« 動揺病 motion sickness | メイン | 音声学(2年前期) »

2008年12月 1日 (月)

第六回病院祭

11月22日(木)、新潟医療福祉大学の関連施設である新潟リハビリテーション病院「病院祭」が行われました。

新潟リハビリテーション病院では、入院している方はもちろん、地域に開かれた病院として近隣の方などを対象とし、交流を深めるため年に1回このような催し物をしています。

今回は、本学科の学生もボランティアとして参加させていただきました。

Pic_0995

体力テスト、革細工体験、脳内年齢測定の他、いろいろな学校のボランティア学生さんも参加し、似顔絵コーナーやネイルアート、ハンドマッサージのサービスなどもありました。

いつも実習などでお世話になっているリハビリテーション科言語聴覚士の先生方は

「どうせばいんだろ?」

という人形劇で、認知症の具体例をあげ、対応方法などをわかりやすくお話していました。

ちなみに「どうせばいんだろ?」は新潟弁(下越地方)で「どうしたらいいのでしょう?」という意味です。

劇中の台詞も方言が多く使われ、ネイティブ新潟には耳に馴染んだことばが面白かったです。

Pic_1000

poutおらとこの嫁、おれになんも食わせねー!!(うちの嫁は私に何も食べさせない) 」

coldsweats02ばーちゃん、さっき食べたばっかだよ~。うんめ、うんめておかわりしたろー(おばあちゃん、さっき食べたばかりでしょ。美味しい、美味しいっておかわりしたでしょ)

これは間違った対応の例ですね~down

Pic_1014 

正しい対応としては、執着している物事から意識をそらすのが一番良いそうですflair

この人形たちの動きがまたコミカルで可愛い可愛いheart01

いつもとは異なる、賑やかな病院の雰囲気に、皆さんとても楽しそうでした。

機会があれば、こんなイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/236611/17227236

第六回病院祭を参照しているブログ:

言語聴覚学科 詳細リンク