« Web授業の準備~動画撮影のシーンをご紹介します①~ | メイン | 大石如香准教授、今村 徹教授らの研究論文が国際的な科学ジャーナル『Cortex』に掲載されました! »

2020年5月22日 (金)

Web授業の準備~動画撮影のシーンをご紹介します②~

こんにちは。STkouhouです。

 

前回から、Web配信用に、演習講義の動画を作成する様子をご紹介しています。

今回は、3年生の演習科目、『聴覚障害Ⅲ演習』の撮影の様子です。

担当は、吉岡豊准教授です。

 

Photo

 

今回の動画では、耳型採取を撮影します。

耳型採取とは、やわらかい粘土状の型取り用剤を耳穴に注ぎ込んで固めて、個人の耳の形を型採りする行為です。

聴覚障害がある方が、個人の耳の形に合わせた補聴器や耳栓(イヤモールド)を作る際に行われます。

耳型採取の前には耳鼻科医の診察があります。

 

耳型採取の業務を行っている言語聴覚士は多くないですが、

聴覚障害の臨床に携わるためには、身に着けておきたい事項です。 

 

撮影スタート!

まずは使用する器具や型取り剤について説明です。

Img_1178

 

型取り剤を準備します。

適切に扱わないと、型を採る前に固くなってしまったり、

柔らかすぎて固まらなかったりしますので、注意が必要です。

Img_1177

 

耳穴に異常がないか確認して…

__7

 

型取り剤を注入していきます!

__8

  

型採り剤が固まったら、慎重に取り外します。

__1_2

 

無事に取れました!(耳型中央の白い部分は、鼓膜を保護するためのスポンジです) 

__9

 

演習が実際にできないのはつらいところですが、

動画は繰り返し見て学習できるという利点もあります。

Web授業は対面と比べ不自由な点もありますが、

Web授業ならではの特色を活かして、学生の学びを支援していきたいと思います。

 

本学科のWeb授業の取り組みは、今後も紹介していきます!

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

言語聴覚学科 詳細リンク