« 吃音 stuttering -Part.2- | メイン | 8月オープンキャンパス終了!! »

2009年8月 7日 (金)

DAF ~人工吃音を体験しよう!~

今回は吃音の言語訓練でも使用されることのあるDAFを紹介しますshine

DAF効果(Delayed Auditory Feedback:遅延聴覚的フィードバック)によって、いつもはスムーズにことばを話せる人でも一時的に人工的な吃音(どもること)を体験することができます。

人工的な吃音を発生させる仕組みはいたって簡単です。

それは、自分が話したことばをマイクで入力しkissmark、ほんの少しだけ遅らせてヘッドフォンで自分の耳に聞かせるだけですear

こうすることにより、普段は同期している話しことばと聞こえてくることばにズレが生じ、混乱を起こしてどもってしまうのです。

また、どもらない人でも、きっと普段とは違う話し方(速度、リズム)で調整しようとするでしょう。

オープンキャンパスでは、パソコン機器のプログラムによってこのDAF効果を体験することができますhappy01pencil

ということで、明日お待ちしていま~す!!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/236611/20865375

DAF ~人工吃音を体験しよう!~を参照しているブログ:

言語聴覚学科 詳細リンク