« 2019年度卒業研究 佐藤ゼミ | メイン | 2019年度卒業研究 内山ゼミ »

2020年3月30日 (月)

2019年度卒業研究 吉岡ゼミ

こんにちは。STkouhouです。

 

今年度の卒業研究についてご紹介するシリーズ、

今回は吉岡豊准教授のゼミです。

吉岡先生の紹介はこちら

  • 語彙発達からみた機能性構音障害児の特徴
  • 主訴と言語障害の関係
  • 著明な多動を認めた自閉症児1例におけるコミュニケーション成立過程ー共同注意からやりとり行動の出現までー
  • 知的障害児における呼称課題の誤反応分析

 

吉岡ゼミの皆さん

 

Img_6133

 

吉岡先生のご専門は、言語発達、言語発達障害、機能性構音障害、聴覚機能検査ですので、

学生たちの研究もご専門に関連した内容になっています。

 

共同注意とは、ある空間の中で、他の人と同じように人や物に対して注意を向けることを指し、子どもの発達において欠かせない指標となります。

 

今回の研究では、実際に臨床で経験した自閉症児の事例を通して、共同注意をはじめとした発達の過程を検討しました。 

 

次回は内山ゼミの卒業研究をご紹介します!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

言語聴覚学科 詳細リンク