« 認知機能 cognitive function | メイン | 豊栄 道の駅 »

2008年10月23日 (木)

失語 aphasia

ことばの障害にはいろいろな種類があります。

そのなかで、脳の中ことばをつかさどる領域が損傷されたときに生じる障害・・・

それが『失語』です。

ことばをつかさどる領域に問題がおこると「話す」「聴く」「読む」「書く」といった、ことばという“記号”をあやつる働きのさまざまな面が障害されます。
 

たとえば「話す」働きにみられる異常としては‥‥

→鉛筆を見てそれをことばにしようとしたときに
●「エンピツ」という単語が思い浮かばない (喚語困難)
●エンピツと言おうとしたのに「エンパチ」と音が入れ替わってしまう (音韻性錯語)
●エンピツと言おうとしたのに「ケシゴム」と単語が入れ替わってしまう (語性錯語)

などです。

 
たいていの場合、失語の患者さんは「話す」「聴く」「読む」「書く」はたらきのそれぞれに障害をもっています。
 
それらの組み合わせのパターンによって、失語はいくつかのタイプに分けられます。

代表的なタイプとしてブローカ失語、ウェルニッケ失語、伝導失語などがあげられます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/236611/16813054

失語 aphasiaを参照しているブログ:

言語聴覚学科 詳細リンク