« 臨床実習Ⅲ~学習課題の紹介~ | メイン | 9/5(土)・9/6(日)はオープンキャンパスです!! »

2020年8月19日 (水)

演習室と検査準備室を紹介します

こんにちは。

STkouhouです。

 

大学は引き続き夏休み中です。

例年ですとこの時期は、秋から始まる臨床実習Ⅱの準備のため、

3年生が自主的に学校に来て、言語障害に関する検査の練習をしています。

20190830_153428

 

検査練習は上記の写真のような演習室で行います。

検査練習では検査の手順を覚えるだけでなく、

患者さんがなるべく緊張せずに反応できるよう、

説明の方法や態度なども意識して練習します。

20190830_153543

 

学生は検査内容や症状の理解が不十分なため、

手順の細かい部分にとらわれすぎてしまうことがありますが、

それも実際に練習してみて初めて気が付くことです。

 

練習に使う検査用具は、演習室に1セットずつありますが、

お隣の検査準備室にも大量に用意してあります。

20190808_133950

 

特に言語聴覚士が最も多く実施する検査の一つである、

標準失語症検査は、2人で1セット使用できる数をそろえてあります。

20190808_133957

 

対面で行う検査用具だけでなく、

吸引の手技を練習するための人形もあります。

20190808_131356 

学生はこの人形に吸引チューブを入れて、

痰を吸い取る手技の練習をします。

20190524_172136

 

この人形は一部取り外し可能で、口の中やのどの構造を確認しながら練習することができます。

20190524_172327

 

しかし今年はコロナ禍で構内へ入る学生数を制限しているため、

学生たちが検査練習をするのが難しい状態です。

感染流行がおさまって、学生たちが大いに練習できる日が一日も早く来るよう、

祈っています。

 

👇ここをクリック

言語聴覚学科の紹介はこちら

言語聴覚学科 詳細リンク