授業・実習の様子 Feed

2019年6月 3日 (月)

合同での基礎ゼミ~フライングディスク&ドッチビー~

 

基礎ゼミの授業内の紹介をしますhappy02sign03

今回集まったゼミは山﨑ゼミ・下門ゼミ・山本ゼミ・奈良ゼミの4つのゼミです。

この日は天気にも恵まれ、最高の交流会日和でしたsun

 

 

【山﨑ゼミ】

Img_5232

山﨑史恵先生(前列左から2番目)のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/yamazaki.html

 

 

【下門ゼミ】

Img_5229

下門洋文先生(左から3番目)のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/shimojo.html

 

 

【山本ゼミ】

Img_5242

山本悦史先生(前列)のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/yamamoto.html

 

 

【奈良ゼミ】

Img_5249

奈良梨央先生(左から3番目)のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/nara.html

 

 

この日は他ゼミとの交流を目的にフライングディスクを行いましたdashdashdash

初めてディスクを持つ学生が多く、最初は上手く飛ばせずに苦戦をしていましたが、練習をしていくうちに上手く操作ができるようになってきましたeyeshine

 

Img_5183

 

 

Img_5193

 

 

Img_5196

 

 

P1050128

 

 

P1050129

 

 


P1050135

 

 

P1050136

 

 

P1050148

 

 

P1050159

 

 

P1050170

 

 

途中、ドッチビーも行いました!

柔らかい素材のディスクなので当たっても痛くないんですbleahup

ルールはドッチボールと同じなので、とても分かりやすいhappy01sign01

今回は山崎ゼミ・山本ゼミ vs 下門ゼミ・奈良ゼミでの対抗戦で行いました!

 

P1050178

 

 

P1050177

 

 

P1050176

 

 

結果は山崎ゼミ・山本ゼミの勝利scissorsshine

最後まで白熱した戦いが続きました!

最後は全員で記念撮影をして終了。

 

Img_5262

 

友達もたくさんできて、素敵な時間を過ごすことが出来ましたbleahsign01

卒業するまでに何人の友達ができるか、楽しみですねtoiletshine

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

2019年5月17日 (金)

【施設紹介】トレーニングセンター

 

 

本学にはトレーニングセンターが2つあります。

体育館はなんと、4つも!!

 

先日、「スポーツ・健康」の授業内で実施される様子をお伝えしました。

この授業では、担当する健康スポーツ学科の先生が各授業内でトレーニングセンターの利用講習会を実施します。

 

たとえば、

 

・利用の際には利用者ノートに必要事項を記入する

・施設利用の際には室内用シューズを履く

・施設内ではジュース、菓子類などの飲食禁止

・利用時間は平日9:00~22:00、土日9:00~17:00

・施設、トレーニング器具などを大切に扱う

・自分たちだけではなく、他の人(学生、教職員)も施設を利用することを考える

 

といった施設利用に関することや、

 

・ストレッチのしかた

・トレーニングの方法

・トレーニング器具の使いかた

・トレーニング器具を使う際の注意事項

 

など、トレーニングに関することついての説明を学生は受けます。

 

学生だけではなく、教職員もトレーニングセンターを使うことがあります。

本学科の学生だけではなく、本学の学生の皆さんならば、講習会で説明されたことを守れていることと思います。

 

 

高校生の皆さん、大学にはいろんな施設があります。

高校にはないような施設や器具もあります。

オープンキャンパスでは施設案内もあるので、気になったらぜひ一度オープンキャンパスに来て、「その目で」見てください。

 

 

1_3

施設内風景1

 

 

2_3

施設内風景2

 

 

3_3

施設内風景3

 

 

4_3

施設内風景4

 

 

 

2019年度オープンキャンパス情報

https://www.nuhw.ac.jp/applicant/event/

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

2019年5月15日 (水)

【授業風景】スポーツ・健康(1年次必修科目)

 

 

本学では、1年次に「スポーツ・健康」という授業を履修することになっています。

 

この授業では、体力測定、トレーニングセンターの利用講習、実技として車椅子バスケットボールとソフトバレーボールを実施します。

 

今回、体力測定の様子をお伝えします。

 

体力測定では、健康科学を専門とする佐藤敏郎先生(クリック)のゼミ生が、ゼミ活動の一環として毎回測定を手伝ってくれます。

 

1_2  

 

2_2

 

 

3_2

 

 

4_2

 

 

5_2

 

 

6_2

青柳君

 

 

7_2

成瀬さん

 

 

8_2

五十嵐君

 

 

9_2

今井君

 

 

体力測定では、身長、体重、InBodyと呼ばれる機器を使用した体組成の測定、自転車エルゴメーターによる持久力の測定、握力、長座体前屈、立ち幅跳び、上体起こし、反復横跳びが行われます。

  

 

10_2

 

 

11_2

  

 

12_2

 

 

13_2

 

 

14_2

 
  

社会人となれば、自ら求めなければスポーツや運動をする機会はほとんどありません。

スポーツや運動の効果は、健康の維持・増進、ストレス発散など、いろいろあります。

 

在学生には、大学生の間にスポーツないし運動習慣を身につけてもらいたいですね。

 

 

「優れたQOLサポーターの育成」が建学の理念となっている本学在学生には、在学中に、ぜひともまずは自分のQOLのためにスポーツないし運動習慣を身につけてもらいたいです。

 

 

※本学の掲げるQOL(Quality of Life)は、人生の質や生活の質を高めることで、一人ひとりの生き方を大切にしようという考え方です。(大学HPより)

 

 

 

新潟医療福祉大学 大学の理念

https://www.nuhw.ac.jp/about/idea.html

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年5月13日 (月)

【授業風景】スポーツ・実践(スキー)

 

 

本学のそばには、スキー場がいくつかあります。

冬には、「夕方からちょっと滑ってこようかな」といった具合で行ける距離にスキー場があるのです。

 

2年生から受講できる「スポーツ・実践」という授業にはスキーもあります。

ここでは、昨年度の様子をお伝えいたします。

 

 

2019年2月12日(火)〜同年2月15日(金)の3泊4日、新潟県胎内市にある「胎内スキー場/ロイヤル胎内パークホテル」で「スポーツ・実践(スキー)」の授業を実施しました。

 

今年度は、作業療法学科、健康栄養学科、看護学科、健康スポーツ学科の4学科45名の学生が集まりました。

 

初日は緊張した面持ちで開講式がはじまります。

 

1

開講式

 

 

さっそくスキー場に移動して、まずはレベル分けです。

 

2

レベル分け

 

 

初日夜のアイスブレイクでは、すっかり緊張がほぐれて笑顔がこぼれます。

 

3

アイスブレイク

 

 

 

2日目からは、レベル別の班に分かれて実技の講習です。

少人数制で、担当教員がやさしく丁寧に楽しく指導します。

そのお陰で、初心者も上級者もスキーの腕前がグングン上達して行きます。

 

4  

班別その1

 

 

5
班別その2

 

 

6

班別その3

 

 

 

宿舎のロイヤル胎内パークホテルの食事はこんなに豪華で明日へのエネルギーを貯えます。

 

 

7

夕食

 

 

夜の時間は特別講義を実施しました。

 

8

講義

 

 

その後の班別ミーティングも和やかな雰囲気で真剣に取り組みます。

 

9

ミーティング1

 

 

10

ミーティング2

 

 

最終日にはどの班もこの笑顔!

「またスキーに行きます!」とスキーの魅力にすっかりはまってしましました。

 

11

森泉先生の班

 

 

12

佐藤敏郎先生の班

佐藤敏郎先生のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/sato_t.html

 

 

13

佐近先生の班

佐近慎平先生のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/sakon.html

 

 

新潟医療福祉大学のある新潟県は全国有数の雪国です。

その雪(自然)を舞台として老若男女誰もが楽しめるスキーは、冬の生涯スポーツの代表と言えるかもしれません。

 

3泊4日、寝食を共にして仲間とスキーに打ち込む時間は、大学の講義だけではえられない「体験学習」となります。

 

学生の日誌には、「はじめは上手くいかなくても継続することが大事で、その先に達成感があるのだと改めて気づきました。」「人と接する時に笑顔は大切、患者さんとも笑顔で接せられるようになりたいです。」など、医療・福祉・健康分野での自身の専門性に活かすためのたくさんの記述がありました。

 

来年度も、ぜひ多くの学生さんの履修をお待ちしております!

 

14


集合写真

 

 

 

健康スポーツ学科 教員紹介

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher.html

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年5月 8日 (水)

鵜瀬先生のお話!

本日は基礎ゼミ(4月24日)の時間に行われた「高校生と大学生の違い」について鵜瀬先生がお話してくださいましたhappy01

その様子をお届けします。

 

Photo

 

鵜瀬先生は健スポの1年生に江戸しぐさを例に日本人特有の感性を身に着けてほしいとお話されましたeye

さて、江戸しぐさとは?

山代は知らなかったのですが・・・大変勉強になりましたear

江戸しぐさ→みんなが気持ちよく暮らすための知恵・気遣い

例えば、傘かしげ(お互いに傘をよけあう)、こぶし浮かせ(席をつめる)などがあるそうです!

Photo_2

つまり、みんながよりよく生きるための知恵を江戸時代の人達は持っていたということですsun

 

そして、鵜瀬先生は健康スポーツ学科に入学した多くの学生には

部活(スポーツ)しぐさを磨いてほしいとのことsign03

部活しぐさ→世界的にみても素晴らしい部活しぐさをさらに磨いて社会に出てほしい

例えば、あいさつ

 

Photo_3

 

「ちわ!」「うーす!」

じゃなくて、「こんにちは!」と気持ちのよい挨拶を!

 

研究室に入るとき、目上の人とエレベーターなどで一緒になった時。

みなさんは適切な対応ができますか? 

 

大学は子どもから大人になる場所とのことupwardright

  

大人と子供の違い

→誰かにみられなくてもできる

→怒られなくてもやれるのが大人

  

大学にくると・・・意外に未熟な18歳

  

センターコントロール型の指導方法では卒業後、元の未熟な人間にもどってしまう!

  

だから、大学は社会に出るまでにならってきた様々なことを自分一人でできるかどうかを最終チェックする場所であるとのことでした。

  

一見、それは「いじわるで面倒見がわるい?」

  

しかし、見られても言われなくても怒られなくてもやれないといけないのが「社会」。

それこそが・・・社会の厳しさの正体coldsweats02

 

 

これからの1年生の指針になる良いお話でした。

卒業するときにみんなが・・・写真のような人に近づけますように!!

Photo_4

2019年4月24日 (水)

基礎ゼミでの講演

 

 

4月中旬に、1年生を対象にした基礎ゼミのなかで「有意義に大学生活を送るために」と題してカウンセラーの勝又陽太郎先生にご講演して頂きました。

 

1_2

勝又陽太郎 先生

 

 

2_2

様子1

 

 

3_2

様子2

 

 

大学の授業は90分あり、高校の時とは違いますよね。

授業の時間にも少しずつ慣れていってくださいね。

 

さて、1年生の皆さん、勝又先生の講演をちゃんと聞くことはできましたか?

大学生活を「有意義に」送るためのヒントがたくさん詰まった講演でしたよ。

少しでも今回の公演を参考にして、大学生活を「有意義に」送ってください。

 

一方で、2年生以上の皆さんは「有意義に」大学生活を送ることはできていますか?

楽しいこと、好きなことだけに流されず、ぜひ意義のある生活を送ってください。

 

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年3月 7日 (木)

【授業風景】コーチング論

 

 

今回、「コーチング論」という講義をご紹介します。

 

この講義は1年生を対象に開講されています。

担当しているのは池田祐介先生です。

 

 

1_2

池田祐介先生

プロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/ikeda.html

  

 

 

この日、小林志郎先生から自身のコーチングについて話がありました。

 

 

2_2

小林志郎先生

プロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/kobayashi.html

 

 

 

 

3_2

講義風景1

 

 

4_2

講義風景2

 

 

過去にこのブログで紹介しましたが(「【授業風景】陸上競技」クリック)、小林先生は円盤投げで日本選手権を4回も制した経歴をもっています。

 

この日の講義の中で、小林先生は「自分で記録を出そうとして出した記録か、勝手に出てしまった記録なのかは全く意味が違う」といったことを話していました。

 

また、小林先生の話の後に、質疑応答の時間が設けられ、学生と以下のようなやり取りがありました。

 

【学生の質問1】

選手の時と指導者になってからでは、どっちの方が気づくことが多いのですか?

 

【小林先生の回答1】

指導者になった時の方が気づきが多いです。

選手の時は自分が強くなることだけを考えていればよかったけれど、指導者になると全体をみなければならないし、選手に伝えようとしてもうまく伝わらないことがあります。

だから、いろんなことを考えることが必要になりました。

 

 

【学生の質問2】

日本一になった時にもっと上を目指そうと思いましたか?

 

【小林先生の回答2】

その時点で世界との差が10mくらいあったから、すぐに世界を見据えることはできませんでした。

しかし、一歩ずつ着実に進んでいくことを考えて競技に励んでいました。

 

 

また、授業の中ではこんな話もありました。

 

「練習とは、身体を動かすだけではなく、自分の競技や他の競技について考えたり、それらの本を読むことも練習と考えていいと思う」

 

「強い選手がやっていることを知る必要はあるけれども、自分に合っているトレーニングを実践する必要がある」

 

 

この日の講義の中で、小林先生がどのようなセルフコーチングによって自身の競技力を向上させていったのか、また指導者となった今、どのようなことを意識しながら指導にあたっているのか、といったことが話されました。

 

そこにはコーチングのヒントがたくさん隠されていたと思います。

とはいえ、そのヒントを得られるか否かは受講者の態度にもよるところが大きいです。

 

健康スポーツ学科には日本を制した教員がいるのだから、とりわけ強化部に所属する学生はその先生からヒントを得て欲しいと思います。

 

 

 

また、講義の中で、現在池田先生は小林先生と共同研究をしている、といった話もでました。

 

池田先生はトレーニング科学やバイオメカニクスを専門としています。

そんな池田先生と競技者として日本のトップに立った小林先生は一体どんな共同研究しているのでしょうか?

また、その研究の結果、どんなことが明らかにされるのでしょうか?

とても楽しみです。

 

在学生か学外の人問わず、池田先生と小林先生の共同研究に興味のある人は、ぜひ、先生のところへ行って聞いてみてください!!

 

 

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

新潟医療福祉大学 陸上競技部HP

https://www.nuhw-tfc.net/

 

 

新潟医療福祉大学 陸上競技部twitter

https://twitter.com/nuhwtandf

 

 

2019年3月 4日 (月)

【授業風景】球技指導法実習Ⅰ(ゴール型)

 

 

高校生のみなさんは、春休みはまだですよね!?

大学生は、2月の上旬頃から春休みが続いています。

 

大学生は休みが多い分、「好きなこと」に時間をかけられる。

これは大学生の特権かもしませんね。

 

 

さて、昨年には健康スポーツ学科のいくつかの授業を紹介しました。

【授業風景】陸上競技(クリック)

 

【授業風景】バイオメカニクス(クリック)

 

【授業風景】テーピング・ストレッチ実習(クリック)

(アスレティックトレーナー関連授業)

 

【授業風景】コンディショニング論(クリック)

  

【授業風景】体育科教育法Ⅱ

などなど。

 

 

今回、今年度行われた授業を紹介します。

 

今年度の球技指導法実習Ⅰ(ゴール型)は第四体育館を利用して、少人数で実施されています。

 

担当は神田勝夫先生と寺田進志先生です。

 

1

神田勝夫先生

 

 

この授業では、学生が指導者役となり、ウォーミングアップやトレーニングメニューを考え、それを実践します。

 

 

2

授業前、和やかな雰囲気で談笑していました

 

 

授業が始まり、神田先生からこの日の流れが説明されました。

 

 

 

 

3

この日のウォーミングアップを担当したのは矢村君(健康スポーツ学科3年)、トレーニングを担当したのは鶴田君(健康スポーツ学科3年)です。

ちなみに、この日のテーマは「キック」でした。

 

 

4

 

 

 

5

矢村君(アルビレックス新潟内定)

 

 

6

鶴田君

 

 

 

まず、全員で体育館内を歩きました。

 

 

 

 

7

その後、二人組になりストレッチをしました。

 

 

8

神田先生と鶴田君

 

 

 

9

落合君と矢村君

 

 

 

 

10

ストレッチの後、一人1個ボールを使ってドリブルをしました。

サッカーのための動きをしながら身体をほぐしたのです。

 

 

11

 

 

少しずつ強度を上げました。

決められた枠の中でドリブルをしながら他の人のボールを蹴る出すゲームをしました。

 

 

12

 

神田先生も混ざってボール出しゲームをしました。

学生たちは、神田先生のボールを出そうと、狙いを定めています。

(ちなみに、この日、寺田先生は怪我のため学生とボールを蹴ることができませんでした)

 

 

13

 

神田先生も負けじと、学生のボールを出そうとしました。

 

 

14

 

ボール出しの後、二人一組になり、アップとして基礎練習を行いました。

二人が向き合い、片方の人が手でボールを投げ、もう片方の人がボールを蹴り返しました。

インステップキック、インサイドキック、トラップから蹴り返す、ヘディングを行いました。

 

 

15

 

 

16

インサイドキック

 

 

 

17

インステップキック

 

 

18

神田先生も胸トラップからボールを蹴り返しました

 

 

 

19

ヘディング

 

 

 

ここまでは矢村君が指導実践を行いました。

この後、鶴田君にバトンタッチ。

鶴田君が指導実践を行いました。

 

 

 

二人組で対面パスを行いました。

インサイドキック、インステップキック、アウトサイドキック、インフロントキックと、様々な蹴り方でボールを蹴りました。

 

 

20

インサイドキック

 

 

21

インステップキック

 

 

22

インフロントキック

 

 

23

もちろん、蹴られたボールをトラップしました

 

 

 

24

 

 

 

 

キックの練習をした後、多様な蹴り方でシュートしました。

 

 

25

 

 

26

 

 

体勢を崩しながらもゴールへシュート!!

 

 

27

 

神田先生もシュート!!

 

 

28

 

 

 

シュートはインステップキックで思い切りボールを蹴ることだけではありません。

インサイドキックで狙ったところへボールを蹴ることもシュートです。

 

 

29

 

 

これらの様子は動画で撮影されています。

 

 

30

 

 

 

矢村君と鶴田君の指導実践が終わった後に、この日の授業を振り返りました。

 

 

31

 

 

32

 

 

33

 

 

34

 

 

  

指導実践を行った学生が感想をいい、それに対して他の学生が「もっと○○すれば良かったんじゃないか」といった意見が出ました。

神田先生も学生の議論を聞き、それらを踏まえながらこのテーマの際の指導上のポイントを解説しました。

 

 

35

 

 

36

 

 

37

 

  

 

今年度、この授業の受講者は少ないですが、その分きめ細かく「指導」を教えることができます。

 

 

健康スポーツ学科には、専門知識を学ぶ講義形式の授業と実践知を身につける実技系の授業があります。

 

理論を知っているだけでは意味をなしません。

それを実践の場で使ってこそ、「知恵」と化します。

 

神田先生も寺田先生もサッカーの指導経験が豊かです。

 

学生は2人の先生からサッカーの指導に関して多くのことを学ぶことでしょう。

 

 

今年度、この科目の受講者は少ないですが、

「サッカーが好き!!」

「指導法について学びたい!!」

といった学生ならば、サッカーの経験を問わずに大歓迎です。

 

先生たちと身体を動かしながら、指導法について一緒に学びましょう!!

 

 

38

 

 

 

神田勝夫先生のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/kanda.html

 

 

寺田進志先生のプロフィール

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/terada.html

 

 

新潟医療福祉大学 トピックス&ニュース

矢村健選手(健康スポーツ学科3年)アルビレックス新潟2020シーズン新加入内定およびJFA・Jリーグ特別指定選手のお知らせ

https://www.nuhw.ac.jp/topics/public/detail/insertNumber/2415/

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年2月15日 (金)

2018年度 健康づくり現場実習II

いきいき放送局へようこそ!

本日は、健康スポーツ学科の実習授業の一つ「健康づくり現場実習II」についてご紹介いたします。

 

2018年度前期の「健康づくり現場実習I」の様子

http://nuhw.blog-niigata.net/hs/2018/06/2018i-d98d.html

この授業では、健康スポーツ学科主催の運動教室を学内で開催し、新潟市北区の方々の健康づくりをお手伝いします。

5月~7月に第一期、9月~11月に第二期の運動教室を行い、学生は指導者役として前期に引き続き運動指導を行います。

健康スポーツ学科で行っている四つの運動教室の様子を紹介いたします。

 

イキイキ運動教室(陸上)

Dscn0495

 

Img_3511

<豊崎真矢くん>

 

 

転倒予防教室(水中)

Dscn1355

Img_2247

<前谷一輝くん>

 

 

気分爽快!エアロビクス教室

Img_2933

Img_2335

<伊藤宏紀くん>

 

 

脳と体!スッキリ運動教室

Img_3007

Img_3108

<丸山貴大くん>

 

学生は16回の運動指導経験を積みます。1回ずつ反省・改善を繰り返すうちに、立派な指導者として成長していきます。

最初の頃は運動を人前で実演するだけで精一杯だったのが、次第に余裕も出て来て周りが見えてくるようになり、学生同士で連携できるようになります。

学生は、どうすれば参加者が楽しんでもらえるか、いい気分になって帰ってもらえるかを考えます

ただ運動をサービス提供するのではなく、ホスピタリティの精神も培われていきます。

このように、健康スポーツ学科では多くの学びの場が提供されています。

 

昨年度の様子(クリック

健康スポーツ学科の実習授業 (クリック

2019年1月24日 (木)

授業「ダンス」における創作ダンス発表会

1月も後半に差し掛かり、後期授業も続々と15時間目の終わりを迎えて来ています。

1年生が中心となって対象となる実技「ダンス」では、毎年最終授業に「創作ダンス発表会」が行われます。

この授業では、将来教員を目指す学生たちが選択必修科目として受講しています。
授業前半ではリズム系授業を行い、実技テストを終えました。そして授業後半からは教材で表現について学びながら、表現系領域として最後にはグループごとによる作品発表を行います。

記録の関係上2コマあるうちの1クラスのみのご紹介になりますが、学生たちによる発表会の様子を、写真でご覧ください!

Img_5448

 

 

Img_5456

 

 
各作品には「テーマ」が求められており、チームごとにテーマに合った動きをつくりあげて発表します。
中にはインパクトのある衣装で身体を張って演出的に盛り上げるチームもありました!
さてこれは何の曲に合わせて披露されたでしょうか…?
 

 

Img_5467

  

 

それぞれに個性あふれる作品揃い。
フラをモチーフとして作中に取り入れるアイディアも。

 

 

Img_5470 

 

 

Img_5480

 

 
ここは1年生と先輩の合同チーム!先輩が程よくリーダーシップを発揮し、チーム一丸となって取り組んでいました。
 

 

Img_5490

  

Img_5493

 

 
曲に合わせた振付が多くなりがちな中、「表現」で勝負しようと、とにかくテーマ性を表す動きや演出、小道具などで作品をつくったチームも。特に際立った異色さをいい意味で放っていました!

 

 
人数の多さを生かして隊形変化など、個と群の見せ方を上手に生かして構成したチームもありました。次々に展開する配置転換、授業外でも練習を重ねた成果が感じられました。

 
Img_5510

 

 
Img_5507

 

 


Img_5506

 

 

Img_5514

 

 
そして最後には男子のみの大人数チーム。
極限のギリギリまで身体を使って懸命に踊る姿は非常に生き生きとして、見ている側まで楽しくなるような興奮が感じられました。

 

 

Img_5515

 

 


Img_5519

 

 

Img_5526

 

 
毎年後期の授業では年末年始を挟んでしまうために、継続したグループ活動などはやりづらい点も多くあったと思いますが、直前の追い込みや授業・部活外の練習によって、本番はどのチームも素晴らしい発表となりました。

 
 
練習の様子など

Img_5421

Img_5415

Img_5443


Img_5412

Img_5417

Img_5425

Img_5423

Img_5433

Img_5432

Img_5440

Img_5438

Img_5536

Img_5538

Img_5532_2


受講生の皆さん、発表会までお疲れ様でした!!
 
 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/