卒業後の活躍 Feed

2020年9月25日 (金)

研究紹介 ~よく噛むと頭がよくなるは本当?~

皆さん、こんにちは!

大学院生修士2年の夏井ですhappy01

  

毎日たくさんの方々に支えていただきながら研究活動を進めておりますsign01

  

その中で、縁あって学部時代に書いた卒業論文が学術雑誌に掲載されましたので、

今回は私の卒業研究の内容を簡単にご紹介しますflair

1

   

ちなみに卒業論文のテーマは、

cute咀嚼頻度の違いが脳血流と認知機能に及ぼす影響についてcuteです。

 

非常に堅苦しい名前で(私自身もそう思います)いったい何をやったんだ…?

と思われるかもしれませんが内容自体はとてもシンプルですflair

  

この研究は、「よく噛むと頭がよくなるからきちんと噛んで食べなさい」

と世間でよく使われる言葉は「本当」なのか?という小さな疑問からスタートしました。

 

この疑問を検証するために、

噛む回数(咀嚼頻度)と成績アップ(計算課題成績)、

脳がどれだけ活性するか(脳活動)との間には何か関係があるはずだ!

と仮説たてて調べましたsign01

 

実験内容は、

被験者に脳活動を測定する機械を頭に装着してもらい

計算問題を合計2回行ってもらいましたflair

そして計算問題の間にガムを5分間噛んでもらい、咀嚼頻度を3条件に分けて、

この3つの条件でそれぞれ違いはあるかを調査しました。

 

 

噛んでもらったガムの成分ですdownwardleft1_2

  

実験条件はこのような流れでしたdownwardleft

2

  

  

結果は、、、

  

  

咀嚼頻度を変えても計算課題成績には有意な差が見られませんでしたが、

脳活動は咀嚼頻度が多くすると脳活動が高くなることが明らかになりましたsign03shine

という内容です!

  

結構ざっくり書いてしまいましたが、

改めて振り返ると、

自分の考えていることや、普段疑問に思っていることをとことん追求できる機会は

人生で何回もあるわけではないので、とてもいい経験をさせてもらったな…と感じていますshine

(学術雑誌に掲載するまでの過程は思い出したくもないくらい大変でしたが…笑)。

  

大学院生活も残すところあと半年となりました。

本当にあっという間です!!

 

栄養学分野に限らず、大学院生は、

それぞれのテーマをしっかりと形にするために日々コツコツと研究と向き合っていますsign03

 

暑い日が続きますが、健康第一で研究頑張りましょうsign03

2020年6月 8日 (月)

卒業生活躍紹介~「生きる力」を身に付ける、休校中の中学生が家族に作る料理~

皆さんこんにちはhappy01

 

卒業生でかつ現在本学大学院生の齊藤公二さんが働く中学校では、

休校中の今だからこそできることとして

cute生徒が家族のために料理を作るcute取り組みをしましたsign03

そして齊藤さんは中学校のHPで約100品ものレシピを紹介していますsign03happy01

この取り組みは、5/24の新潟日報、6/1NHK新潟ニュースでも取り上げられましたflair

 

下記に少しご紹介したいと思いますshine

 

コロナウイルスの影響で3月~5月にかけて中学校が休校となりましたが、

齊藤さんは、中学校、家庭科教諭と連携し、

生徒が休校中にできる取り組みを検討しましたflair  

Challenge for a smile

笑顔のために 今 私たちにできること

 と題して、

「生きる力」を身に付けることを目的に、

1人ひとりが自分と家族のため1日1食、料理を作る取り組みをしましたheart04

 

料理をした後には、

いつも料理を作ってくれる家族への感謝のメッセージや、

作った感想、食べてもらった感想をワークシートに記入しますpencil

  

そして齊藤さんは、休校期間中、生徒が様々な料理を作れるよう、

中学校のホームページで「家にある食材」、「1時間程度で作れる」

レシピを約100品紹介していますriceballrestaurantshine

前半の14回は企業と連携した災害時をイメージしたレシピ、

後半の54回は学校給食のレシピですsign01

レシピ紹介の最後には、栄養に関する情報、片付けをしっかりすることや、

火の元を確認することなど、最後まで齊藤さんからのメッセージが込められていますclover

  

齊藤さんは、

当校では昨年から、「生きる力の育成」を「災害時・緊急時」という場面を設定し、自己管理能力はもちろん、他者を思う力助ける力を育む食育の推進をしています。生徒はこれまで「災害時・緊急時に頼りになるのは中学生」「中学生は周りの人を笑顔にできる」ということを学んできました。そんな中、新型コロナウイルスによる長期休校となり、部活もできず、家から出られない。時間に余裕のある中学生が、できることは何か。これまでの学びをいかすチャンスととらえ、急ではありましたが、今回の取組に至りました。

 とお話しされています。

  

そして、生徒が料理し、学校へ提出された料理の写真は、

HPで順々に紹介されていますsign03

HPの更新は一段落し、6月中はレシピの公開を続けているそうですflair

  

齊藤さんはこの取り組みを通して、感じたことを以下のように話していますconfident

はじめの長期休校の際は、「作りたい人はぜひ作ってください」としましたが、350名中5名ほどしか提出してきませんでした。そのため、2回目の長期休校の際に、家庭科教諭に頼み、全校の宿題にしようと進めました。すると、1人で10回以上料理をする生徒がいるなど、私たちが少し背中を押しただけで、勝手に生徒の生きる力が高まる様子が見られました。その裏には保護者からの「ありがとう」や「おいしかったよ」という感謝の気持ちがあります。この経験により生徒は、家族とのコミュニケーションが図れたことはもちろん、家族に対する感謝の気持ちを育むことができました。児童・生徒の自己管理の能力の育成は変わることがない目標です。だからこそ、機を逃さず、既存の計画にとらわれず、今だからできることを探して進めていくことが大切であると実感しています。

 

 

人はどんな状況でも食事を食べなくては生きていけませんsign01

自身のためでもありますが、家族や他の誰かのためにレシピを考え、

食事を作り、提供するという行為は、提供者の人生の時間の一部を削って成されるものですflair

中学生たちが、「家族のために」と、

食べる人の顔を浮かべながら時間を使って料理を作り、感謝の言葉をもらい、

その中で、「生きる力」、「他者を思う力」を育めた点で、

今回の取り組みは大変価値があるものと思いますhappy01sign03

  

~~~齊藤公二さんの紹介~~~

新潟市立光晴中学校 栄養教諭

(新潟医療福祉大学健康栄養学科1期卒業生、現在新潟医療福祉大学大学院修士課程在籍)

齊藤公二さんは仕事をしながら、新潟医療福祉大学大学院にも在籍し、

栄養教育に関する研究を進めています!

写真はベトナムでの活動の様子ですshine

また、公認スポーツ栄養士の資格も持っており、幅広く活躍されています!

~~~~~~~~~~~~~~~~

Dsc09060

Dsc09040

 
 

2020年3月 6日 (金)

卒業生の活躍紹介 ~第5回 保育園で活躍する管理栄養士~  

みなさん、こんにちはheart04
 
卒業生の活躍を紹介するコーナー、
第5回の卒業生紹介は星野成美さんですhappy01
 
2019年3月に卒業し、現在、東京都世田谷区の保育園で管理栄養士業務にあたっていますflair
その傍ら、今後、ラグビートップリーグでの栄養サポートも行う予定ですsign03
 
 
 
cute「現在のお仕事について教えてください」cute

保育園では調理業務、書類業務、保育補助が主な業務ですflair

調理では離乳食、給食、おやつ作りを行います。

クラスによって食材の形状や味付け、

提供時間が異なる上にアレルギーを持つ子の作り分けがある場合もあります。

子供たちの成長は著しく、成長段階に合わせた食事の提供を行っています。

書類業務では給食だよりや献立作成等を行います。

保育補助では主に0歳児クラスや1歳児クラスで活動を共にします

食事やミルクの介助も行います。

 
cute「ご自身のお仕事への思いについて教えてください」cute

1年目とはいえ、子供たちや保護者の方の前では先生であるため

常に自分の言動には気を付けていますsign01

管理栄養士として子供たちに様々な食体験をしてもらうためには、

自分自身も食べたことのないものを食べに行き、

様々な体験をしてそれを献立や行事に落とし込めないか常に考えていますconfident

・・・・・・・・ 
 
shine続きは、下のpdfでご確認ください。shine
 
 

2020年1月31日 (金)

卒業生の活躍紹介 ~第4回 大学で活躍する管理栄養士~

みなさん、こんにちはhappy01
 
 
卒業生の活躍を紹介するコーナー、
第4回は佐藤直人さん(男性)ですshine
 
佐藤直人さんは昨年の4月から
山形県立米沢栄養大学の助手として働いていらっしゃいますsign03
 
 
cute現在のお仕事について教えてくださいcute
 
大学では研究と講義助手が主な業務ですflair
 
研究は食事調査と栄養分析についての研究を行っていますsign01
栄養摂取量を調べるには食事の分析 が必要ですが、
調査に労力がかかりますdash
できるだけ調査対象者に負担が少なく、
かつ精度の高い食事分析法について研究をしていますup
これらの活動の一環として、
スポーツ選手の食事の分析や評価を行っ ていますflair
 
講義助手は実験や実習に使う器具の準備や
授業内資料の作成を行っていますconfident
 
その他にも、オープンキャンパスや入試、就職など、
大学運営に関わる業務にも携わっていますclover
 

 

cute高校生の頃どんなことを考えて過ごしていましたか?cute

特に得意とすることはありませんでしたし、

高校も将来を考えて学校 選びをした訳ではなく、

成績を基準に学校を決めましたup

体を動かす ことは好きでしたが、

大きな大会に出場する等の目立った成績はなく、

自分がアスリートとして上を目指すという気持ちはありませんでしたflair

ただスポーツに対しては強い興味があったので、

何かスポーツに関われるような

仕事ができたらといいなぐらいに考えていました・・・・・・

  

shine続きは下記のファイルをご覧くださいshine

4_naoto_sato.pdfをダウンロード

 

2020年1月10日 (金)

卒業生の活躍紹介 ~第3回 病院で活躍する管理栄養士~

こんにちはhappy01

 

卒業生紹介の3回目は、国立業院機構渋川医療センターの髙橋正弥さん(男性)ですsign03

 

cute現在のお仕事について教えてくださいcute

入院生活において、「食事」は唯一の楽しみであると思います。

生活習慣病にかかって来る方、抗がん剤の治療を行う方。

様々な状態の方が病院に来ます。

中には口から食事ができない方もいますが、栄養を摂らずに生きる方はいません。

どんな状態であってもその人の「食」を支えるのが我々管理栄養士の役目だと思います。

また、「食」を通じていろんな方と「繋がる」ことのできる職だと考えています。

私は食を通じて医師や看護師、コ・メディカルスタッフと連携し

仕事をすることを大切にしています。

他職種と働くには多くの知識や技術が必要となります。

日々成長が必要です。

毎日0.1以上の成長して「人の人生に貢献できる管理栄養士になる」ことが私の夢です。

 

cute高校生の頃どんなことを考えて過ごしていましたか?cute

私は小学校からずっと野球をしていたため、高校時代は野球をすることで必死でした。 

 

続きは下記のPDFにてご覧くださいshine

3_takahashi_seiya.pdfをダウンロード

卒業生の活躍紹介 ~第2回 学校で活躍する管理栄養士~

こんにちはhappy01

 

健康栄養学科の卒業生を紹介する企画の2回目は

長岡市立黒条小学校の本間晴名先生ですsign03

 

cute現在のお仕事の内容について教えてくださいcute

 学校給食の管理と食に関する指導を行っています。

学校給食の管理では,栄養バランスに優れた魅力ある献立作り努めています。

また,食材の選定や発注,衛生や給食施設の管理も,

子どもたちに安全でおいしい給食を届ける上で大切な仕事です。

食に関する指導では,給食の時間に教室へ訪問し

食事のマナーや給食を活用した栄養指導を行ったり,

家庭科や保健体育などの教科において,学級担任と授業を行ったりします。

また,肥満傾向や食物アレルギーを持つ子どもに対して

個別の栄養指導を行うことも栄養教諭の仕事です。

他職種と連携し,学校給食を活用しながら,子どもたちの心身の健康を育む仕事です。

 

cute現在の職場でのご自身の思いについて教えてくださいcute

「だれのために,何のためにやるのか。」

この言葉を心にとめて日々仕事をしています。

これは,尊敬する養護教諭が言っていた言葉です。

栄養教諭は子どもたちへ食育指導を行いますが,

大前提として安全でおいしい学校給食の提供があります。

そのためには,教職員,調理員,保護者,地域の方々や業者等との連携が重要です。

その際,給食室のリーダーとして衛生管理や食物アレルギーの対応等について,

自分の考えを他職種へ伝えなければなりません。

私はまだまだ未熟で,戸惑うことも多いですが,

そのときには,子どもたちのために何ができるのか

を一番に考えるように努めています。

子どもたちに寄り添える栄養教諭になりたいと思っています・・・

 

つづきは下のpdfをご覧くださいshine

2_honnma_haruna.pdfをダウンロード

 

  

~ご案内~

3月20日、21日は春のオープンキャンパスですcherryblossom

ぜひ大学・学科の様子を見にいらして下さいhappy01

学生・教員一同お待ちしておりますconfidentheart04

今回は、現場で活躍する卒業生からもお話しをしてもらう予定ですshine

なぜ管理栄養士を目指したのか、学生時代のことなどたくさんお話しを聞けると思いますsign03

2019年12月26日 (木)

卒業生の活躍紹介 ~第1回 病院で活躍する管理栄養士~

こんにちはhappy01
 
 
健康栄養学科卒業生にご協力いただき、
卒業生の高校時代、大学時代、現在の様子をお聞きしましたshine
 
管理栄養士を目指した理由や現在の活躍内容など、ぜひご覧くださいup
 
今後、随時、このBlogにてその内容を掲載させていただきますhappy01
 
 
第1回目は太田総合病院附属太田西ノ内病院栄養部 
管理栄養士の三瓶美雪さんですsign03
 

cute現在のお仕事について教えてくださいcute

入院患者様及び外来通院中の患者様に向けて、

自宅での食生活の注意点や改善すべき点について食事指導を行っていますflair

また、病院給食の献立作成や入院患者様の栄養状態の把握・評価も行います。

栄養状態改善に向けて、医師や看護師と連携し、

「食事」という面から患者さんの病気の改善に向けてサポートを行っていまsign03

病院食は「美味しくない」というイメージを持つ方が多いですsweat01

当院ではバイキングや行事食などを積極的に行い、

食事制限がある中でも、患者様の入院生活の楽しみとなるような食事を提供できるよう、

調理師と協力しながら業務を行っていますconfident

 

cuteご自身のお仕事への思いについて教えてくださいcute

病院には、食欲がない方、食事制限がある方、

食事をうまく飲み込むことが出来ない方など

様々な悩みを持った方がいますflair

患者様一人一人、生活環境や悩んでいる内容が異なるため、

ただ単に指導するだけの管理栄養士ではなく・・・

 

 
つづきは、下のpdfをご覧くださいup
 
 
 
 
今年1年、健康栄養学科のブログを読んで下さり、ありがとうございましたconfidentshine
 
今後も学科の行事や実習の様子、卒業生の活躍紹介など随時アップして、
学科の様子が伝わるようにしたいと思っておりますsign03
 
ぜひ今後もご覧いただきたくお願い致しますheart01
 
来年も皆様にとってよい1年となりますよう、心よりお祈り申し上げますshine
 
ありがとうございましたhappy01
 
 
~お知らせ~
3月オープンキャンパスについて
3月20,21日にオープンキャンパスを開催しますtulip
栄養学科では、卒業生を招いて仕事内容を話していただいたり、
管理栄養士を目指した理由などインタビューコーナーを設ける予定ですsign03
また、臨地実習紹介コーナーなど新しいコーナーも開く予定ですので、
ぜひ足を運んでいただけましたら嬉しいですhappy01
 

2015年11月30日 (月)

「一休さん」で、手洗い体験

coldsweats01こんにちはhappy01 HN1年 鈴木百合恵です。 

11月21日(土)に新潟医療福祉大学内で、レクア.コム部が「一休さん」という小学生に向けての活動を行いました。この活動内で、オープンキャンパスの際にも実施している手洗いの実験を行いました。手洗いをしっかりすることは、食中毒を予防するのに大切で、特に、これから冬に向かって風邪やノロウイルス感染から身を守るのにとても有効です。

手洗いの実験は、ブラックライトで光る特殊な薬の入ったジェルを手に塗ったあと、手を洗い、その後、ブラックライトにかざす、というものです。きれいに洗えていないと、洗い残したところが白く光るので、手がきちんと洗えているかを確認することができます。

この写真は子どもたちが手を洗っている様子です。

Photo_2

いつも通りのやり方で手を洗ったあと、ブラックライトに手をかざしてもらいました。

子どもたちは自分の手の白くなっている部分に興味を示していました! 全体的にみんな手首や爪先が上手に洗うことができていませんでした。

2

そこで、私たちが、正しい手の洗い方を伝えました。

子どもたちがどのくらい洗い残している部分があるのかを知ってくれたので、今回の体験を機に、これからしっかり手洗いをしてくれるようになったらいいなと思いました。

 

2011年7月 1日 (金)

卒業生の近況報告!

こんにちはsign01
1期生の吉川と7期生の齋藤、山岸ですhappy01

私たちは同じ新潟市内の病院hospitalの管理栄養士として働いています。
厳密にいうと・・・吉川、山岸は病院側の管理栄養士として、
齋藤は委託側の管理栄養士として日々頑張っていますsign01

Photo

flair病院側の業務内容は、患者様の食事変更への対応、献立作成、栄養指導などです。

flair委託側の業務内容は、まだ1年目というのもあり、今は主に調理を行っています。常食以外のキザミ、ミキサー、特別食(高血圧食、腎不全食、糖尿病食など)を担当しています。

様々な食形態を展開することで患者様の病態に合った食事を提供しています。

また、今年度の事業計画のひとつとして、
イベント食・行事食・ごちそう日を月に2回以上設け、
患者さまに食べることの喜びを味わってもらうことを目標にしています。

ここで、こどもの日のイベント食として5月6日に提供したメニューを紹介します。Photo_2

upwardright給食の写真camera:(以下同じメニューの)常食

Photo_3

upwardright刻み食

Photo_4

upwardrightムース食

Photo_5

upwardrightミキサー食

メニューは
・オムライス
・生野菜サラダ
・ソーセージと大豆のスープ
・いちごゼリー
・牛乳

オムライスは患者様に大好評goodでしたsign03

「美味しかったよ」の一言に、喜びとやりがいを感じ、頑張る意欲がでてきますhappy01sign01

現場で働く楽しさについての近況報告でした・・・。

2010年4月 9日 (金)

2期生の近況報告

こんにちはhappy01 2期生の藤井 彩ですscissors
昨年7月に、勤めていた東京の病院から新潟へ戻り・・・
結婚して、曽我 彩になりましたsign03

現在は、新潟の病院で働いていますが、今回は以前勤めていた東京の病院のことを少し報告しますkaraoke

以前勤務していた病院は、がん患者さんの多い病院だったため、化学療法で食欲不振になった患者さんへの『化学療法食』の提供に関わらせていただきました。
患者さんの意向をアンケートで調査し、献立を作成するという一連の業務を行うのは初めてでしたが、先輩栄養士、調理師の方々の協力を得て無事開始することができました。

下の写真は、患者さんへ実際に提供した化学療法食の例です。

1_2

2_2

食欲不振で全く食べることができなかった患者さんから、
『食べられるようになった。ありがとう。』
という言葉をいただいたときはとてもうれしく、管理栄養士としてのやりがいを感じましたshinehappy01

一方、現在勤務している病院での業務は、献立作成や栄養指導などが中心ですflair

栄養指導では、患者さん一人一人に合った指導をすることはとても難しく、先輩方にアドバイスをいただきながら頑張っています。初めの頃は、不安でいっぱいでしたが、最近は楽しみながら指導に取り組めるようになりましたnote

卒業してもうすぐ4年になりますが、まだまだ分からない事だらけで、日々勉強の大切さを痛感していますbearing

未熟ながら、新しいことに積極的にチャレンジし、栄養士として成長できるよう努力していきたいですsign01

管理栄養士を目指して頑張っているみなさん。夢に向かって頑張って下さいねsign03

それから、2期生のみんな。
またみんなで会いたいなsign03 集まる際は、声かけてねnote

健康栄養学科 詳細リンク