お知らせ・学科紹介 Feed

2019年7月22日 (月)

2019年ヨーロッパスポーツ科学学会(プラハ)

いきいき放送局へようこそ!

 

本日は、下門先生より国際学会への参加について報告していただきます。

 

7月3日(水)~7日(土)にチェコ共和国のプラハにて開催されたヨーロッパスポーツ科学学会へ、西原学科長とともに参加してきました。

 

学会会場はプラハ会議センターで、136の口頭発表と76のポスター発表(紙の前で発表)、479のEポスター発表(モニター画面の前で発表)がありました。

 

Dsc_1902

<大講堂での口頭発表の様子>

Dsc_1920

<ポスター発表会場の様子>

 

学会内で使われる言語は英語です。

英語で発表、質疑応答もこなさなければなりません。

私は今年の3月までシドニー大学に滞在させていただけたおかげで(記事はこちら)、研究に関することはかろうじて英語でコミュニケーションを取ることができました。

Dsc_1897

 <Eポスター発表の様子>

 

Dsc_1890

<海外研究者との交流の様子>

 

しかし、ネイティブの方との日常会話となるとまだまだで、例えば何気ない会話にカットインするのをためらってしまうなど、懇親会やパーティーでのおしゃべりが課題だと感じました。

日本国内で英語能力を高めたいと考えると英語の検定は英検やTOEICが有名ですが、海外の方に聞くとイギリスやオーストラリアの留学ではIELTSやTOEFLの試験が受験要件に入っているそうです。

留学や英語能力の向上に興味がある人は参考にしてみてください。

 

Dsc_1884

<学会会場の入り口にて>

 

この学会はヨーロッパだけでなく、アジアやオセアニア地域からも多くの方が参加されており、特に日本人の参加者が最も多いです。

西原学科長も、ライプツィヒ大学との共同研究を進めたきっかけはこういった国際学会での出会いから始まったそうです。

国際学会は、英語の能力を鍛えるのに加えて新しいネットワークを作れる場所としての機能もあります。

今回の学会参加で、世界でどんな研究がトレンドなのか知ることができ、日本にアイデアを持ち帰ってまた新しいことにチャレンジしようと感じました。

Dsc_1758

<プラハの街並み>

 

ところで、10月19~23日にアメリカのシカゴで神経科学の国際会議 (Society for Neuroscience 2019) があり、佐藤大輔ゼミの大学院生が発表する予定です。

その様子は後日こちらで報告いたします。ご期待ください!

2019年7月16日 (火)

7月のオープンキャンパスの報告

 

7月14日(日)に夏のオープンキャンパスが開催されました。

 

1

 

 

午前、午後に学科説明会が行われましたが、合わせて100名以上の方にご参加いただきました。

ありがとうございます。

 

2

午前の学科説明会の様子

 

 

3

午後の学科説明会の様子

 

 

学科説明会では、山﨑史恵先生(クリック)が健康スポーツ学科の特色や学生がどんな学びをしているのかなどを説明してくれました。

 

4

山﨑史恵先生

 

 

学科説明会の後、来場者の興味関心のある体験コーナーへ移動しました。

 

5

移動の様子

 

 

第4体育館では、全身反応時間の測定や車いすバスケットボールの体験コーナーが設置されていました。

 

6

全身反応時間の測定の様子1

 

 

7

全身反応時間の測定の様子2

 

 

また、同日第4体育館ではユニファイドサッカーの練習が行われていました。

 

8

ユニファイドサッカーの様子

 

 

O棟では、熊崎昌先生(クリック)が来場者にアスレティックトレーナーに関することを説明しました。

 

9

熊崎昌先生

 

 

10

「アスレティックトレーナーへの道(講義形式)」の様子

 

 

また、第1体育館ではダンス部が8月に開催されるダンスの全国大会の練習を行い、それを見学する来場者もいらっしゃいました。

 

12

ダンス部の練習の様子

 

 

この日、とある高校生が「ここを受けます!!」と話してくれました。

それを聞いてとても嬉しく思いました。

高校生にとって、ここ、健康スポーツ学科が魅力のあるところであると感じたからです。

 

その後に、その高校生から「どうすれば入れますか?」と質問されました。

もちろん、入学試験に受かるしかその方法はありません。

その過程では受験勉強が必要になります。

そこで「頑張る」ことが、これからのあなたの力になるはずです。

 

また、その高校生は「ここに入りたいから隅々までみたい」とリクエストしてくれたので、雑談しながらさまざまな施設を見学しました。

 

そして最後に、その高校生に「大学って面白いところでしょ!? オープンキャンパスに来て、自分の目でいろいろみて、体感して、楽しいし、モチベーションも上がるでしょ!? 受験勉強で大変になったとき、オープンキャンパスに来たことを思い出して、そこの景色を頭に浮かべたら、またやる気が出ると思うよ」と話しました。

高校生は「はい!!」と、気持ちのいい返事をしてくれました。

 

オープンキャンパスに来ることで受験勉強へのモチベーションアップにもつながるかもしれませんね。

 

来年の春、多くの高校生とここ、新潟医療福祉大学健康スポーツ学科で再会できることを心から楽しみにしています。

 

今年度、本学のオープンキャンパスはまだあります。

ぜひ一度、ここにきて、自分の目で見て、自分の身体で感じて、受験勉強へのモチベーションを上げてください!!

 

 

新潟医療福祉大学オープンキャンパス情報

https://www.nuhw.ac.jp/applicant/event/

 

新潟医療福祉大学受験生応援サイト

https://www.nuhw.ac.jp/applicant/

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年7月15日 (月)

スペインの研究者との交流

いきいき放送局へようこそ!

 

本日は、佐藤大輔先生との共同研究で滞在している海外研究者との交流についてご紹介いたします。

Img_7508_2

山代先生と研究について英語で話をしているスペイン人のJavier Gueitaさん<ハビエル、親しみを込めてハビと呼んでいます>。

 

ハビさんは理学療法士で水中運動療法に興味をもっており、佐藤大輔先生と一緒に研究をスタートさせました。

とても気さくな方で、学生と一緒に運動教室へも参加しています!

Img_7317

Img_7592

日本の文化や大学の取り組みにとても興味を持っています。

特に佐藤大輔ゼミの皆さんは彼と一緒にいる時間が多いため、英語で会話しなければならい場面が生まれて、コミュニケーションがうまくいかず苦労していました。

しっかりとした英会話ができないことを恥じるのではなく、どんなに陳腐で幼稚な単語だろうと、それをつなげてでも英語で伝えたい思いを強く持つことが大事です。

Img_6496

【ハビさんを囲んで】

 

健康スポーツ学科には、国際的な視点に触れる機会もあります。

 

佐藤大輔先生のプロフィール(クリック)

2019年7月 5日 (金)

2019年度 教員学生交流会

 

 

先週、毎年恒例となっている教員学生交流会が開催されました。

1年生の基礎ゼミ対抗のソフトバレーボール大会です。

 

山本悦史先生(クリック)も、楽しそうなこの表情。

 

1

山本悦史先生

 

 

2

吉松梓先生(クリック)(写真中央下)と基礎ゼミ生

 

 

3

杉崎弘周先生(クリック)(写真左)と基礎ゼミ生

 

 

4

山﨑史恵先生(クリック)(写真左)と基礎ゼミ生

 

 

5

様子1

 

 

6

様子2

 

 

7

様子3

 

 

8

様子4

 

 

結果は、奈良梨央先生(クリック)の基礎ゼミの優勝です!

 

9

結果

 

 

学科長の西原康行先生(クリック)から賞状が授与されました。

 

10

西原康行先生(写真右)

 

 

最後に、みんなで集合写真を撮りました。

 

11

集合写真

 

 

1年生のみなさん、交流会を楽しむことはできましたか?

これから卒業まで、いろんな経験をして、ぜひ大きく成長してください。

そして、社会で「活躍できる人材」となることを願っています。

 

困ったり、悩んだり、迷うこともあるでしょう。

その際には、ぜひ基礎ゼミの先生に相談してみてください。

健康スポーツ学科の教員は、一生懸命頑張る学生を全力でサポートします。

 

これから共に、楽しい時間を過ごしましょう!!

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

2019年6月24日 (月)

2019年度 新潟医療福祉大学 学生表彰式

 

 

先日、2019年度の学生表彰式が執り行われました。

 

1

@Q103教室

 

 

当日、桑添陸君(健康スポーツ学科3年:水泳部)、出澤美和さん(健康スポーツ学科4年:水泳部)、松田知利君(健康スポーツ学科3年:陸上競技部)、春日惇ノ介君(健康スポーツ学科4年:軟式野球部)が出席し、副学長の江原義弘先生より賞状を授与されました。

 

2

桑添陸君

 

 

3

出澤美和さん

 

 

4

松田知利君

 

 

5

春日惇ノ介君

 

 

当日、ユニバーシアードの合宿や教育実習で欠席した学生もいました。

表彰者ならびに表彰理由については以下の通りです。

 

【課外活動優秀賞(個人)】

☆田中優弥君(健康スポーツ学科3年:水泳部)☆

第94回日本選手権水泳競技大会

男子50mバタフライ、7位:23秒96

 

☆深澤舞さん(健康スポーツ学科3年:水泳部)☆

第94回日本選手権水泳競技大会

女子50m平泳ぎ、5位:32秒03

 

☆桑添陸君(健康スポーツ学科3年:水泳部)☆

第94回日本選手権水泳競技大会

オープンウォーター男子10km、5位:1時間55分37秒5

 

☆出澤美和さん(健康スポーツ学科4年:水泳部)☆

第94回日本選手権水泳競技大会

女子200m平泳ぎ、6位:2分30秒19

 

☆寺山真由(健康スポーツ学科4年:水泳部)☆

第94回日本選手権水泳競技大会

女子50m自由形、8位:26秒24

 

☆松田知利(健康スポーツ学科3年:陸上競技部)☆

2018年日本学生陸上競技個人選手権

男子円盤投、4位:50m17

 

☆阿部永寛(健康スポーツ学科4年:軟式野球部)☆

第41回全日本大学軟式野球選手権大会

敢闘賞

 

 

【課外活動優秀賞(団体)】

☆畠山章吾君(健康スポーツ学科4年:軟式野球部:代表者)☆

(当日の出席者:春日惇ノ介君(健康スポーツ学科4年:軟式野球部))

第41回全日本大学軟式野球選手権大会:第3位

 

 

【社会活動優秀賞(団体)】

☆矢野桃香さん(社会福祉学科4年:レクア.コム部:代表者)☆

社会福祉の向上のため10年以上継続して活動または協力を積極的に行ったと認められる個人もしくは団体または企業に贈られる「平成30年度北区社会福祉協議会会長表彰」を受賞。

 

 

式の終わりに、参加者全員で記念撮影が行われました。

 

6

集合写真@Q103教室

 

 

表彰された学生のみなさん、改めておめでとうございます。

今後の活躍も期待しています!

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

2019年6月21日 (金)

6月オープンキャンパスの報告

 

 

6月15日(日)に、オープンキャンパスが開催されました。

 

P1050404

 

当日雨が降り、足元が良くありませんでした。

しかし、多くの方にご来校いただきました。

 

心より感謝申し上げます。

 

1

大学説明会の様子@Q棟

 

 

健康スポーツ学科の学科説明会にも多くの方にご参加いただきました。

 

2

午前の学科説明の様子@IA棟

 

 

3

午後の様子@IA棟

 

 

4

学科説明の内容

 

 

まず、杉崎弘周(クリック)先生から健康スポーツ学科の学びの特色や本学科の学生がどんなことを学び、どのようなところへ就職していったのかなどについて説明がありました。

ご参加くださった皆さん、健康スポーツ学科が「どんな学科」なのか、学生が「どんな学び」をしているのか、少しだけでも理解してもらえましたか?

5

杉崎弘周先生

 

 

次に、武田丈太郎先生(クリック)から「スポーツに関わる仕事とは?」と題して、スポーツに関わる仕事について説明がありました。

 

6

スポーツに関わる仕事の説明の様子

 

7

武田丈太郎先生

 

スポーツに関わる仕事っていろいろありますよね。

具体的にどんな仕事があるのか、わかりましたか?

本学科で学んだ後の就職先の可能性などについて少しでも想像することができましたか?

 

 

オープンキャンパスの際には、毎回学生の力を借りていますが、今回も学生の力を借りました。

 

8

打ち合わせの様子@O棟

 

協力してくれた学生のみなさん、ありがとうございました。

 

教員よりも学生のみなさんの方が高校生に年齢も近く、感覚も近いから、たぶん、学生生活についての話は、学生のみなさんの言葉の方が高校生に届くことでしょう。

高校生のみなさん、オープンキャンパスに来た際には、ぜひ「在学生の声」を聞いてください。

恥ずかしさや、緊張もあるかもしれませんね。

でも、健康スポーツ学科の学生はみな、親切で優しい学生です。

「こんなこと聞いてもいいのかな?」とか思う必要はありません。

あなたが思う「素朴な疑問」を、ぜひ、健康スポーツ学科の学生に聞いてください。

そうすることで、オープンキャンパスに来たことの価値がぐんと上がりますよ!

 

今年のオープンキャンパスはあと7回。

7月14日(

8月3日(

8月4日(

9月1日(

10月6日(

11月10日(

12月7日(

 

新潟医療福祉大学オープンキャンパス情報(クリック)

 

 

大学進学を考えている高校生のみなさん、「どんな大学生活を送りたいのか?」という質問を自分に対してつくってみてはどうでしょうか。

 

そして、その質問に対する小さな答えを、オープンキャンパスに参加することで見つけることができるかもしれませんよ。

 

目標が明確になることで、大学受験へのモチベーションがあがるはずです。

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年6月19日 (水)

新任教員紹介2 ~上田純平先生~

 

 

先日、今年度健康スポーツ学科に着任した三瀬貴生先生の紹介をしました。

今回、三瀬先生と同様に、今年度から健康スポーツ学科に加わった上田純平先生を紹介します。

 

以下、上田先生からのメッセージです。

 

― ― ― ― ― ― ― ―

はじめまして。

 

今年度から健康スポーツ学科に着任しました、上田純平(うえだ じゅんぺい)です。

専門は臨床心理学、教育心理学です。着任前は、臨床心理士として兵庫県の小中学校のスクールカウンセラーや高校のキャンパスカウンセラーなどの勤務を行っていました。

 

新潟に来て2か月ほどたちました。

兵庫県は山が多く、どこかに移動するにはたいてい山を越えなければならなかったのですが、新潟市は山が少なくバイパスなども整備されていて移動がスムーズだなと感じています。ドライブやキャンプなどのアウトドアが好きなので、これから少しずつ新潟の魅力を知っていきたいと思っています。

 

私の担当講義は、「教育心理学」、「生徒指導・進路指導論」などです。

教職をめざす方は、教職支援センターの講座などでもお会いすることが多いかと思います。

 

研究室はJ605合同研究室ですので、お気軽にお越しください。

(天気の良い日は日本海や美しい夕陽がよく観えるので、大変気に入っています。)

 

1_3

J605からの眺め

 

これからどうぞよろしくお願いします。

  

2_2


上田純平先生

 

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年6月17日 (月)

新着任教員の紹介1 ~三瀬貴生先生~

 

 

今年度、2名の教員が健康スポーツ学科に加わりました!

 

一人目は三瀬貴生先生です。

 

以下、三瀬先生からのメッセージです。

 

― ― ― ― ― ― ― ―

はじめまして。

 

今年度4月より健康スポーツ学科に講師として着任しました三瀬 貴生(みせ たかお)です。

 

出身は大阪府枚方市です。新潟のように降雪地域に住むのは初めてのことで今から冬の生活がどうなるのかドキドキしています。

 

スポーツは大学まで水泳をしていました。

独身の時はダイビングやゴルフなどで休日を過ごしていましたが、最近は2歳の息子の遊び相手として休日を楽しんでいます。

 

私の専門分野はアスレティックトレーニング学で機能解剖学、アスレティックリハビリテーション論、コンディショニング実習などの授業を担当します。

私自身、現在も現役トレーナーとしてスポーツ現場で活動しています。

また、以前はスポーツに強いクリニックのリハビリ室で勤務していた経験もありますので、それらの経験を活かして将来トレーナーを目指す学生の皆様をサポートしていきたいと考えています。

 

将来の進路や医療系の資格取得などについてもお気軽にご相談ください。

O棟407でお待ちしています。

 

1

三瀬貴生先生

 

 

2

@O407

― ― ― ― ― ― ― ―

 

本学科には、アスレティックトレーナー関連の授業を担当する教員は熊崎昌先生(クリック)がいますが、三瀬先生も加わったことで「教育の質」がより向上します。

 

アスレティックトレーナーを目指す学生の皆さん、熊崎先生だけではなく、三瀬先生の研究室も訪ね、「アスレティックトレーナーになる!!」という目標を達成させてください。

 

アスレティックトレーナーの資格を取ることは難しいですし、実際にアスレティックトレーナーとして就職し、働くことはもっと難しいことかもしれません。

 

でも、「決して諦めずに」、自分の意志で立てた目標を達成させてください。

 

 

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年5月30日 (木)

5月の学科研究セミナー(佐藤大輔先生) ~「脳」の研究について~

 

 

前回、西原先生の研究内容を紹介しました。

今回、佐藤大輔先生(クリック)の研究内容を紹介します。

以下、佐藤先生に研究セミナーの内容を紹介して頂きます。

 

 

― ― ― ― ― ― ― ―

 

健康スポーツ学科では、1カ月に1回、各先生の研究内容を紹介する

「学科研究セミナー」を開催しています。

 

今回は、佐藤大輔が紹介する機会をいただきました。

 

私は、現在、「新しい脳の評価法」の開発を目指しています。

私たちの脳の中には、数えきれないほどの神経細胞があります。

私たちは、その神経細胞が「必要なときに」、「必要な分だけ」はたらくことで、考えたり、動いたりしています。

ただ、残念ながら、脳の神経細胞がどんな風に働いているかについては、分からないことが沢山あります。

 

その中で、私は「アセチルコリン」という神経と神経をつなぐバトンである神経伝達物質を評価する方法を開発しています(イメージは下のイラストのような感じです)。

 

1_2

 
本学にある、「核磁気共鳴イメージング装置(MRI、エムアールアイ)という脳の中を調べる装置」と「経頭蓋磁気刺激装置(TMS、ティーエムエス)という脳を刺激する装置」を組合せることで、アセチルコリンの役割について調べています。

 

2_2 

  

研究は、「誰も知らないことを、世界で初めて知る」チャンスです。

運動と脳について、一緒に調べたい人、募集中です!!

3_2

佐藤大輔先生

― ― ― ― ― ― ― ―

 

 

フロアには多くの先生が集まりました。

 

4_2

 

発表後、フロアの先生から質問がありました。

5_2

中央:質問をした越中敬一先生(クリック)、左:佐藤晶子先生

 

6_2

小野まどか先生(クリック)

 

 

7_2

左:杉崎弘周先生(クリック)、右:佐藤大輔先生

 

 

健康スポーツ学科の先生達は、「健康」「スポーツ」「教育」の「専門家」です。

ただ、実は、お互いの研究については、知らないことが沢山あります。

だから、研究セミナーを有効に活用して、先生同士で「学び」合っています。

 

高校生のみなさん、オープンキャンパスでは、そんな健康スポーツ学科の先生と話す機会があるので、ぜひ、一度大学に来て、先生といろんなことを話してみてはいかがですか?

 

新潟医療福祉大学 2019年度オープンキャンパス情報

https://www.nuhw.ac.jp/applicant/event/

 

健康スポーツ学科 教員紹介

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher.html

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

 

 

2019年5月27日 (月)

私の研究への取り組みの考え方 –進めている研究紹介から-  西原康行先生

 

5月の健康スポーツ学科では、西原康行先生(クリック)佐藤大輔先生(クリック)の研究内容の紹介が行われました。

 

今回、西原先生の研究を紹介します。

以下、西原先生に研究セミナーの内容を紹介して頂きます。

 

― ― ― ― ― ― ― ―

私は30年近く研究に携わり、そろそろ研究人生のゴールが見える成熟期を迎えています。

そこで、現在、どんな考え方で研究に取り組んでいるのかご紹介します。

 

1つ目は、「管理職の息抜きとして研究を行なう」という意識に変わったことです。

20代から40代までは「スポーツの現場のため」といった意識で研究に取り組んでいました。

それが40代後半から管理職になり、目的ではなく手段として研究に取り組んでいます。

そういう意味では今は研究者として邪道なのかもしれません。

 

2つ目は、教育・社会貢献など大学人としてやるべき仕事に研究を入れています。

40代後半からは、様々なことを行ないながら研究に取り組むことが求められます。

そのため、無駄を省き、やる気を高めて活動するためにこのような意識を持っています。

 

3つ目は、研究を面白がるということです。

「この研究を論文にしたら、査読者がどう反応するだろう」と面白がることです。

このような意識で現在大きく3つの研究を走らせています。

ほぼ終盤に入っている研究として、

「地域スポーツクラブスタッフ研修における学びの研究」があります。

これはそろそろ論文として仕上げていきたいと思います。

 

2019年から2020年を目途に行なっている研究として、

「アイトラッキングによる認知構造と学び」があります。

この研究は実験データを収集中で、今年度の国際学会で披露します。

 

2019年から2021年までを目途に行なっている研究として、

「VR動画アノテーションのデジタルアーカイブ化」があります。

 

1

 VR動画の実験データ収取の様子

  

 

   

2

VRアノテーションのイメージ図

 

 

この研究は科学研究費基盤研究(B)として今年度から本格的に取り組みます。

コーチや体育教師がスマホなどで気軽に熟達指導者の指導や認知を観られるようにします。

 

また、論文にはしませんが、昨今話題となっている部活動について

「部活動指導者の仕事のカテゴライズ化」等のデータを収集してまとめました。

 

さらに、

「新潟シティマラソンの経済効果」についても明らかにしました。

 

この2点は論文になるかもしれませんが私の研究者としてのプライドとして投稿しません。

なぜかについて知りたい方は、私にお尋ねください。

上記のような研究について興味を持ったり、議論したい方は、是非私に連絡を!!

お待ちしています。

 

3

西原康行先生

― ― ― ― ― ― ― ―

 

 

当日、多くの先生方が集まりました。

 

4

 

発表の後にはフロアから質問がありました。

5

武田丈太郎先生(クリック)

 

6


左:佐藤大輔先生(クリック)

 

 

7

左:杉崎弘周先生(クリック)、右:西原康行先生

 

 

 

高校生のみなさんは、なかなか大学の先生と話す機会はないと思います。

そんな数少ないチャンスとしてオープンキャンパスがあります。

 

オープンキャンパスには健康スポーツ学科の先生もいます。

もしかしたら、その日に気になる先生がいるかもしれませんよ。

ぜひ、一度オープンキャンパスに来てください♪

 

ちなみに、次のオープンキャンパスは6月16日(日)に行われます。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

https://www.nuhw.ac.jp/applicant/event/opencampus/

 

 

 

この日に行われた佐藤大輔先生の研究内容は5月30日に公開します。

お楽しみに☆

 

 

新潟医療福祉大学 2019年度オープンキャンパ情報

https://www.nuhw.ac.jp/applicant/event/

 

健康スポーツ学科 教員紹介

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher.html

 

健康スポーツ学科

https://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/