2020年6月 8日 (月)

健康づくり現場実習Iの撮影と資格

いきいき放送局へようこそ!

 

本日は、健康スポーツ学科の実習授業の一つ、健康づくり現場実習Iの様子をお知らせいたします。


この授業では新潟市北区の方々を対象に運動教室を開催し、学生はそこに指導者として参加し、運動指導能力の習得を目指します。

昨年度の様子

 

今年度はそれが叶わないため、学生は自宅で運動指導法について学習します。

その教材作成のため、佐藤大輔先生と大学院生の五十嵐小雪さんがダンス場で撮影を行いました。

Outline

Img_0928

 

健康スポーツ学科卒業生でもある五十嵐さんは、在学中に健康運動実践指導者と健康運動指導士エアロビックダンス指導員の資格試験に合格し、優れた運動指導能力を持っています。

また、普段も地域やメディカルフィットネスで運動指導を行っているため経験豊富で、見本となる存在です。

Img_0919

 

運動指導は人前で立って誰もが理解できるように動きを表現するだけでなく、その運動の効能や動かし方のポイントなどの情報提供も行います。

また、間違ったやり方をしていないか、一人一人に目を配りフィードバックしていく技術も必要です。

 

受講生はこの動画を参考に自宅学習し、運動指導能力の向上を目指します。


健康スポーツ学科では、これら以外にもアスレティックトレーナーや中・高教諭一種(保健体育)、小学校教諭二種といった資格取得も目指すことができます。

健康スポーツ学科で取得できる資格一覧

中には、複数の資格を同時取得する卒業生もおります。

また、五十嵐さんはスポーツと脳科学の研究も行っており、運動指導力だけでなく研究力も合わせ持つ稀有な人材です。

このように、健康スポーツ学科では複数の力を身に付けることができます。

2020年6月 3日 (水)

新着任教員の紹介3 藤本知臣先生

いきいき放送局へようこそ!

 

新年度、新しく健康スポーツ学科に着任された4名先生方を紹介しています。

前々回は若月先生、前回は小林先生、そして今回は藤本知臣(Tomomi Fujimoto)先生です!


初めまして。

今年度の4月より健康スポーツ学科に助教として着任しました藤本 知臣 (ふじもと ともみ) です。

出身は埼玉県で、関東を出たのは今回が初めてです。

Img_0879

 

スポーツは大学まで水泳をしていました。その頃はシュッと締まった体をしていましたが、引退後からぐんぐん成長して、今ではよくラグビー部に間違えられます。

Img_0881

 

専門分野は運動生理学・環境生理学で、生理学や運動生理学、基礎運動学実験Ⅰなどの授業を担当します。

運動生理学は難しいといった印象を持たれがちですが、トレーニングやコンディショニングの場面でも必要になり、皆さんのスポーツのパフォーマンスを引き出すために重要な知識なので、みなさんが現場で抱いている疑問に対していろいろお話しできればと思っています。

知りたいことがありましたら、ぜひJ棟605合同研究室へお越しください。

また、現在コロナウイルスの影響で大変な状況ですが、少しでも早く皆さんにお会いできるようになるのを楽しみにしています。


藤本先生はおしゃべり好きな先生ですので、どんな話題でも盛り上がります。

特に食に関する知識も豊富で、美味しいお店もよく知ってたり、オススメのラーメン屋さんなど聞いてみると穴場を教えてくれますよ!

 

藤本先生の紹介ページ

2020年6月 1日 (月)

【剣道部】今は面打ちの技術ではなく、おうちからオンラインでの発信力の向上を目指して!

いきいき放送局へようこそ!

 

現在大学では学生は立ち入り禁止で課外活動は休止となっています。

そんな中でも、学生ならではのアイデアを出しあい、今だからこそできる活動を行っています!

本日は、健康スポーツ学科の本間さんより、剣道部のオンラインでの活動についてご紹介いただきます。


こんにちは。

健康スポーツ学科2年、剣道部の本間菜つ海です。

 

剣道部の活動状況

3月以降、稽古ができていませんが、4月下旬から部活をスタートしています。

新入生もすでに参加している、新しい取り組みをご紹介します!

 

「ZOOM」で部活!

頻度:火曜・土曜(2回/週)、1時間程度/回 (ZOOMを使用)

参加者:部員の他、外部の方の参加は自由

内容:zoomを使った企画を担当者が考えて、その時間の指揮を取る (毎回内容を変える!)

企画者:1人/回、剣道部員で交代制

目的:決まった時間に剣道部で顔を合わせて、情報共有やコミュニケーションを取ること。また、メディアでの発信力やオンライン上で人を動かす、リーダーシップを取れるようになること

課題:画面越しの会話で、話すタイミングが難しい

Img_3842

Zoom_phone

 

活動を通して

部員同士だけでなく、OBや外部の方ともオンラインで顔を合わせることで生活に刺激を与え、お互いのコミュニケーションを増やし、チーム力を高めることに繋げています。

剣道部だからといって、剣道だけをするわけではありません!

なぞなぞや、国試や公務員試験の問題の出し合いなど、基本的に何でもあり。

これが剣道部らしさです!

どの企画も楽しく、この活動が始まってからは、「おうち時間」が充実しています。

 

Img_0081_li

Img_0080_li

 

監督の存在

このZOOMでの部活は、顧問であるの中島郁子先生の提案でした。

先生は、剣道部の良さをいつも引き出してくださいます。

私たちは中島先生のご指導の元、日々部活に励んでいます。

19

 

オリジナリティを大切に

新型コロナの影響による自粛生活が続きますが、今、自分たちにできることを考え行動し、そして愉しむことができるのが私たち剣道部です。

これからも、剣道部らしく頑張っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

Syugo


剣道部は、競技以外でも以下のような活動を行っております☟

 

竹刀を持って海外へ行こう!<タイ編>

教員採用試験対策【剣道編」

フィリピンの学生さんたちに剣道を体験してもらおう!

 

監督の中島郁子先生はスポーツ心理の専門家でもあり、剣道では錬士六段の実力を持つすごい先生なんです!

新潟医療福祉大学では、授業以外の課外活動でも仲間と成長できるチャンスがたくさんあります。

 

<以下剣道部よりPR >

*部員募集中*

全国大会でのさらなる活躍を目指す選手から、高校時代には剣道をやっていなかった選手まで、さまざまな部員が剣道と向き合い、そしてみんなで一緒に楽しんでいます。

稽古はもちろん一所懸命に、自主的に自宅でトレーニングをしている学生もいます。

しかし、わが剣道部、実は頻繁に、剣道以外のこと(懇親会やBBQや人生の授業…)にも全力で取り組みながら学生生活をさらに充実させています。

部員は、健康スポーツ学科の学生はもちろん、医療系国家資格を目指す様々な学科の学生たちが所属している多人種なところも魅力のひとつ。

マネージャーや、初心者での入部も大歓迎!

新潟での大学生活、私たち剣道部と一緒に過ごしてみませんか?

興味がある人は、ぜひSNSやメールでご連絡をお待ちしています!

_twitter_qr_20200517

新潟医療福祉大学剣道部公式ツイッター

2020年5月27日 (水)

新着任教員の紹介2 小林真里奈先生

いきいき放送局へようこそ!

 

新年度、健康スポーツ学科では新しい教員が4名加わりましたので紹介していきます。

前回の若月先生に引き続き、本日は2人目、小林真里奈(Marina Kobayashi)先生です!


昨年まで新潟県の私立高校で教員として勤務していました。

出身は、新潟県阿賀野市です。

東京学館新潟高校卒→アイシンAW(バスケットボール部)→新潟医療福祉大学卒→新潟医療福祉大学修士課程卒。

Img_0888

 

バスケットボールが大好きです。唯一、飽きもせずに続けていることです。

モチベーションがあがらないときや、気分をリフレッシュしたいときはNBA選手の動画を見ています。

中でも特に大好きなPaul George選手の動画を見て気持ちをコントロールしています。

年を重ねるごとに体は思うように動かなくなっていきますが、年を重ねるごとにバスケットボールの楽しさが増しているところです。

 

バスケットボールしかやってきていないので、なかなか趣味や特技が出てきませんが、読書をすることやゴルフの打ちっぱなしに行くことが最近の趣味です。

読書は社会人になってから魅力に気づき、後悔をしています。

もっと早く気づいていればと思こともありますが、今そのことに気づけているだけ良いのかなと前向きに考えています。

打ちっぱなしは日によってうまくいく日といかない日があり、1球1球同じように打てないところが面白いです。そして、やはり継続して練習しなければ上達はしないということを思い知らされています。

 

これまで生きてきて、大事にしていることは“出逢い(出合い)”です。人は自分が求めている人(モノ・場所etc...)にしか出逢わないし、出逢っていたとしてもそこから何かを学ぼうとしなければ出逢っていないことと同じだと思っています。

おそらく時間はかかったけれども、読書の魅力に出合えたのは自分が成長するために欲していた手段のひとつなのかなと今は思います。

皆さんと出逢えることも、きっと何かの縁です。出逢いをスルーしないように過ごしていきたいと思っています。

Img_0893

 

担当する授業は、スポーツ・健康,バスケットボールなどです。

母校である本学で、教員を目指していくと同時に、強化指定クラブのバスケットボール部に所属していました。

バスケットボールで学んだことや教育現場で経験したことなど伝えていけたらいいと思っています。アナログ人間なので流行りなども教えてもらえると嬉しいです。

どうぞ、よろしくお願いします。


小林先生は普段はO棟413にいます。

いつも笑顔で明るく元気な先生ですので、声をかけて色々とお話してみて下さい!

 

小林真里奈先生の紹介ページ

2020年5月25日 (月)

【研究紹介】人を貸し出す図書館は社会をつなぎ直せるか?

いきいき放送局へようこそ!

 

健康スポーツ学科では教員免許を取得でき、学生の皆さんが教員採用試験に合格できるよう、多くの先生方がサポートしています。

そのうちの一人、本日は、比較・国際教育学を専門とする佐藤裕紀先生の研究の一部をご紹介いたします。

※比較・国際教育学とは世界各国の教育を比較検討し、日本の教育を良くしようとする学問です。

_small_3


近年、SNSで似たような境遇、関心の人々で固まり、同じような意見や情報にばかり触れ、逆に異なるものとは距離をとるといった、社会の分断が進んでいるといわれています。


また、コロナウイルスで多くの人々が自粛や在宅での生活をよぎなくされる中で、医療従事者の方や感染者への心無い言動や、ささいなことでネット上において人を叩くような、とげとげしい風潮も一部にみられます。


ウイルスという目に見えなくて「わかりづらい」ものは、不安や恐れを生みます。そして不安は、時に、自分とは「ちがう」「わからない」他者や集団への攻撃性を生むことがあります。皆さんの学校生活でも思い当たることはありませんか?

 


このような無理解からくる攻撃は、しばしば、障害のある方や人種的にマイノリティ(少数派)とされる人々に対して向けられてきました。でも誰でも環境が変われば、マイノリティになりますし、ある部分や価値観ではマイノリティな面があるものです。


では、どうしたら、多様な背景のある人々が、分断されず、自分も他者も生きやすく過ごせるでしょうか?

 


北欧のデンマーク発祥の取り組みである、生きた人を貸し出す仮想の図書館「ヒューマンライブラリー」は、2000年からこの課題へ挑戦しています


この仮想の図書館では、障がいをもっていたり、人種的なマイノリティであったりすることで人々から近づきにくいと思われたり、偏見を受けやすい立場にある人が、「本」となって30分程度貸し出されます

参加者は、興味のある「本」を借りて、1対1で、あるいは1対数人でその「本」と対話し、聞いてみたいことを聞くことができます。

Photo


参加者と「本」は語り合う中で、互いの中に共通点を見つけたり、時には悩みを語り合ったり、自分の視野を広げたりすることができます。


多様な人々と対話したり、安心して、自分自身の困ったことや悩みも含めた「弱さ」を語り合え、共有できるような場があることで、人は、自分の未来へ前向きな展望をもてるようになっていきます。

Photo_2

様々な人々がそのように思える場を地域や社会の中でどのように作っていくのか、そのために教育は何ができるのか、私自身はそこに関心があります。

そして、2015年から新潟でもヒューマンライブラリーを学生と一緒に継続して実践しながら考えています。


 

デンマークでのヒューマンライブラリーをはじめとして、北欧発祥の対話の実践について書いた佐藤裕紀先生の研究は最新号である『日本生涯教育学会年報第40号』、『異文化間教育学会紀要51号』に掲載され、共著で本も出ています。

Photo_3

オリンピック・パラリンピックをはじめスポーツの世界でも「共生」は大きなテーマです。

多様な人々が共生していくためにはどうすればいいのか?そんなことに関心のある人も、是非、健康スポーツ学科で学んでみてはいかがでしょうか?

 

 

佐藤裕紀先生の紹介ページ(クリック)

2020年5月20日 (水)

2020年度 基礎ゼミの様子!

いきいき放送局へようこそ!

 

本日は健康スポーツ学科の基礎ゼミの様子をお伝えいたします。


新一年生の皆さんは、本来であれば1名の教員と対面式で5~6名グループとなり、大学での過ごし方や学習方法などを学ぶ「基礎ゼミ」という授業があります。

本年度はそれが叶わないため、先生によっては様々な方法で基礎ゼミを行っています。

今日ご紹介するのは奈良梨央先生のクラスです。

奈良ゼミはzoomを使った基礎ゼミを行いました!

2

お互いに顔を合わせながら、初めての履修登録が正しく行えているか確認したり、生活や学習のことで困ったことが無いかなど話をして、新入生はきめ細かなサポートを受けることができます。

 

4

新入生は大学生になったばかりで、不安もあると思います。

新潟医療福祉大学は「面倒見の良い大学」を目標として掲げており、先生方も学生の皆さんをしっかりと支えて応援します。

この基礎ゼミの活動を通して、新入生は少しずつ大学生として自覚を高めていきます。


新潟医療福祉大学では、これ以外にも連携医療を学ぶ連携基礎ゼミという授業や、低学年時から研究活動に参加できるUROPといったいくつかの面白い授業があります!

大学の特色 → 個々に合わせた学習支援(クリック)

健康スポーツ学科では、スポーツを通した様々な学びの場が提供されています。

 

奈良梨央先生の大学紹介ページ(クリック)

2020年5月15日 (金)

新着任教員の紹介1 若月弘久先生

いきいき放送局へようこそ!

 

新潟医療福祉大学は、5月7日から「メディア授業」という形で前期授業がスタートし、教員も学生も手探り状態ではありますが、授業が始まりました。

そんな中、健康スポーツ学科では新しい教員が4名加わりましたので紹介していきます。

まず1人目は若月弘久(Hirohisa Wakatsuki)先生です!


新潟県内で38年間教職を勤めこの3月で新潟市立白根北中学校を最後に定年退職し、4月から男子バスケットボール部監督兼准教授としてお世話になっております。

Img_0882_3

 

1982年に山北町立大川谷中学校に採用されて以来、新発田第一、小新、鳥屋野中学校で教員として勤めた後、村上第一、小須戸、内野、葛塚、白根北中学校で管理職として学校経営に力を注ぎながら生徒たちと共に夢の実現を目指し、楽しく、充実した毎日を過ごさせてもらいました。

 
純粋で期待に添うように成長の姿を見せてくれる生徒たち、献身的に支援くださる地域・保護者の皆様、手間暇を惜しまず生徒の成長に情熱を注ぎ創造的に働く職員の方々との出会いは私の素晴らしい財産であり、本当に幸せだったと実感させてくれる思い出ばかりです。

Img_0885_2

 

新天地であります新潟医療福祉大学では、熱い戦いのステージを頂くことができました。

水を得た魚の如く、生き生きと情熱を傾けます。

今後とも誇りと志を高くもち、職員、学生共に皆様の期待に添える活動を創って参りますのでよろしくお願いします。

 
なお、研究室はJ棟402号室です。気楽に質問、相談に来てください。

_2


若月先生はバスケットボールを専門とされています。

学校の教員をされていた経験から、教員志望の学生は貴重なお話を聞くことができます。

気さくなでフレンドリーな笑顔あふれる先生です!

 

若月弘久先生の大学紹介ベージ(クリック)

2020年4月 6日 (月)

健康スポーツ学科の健康関連資格認定

いきいき放送局へようこそ!

 

コロナの影響で授業のスタートが遅れておりますが、大学ではいつでも開始できるよう準備を進めております。

今日はそのうち、健康関連資格の認定についてお知らせいたします。

 

健康スポーツ学科で取得できる資格がいくつかあります。

取得資格一覧はこちらをクリック

 

そのうち、健康運動指導士(4年次に取得可)健康運動実践指導者(3年次に取得可)は、健康・体力づくり事業財団が認定する大学でのみ取得可能です。

健康スポーツ学科は、今年度も認定を受けることができました!

Img_0874_2


健康スポーツ学科では、これらの資格とアスレティックトレーナーや教員免許も同時取得が可能です。

複数の資格を持つことで、多様なスキルを持った人材として社会から必要とされ、活躍することができます!

健康スポーツ学科では、様々な学びの場が提供されています。

2020年3月25日 (水)

2019年度学位記の受け取りと卒業の挨拶

いきいき放送局へようこそ!

2019年度の卒業式はコロナウイルスの影響で中止となり、学位記や免許は希望者のみ大学に来て受け取りました。

その様子を動画にしましたのでご覧ください。

 

また、西原学科長の祝辞と卒業生代表の益戸郁実さんの答辞もアップしています!

 

 

卒業生の皆さん、おめでとうございます!

学科教員一同、みなさんの活躍を期待しております。そして、何かあればいつでも大学へ遊びにいらしてくださいね!

 

昨年度の様子(クリック)

2020年3月20日 (金)

合同卒論発表会 Part3

今日は、発表した中から齋藤鈴さんから研究内容と発表をしてみての感想を聞きましたので紹介します。

Img_3012

 

ーーー

健康スポーツ学科4年 下山ゼミの齋藤鈴です。

今回は、私が取り組んだ卒業論文について紹介させていただきます。

 

今回私は、「新潟医療福祉大学水泳部の強さの秘訣を探る」という題目で進めました。

今年度、新潟医療福祉大学水泳部は創部から15周年目であり、インカレでは総合得点で女子が7位に入賞、シード校を獲得しました。シード校になれたということは、来年のインカレでは特等席で仲間を応援することができるんです!

また、国際大会へも代表選手を輩出しており、今年度の新潟医療福祉大学水泳部はあつい!

自分自身の高校までの競泳の経験もふまえ、この強さに秘訣はあるのか気になり、

部員の皆さんとサポートスタッフの先生方にご協力頂き、調べていきました。

 

結果は、

・総合力

・部員・サポートスタッフの取り組む姿勢

 

この2点でまとめることができました。

監督の下山先生をはじめ、9名の先生方からはインタビューという形でお話を聞かせていただき、部員の皆さんにはアンケートで回答していただきました。回答をまとめるなかで、

なにか特別なトレーニングをしている、特別な食品を食べている、特別なサポーターがいるというわけではなく、立場は選手・マネージャー・サポートスタッフ、それぞれ違いながらも、向かう先を共有し、ブレずに同じ目標に向かい日々“チーム全員で”取り組んでいる、そんな素敵な雰囲気を感じることができました。

また水泳部のサポート体制・環境が整っているだけでなく、それがうまく機能していて、選手が本気で取り組める環境をつくれている、

それは上記の2点があってこそであり、そこをしっかりと水泳部立ち上げ当初から皆さんで積み上げてきた結果が、今年度の功績に繋がっていると感じます。

新潟医療福祉大学水泳部のチーム理念の中にもありますが、応援したくなるチームだなあと1番思いました。

 

卒論発表会では、6分という限られた時間の中でまとめて伝えるというのはすごく緊張したし難しかったです。ですが皆さんに自分のやったことを伝える機会はなかなか無いし、

逆に聞く機会もなかなかないので、自分自身をレベルアップできる有意義な時間になりました。

 

私自身も今後は指導者として活動していきます。新潟医療福祉大学水泳部の選手のような自分の好きなことにあつくなれる、本気で取り組める、素敵なひとを育てたいと思うし、

サポートスタッフの先生方のように私自身もあつい気持ちをもって、ブレずに生徒と向き合えるかっこいいコーチになれたらいいなと、この卒論を通して自分の目指すコーチ像を再確認することができました。

 

新潟医療福祉大学水泳部の皆さん、ご協力本当にありがとうございました。

指導者を目指す人にも、今回私自身が感じたものが何かのヒントになればと思います。

2020年の今年はオリンピックイヤーということで、新潟医療福祉大学水泳部からもオリンピアンがでるかも!今後の新潟医療福祉大学水泳部の活躍に目が離せません!

 

読んでいただきありがとうございました!

ーーー

齋藤さんは水泳部には所属していませんが、水泳を学びたいということで下山ゼミを選択し、勉強をしてきました。

水泳部ではない学生が、水泳部を客観的に評価し、研究データとしてまとめたようです。

記者になったつもりで先生方にはインタビューをし、学生たちにもアンケートを取り一生懸命まとめました。

本当にお疲れ様でした!

 

【集合写真】

P1370084

下山ゼミ

P1370096

泉田ゼミ

P1370092

小林ゼミ

P1370115