« 今年度のオープンキャンパスにお越しいただきありがとうございました! | メイン | 手話で一日の流れを表現! »

2019年12月16日 (月)

手話で夏休みの思い出を表現!

こんにちは。

STkouhouです。

 

本学には手話部があり、言語聴覚学科の学生が多数参加しています。

その手話部の前期における活動を、以前の記事でご紹介してきました。

手話部活動 1

手話部活動 2

手話部活動 3

学園祭でのパフォーマンス準備

学園祭でのパフォーマンス本番

 

今回から3回にわたって、後期の手話部の活動をご紹介します。

 

手話部は、聴覚障害者支援のNPO法人“にいまーる”さんから、手話の指導を受けています。 

前期に引き続き後期の講師も、にいまーるの理事長、臼井千恵さんです!

 

20191031_185009

 

みんなが臼井さんとお会いするのは、前期以来のことでしたので、

今回は夏休みの思い出に関する手話を学びました。

夏休みは『暑い』+『休み』の2つの手話で表現します。

 

20191031_183418

 

帰省、花火、お祭り、遊ぶ、手伝い、旅行、などの単語を学習しました。

帰省は、『本当』+『家』+『帰る』 の3つの手話で表現する方法を学びました。

実家=本当の家、と表現するのですね!

 

旅行は、『電車』+『遊ぶ』 の2つの手話で表現する方法を学びました。

『遊ぶ』の手話は両手の人差し指を立てて、顔の横で交互に前後させますが、

これを人差し指だけでなく中指も立てて2本の指で行うと、『会社』の表現になります。

『遊ぶ』と『会社』の表現が似ているというのは、面白いですね!

 

花火は、両手を一旦すぼめてから、交互に上げながら手をぱっと開く動きで表現します。

花火の動きがそのまま表現されたわかりやすい手話ですね!

20191031_185339

 

今回は新潟に関係する手話も学習しました。

 

新潟名物、タレかつ丼は、

指文字で『た』と『れ』+ガッツポーズで表します。

 

新潟のお菓子として有名な柿の種は、『お菓子』+『つまむ』の2つの手話で表現します。

 

新潟といえば酒どころですが、

お酒は、顔が赤くなる表現+飲む動きで表現します。

20191031_184702  

ちなみに新潟には、ウオロクというローカルスーパーがあり、学生達も日々お世話になっています。

ウオロクは『魚』+『6』で表すそうです。手を『6』の形にして『魚』の動きをします。

 

20191031_184952

 

学生達から「これ絶対使おう!」という声がきかれましたhappy01

20191031_185004

 

次回は1日の流れを表現する手話を学習します!

お楽しみに!!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

 

言語聴覚学科 詳細リンク