« 2019年度卒業研究 今井ゼミ | メイン | 2019年度卒業研究 渡辺ゼミ »

2020年3月18日 (水)

2019年度卒業研究 今村ゼミ

こんにちは。STkouhouです。

 

前回から今年度の卒業研究についてご紹介しています。

今回は今村徹教授のゼミです。

今村先生の紹介はこちら

  • 難聴が認知症患者の臨床像に与える影響:介護者への構造化インタビューを用いた検討
  • Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome(BADS)の鍵探し検査において鍵を「発見」して課題を終える反応の検討
  • 日常生活において出来事全体を忘れはじめたアルツハイマー病患者の臨床像
  • アルツハイマー病患者の家庭外活動を阻害する要因:認知機能障害の全般重症度を層別して統制した検討

 

今村ゼミの皆さん

 

20200310_183033 
 

今村先生のご専門は、行動神経学、臨床認知症学、臨床神経心理学ですので、

学生たちの研究もご専門に関連した内容になっています。

 

構造化インタビューとは、

あらかじめ決められた内容の質問を中心として対話を行う方法です。

また、BADSとは、言語聴覚士がよく行う検査の一つで、

遂行機能障害を評価することを目的としております。

 

次回は渡辺ゼミの卒業研究をご紹介します!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

言語聴覚学科 詳細リンク