課外活動 Feed

2020年8月28日 (金)

大学生活は(本当は)楽しい!

健康栄養学科の澁谷です


僕が大学生の頃の大学は牧歌的な雰囲気が漂う不思議な場所でした。

僕がいた研究棟の一つとなりの研究棟には顕微授精という技術を使い、マンモスを再生させるというプロジェクトが行われていました。イギリスのBBCが長期間に渡り取材karaokemovieをしていました。

ちょうどジェラシック・パークという映画が公開された時期です。僕は本物のジャラシック・パークを見ようと、覗きに行っては追い返されていました。

僕の知人が所属する研究室の先生は屋久島の猿を追いかけていました。

僕の所属していた研究室の先生の友人の先生は山で蝶を追いかけていました。蝶の性フェロモンに寄主植物の中にある化学物質があることを突き止めることを楽しんでいました。

僕が受けた授業のある先生は講義に1秒でも遅刻をすると入室させてくれませんでした。それらが良いか悪いかは別として自由でした。

そんな中でも学生は、何故か急いでいてrun、なにか特別な経験をしてやろうと、部活動で日本一になることを本気で追い求めたり(実際に日本一になった人もいました)、よくわからないサークルに入会したり、勉強したりとそれぞれの価値観で大学生活を楽しんでいました。

僕にとって、大学生活が人生の中で最も楽しい時間だったので、新潟医療福祉大学という大学においても、学生さんに何か特別な経験をしてもらいたいと思っています。


学生は様々な活動をしていますが、その中でも、最もホットなものは栄養サポート部とクロスハーバー(https://cross-harbor.com)が運営する"子ども食堂”です。

19_2

6

子ども食堂は、地域の子どもたちの居場所をつくり、子どもたちのご飯を食べる場所を作るだけでなく、地域の様々な世代間の交流の場となっています。

新潟市北区松浜の方々からお声がけをいただき、クロスハーバーという美しい施設(URL及び写真を参照ください)をお借りして2019年の8月から試験運用をし、2019年の11月から本格運用をはじめました。

20191207_9_01_27_1

非常に楽しい活動です。言葉を並べるよりも写真をみていただければ十分に伝わると思いますsign01

Img_3037

Img_1952

20191207_11_32_27

現在は新型コロナウイルス感染症の影響で2020年3月以降活動ができていませんが、この新型コロナウイルス感染症が落ち着いたら、活動を再開できればと考えています。

興味を持った高校生がいらっしゃいましたら、是非、ご協力ください。飛び入りで構いません。"子ども食堂"という空間に参加してみてくださいsign01

2020年6月 5日 (金)

行政栄養士の仕事って何だろう?? Part2

皆さん、こんにちはsign01

教員の鈴木ですhappy01

今回も、先週に引き続き、学生と一緒に関わった行政との連携事業と、関連した行政栄養士の仕事を紹介しますsign01

cute2 新潟県三条地域振興局健康福祉環境部(三条保健所)cute

働く世代の健康づくりを食生活面から支援するために、三条地域振興局健康福祉環境部が実施する「昼食サラメシ充実事業」に当学科の4年生2人と3年生3人と一緒に参加しました。

働く世代が満足できるヘルシー弁当レシピと健康メモを学生が考案し、お弁当業者の方が地元で販売しましたdelicious

4_3 6_2 学生が地域の方々と連携しながら考案したレシピを、住民の健康づくりや食育に生かそうとする取り組みです。

またその取組を弁当業者、栄養士会、市町村等の地域関係者が参加する会議の中で事例報告しましたsign03

5
特に今、行政では、若い世代の朝食欠食、男性の肥満や女性のやせ等の健康問題が、将来の生活習慣病や要介護状態につながるのではないかと危惧しています。

そのため、若い世代(=今回は学生)から当事者意識をもってもらいたい、またその視点を行政の施策にも生かしたいという強い思いが今回の企画につながっているのですsign01

以上、今回紹介した事業はいずれも行政栄養士が関わっていますが、どのようなイメージを持ちましたか?

つまり、行政栄養士は、個人の栄養指導ももちろんしますが、地域全体を対象に、健康課題を予防するため、地域関係者(大学含む)と協働して、必要な仕組みや環境をつくること(施策づくり)が主要な仕事です。

少し難しかったでしょうか? それでも、うれしいことに今年、卒業生2人が県内で行政栄養士として勤務することになりましたhappy01sign01

その2人に大いにエールを送るとともに、皆さんにも地域でこうした機会があれば是非参加して欲しいと思いますsign03

2020年5月29日 (金)

行政栄養士の仕事って何だろう??Part1  

皆さん、こんにちはhappy01

教員の鈴木ですshine

私は教員4年目ですが、

それまでの約30年間(長い!)、行政栄養士として、

県内の保健所や県庁に勤務していましたconfidentsign01

 

ところで、行政栄養士の仕事ってどんなイメージですかsign02

学生に尋ねると??という反応が大半ですflair

そこで、昨年度、私が学生と一緒に関わった行政との連携事業を通じて、

行政栄養士の仕事をほんの少し紹介しますhappy01

 

cute1 五泉市cute

one元気だせごせん!若者ワークショップ事業


五泉市企画政策課と連携して、

多世代交流と地産地消を目的にしたワークショップ事業を開催しましたshine

地元の特産野菜(五泉三美人:れんこん、里芋、ねぎ)を使用したレシピを学生が考案し、

学校給食や飲食店等での普及を目指しますsign01

当学科の1・2年生10人が参加し、

農家、飲食店、食推さん等と一緒にレシピ考案をし、

地域への発信方方法について検討しましたhappy01

*その時の様子はこちらから。⇒https://www.instagram.com/nuhw_eiyou/

downwardright学生考案のレシピを飲食店の方と調理

1_2

 

two高校生への簡単朝食講習会     

 五泉市健康福祉課と連携事業して、

五泉高校及び村松高校の学生を対象にした簡単朝食講習会に参加しましたflair

若い世代の朝食欠食が問題になっていることから、

その改善を目指し、当学科の4年生2人が朝食の必要性を説明し、

その後簡単レシピを紹介しましたhappy01

 

*レシピの詳細はこちらから

⇒五泉まるごとヘルシーガイドブックhttps://www.city.gosen.lg.jp/health_welfare/1/4465.html

 

2

3

いかがでしたでしょうかsign02

次回Part2にて三条保健所との取り組みを紹介いたしますsign03happy01

 

2020年5月15日 (金)

「新潟高齢者の栄養と摂食を支える会(新潟3)」メンバーと学生の啓発活動 

健康栄養学科教員の永井です。

 例年は、春色のなごやかな季節ですが、今年は新型コロナウイルス感染対策として、ご苦労されていることと思います。

 健康栄養学科の教員や学生は地域の医療職や他学科の学生とともに、地域の高齢者が健康で長生きできるように様々な活動を行っています。現在、高齢者の低栄養予防やサルコペニア(筋肉量が減少、筋力や身体機能が低下して自立した生活が困難になる)予防に取り組んでいます。


 病気の際は安静にする必要がありますが、健常な高齢者が長期間じっとしていますと、あっという間に筋量が低下することが示されています。ある調査では歳をとると1年間に約1%、また寝たままの安静では、2日に約1%の筋肉が減少する可能性が示されています。現在の状況では、多くの方と会話すること、活動することは難しいと思います。活動しないとお腹もすかずに食事も簡単にすませてしまいがちです。栄養と身体活動、口の体操など感染拡大が収束するまで、ご自分ができることをしていただけると低栄養やサルコペニアの予防となると思います。今後とも気持ちを楽にして生活してきましょうsign01

感染が収束したら活動を再開しますよsign03

1_2

地域高齢者に対する講演会における誤嚥予防の体操2_2

地域高齢者に対する講演・相談会における誤嚥予防3_2

新潟市古町商店街モールにおける低栄養予防啓発活動4_2

5_2

6

7

2020年4月10日 (金)

国の海外推進企画に参加!「「ハタチの一歩」で韓国に行きました ~壱の巻~ ーハタチの一歩ってなんだ?

こんにちはheart01

健康栄養学科新4年生ですsign01

  

昨年2019年11月上旬に、

若者のアウトバウンド推進実行会議主催「ハタチの一歩」に参加してきましたshine

その報告をしたいと思いますhappy01

 

downwardright韓国での私shineここは釜山。めっちゃはっちゃけてますhappy01

1_2

 

……………………ところで「ハタチの一歩」ってなんだ?sweat01

 

簡単に言うと、

日本から海外に行く人(アウトバウンド)を増やそうsign01という試みですhappy01

  

そして、なぜハタチにターゲットを絞っているのかと言うと、

20代のアウトバウンド(海外旅行者数)が

ほかの年代に比べて少ないからなんですcoldsweats01flair

  

20歳の人に魅力を発信することで、

これからの20代をさらに謳歌してもらおうsign01という事だそうですshineshine

  

そして観光庁・文部科学省・外務省・経済産業省をはじめとした国の機関、

そして各国の観光公社(=観光にまつわる仕事をしている国の会社)、

旅行関連会社が協力して下さっていることもあり、、

安全を確保した上で!しかも無料で!

海外体験ができるという素晴らしい取り組みなのですshinesign03

詳しくは検索してみてくださいeye

  

エントリーシートを書いて応募したのですが、

これが今後の就活の練習にも繋がりましたflair

気になったらぜひ学校で私に聞いてみてくださいsign03good

  

そして見事審査に合格し(2次選考まであったらしいです)

「韓国 釜山・ソウルコース」に参加させて頂きましたnoteshine

  

2回の事前研修で何を学びたいのかを整理してpencil

仲間と仲良くなり!smileいざ出発airplanesign01

といきたいところですがパスポート取らなきゃ……  

えええ!まってまってそんなのあり?!

なんとパスポートも旅行会社さんが負担してくれましたcoldsweats01

何から何まで…….カムサハムニダshine

 

downwardright事前研修の様子

3_2

downwardright人生で初めてとったパスポート(と旅券)

2_2


 

次回はいよいよ出国〜!お楽しみに( ˆoˆ )/note

  

2020年3月27日 (金)

アメリカでの研修について

こんにちはconfident

健康栄養学科卒業生の布川ですsign03

先日、3月17日に大学を卒業しましたflair

  

2020年1月13日~19日に、

アメリカにあるUT southwesternという大学に1人で行き、

アメリカの管理栄養士(registered dietitian : RD)についての勉強をしてきましたので、

その報告をしたいと思いますsign03

1

 
大学はとても大きく、

敷地内に500~600床の病院がいくつもありましたsign03

僕は大学のすぐ近くのホテルに泊まっていたのですが、

夜通し救急車が行き来していましたflair

2

   

アメリカの管理栄養士は日本に比べてより専門性が高く、

その資格を得るための教育は日本とは異なりますflair

病院内のRDは、疾患別の専門RDに分かれており、

フードマネジメント専門のRDなどにも分かれていましたsign03

また、病院などの組織に加入せず、

自分のクリニックを持っているRDもいるとのことでした。

アメリカでは極端な食生活を送っている人も少なくないため、

体調を崩してRDのクリニックを紹介される人もいるようですconfident

 

さて、アメリカでの食事ですが、

スーパーで売っている物は大きなものばかりでしたsign03

中でも肉類のサイズはすべて大きく、味も良かったですhappy01

アメリカでは脂の少ない肉が好まれるようで、

鶏もも肉よりも、鶏むね肉のほうが高価らしいですflair

32

33 

34

 

滞在中に食べたステーキですが、

ボールペン2/3くらいのビックサイズのブロッコリーが一緒についてきましたhappy02

41 

 

ジュースもビックサイズでした!

 

42

 

今回の経験で、

自分が「どのような管理栄養士になるべきか」

が僅かにイメージできた気がしますshine

 

とても楽しい5日間でしたnote

 

2020年1月24日 (金)

低学年次からの研究活動についてUROP(研究プロジェクト演習)紹介

みなさん、こんにちはhappy01

教員の星野ですflair

   

本日は、本学で行っている

UROP(ユーロップ)

研究プロジェクト演習:

The Undergraduate Research Opportunity Program

について紹介しますup

  

本学の学生は3・4年次もしくは4年次に卒業研究を履修し、

年間通して研究活動を行い、その成果をまとめ、分かりやすく発表をしますsign03

健康栄養学科では4年次に卒業研究が必修となっております catface

  

しかし、早期から研究に興味を持つ学生もおり、

本学ではそういった学生が早期から研究活動に携われるよう、

UROPという科目を作り、単位をとれる形で履修できるようにしていますshinesign03

授業で実験を経験したけれど、もっと深めてみたい・・・

人を対象とした調査に携わってみたい・・・

など、大学生活の早期から研究をしてみたい学生には

学びの深い科目となっておりますconfident

  

健康栄養学科の現3年生にも、このUROPを履修し、

山﨑貴子先生のご指導のもとで、

「調理によるビタミンC量の変化」

についての研究をしている学生が2名おります flair

92250a0a9df7498082c2bd56a1d692f0
 

実験が好きという2人は、授業の合間に実験を行い、

野菜や芋を茹でたり電子レンジ加熱し、

未加熱の場合と比べてどのくらいビタミンC量が減少するか

調べているということでした sign03

 

A6be454dfe2e46ec97e8d028db76318d

  

2e25eb50976c4c33a8a4524cbcab1a17

この成果は4月頃発表予定ですcute

  

研究活動を通して、研究の知識だけでなく、

物事の捉え方、考え方、人への伝え方、も

同時に学んでいくことができますconfident

 

新潟医療福祉大学では、UROPそして、卒業研究で研究活動をすることができ、

専門的な内容について学びを深められるところが特徴ですsign03

 

 

~ご案内~

3月20日、21日は大学オープンキャンパスですcute

栄養学科では、管理栄養士の現場で活躍する先輩をお呼びして、

なぜ管理栄養士を目指したか、仕事の内容、大学選びなどなど、

お聞きする予定ですshine

栄養、食事、食品、健康、などに興味のある方はぜひ、

一度お越しくださいheart04

体験プログラムも用意してお待ちしておりますhappy01

2019年12月18日 (水)

新潟医療福祉大学・SHAINプロジェクトpresents スペシャルオリンピックス日本・新潟ヘルシーアスリートプログラム・健康相談会開催

2019年12月7日(土)、本学にて、

学科が連携し健康相談会・スペシャルオリンピックス

日本・新潟ヘルシーアスリートプログラムが開催されましたsign03

  

本イベントは、スペシャルオリンピックス(以下:SO)と新潟医療福祉大学が連携し

「知的障害者の健康維持増進、豊かな生活・QOLをサポートすること」を目的に、

理学療法学科・健康栄養学科・健康スポーツ学科・

看護学科・医療情報学科の教員と学生が連携し、

知的障害のある幼児から成人を対象とした健康相談会ですflair

 

知的障害のある方11名とそのご家族10名、合計21名が参加しましたsign03

  

健康栄養学科からは、4年生5名と永井先生、石澤先生、稲葉が参加し、

SATシステムを用いた体験型の栄養相談を行いましたhappy01

参加者が真剣な表情でフードモデルを選んでいる様子が大変印象的でしたshine

  

4年生は、対象者さんに合わせて上手に聞き取りを行っており、頼もしい限りでしたconfident

  

少しでも食に興味を持っていただく機会になっていたら嬉しく思いますsign03

 

2019

2019年11月15日 (金)

タニタご当地ごはんコンテスト全国大会出場

こんにちはhappy01

健康栄養学科2年の鈴木、山田です!

 

私たちは「第二回タニタご当地ごはんコンテスト」という、

株式会社タニタが主催するコンテストに参加してきましたflairsign03

この度はそのときの様子をお届けしたいと思います!

 

コンテストの内容は郷土料理を現代風にアレンジするというものですcute

 

downwardrightまた、タニタならではの栄養の条件があります!

Photo_3


 

 

downwardrightそこで、私たちが考えた料理はこちらです!

2

「家族の笑顔にこれ1杯 のっぺ中華丼」、

「三種の笹団子クレープ」、

「栃尾の油揚げのカレー酢和え」ですconfident

 

私たちはこの料理で書類選考を通り予選大会に出場することができましたsign03

予選大会では全国5ブロックに10チームずつ参加しており、

審査は「料理50点、プレゼン50点」評価されますflair

そして、私たちは関東・甲信越ブロックで上位3チームに入ることができ、

全国大会へと勝ち進むことができましたhappy02

 

downwardright全国大会でのプレゼンの様子Photo_4 

 

downwardright全国大会での表彰の様子Photo_5 

全国大会では15チームと競い合いましたsign03

「さすがは全国大会!」と思う料理がたくさん並んでいますshine

  

downwardright全国大会での私たちの料理Photo_6

 

downwardright全国大会での他の出場者料理

Photo_7 

私たちは惜しくもグランプリをとることはできませんでした。

しかし、私たちは今回のこの経験を通してとても成長することができたと思いますsign03sign03

多くの出場者のアイデアに触れて、

こんな考え方もあるんだと思うこともたくさんありましたconfident

 

「タニタご当地ごはんコンテスト」は

来年度、第三回大会も企画されているので

ぜひ皆さんも参加してみてはいかがでしょうか!Photo_8

 

2019年11月 8日 (金)

産学連携、健食企画 健康栄養学科学生提案メニュー絶賛販売中!!

こんにちはconfident

教員の稲葉ですflair

 

株式会社キタカタグループとアルビレックスランニングクラブ、

新潟医療福祉大学の連携健食企画の一環として、

健康栄養学科2,3年生がキタカタグループのお店(越後茶屋)のメニューを考案しましたsign03

  

“スポーツ・栄養・食”の側面からメニュー開発・栄養分析等を行うなど、

将来、管理栄養士を目指す学生らの実践的教育の場として、

新潟市に本社を構え数多くの飲食店を経営する

株式会社キタカタ(『越後茶屋 総本店』『越後茶屋 松崎店』)と連携事業を展開しましたcute

 

また、本事業には、新潟アルビレックスRC所属の大島めぐみ選手(長距離走・マラソン)と

久保倉里美選手(ハードル)にもご協力頂き、

学生が立案したメニューに対して選手の視点からのアドバイスを頂きましたhappy02sign03sign03

  

企業・プロスポーツ団体・大学が、「メニュー開発」「地域貢献」「教育」

それぞれの視点から連携を図った今回の取組みは、

全国的にも実施例が少ない取り組みですshine

  

今回の企画では、

学生が考えた2つのテーマである長距離選手向けのメニュー、

瞬発系選手向けのメニューを基本に、季節感を取り入れて、試作を重ねてきましたflair

脂質が少なく、たんぱく質がしっかりと摂れるメニューになりましたsign03

downwardright長距離選手向けには「ひつまぶし御前」、

Photo 

 
downwardright瞬発系選手向けには「もち豚陶板焼き御前」が完成いたしましたhappy01

Photo_2

是非この機会にご賞味下さいheart04

  

~健菜アスリート御前~

越後茶屋総本店:“陶板焼き御前”

越後茶屋松崎店:“ひつまぶし御前”

期間限定:10月1日~11月30日

健康栄養学科 詳細リンク