« 手話で自己紹介をしよう!_その1 | メイン | 46th Congress of the International Neurootological & Equilibriometric Society(NES 2019)in 東京 »

2019年6月 7日 (金)

手話で自己紹介をしよう!_その2

こんにちは。

STkouhouです。

 

前回から、聴覚障害者の活動を幅広く支援しているNPO法人“にいまーる”のスタッフの方々から、

手話部の学生たちが手話を学ぶ様子をお伝えしております!!

 

前回は、にいまーるのスタッフの方々のお手本から、

自己紹介の方法を学びました。

 

今回はいよいよ学生たちの番です。

貫禄の2年生からスタート!!

さすがに落ち着いています。

20190530_184346 

『言語聴覚学科』は、口の前で手を開く動きと、人差し指で耳を指す動きで表します。

20190530_184848

『看護学科』は、下記の二つの動きで表します。

①右手の親指と他の4本の指で、左手首を挟む

②両手を開いて手のひらを向い合せ、交互に上下させる

脈を取る動きと、『世話をする』の意味の手話の二つで表現するのですね。

 

臼井さんからは、各学生の名前を手話で表す方法も、教えていただきました!!

苗字は指文字(日本語の1音1音を手話で表した、いわば手話の50音表のようなものです)で表すことも可能ですが、手話で表すとより楽しいですね!

 

苗字の手話は、漢字の意味に関連した動きで表すもの、漢字の形で表すものと、

人によりさまざまでした。

たとえば、“木田さん”でしたら、下記の二つの動きで表します。

①両手の親指と人差し指を開いて、手首を返しながら上にあげる動き(木が上に向かって生える様子)

②左右の指を3本ずつ交差させて重ねる動きをします(“田”の漢字を表す)。

20190530_191142

 

最後は1年生も頑張って自己紹介をしました!

1年生は言語聴覚学科の学生がたくさん参加していて、

臼井さんも驚かれていました。

 

次回の手話部の講義では、日常会話を学ぶそうです。

またご紹介させていただきますhappy01

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

言語聴覚学科 詳細リンク