どもたちのことを考えて、楽しく、一生懸命年賀状づくりをしてくれました。

 

6

様子6

 

 

7

様子7

 

 

間違いないように試し刷りもしました。が、年賀状の位置を間違えて失敗。

慎重に、やり直し・・・。

8

様子8

 

 

仲良し3人組は一人ずつ絵柄を選び、無事に印刷を終えて、なぜか記念撮影。

 

9

様子9

 

 

子どもたちのもとには、いったいどの絵柄の年賀状が届き、そこにはどんなコメントが書かれていたのでしょうか?

 

 

彼女たちは昨秋から子どもの運動能力向上教室に参加してくれています。

子どもたちにもすっかり受け入れられ、さらに保護者からも慕われています。

そんな彼女たちの「強み」は、なんといっても「子ども達の世界へ自ら入っていけること」でしょう。

子どもたちが「楽しい」と思えることを、子どもたちと同じように楽しむことができるのです。

子どもたちと同じ目線に立つことが大切だといわれても、意外とできなかったりもします。

しかし、彼女たちは自然と子どもに寄り添い、子どもたちと同じ目線に立つことができます。

そんな彼女たちだからこそ、子どもたちが彼女たちのもとへ寄ってくるのでしょう。

 

はたから見るとアンバランスなようで、でも、実はバランスの取れた3人組。

3人の中には、「絶対に小学校の先生になる!」と意気込む学生もいれば、「自分には何があっているのか」と考える学生、進路に迷う学生もいます。

まだ先の話ですが、卒業する頃、彼女たちはいったいどうなっているのでしょうか?

これからの彼女たちの成長がとても楽しみです。

(ここだけの話、個性の強い彼女たちが3人組でもバランスを取ることができているのは、お互いに、お互いのことを心から尊敬し合っているからなんですよね、きっと☆)

 

 

新潟医療福祉大学スポーツ教室

https://www.nuhwsc.com/

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

2019年12月26日 (木)

卒業論文完成!!

 

12月のとある日。

佐藤大輔先生(クリック)の研究室へ卒業論文を持参した丸山君。

先生に最終チェックをしてもらいました。図の見やすさ、フォントなどなど。

 

卒業論文は健康スポーツ学科の学生にとって一つの集大成です。

より丁寧に! より完璧に! より綺麗に!

 

丸山君は最後の最後まで細部にこだわっていました。

 

卒論を完成させて製本後に記念撮影。

1

健康スポーツ学科4年生丸山君とゼミ担当の佐藤大輔先生

 

翌日、丸山君は無事に卒論と書類を提出したようです。

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

2019年11月 8日 (金)

日常の1コマ

とある日、学生たちがグラウンドでキャッチボールをしていました。

 

1_3 

彼らは4年生。

健康運動指導士の受験も終え、現在、卒論を書き上げているようです。

束の間の休憩でしょうか。

仲良くキャッチボールをしていました。

 

ボールを投げているのは女子学生。

カーブを会得したいと、試行錯誤を繰り返していました。

 

運動は不思議です。

同じようにボールを投げているのに同じようにボールが飛んで行かない。

変な癖が出て来る。

この女子学生も、うまくボールを投げられずに「あー…」といったり、たまたまうまく投げられて「よっしゃ!!」といったり。

とても楽しそうにキャッチボールをしていました。

運動って、スポーツって、やっぱり楽しいですよね!!

 

卒論の完成を目指してがんばれ!!

2019年10月24日 (木)

交通安全講習会が行われました

10月の2週目の昼休みに、学年ごとに交通安全講習会が行われました。

 

2

3

様子1

 

 

大学生になると車で通学する学生も多くなります。

初心者マークを付けている間、とりわけ安全運転を心掛けると思います。

しかし、運転に慣れてからも安全運転を心掛けましょう。

また、自転車の乗り方も大丈夫でしょうか?

 

加害者、被害者にならないよう、気を付けましょうね。

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年9月24日 (火)

2019年度 スイスイ子ども水泳教室の報告

 

8月上旬に新潟市の子どもたち(5歳~小学6年生)を対象に「スイスイこども水泳教室」を実施しました。

今回のブログでは、スポーツを支える、教えるという観点から、水泳教室運営の一部を報告させていただきます。

この教室では、子どもたちに水泳教室を通して“水の楽しさ”を味わってもらうことを目標にしています。

教室の運営は、全て在学中の学生のみで構成されるため、水泳教室運営のノウハウを引き継いでいくことが最大の難関。

2019年水泳教室のまとめ役(通称:親方)は、坂井旬(健康スポーツ学科4年;佐藤大輔ゼミ)と船田廉 (健康スポーツ学科4年;佐藤大輔ゼミ) の2名を中心にしっかりと全体をマネジメントしてくれました。

 

1_5

親方(左:船田廉、右:坂井旬)

 

水泳教室のマネジメントは、参加者への案内、指導者の募集、こどもの泳力チェック、班分け、駐車場確保、幼児の運動教室のマネジメント、グループ毎に設営する赤色の台の分配、子どもたちへのサプライズ、スタンツ(寸劇)の準備etc…。多岐に渡る仕事を統括してくれました。

 

以下、学生指導の様子です。

 

2_3

様子1

 

 

3_2

様子2

 

 

4_4

様子3

 

 

5_3

様子4

 

 

6_2

様子5

 

 

自分の周りの方を笑顔に変え、コミュニケーションがとりやすいスポーツ指導も競技以外の魅力。

また、自分でなく他人のために働くことは、社会に出ても役に立ちます。

スタッフ一同、水泳指導を通して、子どもたちが笑顔になったことは、何物にも代え難い喜びとなりました。

指導をしてくれた学生をはじめ、保護者を含めた参加者に、この場を借りてお礼申し上げます。

 

スイスイ子ども水泳教室は年に1度だけ、夏の時期に開催されます。

今年度の開催は終わりましたが、来年度も同じ時期に開催予定です。

ご興味のある方は、ぜひ来年度ご参加ください♪

 

お問い合わせ先(担当:馬場)025 – 257 - 4582

 

新潟医療福祉大学スポーツ教室HP

https://www.nuhwsc.com/

 

馬場康博先生のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/baba.html

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

2019年9月13日 (金)

健康運動指導士資格試験対策講座の様子

 

健康スポーツ学科では、いくつかの資格を取得することができます。

その中の1つに、「健康運動指導士」(詳細はクリック)という資格があります。

この資格は、簡単にいえば健康を維持増進させるためにより良い運動指導をするための知識、技能を身につけた人に与えられる資格です。

 

高齢社会を迎えたわが国では、健康運動指導ができる人材はとても重要です。

この資格を取得するためには試験に合格する必要があります。

この日、大学生は夏休みの中、試験対策に励んでいました。

 

1_4

様子1

 

 

2_2

様子2

 

 

4_2

様子3

 

 

4_3


様子4

 

 

学生が望んだ資格を取得できるよう、健康スポーツ学科の教員は全力でサポートしています。

今年も多くの学生が望んだ資格を取得できることが期待されます。

 

スポーツ、運動、教育、健康に興味のある高校生は、ぜひ新潟医療福祉大学健康スポーツ学科で一緒に学びましょう!

きっと、とても充実した大学生活を送ることができますよ

 

5_2


 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

2019年8月 9日 (金)

2019年度 前期定期試験終了

 

在学生の皆さんは、無事に定期試験を終えることができましたか?

 

7月下旬から始まった定期試験を終え、これから長く、楽しい夏休みに入りますね。

 

1年生の皆さんは、大学生になって初めての夏休みですが、もう予定は立てたのでしょうか?

大学生としての夏休みは、長く、たぶん高校生の頃と比べて「自由」に過ごすことができるのではないでしょうか。

 

なんとな~く過ごしていても夏休みは過ぎ去ってしまいます。

せっかくの休みだから、ぜひ自分の好きなことに時間をかけて、より充実した夏休みを送ってほしいと思います。

 

また、高校生3年生の皆さんにとっては進路を決定する時期を迎えようとしていますね。

高校3年生の皆さんは もう、どこの大学を受験しようか決めましたか?

まだ決めかねている高校生もいるかもしれませんね。

 

進路を決める際に、大学進学が候補に入っている高校生は「自分が何を学びたいのか」をよく考え、進路希望の大学ではそれができるのかを考えてみてください。

自分が学びたいことを学べる大学が、あなたにとって一番良い大学選択になるはずです。

 

その大学に進学できれば、大学入学後の定期試験もあまり苦にならず、やり切れるかもしれませんね。

 

1_3

@新潟医療福祉大学

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

2019年6月28日 (金)

馬場康博先生がベストティーチャー賞を受賞!

  

本学では、学生による授業評価をもとに「ベストティーチャー」という賞が教員に贈られます。

このたび、2018年度の後期に開講された「スポーツ・健康」という授業において馬場康博先生(クリック)がベストティーチャー賞を受賞されました。

 

1

表彰式前の馬場先生

 

2

学長の山本正治先生(写真右)から賞状を頂く馬場先生(写真左)

 

以下、馬場先生のコメントです。

 

― ― ― ― ― ― ― ―

 

この度、ベストティーチャーに選出いただき、誠に光栄です。

私はこの授業を通して、学生と楽しく有意義な時間を共有させてもらいました。

だから、学生のみんなに感謝しています。

 

この授業は本学で教養体育を担当する複数の教員によるプログラムで構成されています。

よって、教養体育担当の先生方のお力添えもあっての受賞だと解釈していただけると気が楽です。

 

受賞に至った要因は、ひとえに学生に恵まれたことだと考えています。

  1. スポーツのもつ魅力に気づき、仲間のプレイを自分のことのように喜び、ミスをしても励ます学生が増えたこと。
  2. 運動の不得手に関係なく、仲間との空間・時間を共有することに喜びを感じる学生が多かったこと。
  3. クラスメイトとの会話を楽しみながら体を動かせたこと。

 

基礎科目となるスポーツ・健康は、全学科の学生が1年次に履修する科目で、自らの身体を理解することやスポーツの文化的価値を認識し、生涯にわたって運動・スポーツを継続して楽しむ実践力を育むことを目的としています。

講義では運動やスポーツの必要性を理解し、実技ではソフトバレーボールと車いすバスケットボールに取り組みます。

ソフトバレーボールは、いつでもどこでも誰とでも取り組めるスポーツで、車いすバスケットボールは、体に不自由な部位があったとしても工夫ひとつで誰もが楽しめるアダプテッドスポーツです。

車いすの操作や戦術を学ぶことで運動が苦手な人でも活躍することができます。

 

普段から“Do (ゲームを行う時間) の確保”を意識して授業をしているので、休み時間のうちにコートの設営、器具・道具等の準備を済ませ、授業開始時刻からどんどんゲームを行いました。

これも、今回ベストティーチャーを受賞できた要因の1つかなとも思っています。

 

また、体育館は音響設備も整っているので、好きな音楽を流しながら運動をしています。中には、踊りだす学生も居たり(笑)。実技終了後は、みんなで協力して片付けや掃除を行います。

そうすることで、学生も、私も気持ちよく授業を終えることができます。

これがいつものルーティンです。

 

今後もこの受賞を機に、安全に気をつけながら学生がより楽しめる授業を展開できるように、私自身も成長していきたいです。

 

3

「大好きなピカソの本を背景に」@J507

― ― ― ― ― ― ― ―

 

 

馬場先生はオープンウォータースイミングの日本代表コーチでもあります。

そんな馬場先生の授業を受けられるなんて、学生は恵まれていますね。

また、学生との距離がとても近く、いつも笑顔で学生に挨拶したり、学生との会話を楽しんだり、親身に相談にのったりしています。

 

教員志望の学生のみなさん、ベストティーチャーの馬場先生から授業のつくりかた、進め方などを聞いてみてはどうでしょうか?

将来、教員になった際に生かせる「ヒント」を得られるはずですよ!

 

ちなみに、馬場先生は、今回でベストティーチャー賞、2度目の受賞となります!!

あと1回受賞すると、殿堂入りします!!

改めまして、馬場先生、2度目のベストティーチャー賞受賞おめでとうございます!!

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年4月22日 (月)

ダンス部の中庭公演

 

 

先週、雲一つない晴天の下、ダンス部の中庭公演がありました。

 

 

1

@中庭

 

 

多くの学生、教職員が、素敵なダンスに魅了されました。

 

 

2

3


 

4


 

5


 

6


 

7


 

8


 

9


 

10


 

12


 

13


 

14


 

15


 

16


 

17


 

18


 

19


 

20


 

21


 

22

 

 

健康スポーツ学科の学生が多数所属するダンス部は、今年度も神戸(8月5日~同月8日)で開催される「第32回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)」に出場します。

その大会へ向けて、学生は日々練習に励んでいます。

 

今年の大会では、どんなパフォーマンスをしてくれるのか、今から楽しみですね!!

 

 

ダンス部 twitter

https://twitter.com/nuhwdddance?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 

ダンス部 Instagram

https://www.instagram.com/nuhwdance0311/?hl=ja

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/