« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

佐藤大輔講師らの論文が米国の科学雑誌「PLOS ONE」(電子版)に受理されました!!

happy02いきいき放送局へようこそhappy02

本日は、研究成果報告ですsign03

健康スポーツ学科の佐藤大輔講師らが行った研究が、米国の科学雑誌「PLOS ONE」(電子版)に掲載されることが決まりましたhappy01shine

佐藤大輔講師らは、これまで「運動による認知機能・身体機能への影響」や「水中環境における大脳皮質感覚運動野の活動」について研究を行ってきましたthinkflair

今回の研究は、水の流れ(流水刺激)を全身に呈示した場合に、大脳皮質一次運動野の興奮性がどのように変化するかを調べた内容となりますgoodgoodgood

タイトル: Whole-body water flow stimulation to the lower limbs modulates excitability of primary motor cortical regions innervating the hands: A transcranial magnetic stimulation study.

著者:Sato D, Yamashiro K, Onishi H, Baba Y, Nakazawa S, Shimoyama Y, Maruyama A.

水に入るということは、心臓の働きや肺の働きを変化させますrecycle

近年、それと同時に、脳の活動も変化することが分かってきましたeyesign01

これまでの研究において、水に入ることは、大脳皮質の一次体性感覚野、後頭頂葉の興奮性を変化させることが分かっていますsign03

一方、運動を司る脳領域である「一次運動野」の興奮性へは影響しないことが示されていましたdashdashdash

本研究では、水に入るだけではなく、水の流れを人工的に作り出すことで流水刺激を体に呈示することで「一次運動野」の興奮性が変化するかどうかを検証しましたsign01

Figure_2

その結果、15分間の流水刺激呈示によって大脳皮質脊髄路興奮性の増大および皮質内抑制の減少が認められましたeyesign03

このことは、水の流れを用いることで、運動遂行に重要な「一次運動野」の興奮性を高めることができることを示唆していますupupup

今回用いた流水は、流速0.8~1.0m/secであり,被験者の感想としては、「とても心地よい」ものでしたcatfaceshine

Img_0999

本研究の結果は、全身性の流水刺激を水中でのリハビリテーションの一つとして、活用できる可能性を示唆していますsign03

健康スポーツ学科では今後も研究に力を入れていきますrun

研究に興味がある学生はぜひ声をかけてくださいnotes

2014年6月27日 (金)

教員学生交流会

いきいき放送局へようこそshadowshine

今日は1年生のゼミで「教員と学生の交流会」について紹介しますeyesign01

【交流会前の様子】

Dsc08075

Dsc08076

Dsc08077

Dsc08078

Dsc08079

Dsc08080

【学科長の丸山先生から開会の挨拶】

Dsc08082

そして、この交流会で何が行われたかというと…

長縄跳びが行われましたhappy02scissors

Dsc08084

Dsc08124 Dsc08089

Dsc08117

ゼミがペアになり、縄を回しながら数を数えるという協力をしながらも、競い合うというスポーツマンらしい会となりましたrockshine

ゼミの中には、応援だけでなく長縄に参加をした先生方もいましたrunrunrun

【色摩先生と馬場先生】

Dsc08096

Dsc08108

【休憩中の学生】

Dsc08091

Dsc08113

Dsc08115

Dsc08118

Dsc08123

Dsc08131

Dsc08105

記録も自分たちで記入をします____pencil

Dsc08103

Dsc08104

そして、今回一番長縄を跳んだゼミは…sign03sign03

山崎ゼミでしたsunsunsun

【表彰を受ける山崎ゼミのみなさん】

Dsc08138

おめでとうございますっhappy01sign01

今回の教員学生交流会で深まった絆を大切にしていきましょうwinkclover

Dsc08140

2014年6月24日 (火)

夢を語る会

いきいき放送局へようこそschoolshine

1年生の「基礎ゼミ」という授業では、全学科合同で自分の将来の「夢を語る」という会が毎年開催されますsun

Dsc08068

それぞれの学科代表が1名選出され、将来の夢を話してくれますshadowshine

健康スポーツ学科からは福村香奈絵さんが発表をしてくれましたgood

Dsc08070

福村さんはアルビレックス新潟レディースに所属をしていますrunsoccer

そのサッカーを通して、様々な面から世界を見てきた福村さんeyeshine

将来は世界中の子供たちの手助けが出来るようなボランティア活動をしたいそうです!!

素敵な夢ですねconfidentnote

次の基礎ゼミでは教員学生交流会が行われます!!

何を行うかは…

次回のお楽しみにwinkheart01

2014年6月20日 (金)

第三回学科研究セミナー2

diamondイキイキ放送局へようこそdiamond

前回、越中先生と同じ時間に奈良も現在、取り組んでいる研究について紹介をさせていただきましたcatface

タイトルは「重心-浮心間距離ががけのびのパフォーマンスおよびキック泳中のエネルギー消費量に与える影響」についてですgood

Img_1460

陸で重心の位置を水中で浮心の位置を測定し、重心と浮心の間の距離である重心-浮心間距離を出しますbearingwrench

この重心-浮心間距離が大きくなると姿勢に変化を及ぼすことが明らかになっていますrecycle

そこで、その浮心-重心間距離とけのびのパフォーマンス(10m通過時間・けのび到達距離)の関係を見たところ、2つの間に関係があるという結果が見られましたflair

しかし、受動抵抗と浮心-重心間距離の関係については,1.0m/sで牽引したときのみに有意な相関関係が認められる可能性がわかりましたdash

けのびパフォーマンスとの関係については,今後より詳細な検討が必要すね~upupup

先生方からたくさんのアドバイスをいただき、私にとっても貴重な時間となりましたconfident

Img_1471

このように素晴らしい先生方がたくさんいる健康スポーツ学科に興味のある方はぜひ、オープンキャンパスに参加をしてみてくださいねshine

次回は、7月19日ですwinkflair

学生の皆さんも先生方に、どんどん声をかけてくださいnote

2014年6月16日 (月)

第三回学科研究セミナー1

shineイキイキ放送局へようこそshine

本日は学科第二回研究セミナー報告です___pencil

今回は越中先生の内容について紹介いたしますnote

運動とエネルギーバランスというタイトルで越中先生からお話しいただきましたsign01              

 

キーワードはAMPK(Activated protein Kinase)というほとんど全ての細胞に存在する酵素ですeyeflair

AMPKの活性化は、運動中の糖取込み促進による血糖値の低下、運動後のインスリン作用の増強、慢性運動によるミトコンドリアの増加や筋蛋白質の合成促進のトリガー(スイッチ)になるそうですsign01

つまり!!

AMPKを活性化させると運動効果が高まると言えますscissors

越中先生の研究によると、AMPK活性にはエネルギー消費量ではなく、ATPの減少量が重要であることから、短時間の運動であってもAMPKを活性化できるようですgood

さらに、体内での熱の産生と拡散のアンバランスを生じさせることにより、筋温を上昇させることでAMPK活性を高めることもできるそうですdashdashdash

つまり、筋温を高めれば短時間の運動であってもその効果を飛躍的に高める可能性があるということになりますimpact